1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

お持ち帰りしやすい婚活パーティーの種類と秘訣を、300回以上の経験を基に紹介します

更新日: 2020年10月19日

婚活パーティーでお持ち帰りに成功

こんにちは!私は数々の婚活パーティーに参加してきた中年サラリーマンです。
これまでに参加した婚活イベントは300回以上!
もちろん目的は真面目な結婚相手探しですが、何度かお持ち帰りに成功した経験があります。今回はその経験を基に、お持ち帰りをするための秘訣についてご紹介します。

婚活パーティーの種類

一口に婚活パーティーと言っても業態・規模・料金は様々です。
まずは、婚活パーティーの種類についてご説明します。

大規模立食型婚活パーティー

男女合わせて50人を超えるような大規模で行われる、立食もしくは半立食型のパーティーで、ホテルのイベントホールやレストラン等が会場となります。

基本的に料理とお酒はビュッフェスタイルで、席が決まっていないので気になる女性と
自由に会話することが出来ます。

運営会社によりますが、開始から最後までフリータイムである場合と、参加者同士が交流できるようなイベントが用意されている場合があります。

参加費用はピンキリですが、男性4,000円~10,000円程度、女性0円~3,000円程度です。

この大規模型では、友人同士で参加する人が男女ともに多い傾向にあります。

中規模立食型婚活パーティー

男女合わせて50人以内で行われる立食もしくは半立食型のパーティーで、居酒屋やレストラン等で開催されます。
基本的なシステムは大規模型と同じですが、大規模型に比べて参加者同士が交流できるようなイベントが多い傾向にあります。

参加費用はピンキリですが、男性5,000円~10,000円程度、女性1,000円~4,000円程度です。
この中規模型では、大規模型より1人で参加する人が男女ともに多い傾向にあります。

合コン型婚活パーティー

男女合わせて30人程度の小規模で行われることが多い着席型のパーティーで、居酒屋やレストラン等で開催されます。

座席の移動が定期的に行われるので、参加者全員と話をする機会があります。

参加費用はピンキリですが、男性5,000円~8,000円、女性は1,000円~4,000円程度です。
男女ともに1人で参加する人が多い傾向にあります。

イベント型婚活パーティー

男女合わせて30人程度の小規模で行われることが多く、参加者全員で共通のイベントに参加して親睦を深めるというものです。
例えば、料理を作るものやバーベキューに参加するものが挙げられます。

参加費用は参加するイベントによって異なります。

お見合い型婚活パーティー

男女合わせて30人~50人程度の規模で行われることが多く、婚活パーティーの中では
最も結婚を意識したガツガツした女性が集まります。

プロフィール用紙と女性の特徴をメモする紙が配られます。
プロフィールには年収、家族構成、趣味、初デートはどこに行きたいか等、詳細に記載する必要があります。

女性の位置はそのままに、男性が席を移動していく、通称「回転寿司」スタイルです。
最後にはカップリング発表があります。

趣味型婚活パーティー

パーティーの規模は中規模型と同じくらいで、パーティー毎にコンセプトがあります。
例えば「アニメオタク限定」などの縛りがあります。

自分と同じ趣味を持つ女の子が参加していることが初めから分かっているので、数ある婚活パーティーの中でもコミュニケーションの取りやすさは断トツでしょう。

婚活バスツアー

パーティーというよりかは旅行なのですが、婚活で人気なのでご紹介します。

お見合い型婚活パーティーと旅行をMIXしたイメージです。
日帰りで観光地を巡るのですが、バスの中では回転寿司スタイルで移動が行われ、最後にはカップリング発表があります。

お持ち帰りに向いている婚活パーティー

お持ち帰りするターゲットと乾杯

7つの婚活パーティーをご紹介しましたが、この中からお持ち帰りに向いているパーティーを理由と共にランキング形式で発表していきます。
尚、1~3位は実際に私がお持ち帰りに成功しています。

