1. 風俗
  2. 現在のページ

女性用風俗とは?歴史・プレイの流れ・安全性・料金・実際に行われている行為まとめ

投稿日: 2021年11月15日

女性用風俗で快楽を感じる人

女性用風俗と聞くと抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、とても素晴らしい場所です。実際にどんな場所なのか、なかなか語られることも少ない場所ですが、意外にも多くの方が利用しています。

利用方法は様々、自分の欲求に正直になれる!しかも相手はイケメン揃いときたら気になりますよね?
今回は女性用風俗の説明、流れを紹介していきます。

女性用風俗の歴史

女性用風俗の歴史を学ぶ

風俗と言えば男性が行く所という印象が強い場所ですが、女性が利用できる女性用の風俗もあります。

女性用風俗は実は江戸時代から存在しており、一時は定着したものの風俗の取り締まりが江戸幕府で行われ禁止になってしまいました。
その頃の女性用風俗は高額のため庶民にはとても通えるような所ではなかったようです。

消えてしまった女性用風俗の文化が再び世に出てきたのは昭和後期頃。この頃の女性用風俗はひっそりと営業しているようなお店が多く、店舗もあまり多くありませんでした。

時代は平成、やっと日本で現在も営業している最古の女性用風俗店が誕生しました。

令和に入った今は女性用風俗店への認識も変わってきて、店舗数も300店舗と徐々にではありますが広まってきています。性に対しての考え方が変わってきたことと、SNSの普及が女性用風俗の発展につながっています。

女性用風俗の主な流れ

女性用風俗店で働く男性をセラピストと呼びます。まず好みのセラピストをお店のサイトが指定している方法で予約し待ち合わせ場所を指定します。
駅やコンビニで待ち合わせ、直接ホテルや自宅など好きな場所を選びましょう。

部屋に入っていざ本番ではなく、まずはカウンセリングから始まります。されたいこと、されたくないことをセラピストとしっかりと話し合いましょう。

恥ずかしがらずに欲求を話すことが楽しくプレイできるコツになります。

そして女性用風俗のほとんどが「先払い」なので支払いを済ませてからがプレイ開始です。

男性用風俗と同様にまずはシャワーを浴びてからになります。一緒にシャワーを楽しむこともできるので、この時からプレイとして楽しみましょう。

シャワー後はマッサージになります。普通のマッサージから始まり性感マッサージへと移っていきます。あとはセラピストの方に身を任せてコースの時間が来たら再度シャワーを浴びてお別れとなります。

利用時間を選んだりは予約の段階で決まっていますが、延長も可能です。

実際に行われている行為

女性用風俗で服を脱ぐ女性

男性用風俗とは違い女性用風俗はセラピストとの本番行為は禁止です。
主に行われるのは、しっかりとした研修を受けたセラピストによるアロマオイルを使った全身のマッサージや、ハグやキスなど触れ合いから全身リップ(乳首など)や手マン、クン二などの愛撫です。

優しく丁寧に性感帯を刺激してくれる物になり、オプションで電マなどのアダルトグッズを使用したプレイも楽しめます。
状況に合わせて利用していくといいかもしれませんね。

カウンセリングでの内容に合わせて進めてくださるとは思いますが、気になる事、嫌だと思ったことはドンドン言って最高の時間にしましょう。

女性用風俗の様々なサービス

選べるコースは様々で、いきなり性感マッサージだけでなくデートを楽しんでからのコースや、夫婦・カップルコースという夫婦またはカップルに男性セラピスト1名で複数プレイを楽しめるコースがあったりと意外な楽しみ方も。

また、性感マッサージは無しでセラピストとのデートだけを楽しめたり、お泊りコースやトラベルコースなどと言ったコースもあり、自分に合ったコースが選びやすいのが魅力的です。

本当に安全なの?

