1. 風俗
  2. 現在のページ

山口県下関市の歓楽街豊前田に行く前にチェック!注意点・遊び方の秘訣

投稿日: 2021年06月20日

歓楽街豊前田のある山口県下関市の街

海が美しく、魚介類の旨い港町、下関。
観光の点では素晴らしい街ですが、正直に申しますと、田舎の県で県庁所在地なわけでもないため、風俗系はなかなかに手薄です。
業種的にも店舗数的にも決して多いとは言えません。

しかし、いくら規模が小さかろうと店が少なかろうと、夜の街で遊びたいのが男というもの。選択肢の少ない中ではありますが、状況に応じた行動でしっかりと楽しむことが可能です。

下関市豊前田とは?

豊前田(ぶぜんだ)は観光都市でもある下関市の中では、もっとも栄えた歓楽街です。
福岡県とは、目と鼻の先といった距離にございます。

昼は観光で賑わっているものの、夜になると風俗店はおろか、飲食店もそこまで多いわけではありません。
夜遊び系は「申し訳程度」の規模といえるでしょう。

無料案内所や風俗店のスタッフさんも、田舎だけあっておとなしめでそこまで積極的なわけではないので、少ない情報の中から有益なものをキャッチし、しっかりアタリを引かなければなりません。

総合的に、ある種、風俗上級者向けの遊び場と言えるでしょう。

下関市豊前田へのアクセス

散々、冒頭で田舎で都市規模は小さいと繰り返しましたが、観光都市なのでアクセス自体は問題ございません。むしろ、地方都市の割に便利な方です。

アクセスについてまずは以下をチェック!

  • 下関には空港がないです。近隣県にも当地のアクセスに便利な空港は特にございません。
  • 観光都市のため、交通ダイヤ(新幹線・在来線など)自体はまずまず多いです。
    ただし、やはり田舎のため夜間のダイヤはかなり減る傾向にあります。
  • タクシーは昼間であればそこそこ走っておりますが、こちらも夜間はなかなか見かけられなくなります(とはいえ、必要な場面は少ないでしょう)。

では、本題である豊前田までのアクセスについてご説明させていただきます。
新下関駅(新幹線の駅)というのがございますので、まずはそこを目指しましょう。
例として、東京駅からのアクセスを記載いたします。
下関より東の地域では、概ね同じ形で新幹線+在来線を利用して当地までアクセスが可能です。

◆新幹線+在来線:5時間30分程度・20,000円程度
東京駅――(新幹線)―→徳山駅:山口県――(新幹線)―→新下関駅――(在来線)―→下関駅
後に、10分の徒歩で豊前田へ到着いたします(Googleマップ)。

新下関駅→新幹線の駅、下関駅→在来線の駅です。ときどき、混同される方がいらっしゃいますのでご注意ください。

なお、中国地方や関西地方の主要県からは、高速バスの発着があるケースもございます。
「下関駅南口交通広場 高速バスのりば」という豊前田まで徒歩圏内のバス停があります。
ご自身の県との直通があるかお調べいただくのも一案です。

下関市豊前田での遊び方

決して悪く言うつもりはありませんが、完全に個人的な印象で申しますと、割と暗いイメージがあります。
街灯が少なく、夜になると歓楽街独特のきらびやかさも特にございません。
淡々と風俗店に狙いを定め、そこを目指して遊びに行くイメージです。

おっぱぶなどライトなお遊び

おっぱぶの目安は以下のとおりです。

◆時間:19~20時オープン目安
◆料金:4,000円程度目安

おっぱぶと言えば、女の子は下着なしでその上に衣装を着てその上から、あるいは脱がせてお触りを楽しむサービスを期待する方が多いのではないでしょうか。実際に全国的にそのようなサービスを指しておっぱぶと言われます。

しかしながら、豊前田でのおっぱぶは、いずれも以下のような形が多いです。

  • ドレスの下はブラジャー着用。
  • 積極性がない女の子が多い(攻めが少ないですが受けはしてくれます)。
  • オープンタイプ(個室ではないタイプ)の店舗が多い。

否定をするつもりではなく、その地域ごと・業種ごとに特色が出るのは仕方ないことだと思います。
豊前田界隈では、おっぱぶといえば上記のようなものが平均的・一般的で半ば常識化しているということになるでしょう。

派手に触ったりキスしたりではなく、イチャイチャしながらお酒と会話を楽しむのがおっぱぶと考え直し、割り切って楽しみましょう。

女の子自体もおっぱぶとはお触りありの準キャバクラのようなイメージで働いている子が多い気がします。
あまり肉体的な接触に積極的でないことに関して、女の子がスタッフから注意を受けているようなシーンも見かけたことがありません。

