1. 風俗
  2. 現在のページ

ソープにハマるとなぜ抜け出せない?理由を知れば解決できる

投稿日: 2021年07月06日

ソープランドにハマる男

ソープにハマる男性がいることは、風俗依存症の男性がある程度いることから納得できます。しかし、ソープ通いを止められなくなってしまう男性が借金してでも通い続けてしまうことは、第三者目線で理解しづらいものです。

では、ソープにハマる男性が抜け出して元の生活に戻るためにはどのような点に注意して対策を実行すれば良いのでしょうか。

ソープにハマる3つの原因

数多くある風俗の中でもソープにハマる男性が多いことは、デリヘルやピンサロといった性交類似行為に限定した一歩届かない満足度とはかけ離れた存在だからです。

ソープは自由恋愛を基本としているので、当事者同士が合意すれば本番セックスをしても構いません。
そして、中にはソープでしか味わえない性欲を掻き立てる特別な性感体験が強いからこそソープ通いを辞められずにハマるわけです。

1.初めて経験する濃厚サービスが強烈

風俗の王様と言われる理由として、ソープだけで体験できる濃厚サービスが強烈すぎて魅力に感じてしまい抜け出せない状態となります。

ソープの衝撃度は、童貞を初めて卒業した時に繰り返し何回戦も求めてしまう男性が多いほどの強烈な快感です。
そして、高級店といったランクが高い店舗では、次のようなサービスを提供している所が少なくありません。

  • マットプレイ
  • 2輪車または3輪車プレイ
  • ノースキンによる生中出しプレイ

中でも2輪車・3輪車と呼ばれるサービスは、実生活で体験できない強烈な性欲に対する刺激となります。

ハーレムや酒池肉林に憧れる絶倫タイプの男性ならば、一度経験すると再度味わいたくなってしまいソープにハマるわけです。

また、夫婦間であっても家族計画に基づきコンドームを使用しますが、人間の本能に従う生殖行為として生中出しは男性にとって特別な満足度があります。気兼ねなくソープならばプレイできるからこそ、一度経験したら繰り返し体感したくなります。

2.ストレスからの開放感を得られる

日本人男性にとって社会生活を普通に行っているだけでも様々なストレスを感じています。混雑激しい通勤ラッシュで会社まで通い、各種ハラスメントを警戒して率直な物言いが出来ない状態での勤務を強いられる状況です。
家庭内では子供ができてから突然セックスレス状態に陥ることが珍しくなく、ストレスを発散できる場所としてソープの良さに気付いてしまうわけです。

ソープ嬢は接客時に男性に対して癒やしと快感の両方を与えてくれるので、普段は遠慮してできないプレイも要望を出せば受け入れてもらえる可能性があります。
そして、特に強いストレスを抱えている時に接客してもらえたソープ嬢から受ける快感は、忘れられないものとなってハマる原因となるわけです。

3.お気に入りソープ嬢に惹かれる

風俗店ではパネルと呼ばれる画像修正処理を施したプロフィール画像が使われます。
容姿が気に入った女性を選んで遊べるので、実際に会った時にタイプの女性だったならばソープで好みの女性と本番セツクスできる魅力は計り知れません。

ソープ嬢は男性客に対して丁寧な応対をするように教育されているので、中級店以上を選べばソープ嬢に惹かれることはごく自然なことです。

限られた時間ではあるものの、濃厚サービスを受けて好意を寄せられていると感じれば、また次も会いたいと思うようになります。

ソープにハマるとどうなるのか

ソープにハマるという状態は、風俗通いを行っている男性の中に一定数存在します。
中でもソープにハマると大変な状態に陥ることは、以下のような本人が自分の意思で止めにくい状況に陥るほどです。

金銭感覚が麻痺して借金してでも通い続ける

1回ソープへ通うだけで、高級店ならば6万円~10万円程度、中級店でも3万円~5万円程度かかります。
接客時間に差があるものの、1分あたりの単価を考えると300円~600円程度にも達するので、余程の資産家でもなければすぐに貯蓄を減らす結果となりかねません。
そして、ソープにハマる状態に陥ると、自己資金が尽きた時点でソープ嬢へ会いたいと思う気持ちが強くなりすぎて、借金をしてでも通ってしまいます。

基本的に生活費に手を付けるほどソープへ通う頻度が高まっていたら、ソープ代金が高いという金銭感覚そのものが麻痺している状態です。

お気に入りソープ嬢への独占欲に駆られる

ソープにハマる人の多くが、特定のお気に入りソープ嬢へ入れ込む状態となります。

店に通うという状態ではなく、特定のお気に入りソープ嬢へ定期的に通い続けたいと思うわけです。
そして、お気に入りソープ嬢の枠を買い占めたいと思う独占欲に駆られてしまう段階まで進むと、完全にソープ嬢へハマる状態と考えられます。

