1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

セックスでアソコが萎える彼氏…私のせい?Hで勃たない12の原因

投稿日: 2021年10月23日

セックス中にアソコが萎える彼氏

大好きな彼氏とのセックスで、なぜか彼のアソコが萎えてしまったということありませんか?

硬くなっていたのに柔らかくなってしまった、完全にふにゃふにゃではないけど挿入するのは難しい。

彼氏が自分で勃たせようとすると勃つ、というような様々なケースがありますね。

「私のせいなの?」ってかなりショックを受けてしまったり、女性として自信をなくしてしまうほど悲しかったりします。

もしかしたら「もう好きじゃなくなったのかな?」と思ってしまうことも全然あります。

実は、男性のアソコが萎える原因は色々と存在します。必ずしも女性側が原因とは限らないのです。

彼が「かわいい」「好き」とあなたに対してきちんと想っていても、このようなことが起こることはあります。

もちろん女性側が原因となっているケースもありますが、どのような理由で男性のアソコが萎えてしまうのか、今回はHで勃たない12の原因についてご紹介していきます。

1.プレッシャーや緊張などの焦りがある

アソコが萎える理由として多いのが、ストレスや緊張などの心理的なものです。

仕事や人間関係、経済状況などの日常的なストレスや心配事が溜まっていたりして、そのことでセックスになかなか集中できないということがあったりします。

30代を超えた男性に多い傾向があります。

その他には、あなたとのセックスで失敗したくないという気持ちや、きちんと気持ちよくしてあげれるか、など…

そういった過度の緊張や不安から勃たなくなってしまう、あるいは途中から萎えてしまうということがあります。

あまり女性経験がない男性であれば、なおさらあなたとのセックスに緊張を抱きます。

具体的には「きちんと挿れることができるか?」「勃たなかったら…」という不安、緊張のせいで勃たないという場面に直面してしまうと、更に焦ってしまいます。

そうなると、女性が頑張ってスキンシップしたり刺激しても勃たない、完全に硬くならないということが起こるのです。

これに関してはあなたが悪いわけではなく、彼が極度に緊張してしまっているからなのです。

また、童貞や経験人数が少ない男性に限らず、そうでない男性でも起こりえます。

心理的なストレスとしては、トラウマや過去の出来事なども関わってきますので、次で詳しくお話します。

2.過去の出来事やトラウマが影響している

トラウマや過去に嫌だった経験があったり、それによってコンプレックスがあるというような状態も勃たない理由の1つです。

過去にセックスした相手から「アソコが小さいね」や「セックスが下手」ということを言われたことがある、などが挙げられます。

あなたには言えないような、セックスに関するもっとつらい過去があることもあり得ます。

これに関しては相手が言わない限り聞かないようにしましょう。

その他、勃たないことがあったなどという過去の出来事も、不安要素として緊張を高めてしまうので、アソコが萎えるというところに繋がってきます。

なるべく不安要素を減らしてあげることに専念してみましょう。

家族がいる家でのセックスを避けたり、近所に声や音が聞こえるような場所を避けたりしてリラックスしてできる環境を整えましょう。

彼氏のアソコが萎えてしまったとしても絶対に責めないようにしてください。

過去に勃たず責められたということがトラウマになっている場合には、どうしてもアソコが萎えてしまうことも多いのです。

また責められてしまうとそれを悪化させるだけです。

最後までできなくても、彼氏に手でしてもらったりスキンシップしたり、少しずつ改善していきましょう。

3.疲労があったり体力が低下している

彼氏の職業としてもあまり体を動かさないようなものだったり、運動不足ですと体力が低下している可能性が高いです。

加齢によって筋力や体力が低下している場合も同様です。

勃起するには血液がアソコに集まることによって可能となりますから、体力低下によって血液の循環が悪くなってくると、勃ちにくくなったり勃っても硬さを持続できないのです。

その反面、疲れているときに性欲を増すということもあります。

これについては「疲れマラ」と言われていますね。

疲れマラの現象による勃起とは、セックスの時に興奮したりして勃起したりするのとは違うメカニズムで起こっている勃起です。

どんな現象かというと、疲れによってカテコールアミンという心拍と血流を高めるホルモンが分泌され、体全体の血流が良くなるので勃起が起こってしまうという現象です。

なので疲れていたり寝不足のほうが勃起しやすいという人もいます。

これは、脳が性的に興奮を覚えたことでアソコに血液を流し込むことによって起こる勃起とは別なのですが、疲労が強すぎたり寝不足だったり体がだるかったりすることで、なかなか勃たない・勃起できないということもよくあります。

