1. 風俗
  2. 現在のページ

激安ソープとは?高級店との違い・楽しむ極意・おすすめの場所を紹介

投稿日: 2021年09月03日

激安ソープのある北海道ススキノ

私は若い頃、風俗にハマってしまい、日本全国津々浦々の風俗に行きました。
その際、私は普通のサラリーマンですので、とても高級ソープに行くことなど叶わず、激安ソープ専門でした。
そこで激安ソープの熱い地域や激安ソープのイロハについて書かせていただきます。

これまでソープに行った事が無い人や、お金に余裕が無いので激安ソープに行きたいけれど、怖くて行けない等、考えている人のお役に立てれば幸いです。

ソープとは?

ソープについて、どんな所か分からない人のために、サービス内容や料金体系について説明します。

まず、ソープとヘルスの違いについてですが、明らかに違うのは、名前に「ソープ」という名前が付くくらいですので、必ずお風呂が備わっており、お風呂のサービスが付いております。
そして決定的な違いとしましては、「本番あり」ということです。
ヘルスでも、昔は本番ありのところも多々ありました。有名なところで言えば埼玉県の「西川口流」や「越谷流」など流派のような言い方をしておりましたが、どちらも本番ありの隠語のような表現で使われておりましたが、通常は違法なのでヘルス=本番にはなりません。
ヘルスと言えば口のサービスか、スマタのサービスが一般的です。しかし、ソープと言えば本番があります。

ソープのサービスの流れ

では、本番ありのソープのサービスの流れについて説明します。
一般的な流れとしましては、ソープ嬢に体を洗ってもらい(口のサービスあり)、お風呂に漬かります(口のサービスあり)、その後、マットを使用してローションプレイ。(これがかなり気持ちイイ。クセになります。)ローションプレイで一発抜いて、ベットで2発目のプレイというようなパターンが一般的です。

ソープの料金体系

では次に料金体系について書きます。

料金については大体1万円~5万円程度が一般的です。
私の中では1万円~1万5千円程度が激安ソープ、3万5千円~5万円が高級ソープ、その中間が普通のソープといったランク分けをしております。

今でこそ、受付で一括いくらを支払えば良いのですが、昔は違っていました。では昔はと言うと入浴料とサービス料が分かれていたのです。
一般的な支払方法としましては、受付で支払うのは入浴料のみで、ソープ嬢に直接支払うのがサービス料でした。
今も地方の特に東北地方の港町などではこの支払体系の店が多いです。
しかし、5大都市のソープなどは大体が一括料金を支払えば良いので分かりやすい料金体系となっております。
とまぁ、こんな感じでソープについての説明は終わりますが、これからは本題である激安ソープとはについて熱く説明します。

激安ソープとは?

激安ソープとは、まず、先に説明した料金体系で言えば1万円~1万5千円程度の料金体系の店を一般的に「激安ソープ」と言います。

中には最近では1万円を切る店も出てきております。
ちなみに1万円を切る店が多い地域としましては、福岡県の中州や小倉、北海道のススキノなどの地域で非常に多く見られます。

こんなに安いなら、みんな激安ソープに行けばいいじゃんと思われるかもしれませんが、激安ソープには危険リスクも潜んでおります。
勿論、基本、高級ソープと比べると安かろう、悪かろうです。ではリスクを挙げて行きます。

激安ソープは病気の危険が高い

激安ソープのリスクは、病気になる確率が高いです。

病気になるリスクというのは全ての風俗店に言えるのですが、激安ソープではその確率が高いです。

当たり前の事ですが、激安ソープは料金を可能な限り低く設定しておりますので、ソープ嬢の定期検査や店内の衛生環境も悪いものです。
更には、激安なため、お客さんの質も悪いですので、病気になるリスクは普通の風俗と比べれば高いです。
ソープは本番ありですので、その点についても病気リスクの高い理由になると思います。

激安ソープには可愛い子が少ない?

