1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

クリストリスの皮の剥き方!上手に剥くための下準備とコツ、注意点まとめ

投稿日: 2021年11月13日

上手なクリストリスの皮の剥き方

女性ならではの性感帯であるクリトリス、男性で言うところのペニスのようなものです。 日本人男性の70パーセントは包茎だとか、数が多いからこそコンプレックスに感じる方の割合も高く包茎手術を手掛ける病院は多く存在します。

陰毛で隠されていて女性本人もあまりご存じではないものの、クリトリスだって日ごろは皮に包まれています。その皮の剥き方って知っていますか?

クリトリスとは?

女性器上部にある突起物、それがクリトリスです。その大きさも感度も個人差はあるものの、ペニスの10倍も20倍も感じるそうなので、かなりの刺激でしょう。

ペニスと同じく海綿体組織から出来ています。つまりお腹の中で途中までは同じ状態、そこから細胞分裂により男女どちらかにと変化していくわけです。

皮の役割

ペニスの20倍もの感度、もしもむき出しのままになってたなら日常生活もままなりません。下着が触れて擦れるたびに感じてしまう。というか気持ちいいというよりも、強すぎる刺激は痛みも感じられるとか。

ペニスを初めて剥いたときの感覚を思い出していただければお分かりになるでしょう。なので皮で包まれてガードされているわけです。

クリストリスの皮の剥き方

まんこの構造とクリトリスの位置

それでは本題、皮を剥くにはどうすればよいのでしょう。

皮を剥く前に下準備

ちょっとした刺激が激しく伝わるクリトリス、敏感な部分ですから引っかいたり強くこすったりというのは避けてください。
爪は切っていますか?
凶器となります。
傷口から菌が入ったりしたら大変、清潔にしておきましょう。セックスをする前にシャワーを浴びるのは、理にかなっているのです。

いくら感じる場所だからと言って一直線にクリトリスへと向かうのは味気ないし危険、前戯を念入りに行い愛液でたっぷり濡れた状態にしてやりましょう。手っ取り早く先に進めたいという方も、ローションや潤滑油を使用することです。

自分の都合だけでさっさとセックスを進めていくような男性とお付き合いすることとなった女性は不幸、無理にイカされ心も身体も傷つけられ最悪、性病を発症するなんてことになったら大変です。

ちなみに、爪切りとかローションは皮を剥く剥かないに関わらずセックスをする上での常識です。デリケートな部分に触れる中で、危険は事前に予防しておくのです。

皮を剥くコツ

たっぷり前戯で気持ちよくなってもらったら、剥いてもらうのですが、何しろ皮だけでなく陰毛でも包まれてキッチリガードされ見えにくくなっています。彼に剥いてもらうなら見えやすい状態にしましょう。正常位、あるいはM字開脚が理想です。

人差し指・中指をVの字にし、クリトリスを挟むように配置しグイっと上に持ち上げるだけ、それほど難しい動作ではありません。

慣れると片手でおこなっても良いですが、初めのうちは両手での方が刺激が強くなりすぎず安心です。

Vサインはぜひ利き手とは反対側で、繊細にクリトリスを刺激するには微妙な圧が調整しやすい利き手を空けておいた方がよいでしょう。

そもそも皮って剥くべきなの?

そんなことされたことが無い・オナニーで剥いたことなんて無いという女性も多いでしょう。皮に包まれた状態でも十分に刺激は感じられます。
むしろ剥いてしまうと刺激が強すぎとて耐えられないという方も、気持ちいいどころか痛みだけが得られて苦痛でしかありません。

やわらかいお豆腐が崩れない程度、それが皮を剥かれたクリトリスに与えても良い刺激の強さです。

舌を尖らせて突っつくだけでもダメ、弱すぎるほどの刺激から少しずつ慣れさせてあげないとならず、剥いたクリトリスでイカせるのはなかなかに至難の業となります。
そんな繊細な作業は彼としてもついつい腰が引けてしまうでしょう。なので物足りなさを感じる女性もいるかもしれません。それよりは、皮を被ったままでグイグイと刺激された方が気持ちよく、お互いに遠慮なくセックスに没頭できるかもしれません。

