1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

アヘ顔とは?実体験を元に女の子をアヘ顔にさせる方法を伝授

投稿日: 2022年02月20日

気持ち良くてアヘ顔になる女性

皆さん、夜のセックスライフ充実していますか? 今回は完全にセックスに没頭した時に相手が見せる表情「アヘ顔」について話していきます。

アヘ顔を知らないと言う人は、本文を読んだり実際に画像を見てみたりしてくださいね。

セックス中に稀に見る事ができるアヘ顔、見られたらとても興奮しますし、嬉しくなりますよね。

多くの男の子が女の子とセックスしている時に気持ちよくなりたいですし、自分とのセックスで女の子が滅茶苦茶になってもらいたいもの。もちろん私もその1人です。
私は、ちょっと性癖になりますが、女の子とセックスしている時に女の子が気持ち良すぎて発狂してても良いと思ってしまうくらいです。

話はそれましたが、そこまで気持ち良くなった時、女の子の顔をしっかり見たことがありますか?
普段見せない顔をベッドの上では見せて欲しいですよね。

今回はセックス中に普段見せない顔、アヘ顔についてと、どうしたら女の子がアヘ顔になるのか実体験も踏まえて話していきます。

アヘ顔とは

大まかな定義はありませんが、よく二次元の女の子がエッチをしている時の顔や気持ちよさによがってしまっている顔でよく見ますね。寝取られものや、触手ものなど多いと思いますが、「アヘ顔ダブルピース」なんて言葉もよく聞くようになりました。

さてこのアヘ顔、現実にはどんな時に見られるのでしょうか?

アダルトビデオでそう言った企画物だったり、俗に言うアクメ系の物でしたら見た事はあるかも知れません。中には本当に気持ちよくてアヘ顔になっている女優さんもいるかもしれませんが、あくまで演技です。

寄り目だったり、白目になったり、舌を出したり、目が虚になって発狂したり、アヘ顔と言っても色んなアヘ顔があります。

自分が現実にセックスしていてどんなアヘ顔が見たいでしょうか?

私が今まで出会った子は、目が虚になり発狂してしまった子と、舌を出しながら白目になりかけてる女の子でした。
もちろん、その時にはピースしてくれるようにお願いしました。そう言うプレイがすきだったりするので。
現実にアヘ顔する子がいるんだと思いましたが、実際見てみると気持ちが良くなるものです。

では、どうしたらアヘ顔になってくれるのか、実体験を元にして話していきます。

アヘ顔にするまでの道のり

まず、アヘ顔を晒してくれる子について。
ナンパをした時や割り切ったセックスをしてくれる子や、セックスが大好きな子がアヘ顔をしてくれる確率が高いです。
割とそう言う子とは時間がかからないと思いますが、引く確率もなかなか難しいのではないでしょうか。

それでしたら自分の彼女や奥さんをセックス好きにして、アヘ顔が恥ずかしげなく晒してくれるように練習していくしかありません。
調教みたいになりますが、まさしくその通りなのです。
彼女や奥さんをセックス好きに調教するのと同時に、あなた自身が相手の気持ち良いツボ、アヘ顔になってしまう性感帯を熟知していなければなりません。
時間を掛ける掛けないはあなた次第ですが、性感帯のツボと雰囲気作りを次に話します。

アヘ顔になるまでの雰囲気作り

恋人をアヘ顔にするため脱がす

女の子とのセックスで感じさせなければアヘ顔にならないのが、第一前提です。
そのための第一歩として大事なのが雰囲気作り。
ラブホテルや家など、様々な場所でセックスすると思いますが、大事なのは相手が安心する場所、もしくは興奮する場所ですると言う事。
興奮する場所は様々あると思いますが、法律の範囲でお願いします。

仮にホテルでするとしましょう。
すでに気持ちはセックスする事にばっちり乗り気だと思いますが、いきなり押し倒すと言うよりはじっくり時間をかけて行きましょう。
シャワーを浴びる時から一緒に入り、ゆっくり相手の体を洗ってあげる事に徹します。
こう言う時間に相手の性感帯が分からなければ知る事が大事です。
洗うフリをして胸や秘部を触ったりキスしたり、どう言う所が気持ち良いのか本人から聞く事も出来るはずです。
「急がば回れ」相手の体をじっくり時間をかけて知る事が、アヘ顔にする近道になります。

