1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

女子大生が上手にセフレを作る方法!セフレに向かない男性や年代別の魅力は?

投稿日: 2021年09月19日

セフレを部屋に入れる女子大生

エッチがしたいという欲求を解消したいのは男性だけでなく女性だってそう、ただ女性は受け身でという考え方の男性も多いため恋人相手だとはじけることができず、実は彼氏がいるにも関わらずセフレが欲しいと考えてる女子大生は多かったりします。

女子大生というステータスがあるのですから、恋人作りは意外と簡単かもしれません。ではセフレは、どうすれば作ることができるのでしょう。

女子大生が上手にセフレを作る方法

クラブに行こう

本命彼氏ではなくセフレを見つけたいならクラブがおすすめ、一夜限りの相手を探すことを目的としている男性はけっこう多いです。
つまりはその場限りのもの、そこから継続的にセフレとして続けていくのは難しいかもしれませんが、身体の相性が抜群の相手を見つけたら連絡先を伝えとくとよいでしょう。

重い付き合いをする気はないことも言っておけば、相手もせっかくの相性の良い女性を逃したくない、今後も気持ちよくセックスできると都合がいいと長いお付き合いへと発展して行ける可能性は高いです。

彼女がいる男性を狙う

すでに彼女がいる男性であれば、それ以上のお付き合いへと発展する可能性は低くなるでしょう。本命は彼女ですからあくまで身体の関係だけです。

大切な相手には出せない性癖をバンバン披露してもらえて、今までにない刺激的なセックスライフが送れそうです。

ただ、女子大生側としてはセフレとしてのお付き合いをしたいだけだとしても、相手が本気になってしまうことはあります。
本命彼女にばれてしまうことも、内緒で彼氏が他の女性と身体の関係になってることを許してはくれないでしょう。身体の関係はいまいちと思われてるのだからこそプライドもずたずたに、そこでひと悶着が起こってもしょうがないのです。
それが親友の彼氏だったとしたら、セフレも友情も失ってしまいます。リスクは高いですが、シチュエーション的にも盛り上がりそうでセックスの楽しみは増えますね。

身近な出会いから見つけ出す

友人の彼氏を含め、自身の身近な相手からだと見つけやすいです。本命としてお付き合いしたいわけではなし、身体のさみしさや欲求不満を満たしてくれるような相手を探せばよいだけです。

悩み相談していったり、異性に積極的に声をかけてるとちょうどいい相手が見つけやすいです。

マッチングアプリもおすすめ

マッチングアプリでセフレを探す女子大生

身近な相手だとどちらも同じ程度の温度感でお付き合いができるかどうかは難しいです。もしかしたら相手は本気になってしまうかもしれません。うまくいけばいいですが、もしもセフレ関係になってることが周囲にばれたら冷ややかな目で見られてしまうでしょう。うまくいかなかったりフラれたりといった出来事があっても、そのまま身近な相手としての関係は続いていきます。そこで気まずくなって日常生活に影響があるようでは困るのです。

その点、マッチングアプリではじめからセフレが欲しいと言っているのであれば、相手もその気で声をかけてきます。
何しろ女子大生、若さが武器となり年代も顔も選び放題です。
お互いに個人情報はまったく知らない相手ですから、合わなくて切った後にいつまでも付きまとってくるストーカーとなる危険性も減ります。
友人や知人とのつながりもなし、彼氏がいるのにセフレも作ってといった状況であってもばれにくいのです。
とはいえ、実際の自分よりもよく魅せようと嘘の情報が登録されていることもあり、初めて会う赤の他人ですから、合うかどうかは実際にやってみないと分かりません。

