1. 風俗
  2. 現在のページ

【初心者必見】ホテヘル利用時の最適なホテルの選び方

PR更新日: 2024年06月26日

ホテヘル利用時の最適なホテル

ホテヘルは派遣型風俗の一種ですが、デリヘルとは異なり自宅に直接女の子を呼ぶことはできません。
ホテヘルでは雑居ビルの一室などに用意されている「受付用店舗」に赴いて、そこで店員相手に手続きをしてからホテルに向かうことになります。
女の子はそのホテルに派遣されてきて、そこでプレイ開始というのがホテヘル利用の一般的な流れです。

ここでホテヘルに慣れていない人は「ホテルはどうやって選ぶのか?」と疑問に思うことでしょう。
実はホテヘル利用時のホテルの選び方は複数あり、それぞれの選び方にはメリットもあればデメリットも存在しています。

本記事ではホテヘルでのホテルの選び方について、誰もが最適な方法を知ることができるようなアドバイスを行っています。
この記事がホテヘルを使ってみたいと考えている人の参考になれば幸いです。

恋メモH 風俗編集部

筆者:恋メモH 風俗編集部

風俗行脚を続けて20年以上の風俗王(自称)をはじめ、現役の風俗嬢、ホスト、キャバクラ店長、メンエスオーナーたちが業界の裏情報まで包み隠さず明かします。

ホテヘルでのホテルの選び方は「お店任せ」か「自分で探す」か

AとBを比較する女性

ホテヘルでのホテル選びを大雑把に分けると「お店任せ」か「自分で探す」かの二択と言うことができます。

まずは初心者でも戸惑うことなく利用できる「お店任せ」でのホテルの選び方について紹介していきましょう。

お店に任せるのが一番確実

ホテヘルの受付用店舗では近場のホテルの案内もしてくれます。
そもそもお客にホテルを借りてもらえないとホテヘルの営業はできないわけですから、店員に尋ねればほぼ確実に利用可能なホテルを教えてもらうことができるでしょう。

ホテルの予約自体を店員が代行してくれるホテヘルも多いため、初心者はこのタイプのお店を使うとさらに手続きが楽になります。
特に週末には風俗街周辺のホテルはすぐ満室になってしまうので、店員に空き室を探してもらえるのは大変便利です。

ただしホテル代はプレイ料金には含まれません。
そのため店員に選んでもらったホテルが割高だと余計な出費が増えることになるので注意しましょう。

またホテヘルの中にはお店と提携するホテル以外は使えないようにして、プレイ料金とホテル代を合算請求するシステムを採用しているところもあります。
このタイプのホテヘルはやはり相場よりも全体の料金が若干高くなります。

ラブホテルはお手軽で安いのが魅力

店員におすすめされるホテルの中でも、一番使いやすいのはラブホテルになります。
ホテヘルのプレイ時間はラブホテルの休憩時間に合わせる形で設定されていることも多いため、出費をできるだけ抑えたいなら「最短プレイ時間+最短休憩時間」の組み合わせでラブホテルを使うのがもっとも効率的なホテヘルの遊び方となるでしょう。

また基本的にラブホテルは男女の性行為をスムーズに進めるための工夫に溢れています。
部屋選びや入退出の手続きもほぼ自動化されていてプライバシー保護は完璧ですし、室内のアメニティも充実しています。

単純にホテヘル嬢とのプレイを楽しむことを考えるなら、店員に紹介されたラブホテルに入ってしまって何も問題はないと言えるでしょう。

特殊なラブホテルはオプションに合わせて選ぶ

ラブホテルの中にはSM用の設備を整えたものなど、特殊なプレイに対応している場所もあります。

ホテヘルで特殊なオプションを追加した際は、そのオプション内容に対応するラブホテルを選んでおくことも重要です。

大抵のホテヘルではオプション内容に合わせて店員が最適なラブホテルを案内してくれます。
SMやスカ系のオプションを追加したのに、そうしたプレイNGのホテルを紹介されてしまうということはないので安心してください。
とはいえ店員がミスをすることはあり得るので、予約後も一応は自分でホテルの規約を確認しておくようにしましょう。

それと特殊なプレイルームを備えたラブホテルは、通常のものよりも料金が高くなる点も忘れないようにしておきましょう。

オプション代と合わせると通常時よりもかなり高額になることは覚悟しておく必要があります。

レンタルルームはラブホ以上にコスパ重視で選ぶ

最近はレンタルルームをプレイ場所に指定できるホテヘルも増えています。
レンタルルームとは休憩室や会議室など、特定の目的に合わせた部屋を貸し出すサービスです。
宿泊を前提にしていない点がホテルとは異なりますが、ホテヘルで利用する場合はベッドや大型ソファーを備えつけているタイプのレンタルルームを選ぶようにすればプレイに支障はありません。

しかしホテルの部屋に比べると狭いことも多く、快適なセックスのための設備も不十分と言えます。
特にシャワーは2人同時に使えないこともあるので気をつけましょう。
こうした条件から、レンタルルームはラブホテルよりもさらに割安な時に選ぶコスパ重視の選択肢と考えるのが適切です。

