1. 風俗
  2. 現在のページ

NS/NN可?中州のソープ「エスペランサ新館」を120%楽しむ秘訣!ブラックコース体験談も紹介

PR更新日: 2023年10月29日

中州のソープ エスペランサ新館

筆者が実際に訪れて衝撃を受けた中洲の高級ソープ「エスペランサ新館」の遊び方の秘訣から、実際に行ってわかったお得な情報や知っておくと慌てない豆知識を詳しくご紹介します。

中洲には様々なコンセプトを持ったソープランドがたくさん存在していますが、どんなに個性豊かで多種多様なジャンルであっても結局この世にソープランドは2つしかありません。

それはズバリ、『高級ソープか、それ以外か。』です。

エスペランサ新館は中洲のソープランドの中でも高級店の扱いとなっており、激安店や大衆店とはサービスの質が違うとハッキリ言えます。

今回は、そんなエスペランサ新館の具体的な格の違い、NSNNの可否やコースやランクなどのシステムについて、実際の口コミ、業界の評判、運営グループ、筆者の体験談など怒涛のボリュームでエスペランサ新館の魅力に迫っていきます。

当記事は、記事の公開日(更新日)時点の情報です。現在の正確な情報は、公式サイトをご確認ください。

恋メモH 風俗編集部

筆者:恋メモH 風俗編集部

風俗行脚を続けて20年以上の風俗王(自称)をはじめ、現役の風俗嬢、ホスト、キャバクラ店長、メンエスオーナーたちが業界の裏情報まで包み隠さず明かします。

エスペランサ新館のココが凄い3選

中洲風俗街に複数店舗存在する高級ソープランドの中でも特におすすめできるのがエスペランサ新館です。

高級風俗店と言えば非常に高額で、いよいよ富裕層しか通えないというイメージがありますが、エスペランサ新館に至ってはコースプランや時期によっては大衆店と同レベルの価格で高級店サービスを受けることが可能な唯一の高級ソープランドなのです。

風俗通いが趣味ではあるけど、流石に高級風俗店では遊んだことがない。または高級風俗店に行きたいが躊躇している。
そんな方々が初めて利用する高級風俗店としてもエスペランサ新館は非常にとっつきやすい高級ソープランドになるでしょう。

ビギナー向けと前置きしつつも、エスペランサ新館で本気で遊ぼうと思えば一般レベルの収入では到底遊べない様なプランも存在しており、プレミア嬢が連日軒並み売り切れているほどの人気っぷりであるため、中途半端な高級風俗店であるという訳ではありません。

言わずもがな、高級ソープランドでハイクオリティーの嬢にNS・NNをキメるというのはこの世にある風俗業界で得られる快楽の最終地点でもあります。

これ以上は存在しません。

キャバクラに行けばついお触りを求めてしまう、メンズエステに行けばつい抜きを求めてしまう、ヘルスに行けばつい本番を求めてしまう、S着ソープに行けばついNS・NNを求めてしまう。
この様にして男達は背徳感やお得感から嬢にルール外の過剰サービスを求めていきます。

ですが、エスペランサ新館ではこれ以上求めるものがないというある種のゴールを体験することができます。

そんな最高なソープランドであるエスペランサ新館の特に素晴らしい3つの特徴を解説していきます!

  1. 在籍嬢のクオリティーが高い
  2. 内装や接客が高級ホテル並み
  3. クレジットカード決済の手数料が無料

1.在籍嬢のクオリティーが高い

高級店で在籍嬢のクオリティーが高いのは当たり前では?
そう思うユーザーは筆者を含め大勢いらっしゃることですが、大切なのは何を基準にして、どのような管理の元クオリティーの高い嬢を提供出来ているのかという点です。

その点においてエスペランサ新館は高級店としてどのようにしてハイクオリティーな嬢を提供しているのかしっかりとユーザーにアナウンスしていますので、非常に信頼ができます。

以下が、公式に発表されている在籍嬢の基本スタンスです。

①そのまま連れ出せる美意識がモットー

(当店では接客と接客の間に1時間のインターバルをご用意しております。毎回メイク直し、ヘアーセット、ドレス、そのまま結婚式の二次会にでも行ける様なところまでスタッフがチェックを入れてからのご案内になりますので乱れた状態でのご案内は絶対にございません。)

②敬語での接客
(ルックスが最大のサービスと言われているこの業界ですが、上級店に相応しい居心地、空間も私は非常に重んじておりますので、フランクな会話や接客には徹底指導して参ります。)

③情報の正確さ
(目先の1本を追い、お客様に嘘のお時間を伝えたりダミーパネルを使ったり等は一切致しません!

