1. 結婚
  2. 現在のページ

ソープ嬢との結婚。メリット・デメリットから誰も言わない現実を教えます

PR更新日: 2023年12月06日

ソープ嬢との結婚

風俗嬢と結婚したい、なんて言えば「何を言ってるんだ現実を見ろ!」と諭されるのが関の山でしょう。そう簡単に割り切れないのが恋心。最初はお金だけの関係のつもりがいつの間にやらあの子のことが忘れられない。
あの子と付き合いたい、結婚したい!

元現役ソープ嬢の筆者がソープ嬢ネットワークを取材し、ソープ嬢と結婚するメリットやデメリット、そのためのテクニック等を紹介します。「ソープ嬢と結婚」についての現実をお届けします。

筆者は18才~26才の7年間、デリヘルやソープなどの風俗嬢でした。
ソープデビューは21歳の頃。そこからはソープのお仕事が大好きで、吉原から堀之内、栄町とソープ一筋。
10年ほど前に引退しましたが、普通のおばさんの皮を被った元ソープ嬢の会の一員です。そんな私の経験や他の元ソープ嬢さんや現役嬢からしか聞けないようなリアルな情報をお伝えします。

ちなみに、筆者はバツイチの既婚者です。前夫は同じ風俗業界、今の夫は普通の会社員。夫は前職を知っていますし現役時代に結婚しました。

恋メモH 風俗編集部

筆者:恋メモH 風俗編集部

風俗行脚を続けて20年以上の風俗王(自称)をはじめ、現役の風俗嬢、ホスト、キャバクラ店長、メンエスオーナーたちが業界の裏情報まで包み隠さず明かします。

お客様と嬢の結婚

愛を育む男女

最初に結論を言ってしまうと、お客様と結婚した嬢はいます。比率としては30人ほどいる私の同業嬢の中で一人だけ! しかし、彼女は一回だけ来たお客様と速攻でお付き合いをはじめ、スピード結婚しました!
お相手は絶世のイケメンとか、超絶資産家などではありません。30代半ばの普通の男性です。友人のお相手たちともお会いしてきましたが、30代から50代の普通の男性です。職業もバラバラで、自営業の方もいれば会社員のかたもいました。
ですから、これを読んでいるあなたも付き合いたいと思っているソープ嬢とお付き合いできる未来がそこに待っているかもしれません。
私達ソープ嬢が暗にご法度の雰囲気を感じながらも、お客様と結婚したりお付き合いしている話が沢山あるのですから!

ほとんどの嬢がお客様に付き合いたいとか、結婚したいと言われてはいるものの、そこに至らないのが現実だと思っていました。
しかし、そうではありませんでした。
現役当時、何人かの嬢に聞き取りをしてみたのですが、「いい人なんだけど、恋愛感情はないんだよね」と答えた子が多かったです。お店の暖簾をくぐった時点で恋愛感情が発生しにくくなる魔法でもあるかのごとく、お客様とお付き合いしたことがあると答えた子は少なかったです。

しかし、今回取材してわかったのですが、「お客様との恋愛=ご法度」の考えから現役当時は隠していた子もいました。
今は引退して時間が経ってるから時効で話してくれたんだと思います。

少ないとは言えない人数がお客様とお付き合いしていました。

私もソープ時代にお客様とお付き合いをした経験があります。
先輩はお客様と同棲していたし、後輩は結婚。他の界隈でも聞く話なので、そんなに少ない訳では無いんですよね。

一回行っただけで付き合えた話もあれば、一年通ったなど人によって頻度のばらつきは大きかったです。頻度よりも関わり方の方が大きな比重がありそうです。

どうすれば結婚できる?

お気に入りの嬢との今後を考えていらっしゃるならば、ぜひともお互いの共通点を探してみてください。
趣味、好きな食べ物、映画、You Tubeなんでもいいです。

もし共通点が無ければ、「何するのが好きなの?」など彼女の話を聞いてみてください。共通点が無くても色々聞くうちに興味を持てそうなものをチェックしたりすると共通点が作れます。
そしてご自身のお話もしてください。興味があることや、好きなもの些細な事でもいいので関心があることや時間を割いていることを教えて下さい。
話したことを「私もそれ好きだよ」と言ってくれる可能性が広がります。

「こんなことで?」と思われるかもしれません。ですが、これは私達が使う接客テクニックです。
興味の対象や趣味を聞き出す、それについて傾聴する、質問をするループをする接客とそうで無い接客はリピート率が雲泥の差です。
ですからこのテクニックを使ってお気に入りのあの子に「特別感」を抱かせるとあなたを失いたくない、一緒に居たい、他の人とは違うといった感情を感じてもらいやすくなります。

ソープ嬢は意外とプライベートで男性との接点が少ない子が多いので、小さなきっかけが大きく花ひらく可能性があると思います。

ソープ嬢の結婚

ソープ嬢と結婚したい人は正直言って少ないです。
付き合うだけならまだいいけど、結婚は無理という人もいます。
そもそも付き合うのも無理な人が多いのではないでしょうか?

