1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

同棲中の彼女や妻に内緒でエロい夢を見せる方法10選

投稿日: 2022年01月26日

エロい夢を見ている女性

長く一緒に暮らしているカップルや夫婦は、必ずといって言いほどマンネリ化を体験します。
「昔みたいに相手から求められたい」「こっそり相手をエロい女に変えられないかな?」など、彼女や妻にもっとエッチになってほしいという願望を持つ男性は多く存在します。

相手を無意識のうちにエロい女に変えると聞くと、難易度の高い行為のように思われがちです。
しかし、相手にこっそりエッチな夢を見てもらうことで、相手の性欲や性的興奮を刺激し、あなたを求めずにはいられないエロい状態に変えることができるのです。

そこで今回は、同棲中の彼女や妻に内緒でエロい夢を見せる方法について、エロい夢を見るために試行錯誤を重ねてきた筆者がお話しします。

同棲中の彼女や妻に内緒でエロい夢を見せる方法10選

彼女にエッチな夢を見せようと企む男

相手に内緒でエッチな夢を見てもらう場合、「エロい夢を見せたい」というこちらの思惑を相手に悟られないよう注意しなければいけません。
もし勝手にエッチな夢を見せようとしていたことがバレてしまうと、「そんなこと考えてるなんて気持ち悪い」と相手に拒絶されてしまう恐れもあるからです。

あくまでさりげなく行動することで、相手を無意識のうちにエッチな状態に変え、みだらな夢を見せることに繋がります。

1.一緒にお風呂に入る

恋人や妻との密なスキンシップは、相手にエロい夢を見てもらう上で欠かせない準備です。

いつもはバラバラにお風呂に入っているという方も、定期的に相手とのバスタイムを楽しむようにしましょう。
お互いの体を洗い合いながらエッチな触り方をするなど、できるだけ裸で長時間イチャイチャすることがポイントです。

濃密なコミュニケーションとスキンシップを取ることで、あなたの裸を相手の脳裏に焼き付けることができ、相手にエロい夢を見てもらいやすくなるのです。

2.寝る前にエッチな話をする

私たち人間は、眠る前に見たもの、聞いたものに関係する夢を見やすい傾向にあります。
そのため、寝る前に恋人や妻にエッチな話を振っておくと、相手がエロエロな夢を見る確率をアップさせることができます。

エッチな話といっても、下品な話題や下ネタを急にねじ込むのはやめましょう。

脈絡もなく過激な話をすると、「いきなり何?」「寝る前にそんな品のない話なんてしたくないんだけど」と相手から鬱陶しがられてしまう可能性大です。

マンネリ化する前の二人のお泊まりやエッチの思い出など、ロマンティックさも感じられる話題の振り方を意識しましょう。

3.ジャスミンティーを飲ませる

性欲アップに繋がる食材を取り入れることで、相手にエロい夢を見てもらいやすくなります。

肉や魚などの動物性タンパク質、スッポン、納豆などが精力フードとして挙げられがちですが、寝る前におすすめなのがジャスミンティーです。
ジャスミンティーには、リラックス作用の他、美容効果やむくみの改善など、女性にとって嬉しい成分がたくさん入っており、性欲を高める飲み物としても知られています。

温かい飲み物なら寝る前に差し入れても不自然ではないため、恋人や妻に怪しまれることなくエッチな気分にさせることができますよ。

4.目につく場所にエッチな雑誌を置いておく

人間は、視覚から多くの情報を得ます。
トイレや寝室のテーブルの上など、恋人や妻が目にしそうな場所にエッチな表紙の雑誌を置いておくと、寝る前の相手の脳を刺激することができます。
その際、中身も本格的なエロ本だと「こんなところに変なもの置きっぱなしにしないで」と怒られてしまうので、表紙にのみグラビア系の写真が使われた雑誌を利用しましょう。

さりげなく相手の脳にエッチな情報を送り込めるため、エロい夢を見やすい状態にさせることができますよ。

5.自分の夢の話をする

恋人や妻と夢の話を共有することで、エロい夢を相手に見てもらえる確率が上がります。

「昨日こんな夢見たんだよね」と、さりげない会話に夢の話題を織り交ぜることで、夢というテーマを相手に意識させることができます。
あなたの夢の話を聞くうちに、「私もおもしろい夢が見たいな」「私は今日どんな夢を見るかな?」と相手も考えるようになり、自ら進んで夢を見やすい環境を整えてくれるようになるのです。

