1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

男性が求めるフェラの平均時間とは?風俗嬢が疲れたときの対処法も教えます

PR投稿日: 2023年06月24日

時間を測る

SEXの前戯で、フェラをする女性は多いでしょう。パートナーが喜んでくれる姿を見たかったり、ギブアンドテイクの精神だったり、理由は様々ですが、フェラは前戯の定番という女性も多々います。

しかし、正直な所、フェラは女性にとっては負荷が高いです。長い時間フェラをすれば疲れてしまいますが、短時間しかしなければ、手抜きと思われてしまったり、満足感が得られません。

そんな時に、フェラをする平均時間が解れば、参考になるという女性も多いはずです。そこで、フェラをする平均時間やお相手がフェラに満足しているサイン、疲れたときの対処方を、風俗嬢歴8年、1日に5人以上にフェラをし続けた筆者が解説致します。

恋メモH 性活編集部

筆者:恋メモH 性活編集部

人間の三大欲求の一つ「性欲」を満たす方法を追求するエロティシズム愛好家たちが、知識と洞察を共有し、より充実感のある性生活を築くお手伝いをします。

フェラとは

分からない人

フェラとは、女性が男性器を口に咥え、舌を使い口腔内で刺激することです。オーラルセックス、ペッティングとも呼ばれます。

女性がイニシアティブを握って進める行為かつ、AVで必ずと言っていいほど散見する行為なので、男性には人気があります。

また、フェラはそれだけで射精に導くことが出来るほど、強い快感が得られるので、男性に喜ばれるという面もあります。

似ているが全く異なるイラマチオ

イラマチオも女性が男性器を咥える、オーラルセックスです。しかし、フェラとは全く異なる点があります。

フェラは女性主導で行うペッティングです。それに対して、イラマチオは男性が主導権を取ります。
イラマチオは簡単に言ってしまえば、強制的にフェラをさせるプレイです。男性器を咥えさせた女性の頭を押さえつけ、男性が腰を振ったり、喉の奥に男性器を押し込む等をします。

口で咥えるという共通点がありますが、主体性の有無や主導権を見ると、フェラとイラマチオは大きく異なります。

また、フェラが好きという男性は多いのに対して、イラマチオが好きという男性はS傾向が強い男性に限られる点も異なります。

男性の多くはフェラが好き

大多数の男性はフェラをされることが好きです。理由は人によりますが、「咥えている顔に興奮する」「特別感を感じる」「献身的に思える」等、様々です。

そして、人気のもう一つの理由は、かなり強度な快感が得られる点です。
フェラは、膣内にペニスを挿入した場合より、強度の高い快感を感じることができます。どれほど強度が高いかと言うと、膣内での射精障害の男性が、フェラなら射精できるというケースも多々ある程です。

SEXでフェラの時間はどれくらいがベスト?

SEXでフェラの時間を測る

フェラに費やす時間は、10分から15分程度という通説がありますが、これの根拠となるデータはありませんでした。

明確な平均時間を示すデータはなく、満足感を得てもらうフェラの時間も個人差があると言えます。そこで、男性がフェラをしてほしいと思っている時間について見ていきましょう。

男性がフェラしてほしいと思っている時間は?

一回のセックスでフェラチオはどのくらいの時間がベスト?というアンケートをFANZAニュースが行った所、144件の回答が寄せられました。回答は以下のとおりです。

  • 10分以内 66.7%
  • 10分以上20分以内 23.6%
  • 20分以上30分以内 5.6%
  • 30分以上40分以内 1.4%
  • 40分以上60分以内 0.7%

このアンケート結果を見ると、半数以上の男性は10分以内、次いで約23%の男性は10分以上、20分以内はフェラして欲してもらうことがベストだと考えています。
つまり、10分以内のフェラで満足してくれる男性が約66%にも登り、次いで10分以上20分以内のフェラで満足してくれる男性が約23%居るということになります。