飲みの場でわざと羽目を外してみては

いいなという相手がいたら、その方もやってくる飲み会に積極的に参加してみることです。

アルコールが入ると人はリラックスして精神的なハードルも下がり、上手い具合にセックスへと持ち込まれやすいのです。

試してみた結果、無理と分かった時には酔った上の出来事だったとしてその後は完全無視すれば相手も脈なしとそれ以上は深追いしてこないはずです。

セフレに向かない男性

セックスの相性だけを基準に選んでると痛い目を見ることも、セフレには向かない男性もいるのです。

元カレはスッパリ切るのがおすすめ

元カレと別れて、それでいて変わらず身体の関係を続けていくのはやめましょう。

確かに気心がしれた相手、それに互いに恋愛感情を持った相手でもあります。でも分かれたのには何らかの理由があるはずです。
もしもまた恋愛感情が蘇ってしまったら、恋人同士に戻ったら別れた理由がもう一度突きつけられるわけで、別れたり付き合ったりを何度も繰り返して不毛な関係を続けていくよりは、スッパリと切って次の相手に進んでいった方がいいのです。

そもそも元カレですから、いまさらセックスの方法を変えることなど恥ずかしくってできません。彼氏彼女の関係とはまた違った開放的で刺激的なセックスができるのがセフレならではのよさで、そういった意味でも元カレは避けておいた方がよいのです。

年下の男の子は何かと面倒な相手に

年下の男の子から一方的に迫られて、なんとなく身体の関係だけを続けることとなったりといったこともあります。
その頃の年代の子には年上の女性は包容力もあって色気も感じられて、大人の魅力にメロメロになってしまいがちなのです。
ただ年下の男の子とはセフレ関係を続けるには難あり、軽いお付き合いを女性側が続けようとすればするほど男性の方は本気になってしまうのです。

だからといって女性側も本気になれば、男性は目的が達せられたわけで冷静になります。そうなると見えてくる同年代にはないお肌の衰えとか押しつけがましさに嫌になって、それで別れることとなるというのがオチです。

将来が見えている以上は、まだ男性側の恋心がほのかなうちに恋の炎を摘み取ってやっていた方が安心です。

男友達は友情を優先させて

身近な相手である男友達、悩みとか打ち明けたりしているうちに身体の関係となってしまうことはあるでしょう。
そのまま恋に発展するならともかく、セフレとするのは避けた方が良いでしょう。
大切な友情をうしなうこととなり、どっちつかずの不安定な状態となります。

恋愛とか友情といった感情はセフレには不要、身体の関係だけを続けられる相手がおすすめです。

年代によって違う、セフレの魅力

年上男性とのめくるめくセックスライフ

セフレを作るからには刺激いっぱいのセックスライフを送りたいというなら年上がおすすめ、同年代と違ってあなたが気持ちよくなることを第一目的に考えてセックスしてくれるはずです。

優しいリードに今までにない気持ちよさ、一度はまるともう同級生なんて考えられないでしょう。

気軽に楽しめる、同級生

年齢が近い方が話しやすいし予定も合いやすい、気軽に楽しめるのは同年代です。

立場が一緒だからこそ、共にプレイを研究して高めていけるのも利点です。

年下を選んで自分好みに変えていく

母性本能をくすぐる年下を好む方もいるでしょう。自分が言うとおりにやってくれて、がんばってる姿にキュンキュンさせられます。

まとめ

セフレが欲しいのであれば、ちょっと周りを見渡せば、アプリに登録したり飲み会に参加したりと日常をすこし変えるだけでも、女子大生なら簡単に見つけることはできるでしょう。

ただ、その相手によっては修羅場となってしまうかもしれません。
周囲の信頼であったり友情をうしなうことにも、セックスをもっと堪能したいという軽い気持ちで人の気持ちを傷つけてしまう結果となる方も多くいるのです。

女子高生にとってセフレを作るのは簡単でも、そういったあれこれを考えて上手に作るかセフレがほしいという気持ち自体を無くしてしまった方がよいでしょう。

彼氏がいる方、うまく誘導すれば現彼氏といままでにない刺激的なセックスを楽しむことだって可能ですよ。