1. 風俗
  2. 現在のページ

我慢は不要!風俗に対する抵抗感の理由と罪悪感の消し方

投稿日: 2021年03月02日

我慢せず風俗に行きスッキリした男

風俗はその魅力を知ってしまうと非常に魅力的な男の遊び場だと言えますが、何かと気を使って頻繁に足を運べないと考えてしまっている男性も少なくありません。
その背景には、ちょっとした罪悪感や金銭面の関係などが引っ掛かっている場合もあるのですが、よくよく突き詰めて考えてみると、それらの懸念は簡単に解決することも分かってきます。

風俗は楽しいが頻繁に行くのに抵抗がある理由は?

何かのきっかけで初めて風俗に行き、そこでことのほかいいサービスをしてくれる嬢にあたったような時は「風俗ってこんなにいい場所なのか。こんなかわいい子が笑顔でサービスしてくれる上にエロい。ここは楽園だ!」というふうに思ってしまうといっても過言ではありません。
それくらい衝撃的な経験をしてしまうと、また行きたいと思うものですが、ふと我に返ると「しょっちゅういってもいい場所なのか?」と考えてしまう男性も意外に多いのが実態です。

理由は「風俗は浮気」と考えてしまうことも要因の1つでしょう。
既婚者や彼女がいる男性の場合、エッチなことだけに関しては風俗嬢が断然いいと思っても、やはり奥さんや彼女の存在が気になるものです。

1回だけの軽い遊びならいいとしても、これが定期的に通うとなれば心まで風俗嬢に傾いてしまって奥さんや彼女を裏切ることになると考えれば、「行きたくても我慢しなきゃな」って考えても不思議はありません。

また、別の理由として「もし性病を移されたらどうしよう」という不安もあるでしょう。この場合、自分が病気になれば当然奥さんや彼女にも移ってしまいますし、仮に移った状態でその日に奥さんや彼女からセックスに誘われたら断らなければなりません。
その際、「どうして?」ってなると雰囲気も最悪になります。

さらに、風俗はお金がかかるという心配もあります。ハマってしまえば月に何万も使ってしまうなどを心配すると、楽園のような場所である風俗も行く機会となれば、滅多に行けない、と考えてしまうのです。しかし行きたいのに我慢すると辛いですね。めっちゃ辛いです…。

自分が風俗に行った理由は何か?と考えれば罪悪感もだいぶ消える

さて、1度とはいえ風俗に行ったあなたはどうして行ったのでしょうか?
その理由の中に「奥さんや彼女とのセックスがマンネリでつまらない」といったものはないでしょうか?
そういう理由に思い当たるフシがあるならば、必要以上に罪悪感を持つ必要はないと言えます。

極論を言ってしまうと、貴方の性欲を満たすために奥さんや彼女では物足りないので、悪いのはパートナーということ。どこかでその欲を発散させるのが生き物としての自然の摂理だということになりますので、この場合、浮気にはなりません。

風俗嬢に対して深い恋愛感情はなく、「この子かわいくてエロいな」というお気に入り程度の思い入れならば、好きなAV女優がリアルに目の前にいるのと同じと解釈してしまえば罪悪感は消えます。

ちなみに、奥さんや彼女と性的な不一致があり、明らかにあなたの方が性欲が強い場合、そんな奥さんや彼女といる時間が長ければ長いほど性的不満はたまっていくことが考えられます。その際に上手く利用したいのが男の楽園である風俗なのです。

風俗をこっそり使用して上手く欲を発散することにより、奥さんや彼女にも優しくなれるはずですから一石二鳥です。
これが罪悪感があるからと風俗通いを我慢したりしますと、奥さんや彼女との不満の残るセックスの後に「お前とはつまらない」なんて愚痴が出たりしますから、下手したら関係悪化の危惧があります。
しかしそんな危惧も風俗利用で一気に解消してしまうというわけです。

