1. TOP
  2. 恋人
  3. 現在のページ

カップルがマンネリ化する理由とマンネリを解消する5つの方法

投稿日: 2017年10月18日

執筆者: Lovable

マンネリ化したカップル

どんなにラブラブなカップルも、付き合いが長くなってくると、何となく、マンネリ化してきたりしませんか?別に嫌いになったわけではないんです。
大好きは変わりませんが、会うたびに同じことの繰り返しで、新鮮さに欠けてくるような…
恋人がいない人間にとっては、羨ましい悩みですが、当のカップルたちには真剣な悩みなのです。

今回は、そんなカップルのマンネリについてご紹介します。
マンネリになる理由を知って、マンネリ解消してしまいましょう!

スポンサーリンク

ラブラブだった2人。なぜマンネリ化してしまう?

どんなカップルも、付き合い始めってドキドキの連続で、些細なことで一喜一憂したりしますよね。
知らなかった相手のことを知るたび嬉しくなったり、優しい言葉をかけられてキュンとなったり。誰かに思われるってこんなに幸せなんだ〜って、本当に明るい毎日です。

でも、付き合いが長くなってくるにしたがって、男女ともに、「あれ?」って気づく瞬間が訪れます。それは、半年だったり1年だったり、人によって違いますが、多くのカップルに訪れる危機。それが、「マンネリ」です。

例えるなら、長年連れ添った夫婦のような関係になりそうな状態とでもいいましょうか。
以心伝心の私たち!というハートマークはあまり付かなそうな、会話の少ないカップルなど、危険信号ですね。

お互いの考えていることは大体言わなくてもわかるから。が会話の少ない理由なんでしょうが、悲しすぎます。
ではなぜ、こういったマンネリは起こるのでしょうか。

一緒にいつも居過ぎる

スキンシップをとるカップル

付き合い始めが盛り上がっていればいるほど、会える時には常に一緒にいたいと思ってしまい、自分の時間全て、カップルで過ごすことが多いというカップルは危険です。

自分の時間がなく、カップルでの行動が多いと、最初のうちは楽しいですが、やがて、同じ人と同じことばかり繰り返すデートは、ルーティン化されてしまい、会いたくて会っているのか、義務で会っているのか麻痺してしまいます。

新鮮さゼロ。緊張感?それ必要?状態に

付き合っていくうちに、相手の考え方やクセ、好きなこと、嫌いなこと。いろんなことがわかってきます。
それはある意味、大好きな人が、自分のことを心から理解してくれていると、嬉しい一面でもありますが、反面、言わなくても痒い所に手が届く関係は、恋愛の醍醐味であるドキドキ感をかなりの割合で奪っていきます。

また、それに危機感を抱かずあぐらをかいてしまうと、完璧、新鮮さゼロのマンネリカップルに成り上がってしまうのです。

カップルの危機!マンネリを解消する方法

カップルがマンネリしてしまうと、ドキドキ感がなくなるということだけではなく、たくさんのデメリットが生まれます。
1番心配なのが、「浮気」です。

マンネリかな〜と感じるのは、お互い様な話で、どんな状況でも相手の愛を信じ抜くのは危険です。自分が新鮮さがないと感じるときは、相手も同じように感じています。そんな時に、偶然新しい出会いがあったら、フラッといってしまうかもしれません。

浮気なんてしない!という誠実なカップルは、それでいいかというと、それはそれで、マンネリ状態が改善されないまま付き合っていくので、お互いの首を締め続けることになり、結果、息が続かず、好きでも分かれる羽目になりかねません。
そんな恐ろしいマンネリ!どうしたら解消できるのでしょうか。