次は雰囲気作りです。照明は薄暗く無音よりはセックスの時に聞くヒーリングミュージックを使ってみてください。
こうして、リラックスしてセックスに集中する環境を作ります。
もう一つ大事なのは香りです。お気に入りの香水を付けるのも良し、私はよくラブコスメにあるベッド用香水をセックスする時に使います (個人的にかなり興奮感が得られます)。

良い雰囲気と良い香り、準備が整ったらアヘ顔セックスまでもう少しです。

アヘ顔になるツボ

雰囲気作りが出来たらいよいよ前戯、挿入です。

前戯ではお風呂で見つけた性感帯をじっくり、ゆっくり相手の反応を見ながら刺激します。
その時に大事なのは焦らす事。1番気持ち良いところをいきなり刺激せず周りから、1番気持ち良い所に触れるかな? と思ったら触れずに周りを愛撫します。
相手はあなたが性感帯を知っているのに愛撫してくれない焦らしに、いつ来るのかドキドキしてきます。
耳元でキスをしたり言葉責めするのも一つの手ですね。
じっくり周りを愛撫したら、いよいよ好きな性感帯を刺激します。
声が出始めたら耳元で「ここが良いのかな?」と聞いてみてみると、恥ずかしがりながら答えてくれるはずです。

アヘ顔のツボはここです。じっくり焦らした後に1番気持ちの良い場所をこれでもかと刺激してあげて下さい。

アヘ顔にする道具

私がよく使うのはローターとバイブです。
刺激はあまり強くないところから始まり、相手の反応を見ながら強弱をつけていきます。

主に自分が刺激できないところをカバーしてもらっています。
例えば胸を触っていたらアソコ、アソコをいじっていたら胸など、常に同時に2箇所3箇所を刺激出来ると良いですね。
この他に手錠などSMっぽくせめるのも良いと思います。

女の子をアヘ顔にする

いよいよ相手がイク手前になったら、1番気持ちの良い場所ともう1、2箇所を同時に刺激します。
アソコがよく濡れている、声がはっきり喘いでいればアヘ顔まではすぐそこです。

ただしクンニには気をつけてください。クンニされるのが好きと言う子も多いですが、クンニしていれば当然相手の顔を見る事ができません。
クンニは途中までしていても良いかもしれませんが、イク手前ではクンニから手マンやアダルトグッズなどに刺激の仕方をかえてください。

それでは、いよいよイク直前。
イク前に一言、「恥ずかしがらずに思いっきりイって良いよ」と囁いてあげて下さい。
相手の恥ずかしいと言う気持ちを解放してイク事に集中させてあげるのです。
この時、相手の子はすっかりあなたとのセックス、イクことに夢中になっています。
相手次第ですが、この瞬間に女の子のアヘ顔が見られます。
舌を出したりだらしなく涎が出ていたり。
目が虚になったり寄り目になったり。
あなたにしか見せない完全にセックスに溺れた顔。これがその子のアヘ顔です。
私が何人か違うアヘ顔を見たのも、その相手によってセックスに溺れているときの顔が違うからです。

もう後はイかせてあげましょう。
全力でイかせてあげる事に専念して下さいね。

まとめ

アヘ顔にするために大事な事、それはイクことにどれだけ集中させてあげられるかです。
すぐに終わってしまう、自分が先に行くなんて論外です。
いかにあなたとのセックスが気持ち良いのか、自分の性を解放できるかが鍵になります。

また、繰り返していく事で、相手の様々なアヘ顔を見る事ができます。
もし自分が好きなアヘ顔があれば繰り返していく中で、「相手のこんな顔が好きだ」「こんな顔を見せて欲しい」と伝えて徐々に教え込ませるのもありです。
アヘ顔をたくさん見て楽しいセックスライフを送っていきましょう。