1. 風俗
  2. 現在のページ

メンズエステで働くのは危険?メリット・デメリットと安全に働ける店か見極める方法

投稿日: 2021年09月25日

施術をするメンズエステのセラピスト

ゴージャスな雰囲気の中で痩身や脱毛施術が受けられて、自分へのご褒美にとエステを利用する女性も増えています。メンズエステはその男性版、といった意味合いもある一方でより怪しげなサービスがおこなわれるところもあるのは事実です。

エステティシャンとしての技術を磨いた女性の方、メンズエステで働くのは危険なことなのでしょうか。

メンズエステは危険?

個人が特定されるから安全

「旅の恥は掻き捨て」という言葉もあります。匿名だからこそどんどん過激になっていく2ちゃんねる、自分が誰かがバレないような状況だと人はどんどん大胆になってしまうものなのです。
そういった意味では、メンズエステは安全です。
何しろ予約を電話で受け付けているということは、少なくとも電話番号はばれているということとなるからです。

ただの番号の羅列、ですが調べようと思えばそこから個人情報をたどることは不可能ではありません。
身元が特定されるかも、そういった状況で危険行為を仕掛けてくる相手はそうはいないでしょう。

ソープランドやデリヘルよりも安全と言われるメンズエステ、そこには理由があるのです。とはいえ例外はあります。そんな時にスタッフが待機していてすぐに対応してくれるような配慮が行き届いているお店で働くようにしましょう。

非通知でも問題なく予約ができるようなお店は絶対に避けるべきです。

性行為がないから性病のリスク無し

風俗業に関わるうえで危険なのが性病、中には不妊症となってしまったり命を落としてしまうようなものもあるのですから本当に恐ろしいものです。

メンズエステはエステなのですから触れるのは腕やお腹、足などです。性器に触れる機会さえないのです。
施術の際には紙パンツをはいていてもらうことから、性器を目にする機会さえないでしょう。

ただもしもルールに違反して性行為をしてしまったら一気に危険な状態に、自身を守るためにエステ行為のみをおこなうお店を選ぶことです。

個人が特定される危険性は?

顔出しなし

どこのメンズエステを利用するか、その参考としているのがホームページでしょう。そこにもしも顔がばっちり出ていたら、知り合いに怪しげな店で働いていることがばれてしまうと社会的信用はがた落ちです。

ただ見れば分かるはず、目や口元が隠されていたりシルエットのみだったりでほとんどのお店が顔出しをしていません。

隠されているからこそ男性の側は、きっと素敵な女性が現れるはずとドキドキワクワクして待つこととなるのです。そして女性の側も安心して働けると一石二鳥です。

怪しげな場所に行くことはない

メンズエステがおこなわれるのはマンションの一室です。そこはごく普通の方々が暮らす住宅街でありオフィス街の中にあるのです。

もしもラブホテルとか歓楽街を歩いていたら、それを誰かに見られて写真でも撮られてしまったら言い逃れは難しいです。
でもオフィス街を歩いていたとして、まさか出勤しているとはだれも思わないでしょう。

酔っ払いなど怪しい人たちに絡まれる心配もなし、風俗で働く方とお仕事する場所もまったく異なるからこそ安全なのです。

勤務時間は昼間

治安が良いと言われる場所だって、夜に女性の一人歩きはあまりおすすめできません。
ですがメンズエステは昼間に働くことが可能、日中なら女性一人で通勤していてそうそう危険にさらされることはないはずです。

そもそも知人や友人はそれぞれのオフィスで勤務中、そんな時間に通勤していたところでメンズエステで働いていることがばれることは無いのです。

お酒・たばこの香りが付くことなし

風俗と言えば夜の世界、お酒とかたばこの香りが付き物です。やたらとプンプンさせてると、そこから怪しまれることもあります。
本人は常にそういった空間にいて鼻がなれてしまっているので気づかない、だから厄介なのです。

メンズエステはエステ施術を受けることが目的、ですから喫煙も飲酒も原則禁止されているはずです。なのでそのような香りが付くことはないのです。

唯一、もしかしたらアロマの香りが付いてしまうかもしれませんが、そこはいつも同じ香水を振ってるのだと思ってもらえるでしょう。気になるのであれば、仕事着と普段着を変えるなど工夫するとよいかもしれません。制服があるお店も多いです。

メンズエステで働くことでのメリット

メリット

メンズエステを風俗店のようなものと思ってはいけません。

正式な届け出をしているわけでもなし、性的サービスをおこなうことは法律で禁止されているのです。
そういうことをするようにと煽ってくるお店もあるかもしれませんが、法律を盾にして強気に出て大丈夫です。それにライバル店も多いこの世界、違法行為をしていることが分かればすぐにも通報してくれるはずです。そうやって他の店を蹴落としながら、より多くの客を獲得しようと日々しのぎを削っているようです。

メンズエステの職場は完全個室、住宅街やオフィス街にあるので通勤もしやすくバレる危険性は低いのです。何より個人で自分のペースでやれるのがいい、一般のお仕事でもOL同士のドロドロした人間関係で嫌になって仕事を辞めてしまうといったケースも多いもの、風俗店でもよりそういった女同士の争いは多々聞かれます。
嫌味を言われたり意地悪をされたりといったことが無いので、ストレスなく頑張ることができそうです。

メンズエステで働くことのデメリット

デメリット

ただどうしても性的サービスが得られるものと思ってしまうお客は少なくないでしょう。お店側もそういった側面を意識して、ホームページに顔は見られないけれどセクシーな衣装を着せてお色気たっぷりの写真を載せさせようとしたりします。
普段の服装も、キャミソールにホットパンツだったりミニスカート、コスプレなど着ることとなったりします。
そういった服装自体、苦手だという方は避けた方が良いお仕事です。

お客である男性と二人きりとなったときにうまくかわせるだけのコミュニケーション能力も必要となります。

それでも力の弱い女性、無理やりにでもエスカレートした行為をおこなわれてしまった時に、法律違反としてお店が摘発され同時に自身も犯罪者としての前科が付いてしまうこともあります。

お金が欲しいからと軽い気持ちで始めたメンズエステのお仕事、ただ女性向けのエステと違ってそういった面もあることを知っておいて、防衛策を考えておかなければ危険です。

これはメンズのエステに限らずすべてのエステティシャンに言えることですが、さまざまなオイルを使用してマッサージにトリートメントと日々おこなっていると指や腕への負担はかなりのものです。
美しい顔立ちながら、荒れた指先のエステティシャンの方はたくさんいるのです。
施術に使われるオイルはあくまで肌の滑りをよくするもの、手荒れをケアするためにはまた別で、ハンドクリームなど塗らなければなりません。

まだ若くておしゃれをしたい年ごろでしょうが、お客様に施術をおこなうためにも長い爪はNGです。
短く切ってネイルも控えめに、指輪などの飾りも外した状態で臨まなければなりません。

華やかに見える世界ながらも、実際には日々労働しているわけですから身体的負担も大きいわけです。
女性ではなく男性だとより大きく筋肉で硬い肢体を持っています。全身をもみほぐしていくのは思っている以上に体力を消費する行為です。

まとめ

何となく性的な雰囲気を漂わせながら施術をしていればお金がもらえる、そんな甘い世界ではありません。
あくまでエステが本題なのですから、施術技術を磨く必要があるのです。

そのうえで、性的要素も入れるよう強要してくるお店側でありお客をうまくかわしながらもマンションの一室で彼女らは日々戦っているのです。