昼間のホテヘル利用時はビジネスホテルが安全

ビジネスホテルのほとんどは風俗目的の利用を黙認しています。
ラブホテルよりも料金は高くなりますが、駅前にあることの多いビジネスホテルはラブホテルとはまた違った使い勝手の良さを持っています。

特に昼間にラブホテル街をうろつくのを避けたい人は、ビジネスホテルを利用するといいでしょう。
先に自分が室内に着いてから電話連絡をして女の子に入ってもらう形式のホテヘルなら、他のお客に風俗目的の利用がバレる心配もありません。

しかし安いビジネスホテルだと部屋の壁が薄くプレイ中の声が隣に漏れる恐れがあるため、あまり過激なプレイはできない点はデメリットとして覚えておきましょう。

シティホテルはお店の紹介では選べない場合がほとんど

高級ホテルを含むシティホテルは風俗目的の利用は禁止となっています。
厳密にはシティホテル側にバレなければいいのですが、もしバレてしまうと通報のリスクが生まれるためホテヘル側にとっては非常に危険です。
そうした理由から店員がこの手のシティホテルを紹介することはまずありません。

同様に観光地近辺のホテヘルでも、観光客向けのリゾートホテルや旅館は紹介してもらえないことがあります。

ホテルの選び方を自分で考える際のポイントとは?

スマホでホテルを探す

自分でホテルを選ぶ場合も、選び方の基準自体は店員に選んでもらう時とほとんど変わりません。
しかし自分でホテルを選ぶことでホテヘルの楽しみ方はさらに広がります。

ホテヘルという風俗の醍醐味を最大限に味わいたいなら、自分でホテル選びに挑戦してみるのも悪くないでしょう。

一番大事なのはお店からの距離

自分でホテルを選ぶとどうしても料金や部屋の雰囲気といったものを重視してしまいます。
しかしホテヘルには女の子を派遣できる距離に制限があるので、あまり受付用店舗から離れたホテルを指定することはできなくなっています。

特に送迎用のクルマとドライバーを置かず、女の子に自力で移動してもらうタイプのお店では利用可能なホテルは周辺一帯にほぼ限定されると思っておきましょう。
その場合、結局は店員が紹介するホテルと選択肢は同じということになります。

予約のタイミングには要注意

自分でホテルを選ぶ際には予約のタイミングにも気をつけましょう。
ホテルの予約時間とホテヘル嬢の派遣時間が重なっていないといけないので、どちらから予約を押さえるのかは悩みどころです。

基本的にはキャンセル料がかからない方を優先して予約しておき、もう一方の都合に合わせて最終調整をするのがおすすめとなります。

閑散期の昼間などでラブホテルやレンタルルームに空きがある可能性が高い時は、先にホテヘルの方を押さえてしまっても問題ないでしょう。
ただし予約後にその場所には派遣できないと言われてしまわないように、やはり店員にはアドバイスをもらっておくことが重要になります。

自分の都合よりホテヘル嬢に喜ばれるタイプのホテルを選ぶ

自分でホテルを探すとなると、つい自分の都合で部屋を選んでしまいそうになります。
しかしホテヘルでの遊びを満喫したいなら、ホテルの部屋は本気のデートの時のように女の子に合わせて取るべきです。
ホテヘル嬢の大半はいつも同じ店員指定のホテルにばかり出向いていますから、お客が自分のためを思って選んでくれた部屋に案内されると非常に喜びます。

女の子の好感度を上げておくと自然とプレイ内容が白熱し、過激なオプションが通りやすくなるといった恩恵も期待できるようになるでしょう。

店外デート時にはシティホテルや高級ホテルが使える

一部のホテヘルでは「待ち合わせ」や「店外デート」といったオプションを追加することができます。
待ち合わせとはホテルの部屋ではなく駅前などで待ち合わせをして、カップルのように一緒にホテルに入ることができるオプションです。
店外デートはその名の通りホテルに向かうまでの道中でデートができるもので、キャバクラの同伴システムのようなものとなっています。

こうした店外で女の子と行動するタイプのオプションを追加した場合、普段は指定不可能なシティホテル系の部屋を利用できることがあります。
あくまで見た目上はカップルとして一緒にホテルに入るため、風俗目的の利用がシティホテル側にバレる心配がないというのが大きな理由です。

高級ホテルやリゾートホテルを使うことができるとホテヘルの魅力は大きく上がります。
せっかく自分でホテルを選ぶなら、一度はこうした特別な部屋で甘い時間を過ごしてみましょう。

まとめ

ホテヘルで使うホテルの選び方は、深く考えずに店員に任せてしまっても一向に構いません。
店員は常に最適な部屋を紹介してくれるので、よほど細かく料金を気にするのでなければ店員任せ一択と言ってしまってもいいくらいです。

しかし自分でホテルを選ぶことにもいくつかのメリットがあります。
特にシティホテルを使える可能性が出てくる点は、ホテヘル嬢とのプレイをより濃密なものにするために無視できない要素となっています。
そのためホテヘル初心者のうちは店員にホテル選びを任せておき、そのお店の常連として慣れてきたらオプションと組み合わせて自分でホテル選びまで行うというのがおすすめです。