ソープには3枠以上まとめて取得すると、一定の条件の下で外出と呼ばれる遊び方が可能です。全ての店舗で導入されているわけではなく、店舗とソープ嬢両方の許可が出た場合限定で解禁される特別サービスとなります。
このため、外出や貸し切りと呼ばれる遊び方を覚えてしまうと、完全にソープにハマる状態が完成します。

風俗依存状態になる

ソープが風俗の王様と言われる所以として、自由恋愛という建前のもとに本番セックスを時間内好きなだけ行えるというメリットがあります。

恋人同士や夫婦間よりも濃厚なセックスを行えるだけでなく、嫌がらずに積極的な奉仕をしてくれることで強烈な快感を得ることが可能です。

恋人であればギブアンドテイクの関係で1回戦終了であっても、ソープならば時間内無制限が原則ですから、絶倫タイプの男性なら複数回セックスを楽しめます。

パートナーが許してくれないから普段は行えないセックス内容をソープなら実現できるからこそ、快感を忘れられずに風俗依存状態となるわけです。

ソープ嬢は男性客がハマるように接客する

ソープ嬢

ソープ嬢は男性客の指名を獲得するだけでなく、定期的に指名してくれる仲良しと呼ばれる顧客を確保するように接客します。

同じ料金であっても顧客により接客内容を変えることで、ソープにハマる男性が増えるわけです。

色恋営業で顧客を管理する

ソープのサービス内容は濃厚でハードな本番セックスとマットサービスにありますが、毎回全ての顧客へ全力対応すると体力的に保ちません。
そこで、ある程度仲良くなった顧客に対しては、色恋営業と呼ばれる疑似恋愛を仕掛けることにより集客が少ない時期を支えてもらおうとします。

姫予約と呼ばれるソープ嬢が男性客から直接予約を取る制度を採用するソープ嬢が多いことは、店予約よりも姫予約はキャンセル率が低いからです。

色恋営業に成功すると、120分といった時間内で会話をする時間が増えるので、本番セックス回数は減る傾向にあります。
身体への負担を下げつつ男性客を虜にするノウハウこそが、色恋営業となるわけです。

男性客の経済状況を管理して引き出せるお金を見積もる

ある程度経験が豊富で色恋営業も行えるソープ嬢は、男性客の経済状況を管理して引き出せるお金の見積もりをしている人が少なくありません。
特に高級店では1枠の金額が6万円から10万円と高いので、1ヶ月に複数回訪れることができるのは本来一部の富裕層に限られます。
しかし、ソープにハマる男性を確保できていれば、借金してでも訪れてくれるからこそ首が回らなくなる限界値を考えて顧客管理を行うわけです。

ソープにハマった男性が、通うのを止めようとしても抜け出せない状況は、ソープ嬢の営業によるものが大きいです。

ソープにハマる状態から抜け出す方法

ソープにハマっている状態から抜け出すためには、少なくとも現在金銭感覚が破綻してハマっていることを認識する必要があります。
そして、ソープに通わなくても済む状況を作り出すことができれば、抜け出せるはずです。そこで、以下のような方法を試してみましょう。

恋人を作ってソープ嬢を忘れる

セックス好きな恋人を作って、ソープ嬢との連絡を遮断する方法が取れるならば、効果的にソープにハマる状態から抜け出せます。

なぜなら、恋人は男性の周囲に他の女性の影が無いか確認するので、ソープ嬢との連絡を取っているとすぐに気付いて責めてくるからです。
束縛感が強い恋人ほどソープから抜け出せるので、ハマっているソープ嬢が業界から上がるまで恋人をキープしてみましょう。

セフレを作ってお金の掛からないセックスをする

経済状況が厳しくて恋人作りを行う余裕が無ければ、セフレを作ってセックスにかける費用をホテル代程度まで下げる方法が有効です。

セフレ作りは出会い系サイトを使い何人もの女性とセフレ前提で付き合ってみれば、身体の相性が良い女性が見つかります。

ソープ嬢ほどのテクニックは無いものの、複数人のセフレとのセックスを行えば、賢者モードになる時間が長く高いお金を出してソープ通いをする必要がなくなるはずです。

ソープ嬢は1人で全ての性癖を満たしてくれますが、性癖の数だけセフレを確保すれば性欲発散と性癖を満たすという両方を実現できます。