1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

スワッピングとはどんな性行為?その意味やメリットを解説

投稿日: 2023年01月16日

スワッピングに参加したカップル

スワッピングとは交換を意味するスワップ(Swap)の動詞ですが、日本国内では特に「カップルが互いのパートナーを交換し合って行う性行為」を意味する言葉として定着しています。

英語ではこうした行為は「スウィンギング」と呼ばれ、アブノーマルな性衝動の中でも比較的ポピュラーなものとして知られています。

日本でも複数の夫婦が参加する乱交パーティーに類するものは太古から存在したとされていることもあって、スワッピングに興味を持つことは特に異常ではないと言えるでしょう。

本記事では現在日本で行われているスワッピングの実態に迫りながら、そのメリットや参加方法などについて詳しく検証していきます。

スワッピングとは具体的にどんな行為?

まずはスワッピングという言葉の定義をはっきりさせることから始めてみましょう。

スワッピングはすでに成立しているカップルが互いに示し合わせて参加することが前提となる時点で、単純な乱交や不倫とは性質がまったく異なる行為となっています。

スワッピングとはカップルがパートナーを入れ替えて行う性行為

スワッピングの最大の特徴は、すでに婚姻関係や交際関係を結んでいるカップル達が「パートナー交換(スワップ)」を行う性行為である点にあります。
スワッピングという用語は基本的にパートナー交換のみを指しているため、そのあと具体的にどのようなプレイに臨むのかは参加者達次第となります。

たとえば完全に別室で互いのパートナーと1対1で楽しむこともあれば、4人が同じベッドで入り乱れる形での性行為が行われることもあります。
しかしどちらもスワッピングであることには変わりなく、前者の場合は「スワッピング中の疑似不倫プレイ」、後者の場合は「スワッピング中の乱交プレイ」とでも表現するべきものとなるでしょう。

日本語では「夫婦交換」と訳すのが一般的

スワッピングを性行為と関連づけるのは日本独自の用法であり、日常的に使うと「金融スワップ」やIT用語の「スワッピング方式」といった本来の用法と混合する恐れがあります。
そうした混合を避ける意味もあって風俗雑誌などではスワッピングを「夫婦交換」といった言葉に置き換える動きも見られます。

またスワッピングを夫婦のセックスレス解消といったポジティブな効果を期待できるものとして推奨するメディアなどでは、敢えて「夫婦交際」という穏当な呼び方に改めようとする向きもあります。
官能小説やアダルト動画、成年ゲームなどにおいては「夫婦交歓」といった当て字をするケースも確認できます。

必ずしも夫婦や恋人同士だけで行われるわけではない

日本では夫婦交換と呼ばれることも多いスワッピングですが、必ずしも婚姻関係を結んだ夫婦や正式交際中の恋人同士だけが参加しているわけではありません。

たとえばセックスフレンドや愛人関係のように主に身体の繋がりだけを持っている相手をパートナーとしてスワッピングに参加し、より激しい性行為を求める人達もいます。
こうした人達にしてみるとスワッピングへの参加は新しいパートナーを見つける機会ともなることから、常にパートナーを取っ替え引っ替えしながらスワッピングに参加し続ける人も珍しくないと言えます。

ただしカップルの間に強固な主従関係があり、一方の同意がないにもかかわらずスワッピングに参加している場合は明確なルール違反となります。
そういう意味では、あくまで参加者全員が合意のもとに楽しんでいるかどうかがスワッピングと無秩序な乱交を分ける一番の要因と考えることもできるでしょう。

スワッピングを支援するグループや風俗も存在する

スワッピングの起源は仲の良い友人夫婦同士で行われるホームパーティーのようなものだったと言われています。
またアメリカでは戦争で引き裂かれた夫婦のための行為としてスワッピングが発展した歴史があるとされており、60~70年代には「自由恋愛主義(フリー・ラブ)運動」とも関連して社会に大きなうねりを生み出しました。

こうした歴史的経緯からスワッピングは単なる性倒錯趣味ではなく、人間の自由意思を象徴する行為として取り上げられることも少なくありません。
当然スワッピングを支援するグループやWebサービスなども海外には古くから存在しています。

しかし日本国内においてはスワッピングが社会運動と関連づけられるケースはほとんどなく、あくまで倫理観からは外れた行為として扱われています。
そのためスワッピング支援の動きも一部の風俗情報やマッチングサービスに限定されており、国内でスワッピング相手を探すことを難しくしていると言えるでしょう。

法律を守って行わないと公然わいせつ罪に問われるリスクもある

日本の法律はスワッピングに対して非常に厳しく、たとえ参加者全員の合意があった上での行為だとしても「不特定多数が参加する性行為」は公然わいせつ罪に問われる可能性があります。

この「不特定多数」というのがポイントで、たとえばネットを通じて参加者を募ったスワッピングパーティーは「不特定」かつ「多数」と見做されるため確実にアウトになります。
身元のはっきりしている同士でも3組以上が参加するとやはり「多数」に引っかかるリスクが高くなるため、法的に安全なスワッピングの範囲は見知った間柄のカップル2組で行うのが限界ということになってしまうでしょう。

スワッピングの魅力やメリットとは?

