1. 恋の豆知識
  2. 現在のページ

若妻セフレを作る方法5選!20代の既婚者をセフレにするメリットとデメリットは?

PR投稿日: 2024年05月06日

若妻のセフレ

20代の若妻をセフレにする妄想をしたことがある男性は多いはずです。しかし若い既婚女性をセフレにすることは夢でも何でもなく、現実に十分可能な目標となり得ます。

この記事では出会い系マニアが特におすすめする「若妻をセフレにする方法」を5つ紹介していきます。

さらに20代の既婚者をセフレにするメリットとデメリット、リスク管理の考え方についてもどこよりわかりやすく解説していますので興味のある方は参考にしてみてください。

恋メモH セフレ編集部

筆者:恋メモH セフレ編集部

マッチングアプリに精通し、50人以上と関係を築いたヤリチンや、経験人数100人以上を誇るヤリマンなど、性に奔放な男女が、自身の経験から得た知識をシェアします。

若妻をセフレにする方法5選

マッチングアプリをする若妻

一般的に女性の既婚者のうち「若い」とされる範囲は18歳~26歳くらいでしょう。
もちろん27歳~30歳でも十分に若者の範疇なので、ここでは大雑把に「20代の既婚女性をセフレにする方法」を5つに分けて紹介していきます。

1.新婚生活に不満を持っている知人女性にアタックする

いわゆる「マリッジブルー」は結婚を直前に控えて不安になる心理を意味していると思われていますが、実は結婚後にもマリッジブルーは発生しやすい特徴を持っています。
特に素敵な新婚生活を夢見ていた女の子ほど、結婚後の現実に打ちのめされてしまうケースは珍しくないと言えるでしょう。

もし知人にそんなマリッジブルーに陥った女の子がいるなら、優しく相談に乗ってあげることで急速に仲を深めていくことも可能になります。
もちろんこの方法は最初からある程度の信頼関係を持った異性と知り合いであることが大前提になりますが、職場の部下や学生時代の同級生などに範囲を広げると該当する相手を見つけることはそれほど難しくなくなるでしょう。

ただしこのタイプとの交際には「結婚生活の愚痴を聞いてあげる」「気晴らしに付き合ってあげる」といったケア精神が求められるので、好きに遊べるセフレを作る目的とは相性が悪くなってきます。
継続的に交際を続けると泥沼になることも多いので、あくまで1~2回の火遊び相手を務めるくらいの気持ちでいることが大切です。

2.パート・アルバイト中の若妻を口説く

最近は結婚してすぐに専業主婦になる女性は少なく、会社を辞めた場合にも子どもができるまではパートやアルバイトに出るのが普通です。
しかし環境の変化に戸惑ってしまうことも多く、また急に周囲から「奥さん」として扱われることに不満を持つ女性も少なくありません。

そんな短期労働中の相手は口説くのに適した対象と言えるでしょう。
パートやアルバイトをしている女の子には自然と声をかけられる機会が多く、また独身者ほどナンパを警戒していない点も有利に働きます。
職場環境によっては客と店員の関係ではなく同僚や上司・部下の関係になることもあるので、その場合はさらに距離を縮めやすくなるでしょう。

このタイプの相手をセフレとして口説くには、何よりも独身と同じ扱いで接することが重要になります。
結婚によって女としての価値が損なわれてしまったのではないかと不安になっている心を慰めるように、基本的に相手の気持ちを上げていく言動を心がけましょう。
ただ、やり過ぎると相手を本気にさせてしまうので、大人としての線引きも意識しておくことが肝要です。

3.SNSやオンラインゲームで探す

SNSやオンラインゲームを介して出会いを求めるのも、特に若い世代を狙う場合には非常に有効です。
結婚したばかりの女性は生活の変化に馴染めず夫が留守の間はネット三昧になることも多いので、主婦の集まりやすいSNSやオンラインゲームで暇潰しをしている子を探せば高確率で人妻と知り合うことができるでしょう。

