1. 風俗
  2. 現在のページ

デリヘル利用を我慢する方法!中毒者も要チェック

投稿日: 2021年07月17日

デリヘルを呼ぶのを我慢する男

デリヘルへの欲望は我慢するほど高まります。意識しないと決めても無理で、気をそらそうとするほど、逆に気になって仕方がないもの。色々頑張っても、結局は風俗嬢を呼ぶ人も珍しくありません。

そんな場合に試してみたい方法が幾つかあるので、過酷な試練に打ち勝つためにみてみましょう。シンプルで始めやすい方法を厳選しています。

満足できるオナニーを見つける

風俗嬢のテクが良いから、デリヘルが我慢できないのです。ならば、オナニーの気持ち良さをアップすれば、風俗嬢は自然と必要なくなります。

ただ、気持ち良ければ何でも良いわけではありません。自分にあったオナニーを選ぶのが大切なので、タイプ別にチェックしていきましょう。

マンネリ感がある場合は道具を使う

単にものを擦り続けるのに飽きたら、ローションやホールを使ってみるのがおすすめ。お金も大してかからず、手軽に新しい世界を楽しめます。習性的に、人間は同じような刺激を繰り返し受け続けると飽きてしまうのです。

そこで色々なグッズを使って変化を付けると、デリヘル無しでも結構楽しめるはず。

人に会いたい時はチャットを利用

誰かとコミュニケーションを楽しみたい時、デリヘルはすぐに来て、話もしてくれます。

代替手段としてアダルトチャットであるガールズチャットも同じく、色々とコミュニケーションが取れるのでおすすめの方法。人恋しい時には使ってみましょう。

相手は素人なので初々しい反応が楽しめますし、お金も節約できるので試してみる価値はあります。

変態プレイに目覚める

普通な行為では物足りないなら、変態プレイに手を染めてしまいましょう。ライトな方法ではチクニーがあります。

乳首を刺激し、最終的に射精せずにオーガズムを得るのが目標です。アナニーも密かに人気が高まっており、こちらも射精なしのオーガズムが楽しめます。女性との行為より気持ち良いともっぱらの噂です。

https://koi-memo.com/8464

デリヘルは危険だと自分に言い聞かせる

気持ちいいことがやめられないのは、人間が本能的に快楽系の脳内物質を求めるからです。お酒を飲むとか、美味しいものを食べるのが身近な一例。脳に快楽物質が放出され、どうにも止まらなくなる人もいるほど。
それが止まるのが、リスクに直面した時。倒れたり吐血・下血があったら考えが変わります。なので、デリヘル通いは危険だと自分に言い聞かせてみましょう。

HIVリスクの高さを理解する

風俗はエイズを拡散させかねません。一人の女性が一日に何度も性的接触を行うため、検査していると言ってもリスクが高いのです。
ゴムなしでの即尺、店に内緒の本番行為もあります。

もし、HIVに感染したら社会的にも医学的にも、覚悟が必要です。
まず、社会的には恋愛が難しくなり、結婚していた場合は高確率で風俗通いがばれるでしょう。
医学的にはHIVの症状で苦しむほか、万が一の際に受け入れ病院が見つからない場合があります。すべての病院がHIVに対応しているわけではないので、急病の時に搬送を断られるかも知れません。

他の性病も怖い

淋病や梅毒なども風俗通いが原因で、感染した事例が多々あります。
HIVより全然大したことない、と考えてはなりません。性器がグロテスクに変貌し、膿も痛みも想像を絶します。

