1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

彼氏いるけど、31歳ぼっちで初参戦した街コンジャパン体験談

投稿日: 2019年04月07日

執筆者: Ao231

街コンに初挑戦の30代女性

なかなか結婚する人が少なかった私の周りも、 急に「結婚します!」「子供生まれました!」が増え始めた今日この頃。なんだかFacebookもハッピーな話題で溢れ出したけど、私の年下彼氏は、結婚の「け」の字も意識していない…!

子供も欲しいのだけど、年齢的にもそろそろ気になりだし、これはそろそろ結婚したいのであれば考えないといけない!と焦りだしたけれど、出会いもない!これは街コンしかない!と友達を誘ったものの、あっさり振られて、ぼっち参戦をすることに。

ぼっち参戦確定、行く街コンを決めるまで

「とりあえず参加しよう!」と決意したものの、30だもの、もう色々経験したし、はじめてのことってなかなか飛び込むのが怖い。

ということで、徹底的にリサーチをネットで開始。
評判はピンからキリまででしたが、口コミの評価と、なんとなく耳にしたことのある「街コンジャパン」の中で探すことに。

まず初めての参戦ということで、雰囲気も分からないし、おばさんにはハードル高いよ。。と友達に声をかけてみたけれど全敗。
すぐに「ぼっち参戦」が確定しました。

街コンって若い子が多い、騒がしい。というイメージがあり、参加する層が落ち着いていそうなオフィス街を中心に検索しました。
あと男性って若い子が良いのよね…!とこれまたイメージ先行でいたので、できるだけ自分が年長者にならない街コンを捜索しました。

でも、意外とないのね!
30歳という年齢が年長者にならないように検索するとぐっと種類も減ってしまい、もっとハイエンドな方向けや、ちょっと気後れするくらい本気度が高いものが多く絶望。
そうだよね、みんな結婚してるよね(涙)と思いながら、街コンジャパンにするっていったのに他のサイトも必死で検索。
うん、少ないね…!ということで、その中でも開催数が多い「街コンジャパン」一択となりました。(もっと自分に自信があれば年齢はきにならないと思うのですが…)

そこからは「おひとりさま参戦」というキーワードと、日程調整ですんなり決まりました。

なぜ「おひとりさま参戦」にこだわったかというとやっぱり、友達連れできているグループ同士でもりあがってるところに入るのはきついな。と感じたから。

こっちはたくさんあります!ぜひ誘う人いないよ…という、私みたいな人にオススメ。
そんな感じでなんやかんや、申し込みが確定したのです。

そういう「服装」に悩む日々

先の日程になってしまうとどんどん尻込みしてしまいそう。
ということで、日程は申し込みから翌週の街コンにしました。
実は私、いわゆる合コンとも縁遠い存在だったので、そういう雰囲気が分からない。
テレビで見る街コン的なものは、いわゆる女子っぽい娘が好かれている、ということで、当日まで服装やメイクに悶々とする日々。(普段はドがつくカジュアル)

「街コン・服装」なんて検索したものなら、余計に謎が深まったので、とりあえず、可もなく不可もないナチュラルめな服装で行くことにしました。(無理してると思われたくない!)

そしてついに当日を迎えるのです。

いざ!当日、どうにでもなれ!

当日、緊張もあって少し早めに最寄りに到着。
でも早く会場入りしすぎてもどうしたら良いか分からないので、会場にはぎりぎりに行くことにしました。
それまではカフェに入ってそわそわしながら、会場入りするのに必要な身分証明書やメール、アプリの確認をしていました。

ついに時間になって向かうとそこにはちょっとした列が…!
分かりやすくスタッフの方が指示を出していたので、あっさり並ぶことができました。
身分証明書の提示とチケットの確認をすませ中へ。
私の参加したものは着座しての街コンだったので指定された席へドリンクを持って座りました。

私の席も含め、全て4人席で男女2:2で座る形式。
既にひとり男性が座っており、軽く挨拶。ちょっと気まずい。
とりあえず受付時に渡されたアンケート用紙の記入をはじめました。

アンケート用紙の内容は「出身地/仕事/好きな言葉/旅行でいってみたい国etc…」。
なるほど、これを使ってお話しするのですね、といった内容でした。

記入が終わると同じ席に座っている男性と軽く挨拶。さっそくアンケートの内容でお話をしました。

すぐに空席だった2名も現れ、いざスタート。

全部で2時間くらいの街コンだったのですが、
内容的には20分ことに男性がテーブルを回っていくかんじ。
全部で5回転くらいしたので10名くらいの男性とお話をしました。