第7位:婚活バスツアー

最後のカップリング発表で選ばれると、そのまま交際から結婚まで発展する可能性があります。

何故、お持ち帰りには向かないのか?それは、お酒を飲まない上にものすごく疲れているからです。初対面の異性と回転寿司形式で1日中話をして、更に気になった女性にライバルを押し退けてアタックするという、かなり過酷な行動をシラフでしなくてはなりません。

疲れているのは男性だけでなく、女性も相当に疲れています。
お持ち帰りを狙うのではなくて、後日デートをしてから自然な形でホテルor家に誘いましょう。

第6位:イベント型婚活パーティー

このパーティーは女性とコミュニケーションをとりやすく、真摯な出会いを求めるならかなりおすすめです。しかし、お持ち帰りには不向きなパーティーです。

何故、お持ち帰りには向かないのか?それは、参加者全員でワイワイ楽しむ要素が高いため、2人きりになってムードを作りづらいためです。
また、料理コンやBBQコンは開催時間が昼間であることがほとんどなので、ホテルor家に直行するのは無理があるでしょう。

しかし、女性と仲良くなりやすいパーティーなので、後日デートに誘ってから大人の関係になることは十分可能でしょう。

第5位:趣味型婚活パーティー

このパーティーは第6位のイベント型婚活パーティー同様に女性とコミュニケーションがとりやすく、真摯な出会いを求めるなら個人的に1位と考えています。

何故、お持ち帰りには向かないのか?それは、会話が趣味の話ばかりになり、ムードを作りづらいためです。
しかし、1日で女性との距離はかなり縮めることが出来るので、後日デートに誘ってから大人の関係になることは十分可能でしょう。

第4位:お見合い型婚活パーティー

このパーティーは前述した通り、ガツガツした女性が多いのが特徴です。
結婚に焦っているあまり、気になる男性とは通常の交際の順番を抜かしていきなりHしてもOKという女性が中にはいます。

もし、あなたが初めからお持ち帰りすることだけを考えているのなら、プロフィールには大嘘を書き連ねてしまいましょう。
年収の証明等、その場ではしません。ちゃんと筋が通った話ができれば、まずバレません。

ただし、このパーティー中にその気にさせるムードを作るのは難しいです。
カップリングしたら、酒を飲める店で2次会をしてホテルに直行するのは十分ありえます。

第3位:合コン型婚活パーティー

このパーティー形式で私も実際にお持ち帰りをしたことがあります。
お酒を飲める環境であるので、気になる女性をおだてて、ムードを作ることが出来ます。
ただし、必ず席替えがあるので短い時間で好印象を与えなくてはなりません。

女性がトイレに立ったら、自分もそれに合わせて立って、席以外のところでも積極的に話しかけるようにしましょう。

女性が酒に弱いタイプであれば、上手くいけばそのままホテルに直行出来る可能性もありますが、2次会に2人きりで行ってからホテルに誘う方が自然でしょう。

第2位:中規模立食型婚活パーティー

このパーティー形式で私も実際にお持ち帰りをしたことがあります。
こちらのパーティーもお酒を飲める環境であるのが強みです。

比較的2人きりで話込めるので、ムード作りが容易です。
ライバルに邪魔されないように、気になる女性の傍に常にいるようにしましょう。
女性がトイレに行くと言って、帰りを待っていたらライバルにナンパされていたという体験を実際にしています。

ライバルから邪魔されず、ムード作りに成功したらホテル直行の可能性は十分にありえます。

第1位:大規模立食型婚活パーティー

以外に思われるかもしれませんが、こちらが一人で参加してお持ち帰りを成功するには
規模立食型が最も成功率が高く、私自身3回お持ち帰りに成功したことがあります。

前述した通り、こちらのパーティーは男女共に友人同士で参加しているケースが多いのですが、中には1人で参加している女性もいます。
こうした女性が狙い目で、こちらも1人で参加していることを伝えると、それだけで女性はこちらに親近感を持ってくれます。

基本的にフリータイムであるので、開始早々に1人参加の女性を見つけて囲ってしまえば
お持ち帰り率は大幅にUPします。

また、このパーティースタイルは婚活を目的としているものの、結婚に対してはそこまで執着しておらず、出会い目的や遊び目的で参加しているタイプの女性が多いように思います。
加えて、女性の参加費が他の婚活パーティーに比べて安いことがそうした女性を集めている要素だと考えています。