疲労が強い場合には休息をとってもらうことが必要となります。

単に運動不足などで体力が低下している場合は運動をとりいれてもらいましょう。なかでも骨盤底筋を鍛えるトレーニングが効果的だと言われています。

女性の膣トレにもありますが、肛門を5秒間強く締めたあとで緩める、といったことを繰り返し行うだけでできます。

そして、ふくらはぎの筋力を上げ、血流が良くなる効果が期待できるスクワットもおすすめです。

4.普段のオナニーでの刺激になれすぎてしまっている

もう一つの原因として、女性にも言えるのですが、間違ったオナニーの方法をしてしまっている場合です。

これによってセックスではイケなくなったり、イキにくくなるだけでなく、挿入中に萎えてしまうということが起こります。

どのようなやり方がよくないか、それは刺激の強すぎるオナニーです。

強く握りすぎていたり、締め付けの強いオナホールを使ってしまっているようなやり方が挙げられます。

その他にも硬い床に押し付けてする「床オナニー」をしてしまっている場合も中折れが起こりやすくなると言われています。

こういった強い刺激でイクことに慣れてしまうと、なかなかセックスの刺激だけではイキにくくなってしまいます。

女性の膣の締め付けではそこまで強い刺激を与えることは難しいからです。

なので物足りなさを感じてしまうことに繋がるのですが、あなたの膣が緩いからとかではなく、彼氏の強い刺激を与えるオナニーが原因となっている可能性が高いです。

そのため、膣内での刺激が足りずに長時間射精できない状態が続くと、そのまま萎えてしまうということが起こります。

もう一つ間違ったオナニー法として、気に入っているオカズで毎回ヤッているというのも注意が必要です。

そういうやり方を彼氏がしている場合には、毎回そのオカズだからイケているというような、射精をする時の条件が発生していることもあり得ます。

オナニーは問題なくできているのにセックスで萎える場合には、緊張の他にもオナニーの刺激が強すぎるということが考えられます。

5.ゴムをつける時間で更に焦っちゃうから

せっかく女性に舐めてもらったり前戯してもらって勃つことができたのに、ゴムをつけようとしたらうまく着けることができない。

こういったシチュエーションに女性自身はあまり気にしていなくても、男性側はあなたの事を気にしたり「どうしよう、萎えちゃうかも」と焦ってしまい、そのまま萎えてしまうということもあるのです。

ゴムを使わないカップルには該当しませんが、こういったことが原因で萎えてしまうこともあるので覚えておきましょう。

あなたがうまく着けれるのであれば代わりにやってあげたり、彼氏にも練習してもらうといいです。

彼氏に合ったゴムのサイズを用意することも大事になってきます。

6.女性側の反応や態度を気になってしまっている

女性側の反応や態度で萎えてしまった男

挿入中に雑談してきたり、笑ったり、喘ぎ声が変だったり、あるいは全く喘ぎ声を出さないなどのあなたの反応や態度を気にしてしまい、それでセックスに集中できず彼氏のアソコが萎えるという場合もあります。