出典:エスペランサ新館

なんと驚くべきことに接客が行われる度に嬢の再商品化が行われています。そんなことをいちいち行っていたらお店側からしてみれば機会損失になってしまいますが、エスペランサ新館には譲れない社内ルールを設けている様です。

1日の接客人数に制限をかけ、高級店として相応しいサービス真心を込めた接客に徹底する事を企業理念としてかかげ、関わるすべての人間に厳しい教育の徹底に勤めていると店長から熱のこもった約束事がHPにも記載されています。

確かにこれはユーザーにとても寄り添っていると言えます。

かつて筆者も混み合っている激安ソープに遊びに行った際に、シックスナインをしている時に嬢のおま○こから前の客の精子が出てきてそのまま筆者の口内に入ってしまうという苦い思い出があります。(※実際に苦かったです。)

聞くとやはり接客インターバルなどほとんどなく、休ませてもらえないことの方が当たり前だと嬢は皆口を揃えて呟きますが、エスペランサ新館のようにしっかりとインターバルを設けて再商品化が行われていれば、筆者が前の客の精子を飲まされることもなかったのではないかと思っています。

そして敬語での接客が絶対とされているルールも非常に好感が持てます。

男というのはやはり、『尊敬されたい、人よりも優位に立っていたい』その様に本能的に感じています。

毎日のようにストレスの溜まる仕事をこなしたり、戦場のようなガチガチの男社会で生きている男たちにとって、女性との営みというのは癒しそのものでもあります。

そんな中で高額な料金を払っているにも関わらず嬢からナメた口の聞き方をされようものなら余計にストレスが溜まることでしょう。

実際に筆者も過去に大衆店ソープに遊びに行った際に、運よくスーパー美女を引き当てることができたのです。
しかし口を開くなりいきなりタメ口で不平、不満、愚痴、泣き言を発するなど仕事に対する意識の低さやホスピタリティーの無さに思わずガン萎えした経験があります。

ですがエスペランサ新館でその様な思いをすることは皆無であると約束されています。

そして言葉には不思議な力があります。

どんなにヤル気が無かろうと、心にも思っていない事であったとしても、人は発している言葉の通りの人格に寄っていくという研究結果もあるほどです。

似たような話で、着ている服装によって人は振る舞いが変わるといった研究結果もあり、人は環境次第で無意識のうちに人格が変わってしまう性質を持っているのです。

このようなデータや言葉の性質を理解した上で在籍嬢のサービス向上を狙っているのだとしたら、エスペランサ新館の教育における手腕の凄さが改めて伝わってきます。

情報の正確さにおいてもエスペランサ新館は非常に信頼できる部分が多いと感じます。

風俗に行く方なら絶対に避けては通れない『パネマジの見極め問題』ですが、エスペランサ新館では必ず本人の写真がパネルで使用されており、キチンとパネル通りの嬢がやってきます。
もちろん、個人情報保護の観点から顔の一部が隠れている場合もありますが、ぼかし処理などは極薄でほぼ無いのと変わりがない事がわかります。

かつて筆者も某激安店ソープランドでパネルに映る嬢に一目惚れしてしまい指名したところ、全く別人の地雷嬢を引いてしまうという痛いミスをした事があります。
パネルと違い過ぎるとクレームを伝えても時すでに遅しです。

修正が強すぎるだけで本人だと言ってくれればまだ救われますが、「パネルは全くの別人であくまでもイメージ画像。誰も本人なんて言ってないです」などと言われてめまいがしそうになった事もありますが、エスペランサ新館であればそういったトラブルは起きないようにされています。