風俗で性病は移らないし移らない遊び方もチョイス出来る

性病になり病院を受診する男

風俗に対する知識があまりない時点では、やはり風俗は「性病が怖い」と考える方も多いのが実態です。
しかしそんな懸念は令和になったこの時代、ほぼ心配ないと考えてよいでしょう。

病気感染のリスクとなれば断然出会い系サイトで出会った相手とのセックスの方が高いと言え、風俗の場合は定期的にお店が女の子に検査もさせていますので、安全性は比べ物にならないほど高いです。

そもそも、性病になってしまえば風俗嬢本人も数日間働けず、稼げないので、人一倍この点は気にしています。

また、ちょっと横道にそれますが、今の時代は風俗で働いてる女の子もしっかりしていますので、自分の身は自分で守るという意識も持っています。
少なくとも古い昔のように「風俗で働いているあたしの体なんてどうなってもいいのよ」的な投げやりで働いている子はいません。

さらに安全性を高めたい場合は、それ相応の遊び方もさせてもらえます。
例えばソープランドやデリヘル・ホテヘルの場合、生フェラというサービスが提供されているのですが、客側の男性が生フェラなしとお願いすればそれはぜんぜんOKなのです。コンドームを装着してのゴムフェラでもいいですし、フェラの代わりにローションをつけた手コキや足コキをお願いすることも可能です。
その他でもキス、素股なども希望に応じて有無を選択出来ますので、客側の好きなように性欲を解消させてもらえるのが昨今の風俗なのです。

ちなみに「手コキ専門店」なる業態のお店もありますが、このお店が安全性の高い代表的なものかもしれませんね。
手コキ専門店なので、サービス内容は女の子が手コキでフィニッシュさせてくれるというものです。早い話、自分が家でAVを見てオナニーをしている延長みたいなもので、手コキする手が自分の手でなく女の子の手というだけ。もっともこういった手コキ専門店では様々なオプションが用意されていて、女の子がオールヌードになってくれたり、お触りも可能ですので、ここでも自分の好きなスタイルで性欲が解消出来るというわけです。

シチュエーションを想像してみて下さい。オールヌード、上半身お触りOKのオプションをつけて手コキで発射させてもらう…。この場合、性病が移る可能性って考えられますか?まったくありません!

風俗はリーズナブルで遊べるいい女の子が満載!

風俗を我慢する理由の一つに「ハマったらお金が持たない」と懸念してしまうという点もありますが、これも令和のこの時代、心配は無用です。

リーズナブルな料金で非常にかわいい子がいる風俗店も多いので、サラリーマンのお小遣い程度で十分に満足な遊びが出来ます。
なのでお気に入り嬢が出来た場合、料金にもよりますが、うまくすれば毎週通うことだって夢ではありません。

ちなみに、ヘルスの場合、60分1万円程度ですと激安店に分類されますが、このようなお店にも美女はたくさんいます。

また、基本60分1万円といってもイベント日にはここからいくらか割引になったりもしますし、メルマガ会員限定の割引や雨の日割引など、お得なサービスがたくさん用意されているお店も少なくありません。
そもそもの基本料金がめちゃくちゃ安いお店もあります。その最たるものが先に紹介した手コキ専門店などで、こういったお店はサクッと抜くだけならば、15分で3,000円くらいで利用出来てしまうところも存在します。この程度のお金ならば、まったく財布を気にする心配もないでしょうから、お気に入りの女の子が出来れば、定期的に通ってオチ〇チ〇を元気にしてもらえるというわけです。

ちなみに究極のサービスとして、大手優良風俗情報サイトなどでは、無料券が当たる企画なども実施されていますので、もしこれに当選すれば、なんと風俗がタダで利用出来てしまうのです。

さらにお店によってはポイントカードがあるところもあり、ポイントが溜まればその分割引してくれるところもありますので、風俗の実態を知れば知るほど定期的に遊べて普通のレジャーと変わらない世界だということが分かってくるのです。

つまり風俗は我慢などせず、行きたくなれば普通にレジャーに行く感覚で利用出来るところだということは、知っておいて損はありません。