1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ

女性を本当に気持ちよくさせる!クンニのやり方の秘訣

投稿日: 2018年07月13日

執筆者: 風谷 すずお

股にハートを持つ女性

女性器を舐める、という行為に抵抗がある男性が多々いると聞きました。

それは、女性器をどのように扱っていいのかわからないから?
それとも、自己のテクニックに自信がないから?
前者であれ、後者であれ。クンニにおいて多少なりともコンプレックスがある男性でしょう。

クンニとは、女性を幸せにする手段です。女性が幸せになれば、あなたも幸せになれます。クンニすることを怖がらず、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

皆様に、私の経験をもとにした、これなら女性を感じさせるクンニのテクニックを紹介し、素敵なセックスライフを送って頂きたい、その純粋な思いのために、自慢話に聞こえてしまうと大変恐縮しますが、参考事例を紹介致します。

参考程度とはなりますが、一度、こちらに紹介する順番どおりにクンニを試して頂きましたら幸せに存じます。また、女性の反応を見て、効果があると実感が得られましたら、次回からも参考にされて下さい。

まずは、膣口へのキスから

「ここがあるから、世の中の男性は気持ちいい思いをさせてもらえるんだ。ありがとう」と女性に感謝を込める、いわゆる、私なりの「儀式」じみたクンニです。

「可愛いね」と声に出してキスするのもいいと思います。女性にとって女性器は恥ずかしいものであることは間違いありません。特に、その男性と初めてエッチするときは、多少なりとも抵抗はあるでしょう。その恥ずかしさを和らげるためにも、さりげない言葉を添えての、膣口へのキスは大事だと思います。

大概の女性は、言葉を添えられての膣口キスへ、「えへっ」とはにかんで笑います。それが、恥ずかしさが和らいだ合図です。

私は妻にクンニするとき、「ここから、可愛い子供2人産んでくれたんだね。大変だったね。ありがとう」と感謝のキスを膣口にします。既婚男性には、セリフはどうであれ、奥様への、この感謝の儀式は必要だと思います。

大陰唇をスローに

下手なAV男優のように、いきなりワレメにしゃぶりついたりは、絶対にNGです。大陰唇のボリューム感を楽しみ、味わうようにゆっくりと舐めることにより、女性に対しての「じらし」効果が得られます。

舐め方としては、舌先ではなく、舌面全体を使う、いわゆる、ベロ舐めになります。イメージとしては、唾液で陰毛を濡らし、更に、大陰唇に浸透させるような感じです。片方の大陰唇に舌全体を密着させて、ゆっくりと舐め上げ、もう片方の大陰唇も同じように舐め上げます。

「早くぅ、早くぅ、中を舐めてぇ」
と女性は頭の中で言葉を発して、舌の動きに合わせて、身をくねらせます。
更に効果を得たいのであれば、恥骨部分や大陰唇の外側、足の付け根部分からベロ舐めをはじめれば良いでしょう。

会陰の効果

意外と知られていないようです。
会陰とは、膣と肛門の間の部分です。私はクンニするとき必ずこの部分、会陰を親指で強すぎず弱すぎずの微妙な力加減で押し込み、ゆっくり回転をさせてマッサージしてあげます。

「ふ、うううふうう」
と女性は、そのグリグリとするマッサージに身を震わしてよがります。

この会陰部は、女性のあらゆる「ツボ」が集中している部分です。ここを丹念にマッサージして、あとは、クールダウンの意味で舐めます。

舐め方としては、舌先を尖らせ軽く押し込みながら、頭を上下させて線を描くように舐めます。

「あっ、はあああ」
と女性は舌の動きに合わせて身を上下させ、元気になり、更に、性欲が増強されます。

小陰唇でリズムをつける

女性にリズムに乗ってもらうことにより、クンニがより官能的なものになります。
舌先に軽快なビートを加えて、小陰唇を弾くように舐めます。

舌を高速で出し入れしてビートを作るのは、最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば軽快にできます。朝、洗面後に鏡の前で舌を出し入れして練習するのもOKですね。

「ふっ、う、う、ふ、う、う、う」
という感じで声を出して、女性の腰もそのビートに合わせて踊るように動きます。
女性がクンニのリズムに乗ってきたら、更に、愛液の噴出量も多くなってきます。

