1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ

Tinderはヤリ目だらけ?女性が素敵な相手を見つけるための注意点とは

更新日: 2018年09月24日

執筆者: いもこ

やり目の男

今ネットやSNSで話題のマッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」。アメリカで大流行したことから、最近日本でも話題になり、さらに男女共に無料で利用できることから人気急上昇中です。

本当に出会えるの?使い方の注意点はある?など、実際にTinderを利用した感想を女性目線でお話していきます。ぜひ素敵な出会いを見つけるための参考にしてみてくださいね。

Tinderとは?

Tinderは、アメリカで大流行したことから日本でも人気に火のついたマッチングアプリです。マッチングアプリでありがちな、男性は有料、女性は無料というような仕組みではなく基本的には男女無料で使用することができます。アメリカで大流行していることもあり、外国人のユーザーも多いことが特徴のひとつです。

位置情報を利用して自分で設定した距離内にいる相手が1人ずつ表示され、好みの相手が出てきたら右スワイプ、好みではなかったら左スワイプをしてマッチする相手を探していきます。

Tinderの評判は?

様々な婚活サイトでの口コミや私自身の経験を踏まえての総評としては、正直イマイチとしか言いようがありません。
なぜそのような結果になったのか、次のパートで良い点と悪い点をまとめて評価していきます。

Tinderの良い点とは?

OKサインを出す女性

まずは良い点からまとめていきましょう。

外国人の男性と出会える

Tinderはもともとアメリカで始まったサービスです。その影響か、ユーザーの多くは外国人です。アメリカの方はもちろん、韓国や台湾など様々な国籍の男性がTinderを利用しています。そのため外国語を学びたい人や、海外旅行へ行く前に現地で案内してくれる人を探したい人から支持を得ています。

表示される距離の設定を近場にしておけば、すぐに会える距離にいる外国人を探すことができます。

システムがシンプルなので使いやすい

好みなら右スワイプ、好みでなければ左スワイプするだけと非常にシンプルなシステムです。右スワイプして見事にマッチすれば、その相手とはすぐにメッセージのやりとりをすることができます。今まで様々なマッチングアプリを利用したけど使い方が難しくてやめてしまった、そんな人でも簡単に利用できます。

なんと良い点はこれくらいのようです…。
次に悪い点についてまとめていきます。

Tinderの悪い点とは?

×を出す女性

悪い点については良い点よりも多いですね。

ほとんどマッチしない人もいる

Tinderは出てきた相手を左右のスワイプで選定するアプリです。言い換えると顔で判断されてしまうということなのです。もちろん表示された相手のプロフィールを見ることもできるのですが、いちいち確認している人は少ないです。私も顔が好みの男性だけプロフィールを見ていました。表示される人数も多いのでプロフィールまで確認するのは正直面倒くさいです。そのため、顔判断になりがちになりほとんどマッチしないという人も出てきます。

年収1000万円以上だったり、家庭的で料理が得意だったり、そんなことは顔では判断できません。つまり圧倒的に顔面偏差値が高いほうが有利になってしまいます。

しかし、女性の場合は女というだけで無差別で右スワイプしている男性もいるので、ほとんどマッチしないというのはまれなケースでしょう。

検索機能がない

Tinderは位置情報で自動的に相手が選ばれる仕組みです。そのため職業や年収を重視する人はかなり不便です。

年齢はある程度絞れるので、年上を狙って探していくしかないですね。マッチしてから聞くのもかなりハードルが高いので検索機能がないのは面倒ですね。

ユーザーの9割は体目的

今回の記事で一番お伝えしたいポイントがこれです。

Tinderは男性も無料ということで、気軽に始められます。そのためいわゆるワンチャン(ワンナイトラブ)やセフレ探しをしている男性がかなりいます。私も何人かTinderでやり取りをしたり実際に会ったりしたときに、「えっちしよう」「俺の家来ない?」などとほとんど全員に言われました。中にはマッチして初めてのメッセージでいきなり「ヤリ目です。セフレになりませんか?」などと送ってくる強者までいました。全体的な年齢層が低いこともあり、遊び目的やその場限りの関係を求めている男性が多いです。

体目的じゃない素敵な男性と出会いたい!そんな女性のために、男性の選別のやり方を次で紹介します。

ヤリ目じゃない男性を見つけるためのコツと注意点

では実際に私自身の体験をもとに素敵な男性を見つけるコツと注意点を紹介していきます。

プロフィールがきちんと書いてある人を探す

部屋でタブレットを見る女性

Tinderは気軽に始めることができてしまうために、始めるだけ始めてプロフィールを全く書かない人や、ひとことで済ませる人が多いです。このような男性とマッチしても、突然メッセージを返さなくなったりいきなりえっちしようなどと送ってきたりします。

もちろん面倒だからとプロフィールを打ち込まずにメッセージで細かなやり取りをするだんせいもいますが、大体はすぐにLINEのIDを聞きたがったり、会いたがったりします。
そんな人たちをまずはプロフィールで選別しましょう。

自分自身のことを話したがらない人はワンチャン狙い

通っている大学、仕事先、自宅の最寄り駅、家族構成など自分自身のことを話したがらない人は、その場限りの関係を望んでいる場合がほとんどです。好みの男性とマッチしたら、メッセージでさりげなく質問してみましょう。はぐらかしてきたり、メッセージが返ってこなかったりしたら確実にヤリ目です。

夜に会いたがる

仲良くなって会う予定を立てようとしたときに、夜遅くの食事に誘われたら要注意です。その後にホテルに連れていかれたり、女性側の家へ押しかけてきたりする場合があります(男性宅には自宅がバレてしまうためにあまり誘われない)。

実際に私は、相手が夜9時までバイトだというので、その後に食事に行ったら見事に家に押しかけられそうになりました。女性側は特に自宅の最寄りなどうかっり話してしまうと大変です。

このような危険もあるので、会う予定を立てる場合はなるべく昼間のカフェなど人が多く明るい場所を選びましょう。

このあとどうする?は返事に注意する

男性と食事をしたあと、男性から必ず言われるひとこと。それが「このあとどうする?」です。この返事によって男性はえっちできるか判断しています。

もともとマッチングアプリという男女の出会いのツールで会っているため、えっちできそうと判断されてしまったらすぐに連れていかれてしまいます。

このあとどうする?と言われたら、なるべく明日予定があるから帰るよ、などと言って帰宅するようにしましょう。もし非常に好みの男性であったとしても、ノコノコついていってしまっては軽い女だと思われて本命にはなれません。

1回目のデートの場合は必ず帰宅して、お礼の連絡だけしておきましょう。相手側も良い印象をもっていてくれていれば、必ず次の予定が立ちます。逆にヤリ目だった場合、帰宅したことによってガードが固くて面倒だと思い、2回目のデートのお誘いはなくフェードアウトするでしょう。

Tinderのまとめ

結論から言うと、真剣に恋活や婚活をしている人には向いていないです。ただし、外国の人と出会いたい、飲み友達がほしいなど気軽な出会いとして利用するのはよいとおもいます。

女性の場合だとマッチしやすく継続していけばかなりの数の男性と出会えるでしょう。まずは様々な人と出会って、自分を客観的に見たり男性を見る目を養ったりしていくことに利用してみてはいかがでしょうか。

たくさんの男性と出会っていくうちに、理想の相手と出会えるかもしれません。ヤリ逃げされないよう注意しながら利用して素敵なお相手を見つけてくださいね。