1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

乱交とは?ハーレム・3P・逆3P・4Pの意味と乱交プレイを実践する方法

投稿日: 2021年07月15日

乱交 4P セックスをする男

乱交プレイ程非日常を感じることの出来るプレイはありません。乱交プレイというのは複数の男女で行うセックスプレイですので、最小でも3人で行うプレイを指しますが、一般人が普通に人生を生きていてもこういったプレイを経験する機会は極めて少ないのが実態と言えるでしょう。
しかしAVなどで乱交のファンになる人が非常に多いのが実情です。

乱交の定義について

明確な人数定義はあるのか?

乱交というのは複数の男女が入り乱れてセックスプレイを行うことを意味しますが、人数について一般的に定義はあるのでしょうか?
これについては特に明確な決まりはなく、「複数の男女でのプレイ」を全部ひっくるめて乱交と呼ぶということが正しい認識と言えます。

男2人対女1人、男4人対女4人、男2人対女3人、男1人対女5人…など、組み合わせはいくつも考えられますが、これらは全部、乱交プレイと定義出来ます。

プレイ人数によって呼び方がいろいろある

AVの作品にタグをつけるような場合、ただ単に乱交とつけてしまうと、何人で行われているプレイかがイメージしにくいですね。なので大手AV配信サイトFANZAやDUGAなどでは、この乱交をさらに細分化してタグをつけています。

例えば、男1人対女複数人の場合、「ハーレム」という表現を使っていたりします。これだと男性1人が複数の女優に体を弄ばれるという男にとって夢のようなシチュエーションの作品とイメージしやすくなります。

また、「3P」や「逆3P」といったタグが付くこともあります。これは男2人対女1人、もしくはその逆ということで、男性か女性どちらかが1人多いバージョンの乱交になります。これが「4P」となりますと男2人対女2人の乱交を指しますし、それ以上人数が増えますと、「大乱交」などと表現されることもあります。

乱交の魅力

普通に一般人が日常生活を送っていればこの乱交というプレイを出来る機会というのはほぼないですね。
国によっては一夫多妻制というところもあり、そういう国に生まれていれば可能だったかもしれませんが、少なくとも日本国民として生まれた以上は現実的に実体験で乱交プレイをするのは極めて難しいと言えるでしょう。

ではなぜAVでもこの乱交が人気カテゴリーの上位に入っているのでしょうか?
理由は単純で、観賞しているとめちゃくちゃうらやましくなるからです。右手と左手で別々の女性のパイオツを触ったり、顔面騎乗されつつ騎乗位もされてて身動きが出来ないなんてシーンは、乱交フェチの男性にとってヌキどころとなり、「俺も一度でいいからこんなセックスに参加してみたい!」ってなるのです。

ちなみに素人の男が1人で複数の女を相手にうまく立ち回れるかというのはまた別の話で、そんなことはとりあえず棚に上げて考えても「こんな夢みたいなセックスしてみたい!」って思ってしまうのが男の心理なのです。

どうしても素人で乱交を体験したい時は?

風俗で経験する

夢の乱交セックスですが、ソープやヘルスで体験することが可能です。

ソープの場合は昔から「二輪車」という言葉があり、これはソープ嬢2人からサービスを受けることを意味します。つまりメニューにこの二輪車があるソープを利用すれば、男1人女2人のハーレムセックスが実体験出来るということになります。

ただ、これに関してネックは料金でしょうね…。
ソープは風俗の中でも大将格の存在で、ヘルスやオナクラなどに比べてかなり高額です。そこでソープ嬢2人にサービスを受けるわけですので、当然2人分の料金が必要になります。安く見積もっても4~5万はかかりますかね。

デリヘルや箱ヘルでも昨今は3Pプレイが提供されているお店もありますので、そちらを利用すると料金は抑えることが出来ます。
ヘルスのネックはソープに比べてサービス内容がライトな点でしょう。フィニッシュは素股やフェラチオになりますので、ソープに比べて物足りなくなる感は否めません。

乱交パーティーやサークルに参加する

乱交パーティーに関しては少々実態が見えない部分もありますね。そもそも乱交パーティーって参加して合法なのか?
ネットで検索すると実にいろんなサイトがあり、どこまでが本当なのかが分かりませんので、本気で参加したい場合は入念に下調べする必要があると言えます。

ただ、恐らくどこかで乱交パーティーって開催されていると思いますので、信頼出来る情報や「つて」があれば、参加して体験出来る可能性はあるかもしれません。

実際に乱交に自分が参加した場合

複数人の女性がいる乱交の場合、好みの女性でフィニッシュしたい

夢の乱交に自分が参加した場合のことを少し考えてみたいと思います。
例えば自分がある乱交パーティーに参加したとします。人数は男3人対女3人。この場合、まず女3人を見た瞬間、自分の中で3人の女性に順位を1,2,3と付けますよね?(無意識でも男は皆これをやっていると思います)。

そして当然1位の女でフィニッシュを迎えたいが、果たして複数の男女が入り乱れる中で自分の希望が通るでしょうか?
AVですと複数女優がいても皆さん魅力あふれてますので、どの女性で果てても満足なのですが、これが一般女性と行う乱交となるとどうなのか?
もしかしたら4人女がいても3人は全然イケてなくて、1人だけ美人でおっぱいも大きいってなると男は皆その女に群がるのではないか?
この辺り、乱交参加経験がないので分かりませんが、絶対に現場に行けば問題になることだと思います。

他の同性の男をどう思うか?

これも微妙ですね…。仮に自分が男1人で女3人の場合、他に同性の男性がいないハーレムセックス状態なので、女性に身を委ねてM男に徹してしまうという手段もあります。
しかし同性の男が2人、3人といますと、彼らのことも気になりますよね?
そもそも、まず気になるのが同じ男が発する「匂い」です。これは乱交という場面になって初めて経験することでしょうが、自分と同じ男がエロいムードになってどんな体臭を発するのかは全く他の場面で経験が出来ません。
イチモツの「イカ臭さ」なども嗅がねばならないのかな?

また、当然ながら男は全員イチモツがギンギンです。女に興奮して自分以外の男全員がガチガチに勃起して欲望に身を任せてプレイしているシーンを至近距離で見てしまうと、怯んでしまわないか?
こういうのも乱交という場に初めて行って肌で感じることでしょうから、実際に自分が乱交というプレイに参加して上手く出来るかな?と考えますと、甚だ疑問だなという気持ちにもなってくるわけです。

AVの乱交の名作シリーズ紹介

というわけで乱交シーンを楽しむ最も身近なツールはやはりAVということになりますね。AVでは乱交モノは星の数ほど発売されていますので、大手AV配信サイトFANZAやDUGAでお気に入り作を見つけて楽しむことがおすすめです。

そんな中で1つ人気の乱交シリーズをご紹介します。

BEAUTY VENUS 5

メーカーはアイデアポケットでシリーズ名「BEAUTY VENUS」という作品があります。このシリーズは相沢みなみや山岸逢花、橋本ありななどの美人系女優が乱交プレイに登場する人気シリーズで、2021年6月現在でシリーズ作が7作目まで発売されています。

美人系女優が出演しているということで、このシリーズの乱交シーンは非常に美しいです。妖精のように美しい女優陣が乱交で複数の男性とプレイしますので、見どころは満載。観賞していると「こんな美しい乱交プレイってあるのか!」と驚いてしまいます。