また、お互いに夢の話を頻繁にすることで、相手がエッチな夢を見ているか探りを入れやすくなるというメリットも生まれます。

6.何度も寝返りをうつ

恋人や妻に夢を見てもらう場合、レム睡眠の状態にさせる必要があります。

脳が起きていて体が寝ている状態のレム睡眠は、熟睡度が比較的低いとされており、人間はレム睡眠の時に夢を見やすくなります。

相手が深すぎる眠りにつかないように、隣で定期的に寝返りをうつようにしましょう。

また、夜中にトイレに行く際の物音や、ベッドの中で体を掻く仕草なども、寝ている相手を刺激することに繋がります。

せっかくセッティングに力を入れても、相手が夢を見ないほどに熟睡しては意味がありません。
相手がレム睡眠を維持できるように、タイミングを見ながら体を動かしてみましょう。

7.耳に息を吹きかける

恋人や妻にエロい夢を見させるためには、物理的な刺激を与えることも重要です。

相手が眠りについたら、起こさないようにゆっくりと近づき、耳にフゥーっと息を吹きかけてみましょう。
あまり強くすると相手が起きてしまうため、あくまで軽く吹きかけるのがポイントです。

耳を性感帯とする女性は多く、睡眠中でもその気持ち良さを感じ取ることができます。

気分が高揚した状態で寝かせることができるため、相手がエッチな夢を見る確率が大幅にアップするのです。

8.室温に気を遣う

多くの女性は、男性よりも体が冷えやすい体質です。
季節を問わずに手足の寒さを感じている冷え性の女性も多く、夏でもエアコンのきいた部屋では凍えてしまうこともあるのです。

彼女や妻にエッチな夢を見てほしい方は、室温が下がり過ぎないように十分気を付けましょう。
寒すぎる部屋で寝ている場合、リラックスした状態とはほど遠いことから、のんびりと夢を見られない可能性が高くなっています。

寒くて頻繁に目が覚めてしまうこともあるため、相手がエロい夢を見られる環境づくりを徹底することがポイントです。

9.寝ている最中にフェザータッチをする

体を触るという行為は、最も手っ取り早く相手の性欲を高められる行為です。
しかし、胸を揉む、乳首をいじる、手マンをするなど、露骨に相手の体を触ってしまうと、「今寝てるんだからやめて」と相手に嫌がられてしまうリスクもあります。

さりげなく相手に刺激を与えるためにも、フェザータッチでなぞるように相手の体を触りましょう。

太ももの裏、背中、腕などに優しく触れることで、「あれ?触られてる?それとも当たってるだけ?」と相手も混乱し、あなたに何も言えないまま再び眠ろうとします。

感度が高まった状態で眠りについているため、相手も知らず知らずのうちにエロい夢を見てしまうのです。

10.相手が寝ている隣でオナニーをする

オナニーをすることで、寝ている彼女や妻にエロい夢を見せやすくなります。

相手が寝静まった後、ベッドの上でゆっくりとオナニーを開始し、時折あえぎ声を出してみましょう。
その際、あくまで相手に内緒でオナニーしているというシチュエーションを演出する必要があります。

相手に気付かれるくらいのボリュームを出しつつも、声を押し殺す演技などを取り入れて、相手が声をかけづらい状態を作り上げましょう。
そうすることで、「ここで私が起きたら気まずいよね」と相手に思わせ、そのまま再び眠りにつかせることができます。

あなたが隣でこっそりオナニーしていたという驚きと、あなたのあえぎ声がBGMとして作用することから、相手がエロい夢を見やすくなるのです。

まとめ

エロい夢を眠るカップル

今回は、同棲中の彼女や妻に内緒でエロい夢を見せる方法をご紹介しました。

相手にエッチな夢を見せるためには、睡眠中はもちろん、睡眠前の準備も徹底する必要があります。
日常のさりげない行為の中でポイントを抑え、自然な流れで相手にエロい夢を見てもらいましょう。
そうすることで、エッチな夢を見た相手は「私って欲求不満?」と感じ、これまで以上にあなたを求めるようになるのです。