本番行為が無いとは言え性病のリスクが無いとは言えません。性病に感染するのは本番行為だけではなく、口からも感染します。

サービスの中にはクン二が含まれているお店が多いので、不安に思う方も多いと思います。そういった場合はお店のサイトの性病検査の結果を確認しましょう。お店で毎月行われている性病検査の結果が公開されているお店を選ぶようにしましょう。

しっかりと研修をしていても、男性だからもしかしたら…と怖くなってしまう方も多いですよね。こればっかりは密室で行われることなので対策も難しいですが、在籍しているセラピストの方は女性を優しく扱うように研修を受けており、働いているセラピストは副業としての人が多く、昼間は会社に勤めていたり、大学生だったりと昼間の顔を持っている人が多く、お店によっては厳しい規則もあるので、問題になることをする人はほとんどいないです。

男性セラピストしかいないの?

女性用風俗と言ってもお店にいるのは男性セラピストだけではありません。
女性店員のいるレズ専門風俗もあります。こちらも基本的な流れは一緒で、店員が男性か女性かの違いになってきます。
利用する方の戸籍が女性であればOKで、どんな方でも利用することができます。お店を利用するのにレズでなければいけないこともなく、ただ可愛い女の子と触れ合いたい、自分以外の女の子に触ってみたいなどの理由でも利用可能です。

在籍している女性の方も、女性だったり男装している方、戸籍は女性でも男性として生きている方など、お店によって異なりますが幅が広いので、自分に合った人を見つけやすいです。

男性のセラピストとは緊張してしまいそうな方などには、同じ女性同士の方が気楽にできていいかもしれませんね。

気になる料金

大体の相場が90分で15,000円程度。このコース料金とは別に、ホテルでの場合はホテル代、交通費、指名料、デートコースなどでの飲食や行った場所で発生する代金は、すべてお客側の負担になります。オプションの電マなども料金が発生。
お泊りコースやトラベルコースになると金額は50,000円程に。

続いて気になるのはキャンセル料。せっかく予約をしていても急な用事や、生理になってはキャンセルせざる負えなくなってしまいます。
有名なお店のサイトにはしっかりとキャンセル料の記載があります。予約する前にそちらもしっかりと確認をしてみましょう。

女性用風俗の気になるアレコレ

気になることを伝える若い女性

年齢制限はあるの?という疑問もある方も多いと思いますが、年齢制限はありません。
風営法によると18歳以上の社会人と決まっていますが、上限はありません。未成年の方は利用ができませんが、成人の方であればいくつでも利用可能です。

男性女性とも経験したことが無くても利用可能。気持ちよくなるためのマッサージ初めてでも、経験と研修を積んだプロが対応してくださるので、カウンセリングで処女と伝えて、自分に合ったペースのプレイを楽しめます。

太っていたり、おばさんでも利用をしていいのかは気になりますよね。どのお店も女性に気持ちよくなってもらえるようにサービスをしてくれるので、気にせず利用しましょう。

お触りはしてもOK。本番は禁止事項ですが、こちらからセラピストの体を触るのはOKなお店が多く、男性の体に慣れたい女性には丁度いい練習になりますね。

女性用風俗がおすすめな理由

完全受け身でOK。どうしても相手に気を使ってしまい行為に集中できない、もっとこんな風にしたいけど言えない、気持ちがよくない、女性には女性の悩みがあると思います。そんなことを考えなくても気楽に楽しめるのが魅力の一つ。もっと自分の欲求に素直になれる時間を持てるのが素敵ですよね。

マッサージを受けて血流も良くなりますし、性感マッサージで女性ホルモンも分泌されて綺麗になれちゃうかも?と自分を大切にできる場所なのは間違いなし。

マッサージ関係なしに利用できるので、ただ男性に大切に扱われたい、友達のように話をしたいなど、自分の欲求に正直になれるので、日常生活とは違った体験を通してストレスを解消できるサービスの一つとして考えて欲しいです。

誰もが持つ性欲という欲求を素直にさらけ出せる素晴らしい場所なので、難しく考えずに利用してみましょう。