皮を被っている・被っていないに関わらず、クリトリスは女性にとっての一番の性感帯、剥いても剥かなくてもイカせることは可能です。

後は正しい知識とちょうど良い刺激こそが大事です。

ある程度何度もセックスをした間柄の方が、マンネリ化を無くすため・より強い刺激を得るためにクリトリスの皮剥きに挑戦してみてはいかがでしょう。

オナニー時に自身で剥いて楽しむこともできる

見ることは難しくとも、触れば刺激の強さからクリトリスの場所は女性本人も知ることができます。
一人エッチでより強い刺激をというなら、自分で剥くこともできます。

やり方は同じ、人差し指と中指で挟み持ち上げるのです。

どれくらいの強さで触れたら良いのかも自分でおこなうなら調整しやすい。少しずつ開拓しておくと彼に触れられた時に安心です。

痛みを感じたらすぐにその触れ方はやめること、痛みの先に気持ちよさがやってくるわけではありません。むしろ炎症を起こしてしまうので危険です。

剥かなくとも自然に剥ける場合も

男性のペニスほどのサイズ感はないので気づかないでしょうが、クリトリスも性的興奮を感じると勃起します。そうするとわざわざ剥かなくとも勝手に剥けます。

剥く方が良いのか・剥かない方がいいのかとか、剥き方はどうすればいいのかなんて議論は、全く意味ない話なのではと思われるかもしれませんが、そこに男性のペニスでお馴染みの真性包茎や仮性包茎という用語が関わってくるわけです。

女性だって包茎の方は存在する

男女の包茎の種類

70パーセントはいるという男性の包茎ですが、その大半は勃起することで剥けるので仮性包茎に属するわけです。真性包茎・カントン包茎とちがい、ゴミが溜まりやすく衛生面では問題があるものの、極めて危険な状態とはならないのです。

一方で女性はというと真性包茎はほんの1割程度、仮性包茎が大半となっています。

手術すべきか、女性の包茎

仮性包茎だからと言って、手術をする必要はないのでご安心ください。男性のペニス以上に汚れは溜まりやすくはなるため、清潔に保たなければならないだけです。

性器に溜まった汚れは恥垢と呼ばれますが、これが溜まると強い刺激臭を発します。セックスする中で、初めはキスや胸への刺激があり徐々に下へと彼の手も顔も下がっていくでしょう。
クリトリス周辺を手で刺激したり舐めたりといった段階になって悪臭が漂ってきたら、どんなに素敵な女性でも男性は萎えてしまいます。

下着を嗅いでみてきつい臭いがした時、クリトリス包茎も疑ってみてもよいのかもしれません。長年溜まった垢が固まり真性包茎にといった経緯をたどっている方もいます。

常に皮を被った状態ですからどうしても感度は下がってしまうことに。こんな時こそクリトリスの剥き方について彼と共に勉強すればいいのです。性病などとちがい、臭いの原因が洗い流せたら悪臭は消え去ります。

クリトリスの皮剥きは最終手段に

とにかく気持ちよさが半端ないというクリトリス。それならそこだけを攻めれば女性は落ちるというのは短絡的な考え方です。セックスではとにかく焦らしのテクニックをフル活用して臨みましょう。

キスしたり、耳を舐めたり、性感帯は手の指先や腕などさまざまなところにあります。
デリケートゾーンあたりにたどり着いても油断は禁物、大陰唇・小陰唇と愛撫していき、ようやくクリトリスへと向かうのです。
舌先で軽くつついたり舐めたり吸ったり、クンニだけでもやり方はさまざまです。息を吹きかけるのもおすすめ、単調な作業だと気持ちよい場所でも刺激感は薄まります。

手や舌を使うのが疲れるからというなら大人のおもちゃも使用すると良いですが、いきなり初めからだと手抜き感半端ないです。
まずは手や舌でたっぷり喜ばせたうえで、女性の同意を得て使用しましょう。
直に強モードで押し付けると刺激が強すぎ、服の上から・弱モードから徐々に女性の反応を見ながら攻めていきましょう。

クリトリスの剥き方以前に、その女性に愛情をもって丁寧に接することこそが大切なのです。