1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

40代男でもまだいけます!ラブサーチ攻略法 ~ 写メとプロフで差をつけろ

更新日: 2018年06月17日

執筆者: yuuki

40代 男性 ビジネスマン

出会い系のサイトやアプリって、サクラばっかりで詐欺まがいのものが多いですよね。

サクラが増える根本として、制作者サイドとしては、課金させたいという目的があります。ですので、定額制のところであれば、サクラを回避して安心安全に出会うことができます。もう騙されたくないという人には、定額制のラブサーチをオススメします。

ラブサーチとは?

運営を始めてから16年以上の老舗で、イククルなどと同様に昔から頑張っている出会い系です。

通常であれば、アプリ登録は無料ですが、それからは課金し続けなければなりません。
これが男性にはツライ。
ちょっと遊んでいると、気付けば大金をつぎ込んでいたというのはもはや出会い系あるあるです。

ラブサーチはここが違って、『定額制』なのが大きな特徴です。
単月だと3980円ですが、年間契約してしまえば、男性はひと月あたり2000円なので、金銭的にも気楽に相手の女性とやり取りできます。
女性は0円なので、お金を気にせずに好きに使えますよ。

ラブサーチの口コミや評判

26歳女性:ネットの出会いなので、最初は怖かったけど、いざ会ってみたら男性は真面目で真剣な人が多かったです。

32歳女性:もっと不真面目なところかと思ったら、普通の社交場みたいで、もっと早く始めれば良かったと公開しています。

22歳男性:今までサクラに悩まされ続けてきて、課金もいっぱいしてきました。ここは定額なので安心です。

41歳男性:昔は質の悪いサイトがいっぱいあったけど、ラブサーチに出会ってからは不安のない出会いを楽しんでいます。

定額制だと、男性にも女性にもいいことがあります。
男性にとっては、サクラがいないのが最も大きいです。女性にとっては、定額のお金を払っている分、出会いに真剣な男性と巡り会えることです。

ラブサーチの体験談!安心して出会えました

僕自身、10人以上の女性とここで出会ってデートしていますので、ラブサーチは本当に出会えます。
ネットの出会いが怖いというのは、女性だけでなく男性も同じではないでしょうか。
美人局にあうんじゃないかとか、僕も初めは心配でした。

ごく普通に三週間ほどメールして、大阪の難波で待ち合わせしました。
相手はごく普通の子で、緊張していた僕はホッとしたのを覚えています。明らかにヤンキーみたいな、後ろにコワイ人がついてそうな雰囲気じゃなかったからです。

当時は三週間とか一ヶ月とか、一定の期間をおくのが定番みたいになっていましたが、最近は気が合えばすぐに会うような風潮ですので、昔は自分も奥ゆかしかったと思います(笑)
どちらも安心して出会えるというのはいいですよね。

待ち合わせしたのはお昼の14時で、そのままカフェに行きました。
ごく普通のデートですよね。
カフェで小一時間ほどお茶した後、道頓堀の辺りをぶらぶらと歩きながら喋りました。
ノリのいい子で、本当に良かったです。最初に出会った子がひどかったら、ネットの出会いをやめてしまっていたかもしれませんので。

18時頃になって、パスタ屋で夕飯にしました。
このぐらいになると、すっかり緊張も溶けて、打ち解けた雰囲気で会話ができました。

彼女「家では何してるの~」
僕「自炊してるから、料理を結構するかな」
彼女「ほんと? 料理できるんだ!?」
僕「うん、得意だよ」
彼女「じゃあ、今度作ってよ」
僕「いいよ!」

男性諸氏は、女性が好みそうな特技を増やしておくといいです。
出会い系は出会うまでも頑張らなくてはなりませんが、
むしろ出会ってから勝負です。
そのためには自分磨きも忘れずにいましょう。

ラブサーチのメリット・デメリット

メリット

  • 定額制
  • 男女とも真面目な人が多い
  • サクラがいない

何よりも男性にとっては、サクラがいないのはありがたいです。
無駄が省けますし、騙されたと嘆くこともありません。
ラブサーチに入ってからは、安心してネットの出会いが楽しめるようになりました。