そしてエスペランサ新館には在籍嬢の前職が記載されているのですが、そのラインナップといったら凄いです。
キャバ嬢、受付嬢、AV女優、メイドカフェなどといった明らかに平均以上のルックスや対人スキルを求められる職業に従事していた事が記録されています。

もちろん嬢のプロフィールに記載のある情報の真偽は誰にもわかりません。
ですが、そういった職業をしていてもなんら不自然さを感じない嬢ばかりです。

中には掛け持ちで今もなお現役で本業に勤しんでいる嬢もいるようですので、前職プロフィールの信憑性は高いと見て良いでしょう。

普通に生活していたら出逢えないような女性に会える。出逢えたとしても話すら出来ない様なハイスペ女性と交尾まで出来てしまう。
こういった経験は男にとっては単なる遊びを超えたある種の『自己投資』と捉える事も出来るでしょう。

良い女を抱く事で男としての自信も付いてきます。

エスペランサ新館に在籍するハイクオリティーな嬢が提供してくれるのは極上のセックスだけではなく、それ以上の価値をも男たちに与えてくれるのです。

2.内装や接客が高級ホテル並み

高級店といえばやはりその店構えは立派に作られている事が多く、エスペランサ新館もまた例外ではありません。

しかしながら色んなお店が集合しているビルの中にエスペランサ新館はあるので、外から見る分にはただのビルです。
高級感も何もありません。ただの雑居ビルでしかないです。

ですが、エレベーターを開くと異様に広くてラグジュアリーな空間が既に出来上がっています。

大きな自動ドアをくぐると、そこにはエレベーターに乗って異世界に転送されたのではないかと錯覚してしまうほど景色が激しく変わります。

リゾート地のホテルを模した様な内装で、スタッフもまたホテルマンの様な装いと出立ちでとても風俗店とは思えない雰囲気です。

待合室も広々としており、柔らかいソファに腰掛けた状態で丁寧にお店のシステムについて案内、お会計がされます。

普通であれば店内に入る前にカウンターで行われるような何気ない対応であっても、常にお客様ファーストのスタンスで対応してもらえるのも高級店だからこそ受けられるサービスです。

プレイルームも広すぎず狭過ぎずといった丁度良いサイズ感で、西洋風のシャンデリアやベッドもとても立派です。
しかも全室ウォーターサーバーも付いています。

風俗店にありがちなヤリ部屋という雰囲気は皆無で、つい遊ぶ側もジェントルマンにかしこまってしまう事でしょう。

エスペランサ新館ではお店に入った瞬間からアナタを特別扱いします。それは嬢に会う前も、嬢とお別れした後でもです。

一般的な風俗店であれば、プレイ前後のスタッフなど記憶に残らないどころか視界にすら入っていない事の方が多いはずです。

精神的な快楽や心地よい思い出までも提供してくださる店舗スタッフや経営陣なども含めて在籍嬢と言っても過言ではないのがエスペランサ新館の魅力なのです。

3.クレジットカード決済の手数料が無料

エスペランサ新館はクレジットカード決済をする際の手数料が無料です。

「えっ、それ普通じゃないの?」と普段のお買い物をされている方であれば不思議に思われるかもしれません。

ですが風俗業界の暗黙のルールとして、クレジットカードでの決済は20%~30%手数料を取られるというのはもはや一般常識です。

中洲でもオネエチャンのいるお店はほぼ全てと言っていいぐらいクレジットカード決済の場合は手数料がかかります。

中にはクレジットカード決済不可の風俗店も多く、カード手数料が10%だったら超良心的だよねと思えるほどです。

ちなみにこれはお店側がユーザーの足元を見て、少しでもお金をかすめとってやろうと思っている訳でもありません。

風俗店にも悲痛な理由があってその様なシステムになっている事をまずは把握しておかなければ、エスペランサ新館がどれだけ凄い事をしているかが伝わらないでしょう。

風俗店は基本的に女の子に日払いでお給料を渡しています。

例えばの話、もしも1日のお客さんが全員カード決済するとどうなるかを想像してみて下さい。
カード決済したからと言ってお店のレジに即現金が振り込まれる訳ではありません。
経費も掛かっている上に新たなキャッシュが入らないとなるとお店としては困ったことが起こります。
お店に現金がない為、在籍嬢に日払いを渡せなくなってしまうのです。