こうなれば、発想を転換して、安くて触れることができるキャバクラと考えればコストパフォーマンスは最高です。
一応、おっぱぶの相場自体は豊前田は安めな印象です。

さらに言えば、店舗数が少ないためか、案内所とおっぱぶはだいたいほぼ知り合いらしく、時間や料金の融通を効かせて遊ばせてくれるケースがあります。
筆者は、顔なじみになってどうしても時間とお金がないときに、ありがたいことに無理を聞いていただいたことがあります。

なお、ブラジャーを外しても拒否しない子もいれば、お話上手な子や可愛い子ももちろんいます。アタリはどこの地域にもいるものです。
また、福岡とかなり距離が近いので、出稼ぎで福岡の可愛い都会っ子がいる場合があります。一度、えらくルックスの可愛い子がいたので不思議に思っていると、会話の流れで判明したのですが福岡のあるお店でナンバーワンキャバ嬢らしく、同業種・同地域で別の仕事をしたくないということで下関のおっぱぶにときどき出勤しているそうです。
おっぱぶが他地域よりもキャバクラよりだからこそ起こったラッキーといえるでしょう。
西日本で関西を除けば最大の都市、福岡が近いのでこうしたラッキーなケースもございます。

ソープなど店舗型のヌキ

ソープが集中する地域は、正確には豊前田ではなく、そこから徒歩数分の下関駅ウラの臨海部分となります(Googleマップ)。
近い上に複雑な道のりではないので、まず迷うことはないでしょう。

こちらにソープが立ち並んでおります。
一方、同じ店舗型のヌキでも筆者はヘルスを見かけたことがありません。
ソープの数自体は同じ箇所に一極集中している上、店舗数もまずまずありますので、現地に出掛けていってスタッフさんの話を聞きつつも、じっくりとパネルを見学しながら決定するのが良かろうかと思います。

個人的経験で申しますと、以下の「ドMなバニーちゃん」という店舗がおすすめです。
初めて豊前田を訪れて以降、ソープに関しては基本的にはここのお店のみで遊んできました。
おすすめの理由は以下のとおりです。
・スタッフさんの安心感
お客様を焦らし、急かすことがなく、女の子をじっくりと選ばせてくれます。説明内容にも不信感がありません。
・女の子のクオリティ
ルックスやサービスは普通~良いが多いです。在籍も多く、選択肢が多いです。福岡からの出稼ぎも多いことが女の子の質が高い秘密かと思います。

デリヘルや性感マッサージなどデリバリー系のヌキ

デリヘルはそこそこ豊富にある一方、性感マッサージは私が認識する限り1件のみです。デリヘルのレベルはごくごく一般的です。
豊前田でのプレイならば、交通費が無料になるケースが多いです。

その一方で、福岡が目と鼻の先なので、荒業ですが本当に気に入った子が福岡のデリヘルで見つかった場合は、平日などであればこちらに呼び寄せたり、反対に県境ギリギリまで移動してそこで遊ぶという方法もございます。
やはり、福岡は在籍数も女の子の質も段違いなので、視野に入れると良いでしょう。

デリヘルに限ったことではありませんが、サービスにおいて割と従順な子が多いように思われます。
S側に立ってこちらから攻めるほうがお好きな方は、割と身体を委ねてくれる子が多いのでお気に召すのではないでしょうか。
男を立てる傾向にある子が多いのは、九州にかなり近い・田舎であるなどが影響しているのかも知れません。

そんな中にあって、女の子が攻める一方の業態である性感マッサージでおすすめの店舗がございます。
「悶絶エステサロン」というところです。
田舎の性感マッサージは、業種の珍しさとライバルの少なさから殿様商売になりがちですが、当店は例外的に良かったです。

  • 女の子が可愛い!!
    田舎の性感マッサージにしては珍しく、サイトで多くの女の子が顔出ししております。
    写メ日記もありますのでそちらでより実物に近そうなものからご判断いただくと良いでしょう。
  • 女の子が献身的!
    痴女的なサービスというよりは、下から来るメイド的な性感マッサージの子が多い気がします。

Mな方には物足りないかも知れませんが、王様気分を味わうことができ、それはそれでS心を満たすことができます。

下関市豊前田での諸注意

当地は、観光地近くなので昼はそこそこの人出がある一方で、夜は閑散として歓楽街かどうかわかりづらくすらあります。
雰囲気を味わいたい方にはあまりおすすめできません。

おっぱぶはガッツリのボディタッチではなく、キャバクラ的なサービスに多少のお触りがあるという認識でいましょう。

まとめ

旅行のついでに風俗に立ち寄るという意味では、十分な受け皿がある一方、風俗メインではなかなか難しい場所であることがご理解いただけたかと思います。ただし、ソープもデリ系も献身的な受けができる女の子が多いので楽しむことはできます。

秘訣1:おっぱぶはお触りありのキャバクラとして認識して割り切って楽しみましょう。
秘訣2:攻め好きな方は、従順な受け女子が多いので楽しめること間違いなしです。

今回は、豊前田においての情報でした。