1. 風俗
  2. 現在のページ

デリヘルのホテル代がもったいない方必見!お得に風俗遊びする方法

投稿日: 2022年03月19日

デリヘルのホテル代が財布にない

風俗歴25年。風俗業界の内側の人になってもうすぐ10年のモサーンです。「デリヘルを利用して遊ぶのは大好きなんだけど、ホテル代が高い!ホテル代がもったいない!」 そう思ったことはありませんか?

先に今回のお話の結論から言いますと、「ホテル代が不要」で「レベルの高い女の子と遊ぶ」方法になります。この記事を最後までお読みいただくだけで、皆さんは今までよりも満足度の高い風俗遊びができるようになりますから、是非最後までご覧ください。

デリヘル利用者の思考

今回させていただくお話は、風俗でコレを知らないと損をする「デリヘルの料金の仕組み」や「圧倒的にお得に遊ぶ方法」を詳しく解説していきます。

私がお客だった時代には気が付かなかったことも、業界の内側の人になった今だからこそわかったことがいくつもあります。
今まで誰も教えてくれなかった損をしない遊び方。これを説明していきます。

私もデリヘルを利用するときは、ワクワクしながら星の数ほどあるお店の中から程よい料金のお店を探し出し、その中から自分の好みの女の子を探して予約をします。
まずは自分好みの女の子を探し当てたこと(実際は対面してからということになりますが)で自分を褒めてあげたくなるほど達成感があります。そこで満足してしまって、「実際いい子に当たるかどうかは時の運!」と思ってしまいます。これが一般的なデリヘル利用者の認識ではないでしょうか?

思いっきりハズレを引いてしまい、「もう二度とデリヘルは使うまい」と思うこともしばしば。しかし時間が経てばすっかり忘れ、過去の苦い思い出も抑えきれない性欲に流され、「今度こそはアタリが来るだろう!」という何の根拠もない自信とともに電話をしてしまう。
そして同じ失敗を繰り返す。
思い当たった人も多いのではないでしょうか?
そうです。自分だけが何度も失敗しているわけではありません。
大体みんなそんな感じだと思って間違いありません。

ただ、本当に安くはないお金を払って遊んでいるわけですから、なるべくならハズレを引きたくないのは誰しもが思う当たり前のことです。
そこで、なるべく料金を抑えハズレの少ない遊び方をするために、知っておいて損はない、いや、知らないからこそ損をしているということがわかるお話をしていきます。

理解していますか?デリヘルの料金設定

まずおさらいです。デリヘルの総額料金はどうやって決まるのでしょう。

  1. 基本コース料金
  2. 指名料
  3. 交通費

この三つの合計と、オプションを別に頼むならそのオプション料金を加算した金額が総額料金になります。

少し細かく説明します。
まず、基本コース料金は、60分、90分などの遊ぶ時間の長さと、10:00~12:00まで、12:00~17:00まで17:00以降、といったような時間帯でも料金が変わります。
指名料も、ネット指名料、本指名料、特別指名料等があり料金も様々です。
交通費は、どこに呼ぶかで0~4,000円くらいの料金幅があります。

これで終わりかと思いきや、ここまではお店に支払う料金の総額ですね。
自宅に呼ぶなら上記料金で終わりですが、自宅に呼ばない(呼べない)人はさらにホテル代と、ホテル街に行くまでの自分の交通費がかかります。
ホテル代はそれこそピンからキリまでです。

これが現実!意外と知らない女の子のレベル

レベルの高い可愛い女の子

女の子のレベルはお店によって、料金によって、はっきり言ってバラバラです。
ここが風俗遊びの難しいところですね。

料金が1000円上がれば女の子のレベルも1000円分上がるかというと、必ずしもそうはならない。料金は高いのに、女の子のレベルは低いままであるのが風俗だということは、何度か遊んだことがある方ならわかると思います。

大手風俗サイトのランキングも参考程度にしかなりません。今のところ、一番精度の高い情報はお客様が書く口コミです。損をしない近道は、口コミを徹底的に参考にするのが正解でしょう。

そしてここからは、相当風俗遊びをしまくっている方でも知るのが難しい、しかし風俗業界関係者なら当たり前のお話をしていきます。

実は同じ料金帯で同じ系統のお店なら、デリヘルより箱ヘル(店舗型ヘルス)のほうが、女の子のレベルが高いということです。
また、本当の素人の女の子が多いのも箱ヘルです。
この事実はこれから説明する「大きな二つの理由」から成り立っています。

いくらお店が間に入るといっても、年齢も性格もどんな人かもわからない初対面の男性と、ラブホテルで二人っきりって女の子は怖くないのかなと思ったことはありませんか?
もちろん女の子たちのほとんどは「怖い」と思っています。中にはなんとも思っていない女の子もいるにはいますが間違いなく少数派です。