もちろん互いにほほえみ合ったりなどのコミュニケーションもあります。

でも恥ずかしさを紛らわすために変にたくさん話しかけちゃったり笑ってしまったり、こういった態度はかえって相手に不安感を与えていることもあるのです。

あなたに笑われたら彼氏は「セックスのやり方に何か問題があるのかな?」と不安に感じます。

全く喘ぎ声を出さないのも「気持ちいいのかな?」と不安になってしまい緊張して萎えるということも。

最中に「気持ちいいよ」「すごくいい」という言葉をかけてあげるのが安心させるのには効果的です。

喘ぐフリをする必要もありませんが、必ずしも男性側だけが原因というわけではありません。

彼氏にもどうして欲しいか聞いたり、あなたのして欲しいことを互いに話せるといいですね。

そして心当たりがないか、あなた自身も振り返ってみましょう。

さりげなく、「私のこういうところ嫌だったりする?」と聞いてみてもいいでしょう。

7.お酒を飲みすぎてしまっている

お酒を飲むことは、少しであれば性欲が高まる人もいますが、飲みすぎてしまうと萎えてしまう原因となります。

お酒を飲むと勃たなくなるから敢えて飲まないという人がいるほどです。

お酒を飲んでしまうと神経の伝達が悪くなり、生ビールで例えると3杯くらい飲んでしまうと影響してくると言われています。

大量のアルコールが入ると、血流が良くなることで、アソコに血液が集中しにくくなり勃たないということもあります。

なのでお酒を飲むと気持ちよくなり、セックスしたい気分にさせるかもしれませんがほどほどにしてもらいましょう。

8.薬を飲んでいて副作用が起きてしまっている

彼氏がもしも服用中の薬があるのであれば、その薬の副作用が生じているせいで勃ちにくくなっているということもあります。

睡眠薬もこのような副作用があったりするのですが、このことに気づかないままの人も結構います。

このように飲んでいる薬が原因となっていることもあるので、もし萎えてしまうということが続くのであれば、薬を処方してもらっている病院に行くことをすすめてみてください。

9.生活習慣病になっている

勃起する為には、正常な血流が必要となってきます。それが阻害されるものの1つとして、生活習慣病が挙げられます。

彼氏の生活習慣を見直してみましょう。

過度のお酒やタバコをやっていたりしませんか?

運動不足、肥満、高血圧も生活習慣に繋がってきますから、やはり適度に運動することや食事を気をつける必要があります。

定期的に健康診断をおこなっていないのであれば、健康診断を受けてもらうのもいいですね。一年に一回はぜひ彼氏に受けてもらいましょう。

10.マンネリ化してしまっている

彼氏と長く付き合っているのであれば、マンネリ化してしまっていることも考えられます。長く一緒にいる夫婦でも起こったりします。

いつもと違う場所でセックスしてみたり、Tバック履いてみたり大人のおもちゃを使ってみるなどの、普段とは違うセックスをしてみることに挑戦してみましょう。

11.相手に対する心境の変化があったから

他の女性に心を射抜かれた彼氏

多くの女性が、「私に気持ちがなくなったの?」「冷めたのかな?」と悩みます。

ですが、大抵そういった時にはあなたのせいではなく、先ほどまでに挙げたような理由から萎える現象が起きていることが多いです。

とはいえ、好きな女性でなくても抱けるのが男性だと思っている女性もいますが、気持ちが冷めてしまいセックスする気が起きず勃たない、ということもあります。

他に気になる子ができた場合もそうです。その子が行為中に頭によぎってしまいセックスに集中できていなかったり、あなたへの何かしらの罪悪感から勃たないということも。

夫婦の例ですと、妻の出産や長い付き合いの中で「性的対象として妻を見ることができなくなった」という男性に起こる問題も実際にあります。

心境の変化がある場合には、そこが改善・解決されない限りはセックスをしようとしても難しいです。

まだ彼氏彼女の関係なのであれば、その関係を続けるかどうかも考える必要があります。

12.これらの原因が複合的に起こってしまっている

これまでに挙げた原因が複数合わさって起こっているということもあります。その場合には、具体的に何が原因なのかがはっきりとわかりにくいという問題が生じます。

あなたがみて判断してあげれるところは彼氏に教えてあげてもいいでしょう。

もしかしたら複合的に起きているもの一個一個が軽微なので、本人(彼氏)は原因に気づいていないこともあります。

改善できそうなことは、先ほどまでにアドバイスしたことなどを試してみましょう。

軽い運動やストレスを減らしたり、禁煙禁酒などがあります。

オナニーをしばらくやめてもらうというのもいいです。

原因がわからない場合には余計に苛立ちを覚えるでしょうが、ここで絶対に相手を責めるようなことはやめておきましょう。

プレッシャーは勃たせなくする原因となります。

「私がダメなの?」「私の何がいけないの?」と問い詰めるのもやめましょう。

責めるというよりは、彼氏のアソコが萎える原因として何が挙げられるのか、分析をしてみたり彼氏と直接話してみることが大事です。

彼氏自身もなぜ萎えてしまうのか理由がわからないということもあるので、そこを覚えておくようにしましょう。

まとめ

自分を責めてしまっていた方もいるでしょうが、女性が原因でなくてもこんなに萎えてしまう理由が男性にはあります。

もちろん全く女性側に問題がないということはありませんが、男性側に萎える原因がある場合にはそれが何かを考えてみましょう。

彼氏にも、決して責めるのではなく何が理由となっているのか聞いてみるというのもいいですね。

あなたが原因となっているとは限らないので、あまり自分を責めず落ち込みすぎないでください。

彼氏があなたに対して「かわいいと思っている」「本当に好きだよ」と言ってくれているのであれば信じてあげましょう。