もし時間という目安で判断するのならば、10分以内か、20分以内という選択をすれば、男性の約89%が満足してくれるか、フェラに掛けるベストな時間配分だと思ってくれるでしょう。

時間以外の目安

フェラをはじめる女性

男性が望むフェラに掛ける時間はわかりました。

実は、もう一つ男性が満足するフェラの目安があります。早速見ていきましょう。

射精寸前までフェラをする

男性にフェラで満足感を得てもらうには、射精しそうな感覚を感じてもらう、フェラで射精してもらう、男性が止めるまでフェラをするということが目安になります。
ちなみに、これらは風俗店でフェラを行う際の、いいサービスの目安です。

「風俗嬢みたいなことなんてできない!」と反発心を感じるかもしれませんが、風俗は良質な性体験とサービスを提供する場所です。そこで提供しているフェラは、当然満足感が強く感じられるものです。そういった点から、風俗で使われる目安に合わせてフェラをすることで、男性により大きな満足感が与えられると言えます。

また、風俗店での基準を置いておいても、男性がイキそうになる、もしくは、男性から「入れたい」と言うまでフェラをすれば、数分フェラをするのとは比べ物にならない満足感を得られるのは、誰が考えてみても同意できるのではないでしょうか。

男性のイキそうになるサインは、男性器の膨張やピクピクと小刻みに動くことなどです。こういったサインが出たら、フェラを終わりにします。
また、SEXの場合は挿入がクライマックスというカップルがほとんどです。入れる前に発射を望む男性は稀なので、イキそうという感覚を感じた時や、満足感を感じたら、自ら「入れたい」と、挿入に切り替えることも多いでしょう。

フェラに疲れたときの対処法

疲れた時の対処法を教える嬢

イキそうになるまでフェラをすると、パートナーの体質によっては長時間フェラを続けなくてはなりません。しかし、フェラは正直疲れます。
そこで、フェラの最中に疲れてしまったときの対処法を見てみましょう。

浅く咥えて、頭を小さく上下する

男性器を深く喉元近くまで咥えると、それだけで体の負担になります。更に、頭の上下運動も、大きくなれば大きくなるほど疲れてしまいます。

そこで、疲れを感じたら、男性器を浅く咥えるように、咥え方を変えてみます。これだけでかなり楽になります。更に、頭の上下運動をスローペースにしたり、動きを小さくすることも、刺激を与えながら自分の体を少し休めることができます。

挿入に切り替える

夫婦やカップル同士のSEXの場合、フェラはあくまでも前戯です。そこで、フェラに疲れてしまうほど頑張ったのなら、いっそ挿入してしまうのもいいでしょう。

フェラの時は、男性は座っているか仰向けで横になっている事が多いので、女性が主体性を持ってプレイの流れを決めやすいのです。フェラを切り上げて、騎乗位で挿入するのは流れ的にも姿勢的にもやりやすいです。
また、フェラからの騎乗位はAVでも多い流れなので、密かに憧れている男性も多いので、ぜひ試して欲しい流れです。

注意!一度咥えたら休むために口を離すのはNG?

一度男性器を口に咥えたら、フェラの最中に疲れたからと言って、咥えるのを止めると、男性の快感は半減してしまいます。咥えていた口を離し、陰茎をペロペロと舌先で舐めたり、玉舐めをしても、男性の快感は半減します。

せっかく頑張っていたのに咥えるのをやめてしまうと、「疲れたから手を抜いてる」「今、休んでるな」と、即座に気づく男性もいます。そうならないためにも、一度咥えたら、終えるまでは口内に留めておくことを意識しましょう。

長時間フェラしなくても満足してもらう方法

フェラのテクを磨く女性

フェラをして満足してもらう上で、費やす時間も大切ですが、もう一つ欠かすことができない要素があります。それはテクニックです。テクニックが優れていれば、長時間フェラをしなくても、しっかりと満足感を与えることができます。

