1. TOP
  2. 婚活
  3. 現在のページ

シャンクレールはひどい?実際に行ってみて真実を確かめた結果

投稿日: 2018年01月28日

執筆者: S・H

20代 男性 ビジネスマン

婚活パーティーに参加したことがない人でも「シャンクレール」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

シャンクレールは婚活パーティーを運営する会社の中で最も有名とも言えますが、悪い口コミを見かけることも多く心配な人も多いことでしょう。シャンクレールに実際に参加してきたので、本当の口コミ情報をお伝えします。

スポンサーリンク

シャンクレールとは?

実際に行ってみた感想を書く前に、シャンクレールの概要について紹介します。

シャンクレールは設立23年の企業です。街コンや恋活・婚活パーティーなどを運営する会社としては、なかなか無いほど長い実績を持つ企業です。

毎週各地で数多くの恋活・婚活パーティーを開催しているので、ちょっと探せば行ける日を探せることでしょう。しかし、これだけの実績がありながらも、口コミを検索して出てくるのは悪い評判ばかりという残念な状況です。

シャンクレールの口コミや評判

それでは、実際に利用した人の口コミを確認していきましょう。

評判は悪い

最初に結論を書いてしまいますが、正直に申し上げまして全体的な評判は悪いです。これは当日の運営に対しても、食事や飲み物などに関しても、参加費についても全て悪い評判が多くなっています。

料金も男女間の差が大きく、女性は1,000円男性は6,000円という差があります。どれだけ高くても内容が良ければ納得できるのですが、残念ながら内容も悪いのでドンドン悪い評判が増えているのでしょう。

悪い口コミが多数

基本的にどの会場の運営スタッフもやる気がなく、その場を回そうとしません。フリータイムに入っても「それでは皆さん自由にご歓談ください」と言うだけで、一人ぼっちになってしまっている人を一切助けない、という口コミがありました。

また、写真に載っていた食事は非常に華やかだったのに、実際に行ってみたら冷凍食品や乾き物を紙皿の上に並べただけで、飲み物も缶のお酒を紙コップに注ぐだけという悲惨な状況のようです。

シャンクレールの体験談

私自身は口コミを読んでいたのですが、適当な評判を書く人もいるだろうしと考え、そこまで気にせず参加しました。

自分のスペック

最初に私のスペックを紹介させていただきます。私は関東在住の26歳男性で、職業は自営業です。自営業と言っても名前だけで、実際は個人事業主になり収入も人並み以下です。

容姿の自己評価は希望も含めて「中の下」と言ったあたりだと思います。身長は167センチと低めです。

ここまで読んでいただけると分かりますが、正直言って全くモテない人間です。これから書くのは、このような私がシャンクレールの婚活パーティーに参加した体験談になります。

参加したきっかけ

参加したきっかけは、友人からの誘いです。たまたま休みの日が同じだったので、一緒に行ってみないか?と誘われました。街コンや恋活・婚活パーティーには参加したことがなかったので、ちょっと心配でしたが物は試しだということで参加してみました。

一緒に参加した友人は、シャンクレールではありませんが他の婚活パーティーには何度か参加経験があるようです。まあ、彼は昔からモテるタイプなので、このような出会いの場に赴く気持ちも分かります。

人々の印象

当日会場に行ってみて、男女合わせて約30人の参加者の顔ぶれを見ると…何とも言えない「普通さ」でした。男性も女性も驚くようなイケメンや美女は居ないが、点数で言うと80点台の人が1割ほど居ました。その後は、普通の人が8割で、ちょっとイマイチかなという人が1割ほど。

ランダムに人を集めたらこんな感じになるだろう、という典型的なパターンでした。口コミには美女が多めとありましたが、少なくとも私が行った日はそこまでではありませんでした。

