1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

【経験談】ハッピーメールがシンママに最適な理由とセフレにするコツ

PR更新日: 2022年12月29日

マッチングアプリを使うシンママ

シンママ(シングルマザー)のセフレを作るためには効率的にシンママと出会う必要があります。その方法としてもっとも適切なのはハッピーメールというマッチングサービスを利用すること。
ハッピーメールは出会い系サイトの時代からよく知られたマッチングサービスの老舗で、スマホアプリが基本となった現在においても圧倒的な利用者数を誇っています。

ここからはハッピーメールのベテラン利用者がシンママの探し方からセフレへの誘い方まで、丁寧に説明していきます。

恋メモH セフレ編集部

筆者:恋メモH セフレ編集部

マッチングアプリに精通し、50人以上と関係を築いたヤリチンや、経験人数100人以上を誇るヤリマンなど、性に奔放な男女が、自身の経験から得た知識をシェアします。

シンママのセフレを作るのにハッピーメールが最適な理由

シンママと出会うための方法はいくつもありますが、その中でも最適と言えるのは出会い系マッチングサービスを利用することです。
そして数あるマッチングサービスの中でも、特にシンママセフレ探しにおすすめとなるのがハッピーメールになります。

それでは、ハッピーメールがシンママのセフレを作るのに適している理由について解説して行きましょう。

ハッピーメールはシンママの登録数が非常に多い

ハッピーメールは登録者数3000万人を超えるマッチングサービスの最大手です。
その名前からもわかるように、メールを中心にした出会い系サイトの時代から生き延びてきた信頼と実績に長けたサービスでもあります。

最近話題になるようなマッチングアプリと比べると機能的に見劣りする部分もありますが、スマホ全盛期においても圧倒的な支持を得続けていることには変わりません。

そして登録者数が多いということは、単純にシンママのような特定の相手とも非常に出会いやすい環境が構築されていると言えます。

シンママは最新のマッチングアプリよりもハッピーメールのような古参サービスをよく使う

もう一つ重要なのは、シンママが使う出会い系マッチングサービスの傾向になります。

シンママのほとんどはスマホ世代ですから、当然最新のマッチングアプリをよく使うだろうと考えるのは実は間違いです。

ペアーズやタップルといった若者の恋活支援や本気の婚活者向けのものが大半を占めており、シンママには敷居の高いものとなっているからです。
そのためシンママの多くは、自分よりも年齢が高い人達が集まっている古参のマッチングサービスをよく使う傾向にあります。

ハッピーメールはまさに昔からよく知られた出会い系サイトの代名詞ですから、シンママも安心して使うことができるというわけです。

ハッピーメールはセフレ探しにも比較的寛容

シンママがよく集まっているマッチングサービスであっても、そのサービス自体がセフレ探しに向いていなければ意味がなくなってしまいます。
一部のマッチングサービスでは真剣な交際以外のセフレ探しといった目的での利用を禁止していることがあるため、そうしたサービスではいくらシンママと出会うことができてもセフレ関係に発展させることは難しくなります。

その点ハッピーメールは、セフレ探しを目的とした利用にも比較的寛容であるという特徴があります。
有名な機能としてはハッピーメールのアダルト掲示板が挙げられます。
ハッピーメールの掲示板機能は大別してピュア掲示板とその他掲示板に分けられていますが、その他掲示板は実質的にアダルト掲示板として使われています。
不特定多数の人が利用するアダルト掲示板には業者や釣り目的の書き込みも多く、実際にセフレ探しに利用するにはかなりのコツが必要となります。
しかしそうしたアダルト掲示板を規制せずに置いていること自体が、ハッピーメールはアダルト目的の利用者を歓迎している姿勢を示していることに他なりません。

そんなハッピーメールに集まってくるシンママは、アダルトな話題に飢えている人が大半であると考えていいでしょう。

セフレにしやすいシンママの特徴

シンママの全てがセフレ関係に前向きなわけではありません。
ハッピーメールを使ってシンママを探す際には、同時にセフレになってくれそうな相手かどうかを見極めるテクニックも磨いておくことが大切になります。

ここからは比較的セフレにしやすいシンママの特徴について記載していきましょう。

男性と別れた直後のシンママは狙い目

当然のことですが、セフレにしやすいシンママの条件の第一は、現在特定の男性と付き合っていない、女性としてもシングルな身の上であることです。

ただし独り身になってから数年経っているようなシンママは独立心が固まっており、改めて男性と付き合うにしてもセフレのような関係性を受け入れない可能性が高くなります。

そうしたことから、シンママをセフレにしやすいタイミングは男性と別れた直後ということになります。

子どもの父親と別れたばかりのシンママは不安感が強く、相談に乗る姿勢を見せれば簡単にデートまで持ち込むことができるでしょう。

ただしこうした不安定な状態のシンママは、セフレとして扱うのはかなり厄介な側面もあります。
そのため、理想としては恋人や別のセフレと別れた直後のシンママを狙うのがおすすめです。
特に一度セフレ関係を経験しているシンママとは交渉が非常にスムーズに進むため、セフレ作りに慣れていない人にはうってつけの相手となります。