家賃の掛かる店舗を稼働させながら、人件費の掛かるスタッフやキャストを雇い、風呂場で垂れ流しの水道、ガス、電気代。タオルや歯ブラシ、イソジンやローションなどの大量の消耗品代が毎日掛かってくる様なビジネスモデルでは常に大量のキャッシュを確保しておくのは至難の技になってきます。

言い方は良くないですが、自転車操業に近い状態で利益を出さなければならない業態なのです。

そういった背景もあり、クレジットカード決済で手数料を取られるのは昼の世界では非常識でも夜の世界では常識とされている側面があるのです。

ですがそんな常識をぶっ壊したのがエスペランサ新館です。

中洲のソープランドでクレジットカード決済の手数料が無料なのはエスペランサグループだけです。

これは運営グループが潤沢なキャッシュを保有しているという証明でもあり、超優秀な信頼できるグループであるという魅力を遠回しに誇示しているのかとすら思えます。

まして今の時代はキャッシュレス全盛です。

筆者も時代の波に乗って普段から現金を持ち歩いていない為、風俗に行く際はいつも現金を用意するのが煩わしいと毎回思っています。

そして何よりクレジットカード決済の醍醐味はポイントが貯まることです。

クレジットカード還元率は1%~2%のものが多いですが、馬鹿にならないぐらいポイントが貯まるのはキャッシュレス決済メインの方であれば全員が頷けるのではないでしょうか。

筆者も今まで通った全ての風俗店で手数料無料のカード決済が出来たなら、ポイントだけで1ヶ月生活出来るのではないかと本気で思うぐらいです。

それぐらい現金決済は損するので、カード決済手数料無料はもしかするとエスペランサ新館の最大の魅力なのではないかとすら思えます。

ここで一度シミュレーションをしてみましょう。
ここではお会計が30000円と仮定します。カード決済のパターンによって以下の違いが生まれます。

手数料20%
お会計30000円→クレカ決済36000円

手数料30%
お会計30000円→ クレカ決済39000円

手数料無料
お会計30000円→ クレカ決済30000円

一般的なクレジットカード決済であれば6000円~9000円も余分に取られることになります。
中洲であればオナクラ、ピンサロ、ヘルス、デリヘルで1回遊べる金額です。

カード決済の手数料が掛からないだけで風俗1回無料と考えると、尋常ではないぐらいにお得感を感じます。

しかも、これにポイント還元が追加された場合、還元率1%であれば300円、2%であるなら600円還元されます。
実質、風俗で遊ぶと無料のランチがセットで一食付いてくることになります。

手持ちがないからカード決済をするのではなく、手持ちがあってもカード決済する方が絶対に得するんです。

はい、まとめです。

普通にクレジットカードで決済するとそれだけで6000円から9000円がプラスで請求されます。

エスペランサ新館でクレジットカード決済すると、即時で財布の中から現金が減ることなくランチ1回無料になります。しかも浮いたお金で風俗1回行けます。

高級店だからこそ還元される金額も大きくなりますから、エスペランサ新館は令和の時代において的確なニーズをしっかり射ることができている素晴らしい風俗店であると言わざるを得ないでしょう。

ただし、クレジットカードは本人名義である必要があり、デビットカードやプリペイドカードは使用できませんのでご注意ください。

エスペランサ新館とは?

総合評価★★★★★
コスパ★★★★☆
女の子のレベル★★★★★
NN・NSオプションあり
NN・NSの見分け方プラチナムコースの嬢
住所博多区中洲1丁目4-13 MAN-MAN中洲ビル2階D店舗
ランク高級店
最安料金60分23000円~
営業時間8時~24時
女の子のタイプ美人系、お姉さん系、キレカワ系、スレンダー系
公式サイトhttps://www.cityheaven.net/fukuoka/A4001/A400102/esperanza_n/

