1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

高校生のエッチ初心者が本番セックスでイクための準備まとめ

投稿日: 2021年06月27日

コンドームを取り出す女子高生

高校生のエッチは経験が少ないために、いろんなトラブルに見舞われます。
勃起しない、どこに入れていいのかわからない、女子は女子で何をどうしていいのかさっぱりわからず、ただされるがままのマグロ状態になってしまう、自分のマンコの位置を知らない、彼氏のちんちんが入らないなど。初エッチでそうなっては双方傷ついてしまってギクシャクしたりするのはいやですよね。

ここではそうならないために、エッチ初心者がイクために準備すべきことをまとめています。初心者どうしが気持ちよくエッチできるにはどうしたらいいか、これさえ押さえておけば安心なものを厳選してリストアップしています。

AVやエロ動画、エロ漫画で仕入れた知識は使えない

今はスマホでいくらでもエロ動画があり、セックス本番も見放題です。
高校生ともなると、毎晩このような動画を見て自分が将来するであろうセックスを想像し、彼女が出来たらこうしよう、ああしようと考えているかもしれません。

でも、残念なことに、このような動画で見るようなシーンは絶対に初心者同士ではありえないと、まず心得ましょう。
彼女はAV女優ではないし、処女の可能性も高いのです。
動画のプロの女性のように、足を思いっきり開いたり、胸をブルンブルン震わせながら喘いだりはしません。

動画で見た光景をそのまま実践するというような無謀なことは考えず、目の前にいる女子の服を優しく脱がせ、女子の体をじっくりと手や舌で鑑賞する、挿入はその先にある、と心得ておくとスムーズにことが進みます。

でも、裸見ただけで我慢できず射精しちゃったりする可能性もあります。あるいは、緊張しすぎて勃起しない可能性もあります。そういうのを含めて「セックス」なのです。
女性の体を優しく手や舌で撫で、射精してもしなくても、お互いの性の違いを心と体で確かめ合うつもりで本番に挑むと、気楽にスムーズにことを始められます。

一番良いのは、体をできるだけ密着させることです。AV動画ではそんなセックスはあまり見られませんが、あれは女性の体をできるだけ画像に写したいためにあえてああしているだけで、本来のセックスとは違います。
肌と肌が密着して溶け合う感覚、これ抜きに初心者セックスは成り立ちません。

女子をイかせたいと思う前にやる「前戯」

お互いの体を手や舌で撫で、体の違いを感じあい、肌を寄せ合う、これがセックスの「前戯」という部分です。
この段階では、男性のチンチンが勃起しようがしまいが、女性が塗れようが濡れまいが、あまり気にする必要はありません。「挿入」することがセックスだと認識するのはだいぶ経験を積んでからであって、初心者の段階では、「セックスとは、裸で肌と肌を触れ合わせること」と認識しても大丈夫です。

それでも挿入したい、イきたい、女性をイかせたい、と思うかもしれませんが、そこにばかり執着すると、かえってぎこちなくなり、最悪の場合勃たなくなったりする可能性もあるのです。

ただ、人間の本能はすさまじいもので、肌を触れ合わせていて、お互いに体を撫でたりキスをしたりしているうちに、次の段階へ進みたい、と必ず思うようになります。
特にちんちんが元気になると、女性のあそこを求めてちんちんが勝手に探索してくれます。

そこからは、少しずつ、女性のあそこがどこにあるか、探索を始めましょう。手で探ったり、場所を確認したりします。場所がわからない場合は、女子に聞いてもいいです。
女子は必ず答えてくれますので、ゆっくりとちんちんの最終目的地がどこかを探り、そこを指で撫でたり、指を入れたり、見たり、確かめたりしてみましょう。

実はこの行為で十分に、女子をイかせる準備をしていることになります。特に女子のそこが湿っていたら、ちんちんも入りやすいし、場所がどこかわからない、ちんちんが入らないというような残念な結末を防ぐことができます。

イくとかイかないという前に、「女子の体を探検する」感覚を持っていると、スムーズにことが運ぶことでしょう。

いよいよ挿入!エクスタシーを得るために

女子のまんこの位置がわかり、ちんちんもちゃんと勃起したらいよいよ挿入です。
ここで間違っても、女子の足をきつく折り曲げて、自分は垂直に体を立ててガシガシ突くというような姿勢はとらないでください。
特に処女のマンコはその体位ではちんちんが入りにくく、失敗しやすいと心得ましょう。あなたはAV男優ではないし、女子もAV女優ではないのです。

