1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

50万円使った私がワクワクメールを使う理由と今の実態を暴露

投稿日: 2019年06月30日

執筆者: ベン・ジョン・孫

スマホでワクワクメールを閲覧する男イメージ

出会い系で9年過ごした私が、出会い系で超絶失敗した初体験や、「現状のワクワクメールがどういった環境なのか?」「ワクワクメールでは、実際出会えるのか?」などを綴っていきたいと思います。

あなたがそうであるように、アプリには欲望が渦巻いています。足を取られて私のように余計なお金を使わぬよう私の失敗を糧にしてください。

出会い系を利用しようと思ったきっかけ

まず自分が出会い系アプリ(当時は出会い系サイトだったかも?)を利用しようと考えたきっかけはずばり、「童貞卒業」です!

あわよくば「彼女ができたりセフレができたらいいな~」なんて考えていたことを覚えています。今にして思えばなんて甘い考えだったんだろうと思います。

おそらくそこから使った金額は50万円…もっと使い道があったんじゃないかなんて考えることもあります。

実際出会い系で出会ってみるまで

若い20歳の大学生。世間や少し先の未来に関する考えもあまあまで、「ポイント?無料分もあるしサイトの外でメールとかのやり取りすればお金なんてかけずに行けるでしょ!」と思っていました。

実際使い始めて、今で言う「ピュア」カテゴリの歳が近い子に無料でもらった100ポイントの半分くらいを使って、ワクワクしながら返事を待ち、来た返事に「サイトは金かかるから、メールでやり取りしない?」と返事をするも答えは「No」か無視。

今ではメールアドレスなんてほとんど使わずSNS上のやり取りが主流ですが、当時はメールが知り合いや職場とのやり取りの基本ツール。
当然1,2通やり取りしたよくわからない男には教えませんよね…。

今にして思えば恥ずかしい限りだし、バカだったんだなぁと思います。今だって知らない相手にLINEは教えないし、Twitterのアカウントだって教えませんよね。

そんな経験をして、バカな自分は「ピュアで彼女を作るのはやめよう!アダルト(今で言う「その他」)でセフレを作ろう!」と画策します。

そして、ポイント課金。歳が近い相手や顔が好みの女性。巨乳の画像の女性(これはかなり今でも多く、胸部だけが写っている写真の人にはメッセージを送らないほうが良いです。理由は後述)に片っ端からメールを送っていました。

そして、帰ってくるメッセージは「ホ別1.5、ゴム付き」最初は意味が分からず「???」だったのですが、調べて見ると「ホ別」は「ホテル代とは別に」という意味で「1.5」は「1万五千円(苺、イチゴと送られたりもします)を女性に払う」そして「ゴム付き」は読んで字のごとく「コンドーム着用」。

最初は意気込んで「こんなのは無視して本当にセッ〇ス好きな、女性を見つけてセフレになるんだ!」と意気込んでいましたが、帰ってくるメールはすべてお金を要求するもの。今では当たり前に思っていますが、当時の自分はかなりへこみ「もう、とりあえずお金かかってもいいから童貞卒業しておこう…。でも、できれば初めてだしいい思いができるようプロっぽい人がいいな…」と今では絶対選ばない「風俗嬢カミングアウト」「夢を追いかけているので応援してくれる人募集(基本的に見返りはゼロ)」という相手を選んでしまったのです。

選んだ理由はみんなが「ホ別イチゴ」で送ってくる中、そいつは一人「ホ込み(ホ別とは逆に、ホテル代をお金に入れること)2.3」と送ってきて尚且つ「複数回可」と一見良い条件に見える提示で、バカな自分は「あぁ、この人だったら優しそうだし、最高の体験をさせてくれるに違いない!」と思い込み、意気揚々と待ち合わせに向かったのでした。

実際出会ってみて

ホテルのベッド

確か場所は池袋。会うために電話番号のやり取りをして(今思うとこれもアホだ)待ち合わせ場所に到着し、服装を伝え相手を待つことに。

しばらくして「ベン・ジョン・孫さんですか?ハルカ(名前は憶えていないので適当)です。よかったーやさしそうな人で」と今では定型文だとわかる挨拶をされ、「私の知ってるホテルでいいですか?」とせかせか。
この時には「おぉ、なんか話トントン進むなー」くらいに思ってましたが、いま思えばとっとと抜いて、さっさと帰りたかったんでしょうね。

