1. 男心
  2. 現在のページ

奥手男子が増えている理由10選!恋愛に積極的になれない男が急増

投稿日: 2022年04月30日

奥手男子

1年前の24歳まで童貞(彼女いない歴=年齢)、そこから人生初の彼女ができ、人並みではありますが性生活を謳歌しているおたたんと申します。

あなたは現在、お付き合いされてる女性はいますか?
国立社会保障・人口研究問題所の第15回出生動向基本調査によると、20代男性の約7割が「現在交際してる相手がいない」と回答しています。
性行為の有無に関しては、20代で約40%も「性行為の経験がない」と回答しています。
何故、恋愛に対し消極的な男性が増えてるのか?
今回は奥手男子が増えてる背景に関して解説していきます。

奥手男子が増えてきている理由10選

1.SNSの発展

LINE、Twitter、InstagramなどSNSの発展で人と人とがより簡単に繋がれるようになりました。
簡単に繋がれることで以下の現象が発生したと考えられます。

関係の希薄化

SNSでは顔も分からない方や普段なら会いに行くことのできない距離の方とも気軽にメッセージや通話でやり取りすることができます。
それ自体は良いことでもあります。
しかし簡単に繋がれるだけでなく、簡単に関係を切れるということも考えられます。

SNSは匿名で、相手の顔を直接見てやり取りするわけではありません。なので普段は面と向かって言えないような誹謗中傷が平気で出てきたり、都合が悪くなったら連絡を返さない、フォローを解除することで簡単に関係が切れてしまいます。

昨今は、直接顔を合わせて人と話をする機会がさらに減りました。今後、SNSやマッチングアプリを使っての出会いは増えていくと思います。

SNS上でのやり取りは多くの方と出会えるので、出会いの母数は増えます。
しかし、一言、二言会話して合わない、顔が好みではないとなればすぐ関係を切ることができます。

学校や会社では最初はなんとも思ってなかった異性と長い間過ごすことでお互いの良い部分が見え、恋愛に発展するなんてこともよく聞く話ですが、SNS上のやり取りではそれができなくなります。
出会いの量は増えるが、出会いの質は悪くなっていく一方なのです。

2.趣味を優先したい

最近では「恋愛<趣味」という考えの人が多くなってきてると感じます。

ひと昔前までは、彼女がいることがステータスと考える傾向があったようですが、今は「彼女よりも趣味」「彼女ができたら趣味の時間が減る」と考える方が増加しています。

筆者もそうでした。
私も趣味の筋トレが何よりも優先順位が高く、「彼女作るとジムに行く時間が無くなる」「減量して体脂肪率を低くする為、女友達と飲みに行くのはやめよう」と考えてました。

このようなタイプは「彼女ができる=制限に繋がる」と考える傾向があります。
ただ、私もそうでしたが、彼女ができることで「こんなに楽しいのか!」「意外と悪くないな」と考え方が変わる可能性も高いです。

3.娯楽の多様化

趣味と同様に様々な娯楽も増えてきています。
特にネット環境の発展により、スマホ1つで動画や映画を視聴することができたり、1人カラオケや1人キャンプなど、1人で楽しむことを前提にした娯楽も増加しています。

家でできる趣味が多くなったことは外に出る機会を減らし、結果的に出会いの減少につながっているのではないでしょうか?

彼女が欲しい方は自分一人で楽しめる趣味だけではなく、男女で楽しめる趣味も見つけてみましょう。

4.AVの進歩

私個人の影響ではこれが奥手男子を増加させている一番の原因だと感じてます。

言うまでもなく男の原動力は「性欲」です。
「好きな子とHしたいから」「たくさんの女性にちやほやされたい」といった願望が、仕事や部活動を頑張る原動力になっていました。

AVの恐ろしいところは、性欲をいとも簡単に満たせるところにあります。
特に奥手男子は女性に声をかける勇気が出ず、そのフラストレーションをAVで解決してしまいがちです。
何を隠そう私がそうでした。

するとどうなるのか?
なんとリアルの女性、周りにいる女性と「話したい」「仲良くなりたい」と思わなくなるのです。「彼女いなくても性欲満たせるからいいや」って考えになってしまいます。
恐ろしいですよね。