女子を寝かせ、男子はその上にかぶさって体を重ねあうのがベストです。

一番スムーズにセックスができるのは、自然に体を重ねあう正常位です。そこから先は、本能のままに体を動かすだけで大丈夫です。

ここで問題になりがちなのは、「自分はイけるけど、女子がイケてるかどうか不安」と思うことです。

ここは強調しておきたいところですが、「処女の女子がセックスでイケることは100%ない」てこと。

セックスを続けて一年や二年、まったくイケない女子だってたくさんいます。
むしろ、セックスのたびにイケる女子のほうが少ないのです。
でも女子は、イケないことを男子に言ったりしませんし、そもそもいくいかないを重要視する女子のほうが少ないのです。
とくに高校生の女子で、「彼氏とのセックスでイケない」と悩むほどの経験豊富な女子のほうが少ないことでしょう。

ぶっちゃけ、「女子がイっているかどうかは重要なことではない」のです。女子は「自分が大切にされているかどうか」ということが一番大事で、大切に扱われていることがわかればそれで満足なのです。

イかない女子に対して、お前は感度が悪い、と非難するのはもってのほかだし、これから少しずつ女子の体を開発してあげよう、と余裕をもって導くぐらいの気持ちでいるのが一番いいです。

そこからは初心者を卒業して、セックスを男女で楽しめる段階に移行していくでしょう。

高校生の初心者カップルが双方イケるようになる方法

今までは男子のことを主に書きましたが、女子のほうにも準備できることがあります。

女子は受け身になりがちなので、イケないのは彼氏が悪いとか、彼氏がへたくそだから、と不満を持ったりすることもあり得ます。

ただ、どんな女子も必ず「イく」ことができます。ただし男子より、イくためのコツがあったり、経験が必要だったり、自分の体を知ることが必要になります。

もしイケないことが悩みなら、電マを使ってみたり、自分であそこをじっくりと触って、どこが気持ちいいか自分の体を探求してみましょう。必ず感じるスポットがあります。
特に、まんこの近くの骨をじっくり圧迫したり、クリトリスを刺激すると、イく感覚が必ず芽生えてきます。自分でその感覚を掘り当てたら、彼氏に、ここを触ってほしいとか、このへんが気持ちいいいとか素直に言ってみましょう。

セックスは二人で作るものです。どうか、お互いを思いやって二人でセックスを作ってください。そして絶対避妊をしてください。
妊娠したら女子の心と体を深く傷つけることになってしまいます。

まとめ

セックスの動画が世の中に蔓延しているので、セックスとはAVのようにやるもの、という誤解が高校生カップルに蔓延しているのかもしれません。

ここで改めて言いたいのは、動画やエロ漫画にあるようなセックスは、全然一般的ではなく、本来はもっとゆっくり、お互いの体を探り合い、肌を寄せ合い、確かめ合い、あるいは抱き合って語り合う自然な過程で進むものです。

高校生の男子の悩みが、「あまりに早漏」あるいは「緊張して勃起しない」
高校生の女子の悩みが、「彼氏のちんちんが入らない」あるいは「イケない」

ということが一番多いのも、「人はAVやエロ動画のようにセックスするもの」という大いなる誤解が原因である、と推察します。

高校生はすぐ回復するので、早漏でも全然かまいません。緊張して勃起しないのも全然アリです。初心者はそれが当たり前です。
女子高生が「ちんちんが入らない」のは、AVのような極端な屈曲位で挿入しようとしたり、バックでしようとしたり、騎乗位で腰を振ってみたりしないといけない、という誤った先入観に従うからそうなるのです。
普通に寝転がって少し足を開いて、彼氏のちんちんをそっと手で握ってマンコに導くことで、普通に入ることが大半です。
女子がイケないのを気にすることは全然ありません。成人女性でもイケない人はたくさんいます。セックスのたびにイケる人のほうが少数なくらいです。

好きな人同士が、お互いに相手のことを思いやり、お互いに気持ちよくなろうとするならば、何か月後、あるいは十回目のセックスで同時にエクスタシーを迎えることができる日がきます。

その日を信じて、焦らず二人のセックスを作っていってください。