女性陣は動かないので、はじめから最後までずっと一緒。(私のペアは4つ年下の可愛らしいアパレルの女の子でした)
基本的に小さな四角のテーブルなので、4人でお話しすることがほとんど。
20分という短時間なのでアンケート用紙がだいぶ役に立ちました!
そして、ずっとペアの女性は変わらないので、なんだかんだ仲良くなる。

今回参加した街コンは男女あわせて50名で、年齢層は25~35歳。
一人参加のみ、という内容。開催は昼間のお昼ごろでした。

どうせいうても友達連れいるんだろうな、と思ったら、純粋にひとりで来られている方が多かったです。

「街コン=軽いのり」のイメージが強かったのですが、意外とそんなこともなく、落ち着いた感じ。やはり昼のせいでノンアルコールの人が多いからですかね?
とりあえず街コン初心者の私にはありがたい雰囲気でした。

参加者は25~35歳というものの、男性は20代後半が少し、あとはほぼ30代の方がほどんどでした。女性は見た感じ、30前後が多かったのでは…という印象。

職業は会社員の方がほとんどでした。
そして、みんな複数回目の街コン参戦という人が多かったです。
やっぱりみなさんそこそこ数重ねてるのですね!
そのおかげか、だいたい話も振ってもらえるので会話に困ることはありませんでした。

が、意外と私は趣味が合う方が少なく。(話に困ることはなかったけど)
いわゆるスーツを着てお仕事をしている会社員の方が多く、普段そういった方と触れ合う機会が少ないエンタメ系の仕事の私には、相槌に徹することもありました。逆に私の話もしかり、だった気が。
そういう場合は「登山が好きな人」「アニメが好きな人」みたいな、ジャンルでしぼった街コンの方が、良いのかな?と少し感じた瞬間でした。

そんな感じで、バタバタと5回のチェンジを繰り返しまして、あっという間に終了の時間。

スタッフさんの合図とともにアプリで気になる方の投票タイムに。
こちらのイベント、アプリ上で投票して、お互いに票をいれるとマッチングで連絡がとれるそう。(実際投票云々でなく聞いてたけどね、連絡先)

ちなみに、20分で「ビビ!」っと来る方はいなかったので、私は投票はしませんでした。
あとあとペアの女の子に聞いたら、彼女もしていなかったので、ここは自分の気持ちに正直でOKみたいです。

そんなこんなで、あっという間の2時間!
LINEは新しい友達でいっぱいになりました。笑

終了後に軽くご飯にも誘われたのですが、初めましての人とたくさんしゃべり疲れた私はやんわりお断り。
でもこんなにたくさん人と話す機会は、街コンでないとありえないですね。
人と出会う、ということに特化するなら、まさに出会いの場!と感じました。

結論・意外と楽しかった

おっかなびっくり行きましたが、全く怖いものではなかったし、こんなにたくさんの人と短時間で話をする機会もないので、「こんな人もいるんだな?」的な発見もあり、楽しかったです。

目的は「良い人いないかな」だったのですが、個人的な収穫は、ペアの女の子と仲良くなれたこと。実は今回、街コン終了後に男性じゃなく、女の子と軽くお茶をしました。

意外と新しい友達は女の子でも増えないので、ありがたい副産物。
話を聞くと彼女は街コンで仲良くなった女性と日々、街コンに参戦しているそうな。
こういうカタチで、一緒にいく友達を見つけるのもありなんだな、と感じました。

そして彼女はお茶が住んだ瞬間、別の街コンに行くと消えていかれました。

まとめ・恋人を作るだけじゃない!視野が広がる社会見学

今回、彼氏いるけど結婚の気配もない。
そろそろ年齢的にも別の人を考えないとだめかな…と思い、街コンに参加してみたのですが、なんと、その街コンで「今の彼氏の良さ」を実感しました。

話題が合うってすごいことなんだなあ…と、ふと感じて今彼に優しい気持ちになったよね。
あと「意外とまだ自分に興味もってくれる人がいるのだ」という実感。これですごく心に余裕が生まれました。

30オーバーは売れ残りとか、みんな警戒するよ、とか。
そういった世間の言葉で知らず知らずに焦っている自分がいたのですが、今回の街コンでそういったところが解消されてこれまた今彼に優しくなれました。

やはり新しい人との接触は大事!
ぜひ私と同じように「30代で価値が下がった…焦ってる…」とか、「今の人で本当にいいのかな…」と思っている人に街コンに参加してほしいと思いました。
新しく良い人に出会えるかもしれないし、もしかしたら今の人の良さにも気付けるかもしれない。

私は行って正解の街コンでした。もし、また上手くいかない、もしくは破局…なんてことになったら行ってみようかな。

街コンジャパン公式サイトはこちら