プレイ中何かあったときに(実際に何かあることはほとんどありませんが)、スタッフが近くにいる安心感というものが、デリヘルと箱ヘルで絶対的に違います。特に業界未経験の女の子にとってはなおさらです。そしてレベルの高い女の子ほど安心して働ける場所を求める傾向が強いのです。
この絶対的な安心感が、デリヘルより箱ヘルの方が女の子のレベルが高い理由の一つです。

そして箱ヘルは部屋の数に限りがあるので、レベルの低い女の子は在籍し続けることが難しいということが宿命づけられているのです。
どういうことかというと、当たり前ですが、レベルの高い良い女の子から予約が入っていきます。
基本的に部屋数以上に女の子は出勤していますから、お部屋に入る順番は予約の入った女の子からになります。
サービスがよくて事前予約が多い女の子や、写真で選ばれる確率の高い容姿レベルの高い女の子から予約は埋まっていくので、必然的にレベルの低い女の子はお部屋が空いていない、お客様が来てもご案内できないという状態になるのです。

逆にデリヘルは部屋数などは関係ないので何人出勤しても困りませんし、女の子が足りなくてお客様のお問い合わせをお断りしたくないというお店側の思惑がありますから、女の子のレベルに関係なく数多くの女の子に出勤してもらう必要があるので、全ての在籍の女の子のレベルが高いということにはなりづらいのです。

部屋数に上限がある、これがデリヘルより箱ヘルの方が女の子のレベルが高い二つ目の理由です。

ホテル代は必須?必要経費だからとあきらめる必要なし

財布を持つ女性

デリヘルでホテル代をかけたくないのであれば自宅に呼ぶ。これしかありません。
運よく自宅がこれから遊ぶお店の交通費無料のエリアになっていて、デリヘルを家に呼んでも大丈夫な環境であればそれが一番安く済みます。

それができれば苦労はありませんよね。しかし現状では、自宅に呼べない方は残念ながらホテル代なしでデリヘルを利用することはできません。

あとはどれだけホテル代を安くするか?これに尽きます。
料金の安いホテルを探す、ラブホテルのサービスタイムを利用するといった方法があります。
価格でいうとレンタルルームを利用するのが一番リーズナブルでしょう。
ただ、あくまでレンタルルームなので部屋の狭さは言うまでもありませんし、居心地もよいとは言えませんので、あくまで短い時間で遊ぶ時だけ利用するといった使い分けが必要になります。

また、「ホテル代キャッシュバック」などのホテル代をお店が負担するようなキャンペーンもありますが、基本的に「〇〇円まで」と制限があり、全額お店が負担することはまずありません。
そして、ホテルを利用するときに気を付けなければいけないことが「休憩時間内に全て終わる」かどうかです。多少余裕をもって長めに時間をとって入室しないと、延長料金をとられるなんてことになりかねませんので十分に気を付けてください。

そこでご紹介したいのが、先ほど紹介した箱ヘル(店舗型ヘルス)です。
箱ヘルならデリバリー交通費も部屋代もかかりません。その分基本料金が高く設定してあるということもないので安心です。

箱ヘルというと、「わざわざ行く時間がない」「お店に行くのに電車賃がかかる」など、正直面倒に感じることがあるので近くには箱ヘルがない人は敬遠しがちです。
しかしよく考えてみると、遊ぶ場所が都内であれば移動時間もたいしてかかりませんし、実際移動にかかる電車賃などは数百円で済んでしまいます。30分もあれば電車に乗って箱ヘルのある複数の街へ行くことができます。

デリヘルならどこにいても来てくれるから便利で安いと思いがちですが、ホテル代やお店に払う交通費なども別途ありますので、実際は箱ヘルに比べて料金が数千円から1万円程度は高くなってしまうのです。
またデリヘルは、お店に電話してから女の子が到着するまでに最低30分はかかることがほとんどです。
結論として、ホテル代もかからずデリヘルと同じ料金でレベルの高い女の子と遊ぶことができるわけですから、箱ヘルを利用しない手はありません。

まとめ

箱ヘル大勝利!という部分がご理解いただけたのではないでしょうか?

もちろん箱ヘルにもデメリットがあります。
それはお店が夜の12:00までしかやっていない。ホテルのような広い部屋でのびのび、というわけにはいかない、という点です。これはデリヘルと比べると明らかなデメリットになります。

結局、自分のライフスタイルやこだわりを満たしてくれる場所で遊ぶのが一番であることは間違いありません。
しかし「箱ヘルを利用したことがない」「できるだけお得に遊びたい」という方は箱ヘルに行っても損はありませんから、是非一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。