デメリット

  • 一定の人数に声をかけてしまったら、ターゲットが著しく少なくなる

最大のデメリットとしては、生活圏内の登録者に限界があるということです。これはどこの出会い系サイトやアプリも同じかもしれませんが、たとえば奈良に住んでいたら、近隣の人に一通り声をかけてしまったら、あとは対象となる女性がいなくなってしまいます。

それ以上お金を取られることはありませんが、声をかける女性もいなくなるという、少し悲しいことになります。
兵庫とかまで範囲を広げて、もし出会えたとしても、結局は続きませんしね。

結果として、新規登録した女性に群がる現象が起こるわけですが、一つの狙い目としては、登録して何週間か経った女性に声をかけるといいです。

女性は、登録してから一週間ほどは毎日大量にメールが来ますが、途端に件数が減ります。そこを狙うと、高い確率で返信がもらえます。

ただ、5年前と違って、登録者はうなぎ登りに増えていっているので、一通り声をかけるだけでも大変なぐらいには、女性もたくさんいます。

ラブサーチでいい出会いを見つける攻略ポイント

出会い系の基本ですが、プロフィールはちゃんと登録しましょう。
もちろん、年齢もごまかしてはなりません。
30歳を超えると、「20代じゃないから返信率が下がるんじゃないか」というのを心配して、年齢を誤魔化す人がいます。これは女性も同じです。
ですが、年齢をごまかしていいことは何一つありません。
出会ってから、もし仲良くなれそうだったら、どこかで嘘をついていたことを打ち明けなければならないからです。
僕にも経験があるのですが、相手の心証がたちまち悪くなっていくのが感じられ、すごく後悔しました。

ネットの出会いだとはいえ、普通に出会うのと同じです。
社会人として誰かと出会って、年齢をごまかしたりしませんよね?

40歳なら40歳とちゃんと登録しましょう。
若い女性に出会いたいのは分かりますが、おじさんが好きという子も普通にいますから、そういう子と出会えるように頑張ればいいだけです。

その他のプロフィールも当然、本当のことを書いた方がいいです。相手に気に入られようとして、ありもしない特技や趣味を並べても、後で困るのは自分です。

反応がいいからと、職業を医者や弁護士にしてみたり、学歴に一流大学の名前を書いてみたりする人がいますが、出会うまではそれで良くても、会った後で激しく困ることになります。それがもし将来を考えるような好みの女性だったなら、なおさらです。

気が咎めて、いつまでも嘘を打ち明けられなくなったらもう最悪。
好きになればなるほど、泥沼にはまっていきます。
みなさんはそうならないように気をつけましょうね。

写メの重要性

出会い系をやっていて、最も大事だと思うのは、出会う前に写メを確認しておくことです。
「写メなんか送ったら、何に使われるか心配でこわい」という女性は多いので、警戒して見せてくれない子もいますが、そういう子は基本スルーでいいと思います。

会ってみたら美人というケースもなくはないですが、なにも低い確率に賭けることはありません。それに、会う前に顔が見せられないというのは、今の時代ならなおさら違和感があります。

顔で判断するしないの議論がありますが、第一印象はやはり顔で決めるものです。写メの交換をせずに会ってみて、一瞬で帰りたくなったことは何度もあります。

お互いにとって無駄もいいとこなので、写メは交換してからの方がおすすめです。

自分の方から先に送れば、相手も大抵は送ってくれます。
なるべく自信が持てる写真を一枚用意しておきましょう。

プロフィールのポイント

過去の経験で、料理とマッサージは間違いなく女性の反応がいいです。

料理:作って欲しいと言われるので、家に呼ぶ理由になりやすい。
マッサージ:して欲しいと言われるので、身体に触れるきっかけを作りやすい。

他にも映画などは定番ですが、アクションは絶対観ないとか、恋愛ばっかり観るなど、マッチしないケースもよくあり、共通の話題にはなりえない場合も多くありました。

他にも雑貨や絵が好きな女性は多いです。女性が興味を持ってくれるようなジャンルを磨いておくと、出会ってからがスムーズです。

まとめ

ネットの出会いだからといって、自分を偽ることなく、相手と普通に接するのを心がけていれば、誰にでもいい出会いが待っています。

ここ数年で出会い系に登録する人も桁違いに増えていますので、チャンスはたくさんあります。定額制のラブサーチで、みなさんも素敵な出会いを体験して下さい。

ラブサーチ公式サイトはこちら(18歳以上)