治療方法は確立されていますが、リスクが高いので気を付けて下さい。どうなるか写真や医療系サイトで見ておくと、風俗への興味を失うかも知れません。

風俗嬢や怖いお兄さんの脅迫

強姦されたので慰謝料を請求するとか、妊娠したので責任を取れ、と言う脅迫がしばしば行われます。

それまで良い子だったのに、悪い男と一緒になったり、金に困った途端に態度が変わるのは珍しくありません。

実際に弁護士のサイトを見ても多数の相談事例があるので、厄介ごとになるまえに手を引いた方が無難と、自分に言い聞かせましょう。

風俗嬢の本音を知っておこう

風俗嬢の営業スマイルの裏には、えげつない本音が隠されています。

彼女たちが客をどう思っているか、ブログやSNSを見て確かめて見ましょう。胸糞悪くなって、とても利用したいと思えないはずです。

禁欲にチャレンジする

必死に禁欲して脱デリヘルをしている男

性的興奮や射精には、思っている以上のエネルギーを使い、身体に有害物質をばら撒きます。フィジカル・メンタルともに禁欲で得られるメリットは多く、人生が変わるかもしれません。

寿命延長などのメリットを知ろう

ハゲの予防に効果があると言われます。
射精すると放出される男性ホルモンの影響で、毛根と前立腺へのダメージが生じます。同時に栄養も失われますし、カロリーも消費します。

若いうちは良いとしても、20代後半になってくると、身体への影響が大きくなるとの説もあります。ハイペースでデリヘルを使っている時は注意しましょう。

禁欲の目的を作ろう

長続きしない大きな原因は、禁欲生活をスタートしたは良いものの、続ける意味を見失うからです。頑張っている理由が、途中でわからなくなって止めてしまいます。

そこで、なぜ禁欲するのかを考えましょう。
デリヘル通いをやめて彼女を作る、お金を貯めて欲しいものを買う、そのような目的で充分です。禁欲をすれば使える時間も増えますから、資格取得やスポーツで体を鍛えるなど、前向きな目標を幾つも立てて下さい。

禁欲の具体的な方法

禁欲は年齢にもよりますが、中7日で8日目に射精するのが一般的な目標です。
もちろん、最初は無理のない範囲から始めていきましょう。最初から無理して1か月も我慢すると、反動が来ます。

ちょうど男性ホルモンにとって好影響があるのが、中7日のインターバルです。これより長くても良いですが、男性ホルモンの関係で7日が適切と言われます。

続けるのが辛くなったら

デリヘル代で浮いたお金・時間をどう使うか考えましょう。やりがいや楽しいことが他に見つかると、自然と風俗の利用はバカバカしく思えます。

同じことをやっているとマンネリするので、新しい運動や趣味を積極的に取り入れて、脳に新しい刺激を与えてあげるのもコツです。

それでも風俗嬢を呼びたい時は?

我慢が限界を超えてギリギリの状態になったら、即効性のある対策を検討してください。欲望には波があるので、ピークを乗り切る方法をチェックしましょう。

体を動かす

スポーツをするとセロトニンが分泌されて、ムラムラした気分が解消されます。軽い運動でも大丈夫ですが、体力が有り余っているような場合は、ジムでガッツリ体を鍛えるのもおすすめ。心地よい疲れによって性欲も抑えられ、安眠にも役立ちます。

ただし、テストステロンの分泌量が増えるので、日常的な筋トレは工夫しないと、精力がアップしてしまいます。

お酒とスイーツ

お酒は一定以上の量を飲むと、性欲が減衰するので有名。飲むと盛んになる人でなければ、試してみましょう。

スイーツは血糖を急激に上昇させ、こちらも性欲を衰えさせます。どちらのテクニックも、使いすぎると体に良くありません。緊急時に急場をしのぐ形で考えて下さい。

セフレを作る

セフレはデリヘルと違って本番も楽しめます。相性がいい相手を見つけたら、デリヘルを使う理由は失われます。
風俗嬢には目もくれず、セフレとばかり遊んでいる人もいる位です。

ナンパで探す

ややハードルは高く、何度断られてもくじけないメンタルも必要です。

ただし、成功すれば当日中にベッドインできるのは大きな魅力。駄目でも失うものは交通費位なので、デリヘルを我慢して時間を作り、挑戦してみてはいかがでしょう。

出会い系アプリを利用

実際に多数の男性が、出会い系アプリでセフレをゲットしています。

女性の気を引くノウハウや、優良アプリの選び方など役立つ情報がネット上に公開されているので、参考にしてみましょう。