エスペランサ新館の特徴は中洲を代表する高級ソープランドのひとつであるということですが、運営会社であるエスペランサグループは他にも複数の系列店を運営しています。

中洲であれば『クラブピア』、『いたずらバニーちゃん』もエスペランサグループの運営するソープランドです。

クラブピアには2021ミスヘブン総選挙にておっぱい部門で第1位、全国ソープ部門で第9位入賞を果たし、公式Twitterのフォロワーは11万人越え。おっぱいツイートで1.6万いいねを獲得するという芸能人顔負けの化け物エリート嬢が在籍していますし、いたずらバニーちゃんではクレジットカード決済の手数料無料に加えてPayPayなどのバーコード決済までもが導入されている最先端かつ魅力しか感じることのできない風俗店です。

福岡県だけでなく岡山県にもデリヘルを含む他8店舗を運営されています。

そんな名店を数多く生み出してきたエスペランサグループですが、NS・NNが可能な中洲ソープランドはエスペランサ新館だけなのです。

高級店ならではのラグジュアリー空間でハイスペック嬢の中に思いっきり射精したいのであれば、エスペランサグループの中ではエスペランサ新館しか選択の余地はありません。

高級店を選ぶ際に迷ったら、ひとまずはエスペランサ新館に行ってみるというのが吉となるでしょう。

エスペランサ新館の近隣にある同業社と料金比較

高級店と言えば気になるのはやはりお値段になってきますが、エスペランサ新館とその近隣にある高級ソープランドとの料金比較を行っていきましょう。

今回の比較対象は中洲でも最強のソープランドと呼ばれ、著名タレントや有名ミュージシャンもお忍びでやってくると噂の高級ソープランド『ロイヤルブルーシャトー』を選ばせていただきました。

店名80分100分180分ネット指名料本指名
エスペランサ新館(NS・NN)45000円55000円95000円2000円3000円
ロイヤルブルーシャトー48000円58000円98000円0円0円

ロイヤルブルーシャトーがNS・NNサービスを展開しているかどうかは噂レベルの話であり、公式では明記がされていませんでした。

もちろんNS・NNだけが高級店の魅力という訳ではありませんが、ノーガード接客ありのプランがありわずかに料金も安いエスペランサ新館の方が安心して遊べる印象は比較表からも伝わってきます。

いずれにしてもどちらも高級風俗店ですので決して安くはないお値段です。

大損をしないためにも、近隣の相場を調べる癖はしっかりと付けておいたに越したことはありませんね。

エスペランサ新館へのアクセス

  • キャナルシティから徒歩1分
  • 地下鉄中洲川端駅から徒歩5分

送迎サービス無し。

エスペランサ新館は中洲風俗街の入口にあるビルの一室ですので、地下鉄中洲川端駅から徒歩で向かうのが一番早いです。

しかしながら、中洲風俗街は九州最大の風俗街であるということもあってか、よりによって博多の中でも栄えている街の中に堂々と存在しています。

地方の風俗街であれば都市部から外れた人気のない様な場所に風俗店が集中していることが多いですが、中洲風俗街は一般人や学生もたくさんいるような場所に位置していますので、観光や出張で初めて訪れる方であればその露骨なアクセスに少々戸惑うかもしれません。