鼠径部や内ももを舐める

フェラをしようと思うと、おもむろに男性器を咥える女性も居るかもしれませんが、それはとてももったいないことをしています。

なぜなら、焦らすことと、いきなり亀頭に触れないことこそが、より快感を感じ、感度を高めるために重要だからです。

そこで、男性器の周りからじわじわと攻め始めます。鼠径部や内ももを舐め、性器に近づくけれど触れないという事を繰り返します。そうすることで、より感度が高まり、実際にフェラを始めると、いつもの数倍も感度がいいので、あっという間にイッてしまう、または、イキそうになるのです。

玉を舐める

男性器を咥える前に、玉舐めをしましょう。玉なめはフェラとは違った気持ちよさがあって、一度味わうと病みつきになってしまう男性もいます。

舌先でチロチロと舐めたり、舌全体を使って舐めあげたり、口に含んで優しく吸ってみたりと、様々なバリエーションで舐めてみましょう。ジュルジュルと音を立てて舐めると、聴覚でも「エロい」と認識してくれる男性が多く、更に興奮度がアップします。

1点だけ注意したい点は、優しく、慎重に舐めたり触ったりすることです。睾丸は男性の急所です。力を入れて触ったり、押す程度の刺激で激痛を感じることもあります。優しく扱うよう心がけましょう。

フェラをする

玉舐めをしたら、いよいよフェラに移ります。とは言っても、いきなり咥えてはいきません。舌先でチロチロと竿全体を舐めたり、舌全体を使って竿を舐めたりして、亀頭を咥える前に更に焦らします。

竿を舐め終わったら、いよいよ咥えます。咥えたあとも舌を動かしたり、咥える力に唇で強弱をつけて、単調な刺激にならないように工夫しましょう。バキュームフェラは刺激が強く、音が派手なので男性からの人気が高いですが、難しい技です。興味がある方は練習してみると、かなりのテクニシャンになれます。

咥える時に口の下に手を添える

男性器を咥える時に、自分の唇に手を当てるように、手で軽く男性器を握ります。
そして、頭の上下運動に合わせて手も上下させます。そうすると、フェラの口腔内の刺激に加えて、手コキの刺激も加えられます。

「疲れてきたな」と感じた時は、浅く咥えて、指を1、2本亀頭に当てるように握り変えてフェラをすると、かなり強い快感と刺激を与えられる裏技を使うこともできます。

頭の上下運動だけでフェラをするのは、かなりの重労働です。フェラの補助くらいの気持ちで、手を添えると、負担も大きく違いますし、男性が感じる快感もかなり変わってくるので、ぜひ試してみてください。

音と表情

フェラをしているときの音と、舐めている表情に強い興奮を覚える男性はたくさんいます。AVではフェラをしている女性の表情を抜いているシーンが多いこと、音をたててフェラをしているシーンが多いことからも、そういった傾向は間違いなくあると言えます。

ですから、積極的に音を出して、舐めている顔を隠さないようにしてみてください。ついつい恥ずかしくて、角度や髪を使って顔を隠したり、静かにフェラをする女性も多いですが、視覚と聴覚も刺激することで、男性の反応もかなり変わってきます。

まとめ

フェラとはフェラチオのことです。女性が主導で行う、オーラルセックスを指します。フェラは男性から人気のプレイで、フェラをする女性も多くなっています。

約89%の男性が、フェラは20分以内がベストだと思っています。ただし、この89%の中には、10分以内がベストと考える約66%の男性が含まれています。

フェラで満足感を感じてもらうには、時間以外の目安もあります。イキそうになっている状態か、イクまでフェラをすることです。ただし、これは疲れてしまうこともあるので、疲れたときの対処方法を知っていなければ重労働になるでしょう。

また、適切な方法でフェラをすることで、長時間フェラをしなくても大きな満足感を感じてもらうことができます。焦らしながら、すぐには咥えないなどのポイントを抑えたフェラをしましょう。