1. アダルト動画
  2. 現在のページ

ドSすぎる痴女AV女優ランキングBEST20!M男を虜にするNo1の真正痴女は誰?

更新日: 2021年12月20日

M男を虜にするドSすぎる痴女AV女優

ドSタイプのAV女優を見ていますと非日常感を感じなくはいられませんね。
日本人女性は概して性に対しておとなしめだと言われますので、一般の素人女性とのセックスでド゙Sの女性に当たる確率は低いと言わざるを得ず、「女にチンコを好き放題の弄ばれたい」なんて欲を持つ筆者のようなM男は、なかなか素人女性とのプレイでそんな欲を満たません。
従ってそんな欲望を補ってくれるというのが痴女系AV女優というわけです。

痴女的なプレイというのはひと言で言いますと『豪快なプレイ』とも言えます。
また、『恥じらいなんて全く感じさせない本能のおもむくままの羞恥プレイ』とも言えるでしょう。

いずれにせよ、彼女たちがセックスで縦横無尽に好き放題立ち回る姿を見ていますと、「世の中にこんなエロい女っているんだ!こりゃすげぇ」という驚愕の思いを持ってしまいます。
今回はドSすぎる痴女AV女優ランキングを紹介します。

ドSすぎる痴女AV女優ランキングBEST20

ドS女優は言うまでもなく男のチンポが大好きです。従ってそんな女優に主導権を握られてチンポを咥えられたり握られたりすれば男は彼女たちの言いなりになるしかありません。

「私がいいって言うまでイカないでね」と言われれば必死に我慢もしなければなりませんが、不覚にも我慢出来ずに発射してしまった場合、そこからは容赦ない痴女の苛めが待っています。
「あぁ、どうしてイッちゃうのよ!私まだいいって言ってないじゃん!」と叱られることを覚悟しなければならないことは必至で、当然もう1回発射する義務も発生することになります(賢者タイムなんてなしです。すぐに2回戦が必要になります)。

また、キチンと舌を使って丹念にクンニなどもしなければ痴女は怒ります。なので自分がフェラされて気持ち良過ぎでも、シックスナインでは一生懸命彼女たちの濡れ濡れのアソコを丁寧に舐めて奉仕しなければなりません。

その結果どうなるか?
素人の男ならばプレイ後の体力の消耗は計り知れませんし、精子は全部抜かれることも間違いありません。
ただ、ハードプレイで満足した痴女からはお礼のキスくらいはもらえるかもしれませんね。
というわけで、そんなドSすぎる痴女AV女優ランキングをご紹介します。

20位:桜井あゆ

桜井あゆ

ちっぱい女優と自ら語る桜井あゆは、大阪の人気遊郭街「飛田新地」出身のAV女優です。

スレンダーでたしかにおっぱいは大きくありませんが、ぱっちりした目元がチャームポイントで可愛らしく、ルックス的には相当な美人です。

細身のボディなので自ら小回りを利かせてセックスでは男を攻めこむという感じで、ハードなセックスが非常によく似合います。

桜井あゆの出演作品をチェック

19位:鈴村あいり

鈴村あいり

デビュー当時からの鈴村あいりの作品を辿ってみますとM女の方が似合う感じがありますが、実は痴女の部分をさらけ出している作品でもなかなかいい味を出していることが分かります。

ある作品で「射精執行官」といういかにもAVならではの職種で登場した際、「ほら、もっと精子出せ!」と騎乗位でガンガン腰を振りながら精子を搾り取るシーンがあり、この役が非常にハマっている感があって最高です。

鈴村あいりの出演作品をチェック

18位:小野夕子

小野夕子

『葵』名義時代には爆乳の持ち主ながらプレイスタイルはドMという感じでしたが、小野夕子に改名してからはエロい人妻の役でも登場するようになり、積極的に攻める姿勢で興奮させてもらえるようになりました。

いい感じに柔らかそうで熟れ加減も言うことのないパイオツが強力な武器となり、少しSっぽく攻めただけで凄く淫乱な姿に見える点もたまりません。

ボディーが素敵過ぎるので、カラダを見ているだけでチンコはどんどん堅くなっていきます。

小野夕子の出演作品をチェック

17位:篠田あゆみ

篠田あゆみ

一度篠田あゆみの胸の谷間に顔をうずめたら最後、男は彼女の爆乳の虜になってしまいます。

熟れた爆乳はマジでエロく、ちょっと垂れ目のルックスにも癒される感があります。
ただ、セックスでは癒されるというより篠田あゆみに身を委ねることでかなりハードに鍛えられるという感があります。

1人で数人のM男を手玉に取るような作品でも風格を持って振る舞っており、性的なエネルギーが体全体から漲っているという表現もピッタリの女優です。

篠田あゆみの出演作品をチェック

16位:凛音とうか

凛音とうか

癒し系のエロボディを持つ凛音とうかは、見た目ちょっと気の強そうなエロお姉さんという感が満載の女優です。
そんな外見なのでキリっとした婦人捜査官の役もピッタリ似合い、ある作品で自分から男に迫るプレイを披露しています。
その作品は捜査官同士がイケナイ不倫関係になってしまう展開で、最終的には凛音とうかが相手の男のセックスの虜になってしまうのですが、汗だくで自分から男に求めていく姿は生唾を飲み込んでしまうほどの強烈なエロさがあります。

凛音とうかの出演作品をチェック