筆者は遊びならいいけど本気は無理という扱いを散々受けて、感覚が麻痺するところまで立派に成長しました。

考えれば当たり前のことで、ソープ嬢という職業の性質上「喜んで一緒になってくれるのはお客様くらいだよね」「でもお客様とは恋愛できない」という会話はバックヤードで「彼氏欲しいな」なんて話してるキャストのお決まりの流れでした。

少し話は脱線しますが、ソープに限らず風俗系の嬢には2つのパターンがいて、一つは仕事を隠しているパターン、もう一つは仕事をオープンにしているパターン。
彼氏や結婚を手にできるのは圧倒的に前者です。後者は「彼氏できたー!」「おめでとう!」と聞いた数日後には「あの人、奥さんいたんだ…」なんてまともな扱いをしてもらえない悲しいグループ。

しかし、結婚となると話が大幅に変わってきます。
結婚ももちろん隠してるチームのほうができる確率が高いです。でも隠したままで結婚すると大きな落とし穴が待っていることがあります。

隠し事

結婚前からしていたソープ嬢という隠し事。その時も辛かったはずですが、結婚を機にかなり苦しくなってしまう子が多い印象です。

新婚の幸せいっぱいの空気の中で、自分の抱えた秘密に苦しんでしまって心身のバランスを欠いてしまい退店した子たちも見てきました。

退店して幸せになればいいのですが、そうとも言えないのが秘密の怖いところです。

こども問題

結婚前に引退している子はこの限りではないのですが、結婚したあと旦那さんがこどもを欲しがっている場合、現役の子が苦い思いをしているのも見てきました。

皆それぞれ目標や事情があって働いているので、それを達成するまでは辞められません。でも毎月「こどもできてた?」とご主人に聞かれるのがたまらなく辛いとトイレで泣いているキャストがいました。
彼女が今はお母さんになってるといいな、と願わずにはいられません。

離婚率

ここからはオープンパターンの場合です。
オープンパターンのデメリットはいいお相手に取り合ってもらいにくい事です。
しかし、いい縁にめぐり逢いさえすれば成婚率が高いです。
そして隠し事もなく結婚生活に入っていくので、いいことずくめかと思いきや、そんな訳はありません。

ここからはかなり個人の資質によりますが、仕事を家に持ち込むタイプの方と結婚するとご主人がかなり苦労されていました。
愚痴を聞いたり家族の時間よりもお客様の対応を優先されるとご主人が苦労されるのは火を見るより明らかです。

そして、現役のソープ嬢の離婚率は高いです。特にオープンタイプの離婚率は高いです。収入的に自立しているのと精神的にタフな方が多いので、見切りをつけたら離婚! となりやすいのかもしれません。

ソープ嬢と結婚するメリット

○×カードを持つ花嫁

ソープ嬢と結婚するメリットはあまり無いように思います。しかし、少数派ですがソープ嬢と結婚したがる人や結婚した人は存在します。
そこで結婚した場合のメリットについてまとめてみます。

男性の扱いがうまい

全てにおいてとは言えませんが、傾聴、感謝etc…当たり前のコミュニケーションスキル+αが身についている子が多いので、一緒にいて過ごしやすかったり話していて楽しい子が多いです。

元ソープ嬢と結婚した友人は久しぶりにキャバクラに行って、「嫁と話すのはなんて楽しくて落ち着くんだ!」とスキルの高さを再確認したそうです。

私は男性では無いので確証はありませんが、「夫婦生活のレベルが違うよね」というご意見もありました。

性教育最強

お子さんがいらっしゃる場合に限定されますが、性教育の問題は子育てにおいて切っても切れない問題です。

体の洗い方やプライベートゾーンに関する質問、小さいうちから大きくなるまでしっかり教育をしていかなければいけない分野です。
そこに関してエンタメと本物の知識を持ち合わせていて、しっかり教育をされているのがソープ嬢ではないかと思います。

もし別の仕事をしていたら、こどもに聞かれたときに答えられなかったなと思う事は多々あります。

まとめ

職業から見るとソープ嬢は結婚したい対象ではないかもしれません。今ソープ嬢に恋をしているあなたは、周りの人や友人に「ソープ嬢なんかやめとけよ!」と言われているかもしれません。

しかし考えてみてください。
その彼女は人として魅力的ですか?
優しいですか?
可愛いですか?
「はい」ならばその方は素敵な方だと思います。

職業はラベルです。人間をラベルで判断せずに本質を見て「結婚したいな」と思ったあなたはきっと素敵な方だと思います。

ソープ嬢と結婚した男性に「結婚して幸せですか?」と伺いました。
皆さん「はい!」と力強く答えてくださいました。あなたにもそう答えていただけることを願っています。