1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

濡れやすい女性の特徴10選!女子が濡れやすくなる方法とは?

投稿日: 2021年09月10日

濡れている女性

男性だとチンポが大きく硬くなるのが性的興奮をしている証、とってもわかりやすいんですよね。
一方で女性だと大きな声をあげていても、実は演技が大部分といったこともあります。
そこで参考にするのが濡れてるかどうか。

セックスで喜ばせることができてこそ男としての自信はあふれるもの、ただ同じように感じてても濡れやすい方もいればそうでない方もいるのです。

濡れやすい女性の特徴10選

1.セックスに集中できてる方

子育てしながら一方で家事もこなす女性たち、男性に比べて視野が広いのです。それゆえにセックス中にもあれこれ気になることができて集中できてないからこそ濡れてない、そんな場合もあります。

濡れやすい女性というのはセックスにしっかり集中できる方というわけです。

2.セックスに対する興味が強い方

男性だけでなく女性だって、セックスが好きな方はいます。そういう方だとどん欲に楽しもうという気持ちが強く、男性側からのアプローチを一つ一つしっかりと受け止めてくれるはずです。

だから濡れやすくなる、どの部分が感じやすいかなども日々の研究で分かっていてうまくリードしてくれるでしょうから、それを受け止めて、共に性を楽しみましょう。

3.感度が高い方

体質として濡れやすい方もいる一方で、セックス経験・一人エッチ経験の深さにより開拓されて感度が強くなっているということもあります。

毎度濡れまくるとも言いきれず、体調を崩してるときはしばらくセックスから遠ざかっている方であれば、感度が弱まって濡れにくくなっている場合もあります。

4.みずみずしい身体を持っている方

濡れるということは身体から水分が出て行っているということです。そのためにはしっかり入れてやらなければなりません。日々よく水をよく飲んでいるという方だと、分泌量も多くなっているはずです。

年を取っていく状態を枯れると表現したりもしますが、年齢を重ねるごとに身体はみずみずしさをうしなっていくのです。
でも水分補給を心掛けていたら身体に水分が行き渡り、体調も整いやすくなるはずです。

お肌もみずみずしく健康的で、男性から注目されるモテタイプの女子は、セックスをしても思いっきり濡れて男としての体現を保ってくれるので、更にモテやすくなる、良い循環が続いていくことになります。

というわけで女性はしっかり水を取るべきなのです。

5.感情移入しやすい方

デートで映画を見に行った時によく泣く女の子、動物とか赤ちゃんを見ると「可愛い」と大騒ぎする子はねらい目です。

感情移入しやすいタイプだと、セックスでも他に気を取られることなくがっつりとはまり込んでくれるからです。
こういう方の場合、エッチだけでなく相手の男性にもしっかりとはまります。そのため男性にもぜひ気持ちよくなってほしいといろいろと頑張ってくれるはず、そもそも自分がプロデュースしたデートを目を輝かせながらたっぷりと喜んでくれるような女の子だと、ぜひとも彼女になってほしいと思えることでしょう。

やはりこちらもモてタイプ、ライバルは多いもののねらい目です。

6.緊張しない方

仕事とか人間関係とか、世の中にはついつい身体が硬くなってしまうような緊張場面も多くストレスに皆が苦しんでいます。
セックスだってそう、初めてのときとか初めての相手だと、粗相が無いようにとか、どんなことをされてしまうんだろうといった不安が出てきたり、濡れ体質の方だってなかなか分泌液が出てこなくて当然です。

まったく緊張感のないあっけらかんとしたタイプもいいですが、ほどほどにはリラックスしている方・神経質ではない方の方が濡れやすい傾向にあります。
あれやこれや考えて身体が固まってしまってといったことがないのです。

誰でも彼でも距離感が同じとあっても彼氏としてはモヤモヤするところ、最初の頃は緊張で硬くなっていても次第に打ち解けて自分に対してだけはリラックスしてくれるというのがおすすめです。少しずつ開拓して濡れやすく変えていくのです。

7.お酒を飲む方

緊張をほぐすのに最適なのがアルコール、お酒を日ごろから飲むという方だと濡れる状態を何度も経験して濡れやすいからだが作られているかもしれません。
アルコールには血行を良くする作用もあり、感度も上がります。