1. 別々の時間を意識して持つようにする

海を見つめる一人旅の男性

年中一緒にいるようなカップルは、意識して、自分の時間を持つように心がけましょう。1人で過ごしたり、友達と出かけるなど、相手と別々に行動する時間はとても大切です。

離れている時間、もちろん、自分の時間を楽しむことが最優先ですが、同じくらい、相手のことを離れた場所から「想う」ということもできます。

普段はいつも隣にいて、いるのが当たり前になり、相手を「想う」という行為自体しなくなっているのではないでしょうか。
相手を想うことで、自分の気持ちを再確認し、カップルでいる幸せを再認識することができます。

別々に行動するというのは、お互いの恋愛感情をリフレッシュさせるために、重要な時間なんです。

2. 一緒にできる趣味を増やす

ゴルフをする男女

付き合いが長くなってくると、大体行動のパターンが同じになってきます。
それが、危険なんです!
何の変化もない付き合いは、必ずマンネリ化を招いてしまいます。
でも一緒にいたいですよね?
それなら、一緒にできる趣味をあれこれ見付けてみることです。

今まで全く興味がなかったという釣りも、彼氏の影響で、楽しいと思えるようになったり、2人でまったり家デートも、ただ家で映画を観たりするだけじゃなく、一緒に買い物に出かけ、ちょっと凝った料理を一緒に作るというのも、2人の共同作業で新鮮です。

1つだけじゃなく、あれこれお互いの趣味を試すことで、相手の意外な一面を知ったり、さらに距離が縮まったり。いいこといっぱいです。

3. 自分磨きを怠らない

自分磨きをする女性

どんなに付き合いが長くなり、お互いのいいところも悪いところもわかっているから、私たちは大丈夫!と、安心し切って、自分磨きを止めてしまうと危険です。
これは女性に限らず、男性にも言えることです。

付き合いの長さは関係なく、相手が常にポジティブに自分磨きをしていると、自分のモチベーションも上がりますし、相手を尊敬することができます。
こんな恋人を失ってはいけない。大切にしなきゃという思いが生まれ、それは、よりいい緊張感に繋がります。

4. たまにプチ旅行をする

プチ旅行に出かけるカップル

行ったことがない新しい場所に行くって、それだけでワクワクしますよね。
マンネリしたカップルには、そんなワクワク感はとても大切なスパイスになります。知らない場所で、初めましてで見る景色や経験をシェアすることで、自然と絆はグッと深まりますし、いつもよりも会話が弾むはずです。

旅行先は、わざわざ遠くを選ぶ必要はないし、日帰りでいける場所で全然OKなのです。要は、行ったことがない場所に2人で行く、ということが目的なので、場所はどこでもいいのです。

そういうプチ旅行をたまに行くようにすることで、次に行く場所を決めるのも楽しいですし、2人での思い出がどんどん増え、マンネリ知らずのカップルに成長していくでしょう。

5. いつもと違うHで新鮮さを取り戻す

エッチをするカップル

最後にもう1つ。
マンネリ解消の方法として、Hを工夫してみることです。
Hは、体で表現する愛情表現でもあります。普段言葉で言えない相手への思いなど、ベッドなら言えるということはないですか?

Hは男女が付き合う上で、大切なコミュニケーションツールの1つです。
いつもと同じ場所で、いつもと同じ雰囲気で〜では、マンネリは解消されません。

せっかく仲良しの2人なんですから、思い切って、コスプレで遊んでみたり、ちょっとセクシーな映画を一緒に観るとか。

女性なら言い出すのが恥ずかしいと思うかもしれませんが、恥ずかしがりながら提案する彼女に、喜ばない男性っているのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
こうやって紹介していくと、マンネリ=悪者というイメージを持たれるかもしれません。確かに、マンネリ化していくことで、いろんなデメリットは存在します。

でも裏を返せば、マンネリしてしまうくらい、家族かと思えるくらい、お互いを信頼しきり、心身ともにリラックスしてしまった結果、マンネリになったとも言えます。それくらい思い合っているカップルです。

マンネリ云々と、つまらない理由で破局することがないように、あの手この手でマンネリから、2人の愛を守りましょう!