そのため、大通りからのアクセスを余儀なくされる地下鉄中洲川端駅からの徒歩での経路はお勧めしません。

中洲風俗街の裏口的な存在であるキャナルシティ博多側からのアクセスを強くおすすめします。

裏口からアクセスするのに最も適した方法はJR「博多駅」から徒歩で向かう方法です。

JR「博多駅」博多口より、はかた駅前通りを直進し、まずは「博多警察署入口」を目指します。

「博多警察署入口」交差点を渡って左折し、更に直進していくと「キャナルシティ博多」と言う大型複合商業施設があります。

キャナルシティ博多の直ぐそばに中洲風俗街の裏口がある為、まずはキャナルシティ博多を目指しましょう。

ここまで約10分ですが、駅からキャナルシティ博多まで自転車のシェアリングサービスを利用するとものの数分で到着できます。

キャナルシティ博多は博多川に面しているので、川沿いまで移動をすると中洲へと繋がる橋があるので渡っていきます。

橋を渡り切ると、一旦は中洲風俗街にアクセスできます。

途中、植物が生い茂っている公園があったり、キャナルシティ博多からも見え辛い細い道があるため人目に付かない進入が可能です。

風俗街に入ってしまえばそこにはもう同士しかおりませんので、人目を気にする必要はありません。

レンタルビデオ屋さんでも18禁コーナーにどうやって人に見られずに入るかが重要なのであって、入ってしまえば仲間しかいない現象と同じ要領です。

風俗街をそのまま真っ直ぐに歩くとやがて大通りに出るのですが、大通りに出る寸前の右側のビルの2階がエスペランサ新館です。

エスペランサ新館の遊び方の秘訣

エスペランサ新館の予約方法は電話予約とネット予約の主に2つですが、実は予約しない方が良い場合もあるため事前に知っておくと便利な遊び方の秘訣について解説していきます。

エスペランサ新館の最安かつ最短コースは60分コースなのですが、なぜかネット予約からは60分コースからの予約受付はなく最短80分からのコースからのみ予約が可能になっています。
これはどういうことなのかと思い、筆者は直接電話での予約を試みてみましたが、電話でも60分からの予約は不可であり、店頭に直接来店した際に空きのある嬢がいれば60分コースの案内が可能とのことでした(指名も可能)。

つまり、80分コースが最短プランとしては基本設定されており、あくまでも60分コースは『飛び込み限定』のサービスであるということがわかります。

HPにはそういった表記はない為、初めて利用される方は絶対に覚えておいた方が良いでしょう。

どうしてもコストを抑えて60分コースで遊びたい場合は敢えて予約はせずにそのまま来店することになりますが、その場合は博多で美味しいものでも食べながらHPで出勤情報をこまめに確認し、お目当ての嬢が待機中に変わった瞬間にお店に飛び込むのが重要な秘訣となります。

また、エスペランサ新館には予約のキャンセル料も発生します。
下記がエスペランサ新館のキャンセルに関する情報です。

キャンセルポリシーについて
無断キャンセル 100%
当日キャンセル 50%
前日キャンセル 30%
2日前の深夜23:59まで 無料

出典:エスペランサ新館

電話番号で最低限の顧客情報を管理しキャンセル歴の確認もされています。

キャンセル歴があると今後の利用に影響が出る可能性もある為、そういった意味でも足のつかない飛び込みでのお遊びが無難とも言えるでしょう。

エスペランサ新館の口コミ・評判

エスペランサ新館に関する口コミや評判を集めた結果、NS・NNサービスに関する意外な落とし穴、お得な遊び方に気付いてしまった方々の声を集めることに成功しました。

せっかく高級店に遊びに行くのであればいらぬ失敗や認識違いは事前に防いでおきたいところです。

実際にお店に足を運んだ先輩方の声をぜひ参考にさせていただきましょう!

現役av女優在籍してますね

出典:爆サイ

元AV女優が在籍しているソープランドはたまに見かけることはありますが、現役AV女優が在籍しているのはさすが高級店といったところでしょうか。
近年VRでAVを観れる様にもなっていますが、もはや本当にリアル世界でAV女優とセックスできてしまうのは凄い時代になったものです。事前に出演作品を観て気分を高めた状態でプレイに臨んでみたいですね!

ノーガード接客記載以外はスキン着だね

出典:爆サイ

プラチナムモデルの嬢のプロフィールには「本来の高級店らしくノーガード接客となります。」という記載が共通して入っています。
つまりそれ以外はスキン着用ということは逆に言えば『ノーガード接客=NS・NN』という意味になってしまいますね。NS・NNプレイを希望するのであればプラチナムコース一択となるでしょう。

ブロンズはG着
プラチナムはNN

出典:爆サイ

こちらの口コミからも『プラチナムコース=NS・NN対応可』ということが読み取れます。ブロンズコースは最も安いコースですが、ブロンズコースとプラチナムコースの違いは嬢の質というよりはNS・NNの対応可否によって区切られている可能性が高いですね。
S着でも良いからハイスペック嬢を抱きたいというのであればブロンズコースから試していくのも良いかもしれません。