尿道はアピール

汚いところを敢えて舐めることが、その女性への愛情表現、アピールになります。

膣の少し上のところに、針先が通るか通らないかぐらいの可愛い穴があり、そこを舌先を固めてドリル常に、ぐりぐり、と舐めます。

「今、オシッコ出るとこ舐めてるよ」
と私は敢えて女性にアピールします。

「あっ、嫌っ!」
と女性は言いつつも、「そんな汚いとこまで舐めてくれほど、愛してくれているんだ」と実感します。

より丹念に舐めることにより、その表現効果を高められます。もちろん、肛門を舐めれば、尿道の比にならない効果を得られることは、言うまでもありません。

クリは焦らすために

焦らして焦らして、最後にクリです。
最初からクリに吸い付いては、クンニ自体を時間を掛けて有意義に楽しめませんし、女性へも「粗暴なヤツ」と悪印象になります。

メインディッシュが後から出てくるように、クンニのときも同じ。クリというメインディッシュは最後にしましょう。それでも、乱暴な扱いは禁物です。

まずはクリの周り、クリを包んでいる皮膜を舌先で優しく、ゆっくりと円を描くように舐めましょう。

次に、クリ芯と皮膜の間を舌先に伝わる微妙な感覚を頼りに繊細に舐めます。この芯と皮膜の間を舌先だけで探る感覚も慣れが必要ですが、練習するならば、ペットボトルの飲み口を舌先で探ると良いと思います。そこで、女性の手を握ってみましょう。

「うっ、ぐぐぐぅ、くっ、ううう」
と握力が入ってきたなら、女性はかなり興奮、気持ちよがっています。

愛液も、かなり膣口から漏れてきているころだと思いますので、舌にその愛液をつけて潤滑油にしましょう。その愛液塗れの舌をクリ芯にあて、クリ全体を舌先の回転を効かせて、決して、初めから早くなりすぎず、徐々にスピードを速めていく感じで舐めます。

「はあっ、ああっ、あっ、いっ、いく、いく」
と女性が発すれば、焦らず、ここで一旦、舌を離してみるのもいいでしょう。女性が「えっ?」という表情を浮かべたら、その瞬間に、クリ全体に唇を被せて、じゅ、じゅる、じゅーじゅる、とクリを吸い込みます。吸い込みながらも舌先の回転を効かせた「舐め」を忘れずにすることが大事です。

「ああー! いくーっ!」
ここで、初めて女性に絶頂に達します。

いかせるのではなく、いってもらう

その精神を忘れずに、女性にクンニして下さい。

ヤケになり、クンニで女性をいかそうとしても、クンニが嫌いな女性にとっては、あなたの必死なクンニは苦痛以外の何物でもありません。女性の様子に配慮しながらクンニすることが大切です。

もし、あなたのクンニに女性が顔を顰めるのなら、それは、あなたのクンニが悪いのではなく、元々、その女性がクンニを好まないのです。そういう場合は、すぐに他の方法で女性をいかせましょう。

いかせるのではなく、いってもらう。クンニが嫌いな女性にはクンニはしない。セックスにおいて好まれる男性は常に女性を思いやる紳士である。と認識して下さい。

クンニにおけるNGワード

NGを示す女性

「おまえのここ臭いよ」
臭くない女性器ってあるの? と聞きたい。元々、汚いとこを舐めてる、おまえが悪いんだ。と言ってやりたいです。

「黒ずんでない?」
おまえのチ〇コも黒ずんでないか?

「形、変じゃない?」
どんな女性器が形がいいんだ? 図に描いて説明してみろ。

「濡れないじゃん」
おまえのテクニック不足だ。

「トイレットペーパーのカスついてるよ」
そんなもんぐらい食えよ。
などなど、デリカシーにも配慮して下さい。

色々と勝手を言いまして申し訳ございませんでした。

先にも述べたとおり、ここで説明したのは、私の経験論であり、あくまでも参考です。私の経験論を参考にして頂き、普段のセックスがより良いものになれば、また、あなた自身の技術の向上に繋がれば、私は光栄の極みに存じます。