実際に私が彼女を作るために行ったことの1つに、「AVを見る頻度を減らす」がありました。
性欲を手軽に発散できることは、一瞬はスッキリしますが、男としての欲望まで奪いかねませんのでご注意ください。

5.性風俗の増加

AVの進歩とも似ているんですが、性風俗の増加も大いに関係してると思います。
お金を払うことで高確率で普段会えないようなかわいい子に会えて、さらにHなサービスまでしてもらえる。これは中毒になりやすいです。
恥ずかしながら筆者も、以前は給料が入るたびに風俗に入り浸ってました。

AVもそうなんですが、お金を払うだけで綺麗な女性の裸が見れる、身体に触れるってなると、努力しなくなってしまうんですね。

しかも今のAV女優や風俗嬢って街で歩いてるようなかわいい大学生や綺麗なOLさんが多いんです。
お金を払うだけで綺麗な女性とHできるってわかると、長いプロセスを踏んで彼女を作ることが馬鹿馬鹿しく感じてしまうんですよね。
そうなると男性として魅力を高めたり、勇気を出して女性と話そうとしなくなります。
「水は低きに流れる」と言いますが、まさにその状態です。

お金はかかるし、男としての魅力は下がるし、恋愛に興味なくなるし、まさに負のループです。

6.不景気の影響

私を含めた今の若い世代に多い考えとして、「恋愛する時間とお金がない」「お金のことを考えると結婚は躊躇う」って方が多いと思います。

日本の一人当たりの賃金はアメリカや中国と比べ、成長率が非常に低いです。
要は昔と今でも、貰える給料の額面はさほど変わりません。
しかし、消費税は増税され、社会保険料も増加と支出ばかりが増えてきています。

その分の給料が上がれば問題ないのですが、給料が上がらず、支出だけが増える状況では恋愛に回せるお金も自然と減少します。
恋愛だけならまだしも、その先に結婚を考えるとなると、交際には慎重になってしまいますよね。

7.結婚に対する考え方の多様化

1990年代までは男性の生涯未婚率は5%程度でしたが、現在では20%以上に上昇してます。同窓会に行くと、5人に1人は50代でも独身という状況です。

昔は、「男は結婚して一人前」「誰しも結婚はするもの」「結婚しない人はおかしい」といった風潮が強かったですが、現在はそうではありません。

「一人の方が気楽」「結婚にこだわりはない」「いい人がいれば」という考え方が多くなってきてます。

このような背景には前述したような経済状況の変化や、テクノロジーの変化が関係していると思います。

8.振られるのが怖い

これは恋愛したくてもできない、勇気が出ない男性にありがちな理由です。
恋愛で受けるショックって辛いですよね?
好きな人に振られたり、彼氏がいると分かると、ナイフで胸をめった刺しにされたような辛さがあります。

このような経験が続くと、「あーどうせだめだろうな」って考えになり、恋愛自体が億劫になってしまいます。

9.恋愛のメリットが感じられない

奥手男子になってしまう理由として、恋愛のメリットが感じられないことも原因の1つだと考えられます。

  • SNSの発展で手軽に連絡を取り合える
  • 様々な趣味や娯楽があふれて退屈しない
  • 仕事やお金のことを考えると恋愛どころじゃない
  • 性欲だって気軽に満たせる

こうなってくると「恋愛するメリットなんてないんじゃないか?」って思いますよね?

特に考えすぎてしまう人や損得を優先しやすい人ほどこのような考えになりやすいです。

10.結婚のメリットが感じられない

恋愛ですらメリットを感じられない人が増えている状況では、結婚となるとさらに躊躇してしまうのではないでしょうか?

特に20代後半になってくると同年代でも結婚をしてる人が増え、結婚に関する良い面も悪い面も見えてくると思います。
筆者も結婚に対する「生生しいリアル」を最近よく聞いてます。正直聞いてるだけで疲れてしまいます。

また、交際する女性も結婚を意識しているお相手が増えることで、かかるプレッシャーなんかも恋愛自体が億劫になる要因かなと思います。

いかがでしたでしょうか?

昨今、本当に様々な考え方があるので無理に恋愛しろとは言いませんが、「奥手な性格を直したい」「彼女が欲しい」とお考えであれば、できることからで構いませんので自分を変える訓練をしましょう。