ブラックでゴムありって許されるん?
プラチナムはゴム無し保証してるのに。

出典:爆サイ

ブラックコースというのはプラチナムコースの更に上をいくランクです。そのブラックコースでS着限定の嬢がいるというのはかなりの落とし穴なので見過ごす訳にはいきません。
ブラックコースともなれば嬢によってNS・NN対応可否も変わってはくるでしょうが、ブロンズコースとプラチナムコースの様にサービス内容による差別化ではなく、プラチナムコースとブラックコースの垣根は女性としての総合レベルで分けられていると認識しておいた方が安全です。

エスペランサで早割使えば、プラチナムで90分で36kくらいやろ。
大衆店とあんまり変わらんくない?んで高級店のサービスやからな。ここが気に入ってる。
店の回しもんではないw

出典:爆サイ

高級店ではありながらも早朝割引きサービスがあるのは庶民にとっては嬉しいポイント。それでも大衆店の一般価格並みですが、まさしく筆者がおすすめしたい遊び方の答えでもあります。
口コミ投稿者も思わず自身がエスペランサ新館の回し者みたく褒め称えてしまっている事をメタ認知しているのがなんとも面白いです。それだけお得に良い買い物が出来るのであれば早起きなんて全く苦になりませんね!

エスペランサ新館の体験談

風俗嬢に恋した男

筆者もまたエスペランサ新館では全コースをひと通り経験してきた身です。中でも特に思い出深かったのはやはり、ブラックコースでのお遊びです。

この1回の風俗遊びのためだけに貯金をしたのもこの時が初めてであり、その時の体験談をお話しさせて頂きたいと思います。

少し長いですが是非、今後のお遊びの参考になれば幸いです。

ルックス★★★★★
スタイル★★★★★
テクニック★★★★★
店の接客★★★★★
プレイ回数1回
パネマジ詐欺の無さ★★★★★
プレイルームの広さ★★★★★
プレイの満足度★★★★★
総額59,500円

中洲の激安店や大衆店のソープランドで毎週の様に遊んでいた筆者ですが、それなりに質の高い風俗店で遊べて毎週それなりに楽しめていたのですが、そんな筆者にもある夢がありました。
それは高級ソープランドであるエスペランサ新館の最高峰であるブラックコース嬢を抱くこと。

しかし、さすがに1回のプレイで家賃1か月分ぐらいの金額を使う事にも抵抗があり、その金額で毎週それなりの嬢を抱いていれば良いじゃないかと自分の心に蓋をして毎日売り切れの憧れブラックコース嬢を見て見ぬフリをしていたのです。

ですがある日、どうしても自分の心に嘘をつけなくなってしまい必死の思いでなんとか予約しブラックコース嬢を抱けることになりました。

筆者はソープ遊びには慣れていることもあり普段であれば寝起きで遊びに行くこともありますが、今回に限っては毎日筋トレをしたり美容にも力を注ぎ、毎日仕事をバリバリと頑張り、どれだけムラムラしても毎日オナ禁をしました。

そしてついにその時はやってきます。

緊張のし過ぎで入店して対面までの間の記憶はほぼありません。強いていうなら6万円弱をカードで一括決済する瞬間はさすがにドキドキしたことだけは覚えています。

そしていざブラックコース嬢と対面します。
対面した時の色んなパターンを想定してはいましたが、案内された先の女性と目が合った瞬間、想定外の懐かしい感情が蘇りました。
それは子供の頃、寂しかった時に母に抱きしめられた時の感情。
生まれて初めて好きな女の子が出来た時の感情。
初めてセックスをした時の感情。
大人になって女性が自分の思い通りにはならないことを悟り何かを諦めた時の感情。
色んな記憶や感情がごちゃ混ぜになったような感覚になりました。