SNSは相手のプロフィールや私生活の状況をある程度推察することができますが、直接コンタクトを取って仲を深める難易度は比較的高めです。
それに対してオンラインゲームは相手の素性がほとんどわからない状態で出会うことになる一方で、フレンドになればゲームプレイを通じて急速に仲を深めていくことができる利点があります。

セフレを作りたいならまずは出会いの回数を重ねることが重要になってくるので、基本的にはオンラインゲームを中心に探していくのがおすすめです。
ただし信頼を得るゲームプレイには経験や知識が要求されるので、ゲームが苦手ならSNSを地道に調べていくようにしましょう。

4.主婦が気晴らしをしていそうな場所でナンパする

街でのナンパ行為は成功率が低く、独特のコミュニケーションスキルや一定以上の容姿が要求されることからセフレ作りにはあまり向いていない方法と言えます。
しかし孤独な主婦がよく気晴らしをしている特定エリアに絞って活動することで、ナンパの成功率を上げることは可能です。
たとえば平日昼間に目的なくウインドウショッピングをしていたり、1人で映画館から出てくるような女性はかなりの狙い目となるでしょう。

若くして結婚するとそれまでの友人達とはスケジュールが合わなくなってしまい、急に孤独を感じるようになることがあります。
そんな心の隙間を上手く慰めることができれば、ナンパからのセフレゲットを実現させることも決して夢ではなくなります。
とはいえ結局のところナンパの成功は話術と見た目にかかってくるので、その点は十分な努力が必要なことに変わりはないでしょう。

5.若い人妻の多いマッチングアプリを使う

マッチングアプリ検索で見つかる主婦には2パターンあります。
1つは結婚生活への不満から自主的に遊び相手を探しているパターン、もう1つは独身時代に登録していたマッチングアプリを解約せずそのままにしているパターンです。
セフレにしやすいのは能動的にマッチングアプリを使っている方と考えがちですが、実はアプリ登録を放置している主婦も本気で口説けば意外と乗ってきてくれることがあります。
独身時代にマッチングアプリを多用していて、それを結婚後も放置している女性というのは貞操観念が緩いケースも目立つからです。
そのため若妻セフレをマッチングアプリで探すなら、最近は積極的にログインしていない相手にもなるべくアプローチしていくマメさを忘れないことが大切になるでしょう。

そうした観点から特におすすめできるマッチングアプリには次のようなものがあります。

PCMAX

利用者の年齢層が高めの、老舗に分類されるマッチングサービスです。
結婚後に出戻りしてくる女性が多く、数あるサービスの中でも特に主婦と出会いやすいのが特徴となっています。
ただし20代をピンポイントで狙うにはコツがいるので、女性ユーザーの傾向をよく確認しながら利用していくといいでしょう。

ワクワクメール

登録者数の非常に多い大手マッチングアプリでありながら、比較的セフレ募集に寛容という大きな特徴を持っています。
自分から積極的に遊び相手を探している欲求不満の主婦と出会いたい人にとっては、かなり使いやすいマッチングアプリと言えるでしょう。

ハッピーメール

ワクワクメールと似たタイプのサービスですが、若妻の登録者数は比較的少なめです。
それゆえにマッチングのしやすさでは若干劣りますが、競争相手も減ることでマイペースに理想の相手を探しやすいメリットも持っています。
マッチングアプリの使い方に慣れていない初心者が始めるのに向いているので、まずハッピーメールで人妻探しのノウハウをじっくり身につけていくようにしましょう。

若妻をセフレにするメリット

不倫を軽く考えている若妻

ここからは年齢の低い既婚者をセフレにすることで得られるメリットについて解説していきます。
ここに挙げるのはあくまで代表的なポイントなので、自分なりのメリットも考えながら参考にしてみてください。

セックスに積極的

セフレ関係を受け入れてくれる人妻の多くは夫との夜の生活に満足できず、悶々とした気持ちを抱えています。
20代で結婚したにもかかわらず夫との夜の関係が上手く噛み合わないと、抑え込んだ欲望の強さは男性から見ても驚くようなレベルに達することもあります。
こうした欲求不満の相手はセックスパートナーとしては申し分のない存在と言えるでしょう。