そして道中天気がどうの最近寒いだのくだらん話をしてホテル到着。あとで渡すんだから払ってくれるんだろうなーと思ってたら、「自分で払え、払い終わった分を引いて渡せ」というようなことを言われちょっと「ん?」と不穏な空気を感じながらも支払いました。
確か3千200円。部屋につくなりまずお金を請求。2万3千円を渡すも、「さっき出たお釣りもちょうだい」と追加請求、せっかくの初体験。機嫌を損ねても面白いことはないと追加で800円のお支払い。

「じゃあシャワー浴びよっか」と言われシャワーを浴び体を洗ってもらいました。(多分ここが一番気持ちよかった。人に金〇撫でられるのってなんとも言えない気分になるんだなー。とこの時学びましたw)、そしてベットインキスをされたので舌を入れるもんかと軽く唇を舐めたらスゲー嫌な顔して顔を離されたのを覚えています。(ちなみに言うと不細工ではないしデブでもないです。その後は彼女できたりも何回かあったし…多分)

そしてそこから出るわ出るわのNGの嵐「舌入れダメ」「胸触るのダメ」「当然、乳首吸うのダメ」。縋るような思いで「今日何回かできるんだよね…?」と聞くも、「友達と予定があるから、それも無理。ごめんね」。…「ごめんね」じゃないが…。

もーどうにでもなぁれと思い、全部相手任せ。初体験の童貞卒業で思ったのはこれなら部屋で右手を恋人にしていたほうが良いな…でした。

実際気分乗らないと大して楽しくないし気持ちよくないですしね。そんなんで自分の初体験は幕を閉じました。

今はどうなのか(個人の見解)

長々と自分の失敗体験を書きなぐりましたが、なにが言いたいかというと「ワクワクメール」の「その他」カテゴリに投稿している人は99.9%業者か個人で売春している人たちです。これは9年経験してきたので間違いないです。
「それじゃあどんな人におすすめできるの?」というと、

  1. 真面目に彼女を作ったり友達を作ったりすることに、お金をかけても無駄だと思わない人
  2. お金払ってでも、素人(半玄人)と出会って、合体したい人

この2通りの人におすすめできます。

①の人へ、これは実際根気は要るし、その他カテゴリとおんなじ様にお金要求するやつもいるし、パパ活してるのも…、いろいろいますが、根気さえあれば友達は出来ます「友達」は。
②の人へ、当たりはずれは当然ありますが、仲良くなれば定期的にあったり、安くなったり、セフレになったり道はたくさんあります。まっとうではなく遊び人の道ではありますが…。

なぜ、「ワクワクメール」なのか

いろいろなサイトでお金を落とし使い心地を確かめてきましたが、現状一番おすすめできるのは「ワクワクメール」です。

なぜか?それはずばり「プロフィールを無料で見れるから(写真拡大とかは有料)」です。具体的な名前は上げたりしませんがプロフィール閲覧で、1pt取るアプリやサイトは多いです。
現金換算すると大体「1pt=10円」です。「たかだか10円くらいケチんなよwww」と思うかもしれませんが、大体の女性は複数のアプリに登録し同じような投稿をしていたりします。だったら少しでも安いほうがよくないでしょうか?

人も投稿も内容も一緒。誤操作でプロフィールを間違えて開いてもポイントが減らされることはありません。
自分の中では今のところ「ワクワクメール」以外を使う理由がありません。

そして、ワクワクメール以外は数年前に辞めてしまったので同様の対処がされたかわかりませんが、パパ活が一掃されたのです。正直これはかなり大きいです。

投稿のタイトルを見てポイント使って中身みてパパ活だった時の虚しさといったら…。文句言ってやりたいけど、その文句だってお金がかかる。それが出会い系アプリです。

そんな中で男どもから金を巻き上げる「パパ活」を一掃したワクワクメールはなかなか見どころがあると思います。(基本的に男の課金で成り立ってるので、ポイントを使わせないようにすることは運営にメリットがないのです)。

最後に

最後に、一番声に出して言いたいのは「出会い系は無料では出会えません!」ポイントにしろ相手に渡すにしろ何らかの形で財布からお金は出ていきます。

そのことを肝に銘じて、出会い系を楽しんでください。そこさえ覚悟しておけば喜びはあっても落胆はないはずです。

ワクワクメール公式サイトはこちら(18禁)