まずは夕食を一緒に取ってその時にお酒も飲み、そこからの流れでホテルへというのは正しいやり方なのです。

とはいえ、お酒も程度を過ぎると感度を高めるどころか泥酔して何が何だか分からなくなってしまいます。そうして女性側の本意ではないのにホテルに連れ込んだりといったことは犯罪行為、適量を心掛けることです。

8.性感帯の多い方

胸やデリケートゾーンだけではなし、手の指や足などにも性的に感じてしまう場所・性感帯はあります。その数が多ければどこを触られても感じてしまうことに、そのたびに分泌液が出ているとびしょびしょになります。

普通に握手したり同性の友達に抱きつかれたところで感じる方はそうはいないはず、その部分に神経を集中しているからこそ感じてしまうわけで、性感帯を増やそうと思ったらやはりセックスに集中することです。

9.相手の男性を大好きな方

大好きな相手からのアプローチ、その一つ一つを大切に受けとめるはずです。信頼しているからこそリラックスしており緊張はありません。

濡れやすいのは自分のことを信頼してくれているから、そう考えて自信を持つことです。

10.性欲が強い方

濡れやすい女性とのセックスをして自信を持ちたいというなら、日ごろからエロティックな雰囲気を醸し出している方を誘ってみてはいかがですか。性欲が強く、どん欲に受けとめてくれるはずです。

ただセックスの経験も多く、一人の男性で満足はしてくれないかも、あくまでお姉さまにセックスを教わるといった感じで、彼女にするのに適切な相手とは言いきれません。

濡れやすい女性へと変える方法

濡れやすい女性

セックスに集中してもらおう

自宅だと周りに日常がありすぎてとても集中は出来ない、ホテルを利用してみてはいかがでしょう。

妊娠するかもといった緊張感が濡れやすさを弱めている可能性も、コンドームなど避妊具はきちんと装着すべきです。

セックスを共に研究しよう

女性だってエッチに興味があって当然、「ふしだらな」と批判の目で見ていると探求を辞めてしまいます。

どうすればもっとお互いが気持ちよくなるか、一緒に研究すればいいのです。

感度を上げるには一人エッチもおすすめ

どこが気持ちいいか、それは自分がよく分かっています。ですから女性が一人エッチしたところでそれもまた批判すべきではないのです。

どうすればいいか、本人の意見も聞きながら感度を上げていくことです。

水分は美容にもおすすめ

しっかり水分を取ってもらいましょう。美しさを手に入れるのにもおすすめです。

男性だってハリのあるみずみずしいお肌は若さを保ってくれます。

まずは映画館

実は心の中では感動しているのに、それを感情として表すのは恥ずかしいと抑えてる女性もいます。そういう方の場合、セックスだって気持ちが表せずマグロとなってしまうのです。

暗い映画館だと涙を流していても見えません。
できれば男性だって同じように感情をどんどん表現していけば、彼女も恥ずかしいという思いを次第に出さなくなるでしょう。

緊張を緩めるにはやさしい声かけを

セックスは動物だと単なる生殖活動ですが、人間の場合は関係を深めるための大切なことなのです。

緊張している様子が見えたら、やさしい声かけをして緊張を緩めてやるようアプローチすべきです。
一方通行に男性側だけが気持ちよくなっているようでは、いつまでたってもしっかり濡れることはありません。

お酒を上手く活用して

より深い関係を築きたいとき、セックスを楽しみたいときにお酒は有効です。うまく利用することです。

性感帯を増やす

すぐにも胸などを触るのではなく、耳や指などいろいろなところに触れて性感帯を増やしてやるのです。

胸に触れそうで触れない、じらしもセックスのテクニックです。

信頼感を得る

セックスだけでなくその女性との関係を深めたいという気持ちを持っているのであれば、まずは信頼感を得る努力から始めることです。

エッチを楽しもう

セフレが欲しい・純粋にエッチを楽しみたいというならそれもあり、相手もそのつもりならばあとくされなくびしょびしょに濡れて楽しんでくれるはずです。
ただ相手は彼女としての地位を得たいということもあり、よく話し合うことです。

体質というよりも状況や相手との関係によって濡れやすさは出てくるもの、研究をかさねるべきです。