実際に私がお持ち帰りをした女性の一人は何と人妻でした。
夫が出張中であることを良いことに、男性と遊びたかったから参加したそうです。
割り切りの関係が出来るので、これは最高に運が良かったです。

婚活パーティーでお持ち帰りするための7つの秘訣

婚活パーティーでお持ち帰りに成功が確信できた瞬間

さて、いよいよ本題です。
この章では、実際にお持ち帰りを成功した私が考えている7つの秘訣についてご紹介していきます。
婚活パーティーで美味しい思いをしたい人は是非参考にしてみてください。

秘訣1:女性の見極め

パーティーが始まる1時間前から会場の入り口でスタンバイして、会場に入場する女性を観察するようにしましょう。
これは、ターゲットになる女性の目星をつけておいて、パーティー開始直後に接触出来るようにするためです。

パーティーが始まってからターゲットを探しているようでは、ライバルに先を越されてしまう可能性が高いのです。
また、お持ち帰りを狙うのであれば、S、Aランクの女性は避けた方が無難です。

婚活パーティーには男性客の集客を目的にした“サクラ”が存在することがあります。
考えたら当たり前のことですが、超美人が婚活パーティーで出会いを求めることなんて
ありえません。

秘訣2:外見に気を使う

言うまでもなく当たり前のことですが、服装や髪形等は特に気を付けましょう。
服装はなるべく高級感があるものを選びます。
服装選びが難しければ、無難にスーツで参加することをお勧めします。

私の経験ですが、以外と適当な服装で参加している男性が多かったです。
ライバルと差を付けるための重要なポイントです。
また、年収を公表しない婚活パーティーに参加している女性は、服装や時計等から男性の年収を推測しています。
当然ですが、年収が高いと思わせた方が女性は落ちやすくなります。
実際のあなたの年収が高くないとしても、外見は“出来る男性”を演出しましょう。

秘訣3:金・土曜の夜に開催するパーティーだけに参加する

お持ち帰りするためには、相手の女性が翌日休みであることが絶対条件です。

中には土曜出勤の会社に勤めている女性もいるので、翌日休みかどうかはなるべく早い段階で確認するようにしましょう。

秘訣4:ホテル街もしくは自宅が近くにあるパーティー会場を選ぶ

お持ち帰りをするために電車を使って数駅離れたホテルに誘うのはスマートではありません。事前にパーティー会場周辺のホテルを検索しておきましょう。

秘訣5:とにかく女性を誉める

お持ち帰りをするためには、当然ですが雰囲気作りが重要です。
そのために、とにかく褒めちぎって相手を気持ちよくさせます。

単純に「かわいい」だけではいけません。
髪型や服装、性格など無理やりにでも誉められるポイントを見つけましょう。

秘訣6:ボディタッチをする

女性が脈ありかどうかはボディタッチをすることで簡単にわかります。
セクハラにならない程度に、パーティーが後半になったら手の甲や肩などをタッチしてみましょう。

抵抗するようであれば、その日にお持ち帰りすることは難しいでしょう。
逆に相手からもボディタッチがあればお持ち帰り出来る可能性は一気に高まります。

秘訣7:相手を酔わせる

婚活パーティーは余程慣れていないと相当緊張するものです。
緊張はアルコールの酔いを早めます。
良いムードを作って、相手を酔わすことが出来ればお持ち帰り出来る確率は高くなります。

終わりに

婚活パーティーでお持ち帰りするための秘訣についてご紹介しました。
やみくもに婚活パーティーに参加してもお持ち帰りするためには不向きなパーティーもあります。パーティー選びがまずは重要なポイントになるので、情報収集を怠らないようにしましょう。

また、参加者の中には真剣に結婚を意識している人も多くいます。
そのため、割り切りの付き合いが難しいということを理解しておきましょう。

お持ち帰りに成功した後、交際を求めていないのであれば、交換する番号はいつでも捨てられるものを教えるようにしてください。

皆様の婚活ライフが素晴らしいものになることをお祈りしております。