1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

女子が喜ぶペッティングとは?元風俗嬢が誰でも出来る極意を伝授

投稿日: 2021年03月12日

女子が喜ぶペッティングをする男性

ペッティングを制する者は、女体を制する!
決して過言ではありません。

他の男性と差をつけやすくて、女性を虜にすることができるぺッティング。たとえ好意が無くてもヤりたくなって、離れられなくなるほどに。
不感症気味な風俗嬢ですらイカせてしまうほどの、極上ペッティングをマスターしたいと思いませんか?
元風俗嬢がペッティングの極意を伝授します。

ペッティングの極意は「誰にでもできること」ばかり

まずは「ペッティングされたくなる」雰囲気づくりを

いきなり押し倒して、身ぐるみを剥いで、レイプ気味に強引に。それを喜ぶ女性も、いるにはいます。ただし「かなり好意がある相手に対して」です。ドM女性も望むかもしれませんが、前提として信頼関係があってこそ。
女性は恐怖や嫌悪感を覚えた瞬間に、エロどころじゃなくなります。まずは安心感を与えて、期待を高める雰囲気づくりをしましょう。

相手は自分に好意があると確信しているならば、抱き合ってイチャイチャしたり。好かれている自信がなければ、マッサージして触れられることに少しずつ慣れさせたり。
心を抱くことによって、女体を抱きつくすことができるのです。欲しがりません勝つまではの精神で、じっくりゆっくり攻略してください。

とにもかくもソフトタッチ!びっくりするくらい、ゆっくりと!

乳首を噛まれるのが好きな女性も、いるにはいます。そんな女性すら何の前触れもなく噛まれたら、噛んだバカをブン殴りたくなるはずです。

相手の好みの加減を熟知するまでは、とにかくソフトタッチ。そしてゆっくりが無難。もっと強いほうが好みならば、相手が申告してくる可能性があります。
恥ずかしがってリクエストできない女性もいるので、たびたび「これくらいでいい?痛くない?」と確認するのも効果的です。

変態プレイの前に、まずは「ペッティングの基礎」をマスターしましょう

特殊性癖を否定する気は、毛頭ありません。たとえ抵抗があったとしても、やってみたら意外とハマってしまうことすらあります。

ただし興奮しているからこそ、変態的なプレイを楽しめるのは事実です。一般的なエッチが下手なくせに特殊プレイをしたがるなんて、興ざめしてしまいます。

気持ちよくしてくれると確信しているから、期待が高まる。期待しているから、変態プレイにも興奮できるのです。真理中の真理なので、どうか肝に命じてくださいね。

エロいキス、できる自信ありますか?

エロいキス

本気のキスは「相手に好かれている」と確信できる時のみに

女性だって、ときには愛がなくてもヤりたくなります。あまり好みでない男性でも、よほど気持ち良くしてもらえるのならば、抱かれることだってあるのです。

ただしキスは、ある程度は好意がある相手じゃないと「正直キモい」と思ってしまいがち。テンションが下がってマイナスからのスタートになると、ペッティングで挽回するのは大変になります。

相手に好かれている自信がなければ、かるくキスする程度にしてペッティングに移りましょう。

緩急、強弱をつけてみる

自分の舌を相手の口に突っ込んで、無我夢中で舌を絡める。愛し合う者同士が情熱に任せて貪り合うのは、とても素晴らしいことです。

ただしキスが上手い男性は、もっと頭脳プレイをしています。
軽く唇に触れて、そっと舌を入れて。ゆっくり舌を絡めて、徐々に激しくしたり。激しくしたかと思ったら、いったん口を離して、また優しくキスをしてみたり。
キスだけで腰が抜けてしまいそうになるほど、快楽を与えることだって可能です。相手の反応を見ながら、緩急や強弱の加減をしてみてはいかがでしょうか?