次の激安ソープのリスクは、ソープ嬢の顔面リスクがあります。

激安ですので、基本、ソープ嬢の顔は悪いです。
風俗雑誌等には修正しまくりのキレイな顔が掲載されておりますが、実物は全くの別人ということもザラにあります。

中には東京の一流ソープで働いていたが、年齢と共に都落ちしてきたためキレイなソープ嬢や、地方でヤンキー崩れのソープ嬢でキレイめな人もいますが、そんなのは全体の1割~2割と思っていいでしょう。基本は高望みしてはいけません。

マットプレイがない

激安ソープには、マットプレイが無い場合があります。
これは、危険リスクではありませんが、私にとって激安ソープを選ぶ際の大きな基準なので書かせていただきました。
激安ソープは価格が激安なため、サービス時間も短い店では35分~であったり(一般的には40分程度)と、非常に短いサービス時間なため、マットプレイが無いパターンも多いのが実情です。

先に書かせていただいたサービス内容でもあったように、ソープの醍醐味は何と言ってもマットプレイです。マットにローションをたっぷり付けてするソープ嬢のサービスは絶品です。(まぁソープ嬢にもよりますが)

私から言わせてもらえれば、これをやらずしてソープを語るなというくらいのサービスです。このサービスが無いのであれば、私は激安ソープには行きません。それくらいの重要度ですので、激安ソープ選びの基準としましょう。

激安ソープを楽しむ極意

ここまで重い話をしてきましたが、ここからは楽しく遊ぶための極意を記載していきます。

必ず指名しよう

激安ソープを楽しく遊ぶためには、まず、お金があれば指名しましょう。
激安ソープの指名料は一般的には千円程度です。お金に余裕があれば指名した方が確実です。
先に書いたように激安ソープで顔が良いソープ嬢に会う確率は1割~2割です。10回行ったら1~2回しか可愛いソープ嬢に当たる事ができないのです。

おそらくこの記事を見ている方はお金にそんなに余裕がなく、頻繁にソープに行く事ができない人たちでしょうから、そんな貴重なソープに行ける日にブスに当たって凹まないためにも是非、指名しましょう。

また、指名料が惜しいという方は、1回目に着いたソープ嬢が例えブスであっても「チェンジ」することも可能です。
但し、千円のキャンセル料が掛かりますが。
そのため、2回目もブスが来た場合は更にキャンセル料が発生し、当初に指名しておけばという事態がありますので、安全パイは最初に千円払って指名が安全でしょう。

激安ソープは小倉かススキノがおすすめ

激安ソープでは、遊ぶ地方も重要です。

激安ソープはそもそも5大都市などの大都市にしか存在しません。その理由としましては、地方はそんなに風俗が無いため競争原理が働きませんので、料金を激安にする必要は無いのです。
そのため激安店は存在しません。なので、大都市圏でしかお目に掛かれません。

その中でもどこで遊べば良いか。それは私の経験上、福岡県の小倉か北海道のススキノ(札幌)です。
全国津々浦々、遊んで来ましたが、北海道と福岡県の女の子の可愛さは別格です。
そのため、ソープ嬢の質も非常に良好なのです。
また、福岡県には中州、北海道にはススキノと、日本有数の歓楽街のため、競争率も激しく、サービスに関しても手厚いのが実情です。

北海道のススキノには早朝の割引サービスがあり、より格安で遊べます。
私が若い頃は引っ越し業者さんなどは東京から北海道へ荷運びをして、早朝サービスを梯子したなどの逸話も聞いています。2件梯子しても2万円程度と普通のソープ1件分の値段で倍遊べるのですから最高です。

ススキノや中州は風俗雑誌等も充実していますので、お金に余裕があれば先に雑誌で情報収集してから遊ぶのもまた良いと思いますよ。
ただし、中州、ススキノ両方にも注意点があります。絶対に両方とも、客引きには付いて行かないようにしましょう。
中州とススキノのどちらも、路上の客引きに付いて行くと、かなりの確率でぼったくりに遭います。
私も東京に住んでいた際、客引きに付いて行くと割安なサービスを受けられるという認識から中州でも客引きに付いて行ったのですが、ぼったくりに遭った経験があります。(私の場合はヘルスに行こうとして客引きに付いて行ったら手コキで終わり、料金も客引きが言っていた倍の値段を取られました。)
客引きには十分注意です。
なので、中州、ススキノのどちらも無料案内所を利用しましょう。無料案内所は親切丁寧に教えてくれて、割引チケットも貰えますよ。

最後に福岡県のおすすめとしては、激安ソープなら小倉がお勧めです。小倉は非常に落ち着いた街で激安ソープもたんまりあります。勿論、ソープ嬢もカワイイ確率が高いのでお勧めです。