1. 女子力アップ
  2. 現在のページ

思わず男性が興奮するエロい女の服の脱ぎ方10選

投稿日: 2021年05月31日

セクシーに服を脱ぐエロい女

みなさんは、セックスの際に服の脱ぎ方にも気を遣っていますか?
「服の脱ぎ方なんて関係あるの?」と思っている方も多い傾向にありますが、セックスは服を脱ぐ瞬間からはじまっているため、自宅での着替えとは違った脱ぎ方を意識する必要があります。
いつもの脱ぎ方に少しのポイントを加えることで、簡単に色っぽい女性を演じることができますよ。

今回は、思わず男性が興奮するエロい女の服の脱ぎ方10選をテーマに解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

エロい女の服の脱ぎ方

服を脱ぐという行為は、男性を興奮させる上でとても重要なプロセスです。
「どうせ裸になるのだから脱ぎ方なんてどうでもいいのでは?」と思われがちですが、一歩間違えれば帰宅後のただの着替えシーンのようになってしまい、男性をドキドキさせることはできません。

エロい女は、できるだけ日常感や所帯じみた雰囲気を消しながら服を脱ぐテクニックを習得しています。
その後のセックスで男性を大興奮させるためにも、10個のポイントについてチェックしていきましょう。

1.ゆっくりと脱ぐ

服を脱ぐ際、できるだけゆっくりと脱いでいくことで男性の性的興奮を煽ることができます。
ストリッパーやAV女優も服を脱ぐ際にゆっくりと1枚ずつ脱いでいく場合が多く、裸になるまでの待ち時間を長くすることで「早く全裸になった姿が見たい!」と男性を焦らす効果があります。

素早く脱いでしまうと、セックスにガッツいているような下品な印象を男性に抱かれる可能性があり、エロさや色っぽさも皆無となるので気を付けるようにしましょう。

2.アイテム別に脱ぐ順番を理解している

エロい女は、自分が着ている服のどれから順番に脱ぐべきかを理解しています。
例えば、ブラウスにタイトスカート、黒ストッキングというスタイルの日に、最後まで黒ストッキングを残しておくと下半身が真っ黒で不格好な出で立ちになってしまいます。
エロい雰囲気もゼロになってしまうため、どのアイテムから脱ぐべきかをあらかじめ頭に入れておくのがポイントです。

黒ストッキングをはじめに脱ぎ、その後タイトスタート、ブラウスの順で脱ぐと、ブラウスの下から見える生足に男性はドキドキしてしまいますよ。

コーディネートによって脱ぐ順番を変える方がエロい雰囲気が伝わるので、AVで女優さんが自ら服を脱いでいくシーンなどを参考にしてみましょう。

3.頭から脱がずにボタンを使う

服にはさまざまなデザインのものがありますが、トップスやワンピースでボタン付きのものは脱ぎ方に要注意です。
ゆったりめのデザインの服を脱ぐ場合、普段の着替えではそのまま頭から脱いで時短を試みることも多いものの、男性の前ではNGとなっています。
きちんと前のボタンを外し、腕から服を抜くようにはだけさせましょう。

頭から脱ぐと子どもっぽさやガサツな印象を男性に与えてしまうので、ボタン付きの服は横着な脱ぎ方をしないことがエロい女を演じる際のポイントです。

4.ストッキングやズボンは座って脱ぐ

ストッキングやズボンは、立ったまま脱ぐと足元がふらついてしまいますよね。
ヨロヨロしながら脱ぐのはエロさとはかけ離れているので、椅子やベッドに腰かけて優雅に脱ぐようにしましょう。

脱ぐ方の足先をピンと伸ばすと脚長効果もあってセクシーな女性を演じられるので、「綺麗な脚が魅力的だな」と男性に好印象を与えることができますよ。

脚を椅子やベッドの下に折りたたむようにして座ると、脚が短く見えてスタイルが悪く見えてしまいます。
体を小さく縮こませながら脱ぐのは不格好に見えて男性も興ざめしてしまう可能性があるので、背筋と脚をピシッと伸ばして脱ぐのがおすすめです。

5.恥ずかしそうにする

服を脱ぐ際は、少しだけ恥ずかしそうな雰囲気を演出するように心掛けましょう。
恥じらいもなく服を脱いでいく様は日常の着替えを連想させ、ロマンティックな雰囲気をつくりにくいというデメリットもあります。