子育てがひと段落したシンママもおすすめ

シンママの中でも20代前半に子どもを持った女性の場合、30代後半には子育てがひと段落して自分の人生を見つめ直す段階に入ることが多くなります。

子どもが中学や高校にもなれば自分の時間を持つことも飛躍的に増えますから、その時にハッピーメールでパートナー探しを始めるシンママは珍しくないと言えるでしょう。

そうしたシンママは今さら結婚はできないまでも、失った青春を取り戻したいとは考えています。
そのため、セフレ関係のように割り切った男女の付き合いにこそ、積極的に乗ってきてくれる可能性は高くなっています。

ハッピーメールでシンママをセフレにするまでの流れ

ハッピーメールでセフレにしたエッチなシンママ

実際にハッピーメールを使ってシンママと知り合い、セフレにするまでの流れを解説します。

とはいえ全てこの通りに実行しても必ず成功するわけではないので、トライアンドエラーを意識して自分なりのセフレ作りのコツを身につけていくようにしてください。

ハッピーメールでシンママに絞って相手を検索する

ハッピーメールに登録しているシンママのほとんどはプロフィールにその情報を書き込んでいます。
ただし表記としては「シンママ」「シングルマザー」「母子家庭」「子持ち」などワードが複数に散らばっているため、検索の際にはそこを意識しておく必要があります。

まずはなるべく多くのハッピーメール登録女性のプロフィールをチェックして、シンママが設定しているプロフィールの傾向を把握するようにしましょう。
シンママを探しやすいワードさえわかれば、シンママに絞っての検索は簡単に実行できるようになります。

メッセージはシンママからの信用を第一に考える

シンママにメッセージを送る際には自分アピールは抑えめにして、相手からの信用を得る内容を考え抜くようにしましょう。

まずシンママであることを肯定的に捉えて褒めることは重要です。
「一人で子育てを頑張っている女性は尊敬します」といった文言は入れておいた方がいいでしょう。
ただし、子ども好きをアピールするかどうかの判断は相手によって変わってきます。
極端な話、女の子を育てているシンママにとっては子ども好きをアピールされること自体が恐怖になってしまう可能性もあります。

相手の子どもの年齢や子育て状況がわからないタイミングでは、あまり積極的に子どもの話題を出さないことも大切になるでしょう。

ともかく、基本的には相手からの好感度を稼ぎ、警戒心を解くことを重視したメッセージを送るようにしましょう。

顔合わせデートは子連れでも入りやすい場所を選ぶ

顔合わせの約束まで漕ぎ着けたら、子連れでも入りやすいカフェやレストランを待ち合わせ場所に設定するようにしましょう。

実際に顔合わせデートに子どもを連れてくるかどうかは問題ではなく、そういう場所を配慮して選ぶこと自体がシンママからの信頼を強固にするためには重要になります。

普通の待ち合わせでは厳禁となるファストフード店であっても、シンママ相手では子どもへのお土産を買いやすいといった理由で歓迎されることがあります。

ホテルとセフレ交渉はなるべく気軽なノリで行う

ホテルに誘う際は、なるべく気軽なノリを装うようにしましょう。

シンママとしては、あまり男性とのセックスを大仰にしたくないという心理がありますから、何てことのない空気感を演出することは重要になります。

またセフレ関係を構築するための交渉も、あまり真剣に持ち出すのではなく、プレイ後に言質だけ取っておくといった程度にしておいた方が成功率が上がります。

あくまで緩い流れを作って、相手が心地よくセフレ関係に流されていけるようにお膳立てを整えていくといいでしょう。

まとめ

ハッピーメールはシンママセフレを探す場所としては最適なものの一つです。

シンママの登録者数そのものが多いので、適切な探し方さえ知っていれば出会い自体は簡単に達成することができるでしょう。

ただし、セフレにするシンママのタイプは慎重に選んでおいた方が安全です。

とにかくセフレにできればそれでいいという態度でシンママと付き合うと痛い目を見るので、ハッピーメールで簡単にシンママと出会えるからといって油断することのないようにしましょう。

ハッピーメール公式サイト(R18)