ただ、年齢差があって男性の方が精力の減退期に入っていると相手を満足させられない可能性も出てきます。
その場合は経験とテクニックで補って、若い女の子があまり味わったことのない体験をさせてあげることを重視したプレイを目指すといいでしょう。

不倫・浮気を軽く考えている子が多い

不倫や浮気に対する考え方は世代や育った環境などによって大きく異なります。
10代や20代で結婚を選ぶ女性は不倫や浮気についても世間一般より積極的な姿勢を見せることが珍しくありません。
いわゆるマイルドヤンキー系のギャル人妻はこの傾向が特に強いので、ギャル系が好きな人はこのタイプを狙っていくのもおすすめです。

とはいえマイルドヤンキー系と揉めると夫どころかファミリー総出で詰められることもあるので、深入りはせず軽く遊ぶ程度の関係に留めておくことも大切になるでしょう。

お金や時間をあまり取られない

30代以上の人妻はデートに対する目が肥えているため、たとえセフレとして付き合うとしても食事代やホテル代などの諸経費を妥協することが難しくなります。
その点、大人のデート経験が少ない若い相手なら20代の貧乏カップルのようなデートプランでも十分に満足してもらえる可能性が出てきます。

ファストフードで食事を済ませて格安ラブホテルの2時間休憩で遊ぶような形でも、文句を言われにくいのは若い子をセフレにする大きなメリットの一つです。

時間に関しては向こうも家庭を持つ以上「会ってヤるだけ」の方が喜ばれることさえあります。

若妻をセフレにするデメリットと注意点

浮気がバレた男

最後に若い既婚者をセフレにするデメリットと注意点についてもまとめておきましょう。
特に既婚者とトラブルを起こした場合のリスクは深刻度が高いので、あらかじめ「もしも」の事態に備えておくことが必要です。

人妻らしい魅力を感じにくい

結婚して間もない女性は精神的にも肉体的にも独身時代とあまり変わらないので、自分を「女の子」として認識して普通におねだりやワガママを言ってきます。
そのため人妻特有の色気や余裕、母性といった要素を求めている場合には若さ重視でセフレを選ぶ意味はほとんどないと考えておきましょう。

関係を切るのが難しい

若いセフレを持つと相手に精神的にも経済的にも依存されるリスクが高くなります。
特に夫や嫁ぎ先との関係が上手くいっていない女性だと、唯一の逃避先として相手に過剰に入れ込んでストーカー化するようなケースもあり得るでしょう。

また男性側としても若い子と関係を持ってしまうと手放すのが惜しくなり、ズルズルと交際を長引かせてしまう傾向があります。
男女どちらの視点でも、若妻との関係は「大人の割り切り」が難しいという点は押さえておくべき要素です。

バレたとき一方的に悪者にされる

一般的に既婚者同士や女性側が30代以上だった場合の不倫関係は「どっちもどっち」と受け取られることが多いと言えます。
しかし女性側が20代の既婚者だった場合には、絶対に男性側が悪者として処断されることになると考えておきましょう。
「女性側から誘った」「対等なセフレ関係だった」といった言い訳は一切通用せず、男性だけが一方的に袋叩きの構図になることは間違いありません。

これは法的責任においても世間体においても同じなので、家庭持ちの男性だと家族・仕事・資産のすべてを一気に失うリスクがあります。
そのため単に「都合のいい女が欲しい」というだけの理由で手を出すのはまったく割に合っていません。

若妻セフレの作り方とメリット・デメリットのまとめ

若い人妻は出会いのきっかけさえ掴めればセフレにしやすいタイプと言えます。
特にマッチングアプリ経由なら誰にでもチャンスがあるので、興味があるなら挑戦してみましょう。

ただし若妻をセフレにするとバレたときのリスクが非常に大きいので、メリットとリスクヘッジを常に意識しながら付き合うことが大切です。