少し体を斜めにずらして相手から丸見えにならない角度にしたり、うつむき加減で恥ずかしそうに服を脱いだり、「体を見られるのが恥ずかしいな」という演出をすることで男性の支配欲を刺激することが可能です。

恥じらっている女性が自ら服を脱いでいく様子はエロさ満点なので、たとえ恥ずかしくなくても照れている演技を取り入れるようにしましょう。

演技が難しいという場合は、「恥ずかしいからそんなにじっと見ないで」と言葉で相手に伝える方法も効果的です。

6.下着はギリギリまで見せない

女性が服を1枚ずつ脱いでいく行為は、男性の好奇心や性的興奮を刺激します。
徐々に露出度が上がっていくことで相手の興奮をマックスまで高めることができるので、下着を見せるのは最後まで取っておきましょう。
例えば、トップスを脱ぐ際にブラウスとキャミソールをそのまま流れで脱いでしまうのではなく、ブラウスを脱いだ後に上半身キャミソール姿のままで下半身を脱いでいくのがおすすめです。
そうすることで男性はギリギリまで女性の下着姿を目にすることができず、「どんな下着なんだろう?早く見たい!」と焦らされながらドキドキしてしまうのです。

7.肩紐は反対側の手で下ろす

女性らしい印象を相手に与える際、あえて反対側の手を使って腕を体の前で交差させる方法がおすすめです。

斜めに伸びる腕にはしなやかで色っぽい雰囲気が宿り、ちょっとした仕草に取り入れることで簡単に良い女っぽさを演出することができます。

服を脱ぐ際は、キャミソールやブラジャーの肩紐を反対側の手で下ろすように心掛けましょう。
反対側から腕が伸びることで胸を寄せる効果もあり、男性を興奮させながら服を脱ぐことができますよ。

8.ブラジャーは手で押さえながら脱ぐ

男性の前でブラジャーを外した後、そのままスルリと脱いではいませんか?
下着を脱ぐ瞬間は「いよいよ裸が見られる!」と男性が最も興奮するシーンでもあるので、できるだけ焦らしながら脱いでいくようにしましょう。

フックが外れたブラジャーを片手で優しく押さえ、もう片方の手で肩紐をずらしながら段階的に脱ぐ方法がおすすめです。

恥じらいと焦らしを両立できるテクニックなので、男性をいつも以上に喜ばせることができます。

9.男性に手伝わせる

エロい女は、服を脱ぐ際に男性を巻き込むテクニックを持っています。
例えば背中にチャックやボタンがある服の場合、男性に「手伝ってほしいな」と甘えて手伝ってもらうことで、「女の子の服を脱がせている」というエッチな体験を男性側に味わわせることが可能です。
その際は髪を手で押さえて、男性にうなじを見せつけてみましょう。
精神的にも視覚的にも性的興奮を刺激できるので、その後のセックスで盛り上がること間違いなしです。

10.アクセサリーは最後まで着けておく

シャワーやセックスの前は、アクセサリーを外すという方も多いのではないでしょうか?
繊細なアクセサリーの場合はシャワーのお湯で変色してしまう可能性もあり、セックス中は自分自身や相手にケガをさせてしまうリスクもあります。

ただ、エロい女を演じるのであればアクセサリーを外すのは服を全て脱いでからにしましょう。

何も身に着けていない裸の状態でネックレスやブレスレットをしていると、裸だけの状態よりも色っぽさや女性らしさが醸し出されます。

色の合うアクセサリーは女性の肌を綺麗に見せる効果もあり、「この子の体、綺麗で興奮するな」と男性に好印象を持ってもらうことができますよ。

まとめ

服を脱ぐということは、ただ単に裸になるためのプロセスではありません。
男性を焦らしながら服を脱ぐことで相手の性的興奮を煽る効果があり、その後のセックスでいつも以上の激しいプレイをすることに繋がります。

服を脱ぐ順番、仕草、スピード、演出など、ちょっとしたポイントを抑えることで誰でも簡単にエロい女の服の脱ぎ方を真似することができます。

今まで深く意識していなかったという方も、是非この記事を参考にしてエッチで色っぽい服の脱ぎ方を習得してくださいね。