スワッピングができる場所

スワッピングとは昔から多くのカップルを虜にしている魅力的な行為でもあります。
ここからは一体スワッピングのどこにそれほどの魅力があるのか、またスワッピングで得られるメリットにはどんなものがあるのかについて解説していきます。

パートナー了承の上で他者とのセックスを楽しむことができる

どんなに深く愛し合っているカップルであっても、身体の関係にはどうしてもマンネリがつきまといます。
それがセックスレスに繋がるとさらに不仲の原因ともなっていくため、カップルの関係を長持ちさせるためには適度に刺激的な性行為を組み込むことは意外と重要です。

スワッピングは不倫や風俗通いとは異なり、パートナーに対して誰と関係するかを明確に示した上でセックスを楽しむことができる非常に珍しい特徴を持っています。
パートナーへの罪悪感なしに純粋に気晴らしを行えるのは何よりも大きなメリットとなることでしょう。

性病や妊娠といったリスクが低い

スワッピングに参加するカップルはそれぞれ身元をある程度は開示して、安全性を証明することが求められます。
また特定のパートナーを持って生活している以上、性病にかかっている可能性も極めて低いと判断することができるでしょう。

さらに避妊を徹底するといったプレイ中のルールも自分達で取り決めることができるので、通常の乱交パーティーで一番厄介な問題となる性病感染や妊娠のリスクを大幅に下げることができるのもスワッピングの魅力となっています。

参加者同士で秘密を共有することで秘匿性が上がる

どんな形であれ不倫や浮気はパートナーにバレるものです。
またパートナーにバレるだけならまだしも、場合によっては職場やご近所にまで情報が漏れてしまい社会的に危うい立場に追い込まれる危険も持っています。

その点スワッピングであれば参加者全員が同じ立場で秘密を共有することになるため、情報漏洩の危険が下がります。
また万が一の際にも参加者同士で口裏を合わせてアリバイ工作をすることができるので、第三者にスワッピングのことがバレそうになっても隠し通せる確率は高いと言えるでしょう。

ただし大規模に開催されているスワッピングパーティーは警察に目をつけられるリスクがあるので、あくまで信頼できる参加者が揃っていることを先に確認しておくのが重要となります。

余計なお金がかからない

スワッピングは互いのパートナーを交換するだけで性行為が成立するため、全ての参加者は基本的に対等となります。
つまり対価が発生しないので、風俗利用時やマッチングサービスで出会った相手に「お手当」を渡すような余計な出費がかからない点は見逃せないメリットと言えるでしょう。

もちろんパーティー主催者に多少の心づけを渡したり、会場を借りる費用を支払うといった出費が発生することはあります。
しかし相対的に見ればスワッピングは極めて低予算で楽しむことができる遊びであることは間違いないでしょう。

「寝取り」や「寝取られ」の快感を手軽に味わえる

互いにパートナーに秘密を作らず、罪悪感なしでオープンに楽しめるのは確かにスワッピングの魅力の一つです。
しかしスワッピングには敢えて大切なパートナーを「寝取る・寝取られる」ことによって生まれる背徳感を楽しむという側面も存在しています。

NTRという略語が一般化してきたように、寝取り寝取られはポルノコンテンツの世界では古今東西を問わず大人気のジャンルでもあります。
それこそ神話の時代から寝取り寝取られの物語に興奮してきたのが人間ですから、スワッピングもまたそうした本能を慰めるアイディアとして発展した要素もあると考えていいでしょう。

結果的に夫婦円満に繋がることもある

スワッピングがもたらす興奮は円熟したカップルのマンネリ感を解消し、そこで新しく得た経験やテクニックはパートナー同士での関係を進化させることにも繋がります。
また寝取り寝取られの背徳感はパートナーへの想いを再認識させるきっかけにもなることでしょう。

こうした効果によって、スワッピングとは結果的に夫婦や恋人同士の関係を円満に保つ秘訣であると主張する人もいます。
もちろん全てのカップルに当てはまる主張ではありませんが、マンネリに悩み続けるくらいなら確かにスワッピングを試してみる価値は大いにあると言っていいでしょう。

まとめ

スワッピングとは夫婦や恋人のように信頼関係のある2組以上のカップル同士が、互いにパートナーを入れ替えて行う性行為です。

スワッピングは信頼で結ばれた閉じた関係性の中で行われることから安全や秘密に対する配慮が行き届きやすく、またパートナーの不信を招くことなく新鮮なセックスを楽しめるといった様々な利点を持っています。

ただし大規模に行うと公然わいせつ罪に問われるといったリスクもあるため、スワッピングの実施にあたっては秘密を守れる範囲内で責任ある行動を取ることが求められます。

最近はネット上でスワッピングパーティーの募集を見かけることもありますが、リスクの観点からこうした誘いに乗るかどうかは慎重に判断しましょう。