触診で「どこが感じるのか」くまなく探してみよう

まずは自分の身体で練習してみるべし

自分の腕の内側を、試しに愛撫してみてください。くすぐったくなりそうなくらいの力加減で、ゆーっくりと、やさしく。指先を使ってみたり、手のひら全体で包み込むように触れてみたり。いろいろ試行錯誤をしてみてください。自分がしている愛撫を検証するには、自分の身体に対して実験するのがベストです。

気持ち良くなれる加減を見つけて、そのタッチで女性を愛でましょう。

いざ実践!全身に触れて、どこをどうすると感じるのか探す

自分の身体で試して学んだタッチで、相手の身体を愛でてみましょう。
首筋、腕の内側、胸の周り、胴、太腿、内腿へ。
基本は「上から下へ、外側から内側へ」焦らすように。
「大切にされている」「丁重に扱われている」と実感してもらえるように。身体だけでなく、心の愛撫こそ大切なのです。

相手はくすぐったがりかもしれないので、とにかくゆっくり動かしていきます。反応が良い箇所は性感帯なので、覚えておきましょうね。

いよいよ、全身リップへ移行しましょう

手と口を同時に動かせたらベスト、ただし無理は厳禁

首筋に舌を這わせる男

ペッティングの理想形は、複数の箇所を同時に攻めること。首筋に舌を這わせつつ、胸のあたりを指先でそっと撫でてみたり。超絶技巧の男性は、当たり前にやっています。

ただし下手だったり不器用な男性に、あれもこれも頑張られるくらいならば。1箇所に集中して、確実に仕上げて欲しいのが本音でもあります。

まずは手だけ、もしくは口だけで感じさせられるようになってから、口と手の両方を動かすようにしましょう。

触診で見つけた性感帯に舌も這わしていくと、全身の感度がより高まっていきます。くれぐれも、ゆっくり、じっくり、様子を見ながら。「焦る乞食は貰いが少ない」とは、ペッティングにも通じる格言です。

周辺から、徐々に急所へ。期待を高めていこう

いきなり乳首にむしゃぶりついたり、股間をいじり倒すのも、関係性によっては全く問題ありません。
しかし「ペッティングの極意」をマスターして、相手の感度を上げ快楽を覚えさせると、いきなりプレイもさらに盛り上がるようになるのです。

ペッティングの基本は「周辺から急所へ、ほどよく焦らす」です。ぜひ覚えて実践してくださいね。

乳首と性器は、とにかく時間をかけるべし

ふれるかふれないかの加減で、かなりゆっくりからスタートする

ゆっくりスタートするペッティング

これまでに全身を愛撫して、しっかり効かせられているのならば。相手は乳首や性器への刺激を待ちに待って、興奮しきっているはずです。感度が高まりに高まっていて、敏感な女性ならば数分クンニされただけで、イってしまうほどに。
だからこそ、乳首や性器のような急所こそ、まずはソフトに愛撫してみてください。焦らして高めていくのがペッティングの基本でしたよね。

乳首をさわられるのが苦手な女性も、いるにはいます。特に風俗嬢に多いです。乳首を攻めて反応が悪ければ「もっと、していい?それとも、クリトリスのほうがいい?」と確認すると好感度がアップして高感度になります。

急所の同時攻めは、時短テクニックになるかも?

乳首を舐めながら、クリトリスを愛でたり。クンニをしながら両乳首も刺激したり、Gスポットもやさしく触れたり。
快楽に快楽を重ねると、イカせるまでの時間を短縮できる可能性があります。

ただし、一点集中を好む女性もいます。相手の反応をみたり、「どっちが好き?」と質問して、最適解を探しましょう。

「もう許して」「お願い挿れて」と言われるまで続ける

時間にしてどれくらいのペッティングを必要とするのか、あまりにも個人差があります。

コミュニケーションが大切なのは、ペッティングも同じ。相手の反応を見ながら、ときに問いかけて、欲しくて欲しくてたまらなくなるまで愛撫してあげましょう。

クリイキは1回のみ?複数回ほしがる?それとも、いらない?

これも個人差が大きい問題です。1回イったらくすぐったくなる派。何度も何度も絶頂したい派。クリイキすると賢者タイムになるから中イキまで我慢する派。あまりにも様々です。

まずはクリトリスで1回イカせることを目標に。1回イカせた後に「もう1回イキたい?」と確認してみてはいかがでしょうか。

ペッティングを制する者は、女体を制する

下手だったり雑だったり、時間が短かったり。ペッティングで満足させてくれる男性は、意外と少ないです。だからこそ極上のペッティングには価値があり、女性は快楽堕ちする可能性すらあります。

男性器のサイズや持続時間に難があればなおさら、ペッティングで挽回しましょう。
たとえ愛が無くてもヤりたくなる、それほどにペッティングで女性を虜にできます。ぜひマスターしてくださいね。