当日の流れ

当日会場に到着すると、スタッフにチケットと身分証の提示を求められました。チケットと身分証の確認が終わると、自己紹介カードを渡されるので、急いで記入します。

この自己紹介カードは意外と項目が多く、事前にある程度考えていかないと全部を埋めるのが難しいです。しかも、この自己紹介カードを軸としてこれから女性との会話が進行していくので、本当に重要です。

パーティが始まると女性と一対一で会話が始まります。一回あたりの時間は3分間で、時間が来たら隣の女性に移動していきます。これが全員回ったらフリータイムに移行するという形です。

この3分間という時間が非常に短すぎで、話が盛り上がってきたなと思ったら移動になります。確かに全員と話せるのはいいですが、この時間で相手の心を掴むのは至難の業でしょう。

結果

ある程度バレていると思いますが、全く良いところなくカップル成立しませんでした。好感触かな?と思っている人もいただけに残念です。また次の挑戦に期待しましょう。

行ってみた感想

私が行ったパーティは食べ物は出なかったのですが、飲み物は出ました。ただ、飲み物と言っても紙コップにお茶を注いだ物が一杯だけ出されるだけです。せめて透明のコップにするとか、ジュースも果実系のものにするとか、もっと良くできる点があるのはないかと思います。

また、スタッフの進行もイマイチでした。口コミにもあったように、機械的な進行をするだけで特にフォローはなく、進行をするさいの言葉遣いも変なところがありました。そして、小学生のような棒読みで、婚活パーティーという名前にするのならもう少しだけでもスタッフの教育をするべきかと思います。

評価するべきポイントは、おそらくサクラが居ないということです。参加している人々の印象でも書いたように、美人だと感じる女性参加者も居ましたが、熱心に全員と会話していましたし、私とも普通に会話してくれました。

サクラが居る場合には一気に行く理由がなくなるので、サクラが居ないと思われるシャンクレールはそれだけでも良い業者だといえますね。

スポンサーリンク

シャンクレールのメリット・デメリット

これまでは悪いところばかり書いてきましたが、メリットも発見できました。

メリット

シャンクレールの恋活・婚活パーティーのメリットは、絶対に全員と一度話せるという点です。一般的な立食形式のパーティだと、上手く立ち回らなければお目当ての女性と話をすることもままなりません。しかし、シャンクレールのシステムであれば、どれだけ口下手な男性でも一番人気の女性と話ができます。

デメリット

デメリットを挙げ始めたらキリがないので、少なめに紹介します。私が感じた最も大きいデメリットは、話せる時間が短いことです。メリットにも書いたように全員と話すシステムので、開催時間の都合上1人と話せる時間はかなり短いです。

フリータイムをどれだけ有効活用できるのかが重要なのですが、フリータイムも短めなのでガンガン行ける人じゃないと厳しそうですね。

シャンクレールでいい出会いを見つけるポイント

実際に参加してみて、感じたメリットやデメリットから思いついた秘訣を紹介します。

あまり期待しない

一番大事なのは、期待しすぎないことです。元も子もないようですが、美人がいるかもしれないとか、スタッフが優しく誘導してくれるだろうとか、美味しい食事が出るだろうとか、期待しない方がいいです。

逆に期待のハードルを下げておけば、女性と近い距離で話せたとか、何人かと連絡先を交換できたとか、そのような良い印象を持ったまま恋活・婚活パーティーを終われると思います。

自分を磨く

話せる時間が短いので、どれだけ性格が良くてもほとんど伝えることができません。それより自己紹介カードに書く内容「職種・年収・最終学歴・趣味」これらを良いものにしましょう。

そのためには仕事を頑張ったり、モテそうな趣味をやったり、肌をキレイに保つなどの努力が必要になりますね。

まとめ

シャンクレールは正直言って、あまりオススメ出来ません。しかし、私が行ったパーティがたまたまハズレだった可能性もあります。また、今ではスタッフの教育も行き届いていているかもしれません。

ただし、期待しすぎるとダメだった時に悲しいので、あまり期待せずに行くのが良いでしょう。

公式サイト

婚活パーティー「シャン・クレール」