芸能人の誰々みたいで綺麗だとか、身体のどこそこがエロいだとかそういうものよりも先に、全てを包み込んでくれるような包容力あるオーラに引き込まれました。

女神が本当に実在するのであれば、対峙した時にこのような感覚になるのではないかと思いながらもプレイ開始です。

もちろんですがルックスやセックステクニックは今まで経験した中でも最高峰でした。

マットとベッドの両方で遊べるとのことで、まずはマットで超絶技巧のテクニックを食らい1回戦目を終えました。

他のランクでも美女や良い子はいますが、数少ないブラックコースでは嬢それぞれが風俗プレイの技術に重きを置いている印象を受けました。

そして2回戦目でベッドへと誘導されるのですが、エスペランサ新館が誇るブラックコース嬢がそれ以外の嬢と何が決定的に違うのかがこの後思い知らされることになります。

今までのソープ嬢では強刺激、ワクワク感、ストレス発散、こういったものは感じることができました。

しかしブラックコース嬢には全てを許してくれるような母性に似た安らぎを感じたのです。

筆者は柔らかいベッドで抱かれている最中に本気でブラックコース嬢の事を好きになってしまいました。

風俗なんてものは所詮は性欲発散の場であると考え、今まで何人抱いたかわからない嬢の事を好きだなんて思ったことなど1度たりとも無いのにです。

高級店でNS・NN出来ればそれ以上を求める事はないゴールであると筆者は本記事の冒頭で豪語していましたが、ブラックコース嬢にずっと一緒にいてほしいと強く願い求めてしまったのです。

もう会えないかもしれない可能性もある為、「彼女になってくれませんか」と思いの丈をブラックコース嬢に正直に伝えました。
そうすると即答で「あなたの彼女になります」と答えてくれました!

おいマジかよと思いましたが、彼女はその後すぐにこう続けるのです。
「あなたの彼女になりたいです。けれど私はこのお仕事が大好きですし、このお仕事を続けていくことが自分の使命でもあると思っています。もしも私がこのお仕事を卒業する日が来たときは私の事を迎えに来てください。あなたのお迎えを待っています。」

告白成功とも、遠回しのお断りとも取れるこの台詞。さすがは高級店のラスボス。あっぱれです。

しかしこれがお断りの意味なのだとしたら、それは筆者が別の女性と幸せに過ごしブラックコース嬢を迎えにいかないケースのみです。

ブラックコース嬢は筆者の気持ちを受け止めてくれつつも、いつまでもこんなところに来ていないで本当の意味で女性と向き合い、触れ合う幸せを掴んでほしいというメッセージが込められていたのではないかと今ではそう解釈してしまうことがあります。

女性と会うのにここまで自分磨きをしたり緊張したのもいつぶりだろうと思い直し、この女性に救われる男性も大勢いるのだから、独り占めしようとするのではなく、いつもの様にキッパリ遊んで何事もなかったかの様に帰ればいいじゃないかと心に言い聞かせながらお礼を言おうとするも、なぜか涙が溢れ出てしまい上手く伝えられませんでした。

そして甘美な時間もやがて終わりビルの外に帰ってくる訳ですが、この日を境に筆者は風俗に通わなくなりました。

こんな記事を書いておきながら不適切な言葉ではありますが、風俗に週1で通うのはある種の依存症であり心の病気です。

ブラックコース嬢は身体だけでなく心まで抱いてくれた唯一の風俗嬢でした。

嬢が抱いてくれたことによって筆者も自身の心と向き合う機会が生まれその結果、風俗通いを辞めようと思ったのです。

高級NS・NNソープの終点はもしかすると風俗遊びの終点なのかもしれません。

自覚しているいないに関わらず、性に関して悩み事がある方はブラックコースを体験することで人生を前に進められる可能性があります。

病院に通い続けるより全然良いでしょう。

結論、値段以上の価値は確かにあると感じました。

まとめ

中洲の高級ソープランドであるエスペランサ新館の特筆すべき魅力を多数ご紹介させて頂きましたが、実はブラックコース以上の究極形態コースが存在します。それはダイヤモンドクラスの嬢による『ダイヤモンドコース』というもの。
このクラスの嬢はかつて伝説として存在していた様ですが、少なくとも筆者が中洲に訪れ遊んでいた2年間は在籍が1人もいません。ブラックコースでさえも片手で数える程度の人数でその顔ぶれは長年変わっていないので相当な狭き門であると言えます。

筆者も風俗通いを辞めたと体験談では語りましたが、もしまた風俗遊びを再開する日が来るのであれば『ダイヤモンドコース』でと心に決めています。
つまりエスペランサ新館は風俗遊びの終わりであり、始まりでもある。
決して尽きることのない魅力でこれからも中洲風俗街の素晴らしさを世界中に知らしめていくことでしょう。