1. 風俗
  2. 現在のページ

キャバクラにハマる人の特徴7つと通うメリット・デメリット

投稿日: 2021年07月25日

キャバクラにハマる男

キャバクラにはまってしまう男性、周りにいませんか。給料がなくなるまでキャバクラ通いをしてしまうのは、どんな魅力や理由があるのでしょうか。

世の中のすべての男性がキャバクラ好きかというと、そんなこともありません。キャバクラにハマる男性の特徴や、キャバクラに通うメリット・デメリットについて解説していきます。

キャバクラにハマる人の特徴

キャバクラにハマる人には、それぞれ共通する特徴があります。
たまにキャバクラに行く程度ではなく、何度も通ってしまうのはそれだけの理由があるはずです。

キャバクラにハマってしまう人の特徴を7つ紹介していきます。

1.リアル恋愛が苦手な人

現実の世界でリアルな恋愛ができない人は、キャバクラにハマってしまうことがよくあります。

女性と付き合いたいけど自分に自信がないため行動することができないタイプは、キャバクラに行くことで女性と接することができます。そのため、1度その味を覚えてしまうと抜け出すことができなくなってしまうことがよくあるのです。

リアルな恋愛は自信がなくても、キャバクラなら努力しなくても夢のようなひとときを過ごすことができるためハマってしまうことになります。

2.遊ぶ友達が少ない人

愚痴をこぼしたり気兼ねなく話せたりする友人がいないとき、キャバクラに行けばその欲求を満たすことができます。
本来なら友人に話したいことでも、キャバ嬢が聞いてくれればスッキリすることができるからです。

寂しがりやのタイプに多く、人恋しい環境を埋めてくれるのがキャバ嬢となるわけです。
単身赴任や転勤で周りに友達がいない人が、キャバクラにハマってしまうのは友達がいない寂しさを満たしてくれることが大きな理由となります。

3.お金遣いが荒い人

ギャンブルやパーティー好きな人にありがちですが、好きなことにはとことんお金を使うタイプです。
このタイプは、キャバクラでぱっとお金を使うことで欲求が満たされるため、キャバクラ通いにハマりやすい特徴となります。

部下や友達を引き連れてキャバクラ通いをすることもあり、好きなだけ使ってしまえと大盤振る舞いをすることもあるのです。
お金を使うことで寂しさを紛らわす人もいますし、単に大騒ぎをすることが好きなひともいます。

4.見栄っ張りな人

現実の世界ではできない話も、キャバクラだったらできます。
リアルな世界だと、見えを張った話はすぐにバレてしまうため中々できません。たとえば、大きなプロジェクト任されていてさなどと嘘をついても誰も突っ込むことはないです。
極端に言えば、別の自分を演じても誰も文句は言わないので、見栄を張りたい人にとってキャバクラは居心地がよく感じるのです。

現実では叶わないことが叶うことで、キャバクラ通いにハマってしまうのでしょう。

5.ストレスが溜まりやすい人

仕事などでストレスが溜まっていると、何かで発散させたい気持ちになります。
キャバクラに行けばその時間だけストレスを忘れることができるので、ハマってしまうことがよくあるんです。

キャバ嬢相手に愚痴をこぼせば聞いてくれますし、楽しく飲むこともできるので健全な範囲であれば問題ありません。
ただし家庭内にストレスの原因がある男性が、キャバクラにハマってしまうこともよくあり、ハマり過ぎた結果トラブルということも起こります。

6.承認欲求が高い人

褒められたいという承認欲求が高いのに、普段の生活で満たされていない人はキャバクラにハマりやすい傾向があります。
普段の生活であまり活躍できるようなタイプではないため、自分が求める気持ちが満たされないとストレスになっていくのです。

キャバクラに行けば、キャバ嬢たちが自分のことを褒めてくれたり上げてくれたりするので、とても心地よくなります。

女性に囲まれながら褒められることが快感となり、いつしかキャバクラに依存してしまうようなケースもあります。

7.女性が大好き

キャバクラにハマってしまう理由には、単純に女性が大好きという人もいます。
彼女がいても結婚していても、女性と遊ぶことがやめられないようなタイプはキャバクラで遊ぶことにハマりやすいです。

とにかく女性と遊びたい、キャバクラでチヤホヤされていたいという男性はハマってしまう魅力があります。
妻帯者や彼女がいる人は、遊び方を間違えずにその場を楽しく過ごせば問題ないですが、行き過ぎてしまうとトラブルになりかねないので注意が必要です。

キャバクラに通うメリット

キャバクラに通う男性にとって、どんなメリットがあるのでしょうか。
楽しくて心地よいキャバクラであっても、通うメリットがあれば男性にとってよいこともあると言えます。

男性がキャバクラに通うメリットについて、みていきましょう。

女性慣れする練習ができる

奥手な男性や女性経験が少ない男性にとっては、女性慣れする場としてのメリットがあります。

普段の生活の中で、女性と接する機会がない人はキャバクラで女性と会話をするレッスンになるわけです。

女性慣れしていない男性は、自分に自信がない人が多くいます。
そのため、キャバクラで経験を積むことによって自信をつけることもメリットです。

現実を忘れて楽しむことができる

仕事や家庭とは違う環境の中で、楽しく過ごすことができるのはキャバクラのメリットです。
ハメを外し過ぎなければ、現実を忘れて楽しめることはいいことだと言えます。

ほんのひとときであっても、キャバ嬢との幸福な時間を過ごして気持ちを上げることができるなら、非常に大きなメリットとなるでしょう。

疑似恋愛を楽しめる

キャバクラを非現実だと捉えて、キャバ嬢との疑似恋愛を楽しめるのであれば幸せなことです。
可愛い女の子と会話ができる時間を、疑似恋愛として楽しめるのはメリットと言えます。

ただし、キャバ嬢にハマりすぎて本物の恋愛だと勘違いしてしまうと、トラブルを招くことにもなるので、あくまで疑似恋愛がメリットとなります。

キャバクラに通うデメリット

バツを出す女性

キャバクラに通うことはメリットもありますが、デメリットもあります。
楽しいキャバクラ通いにハマり過ぎてしまうと、下手したら人生を変えてしまうようなトラブルにもなりかねません。

キャバクラにハマって通うことのデメリットについて、みていきましょう。

金銭的な浪費

キャバクラ通いのデメリットは、金銭的な浪費です。
たまに行く程度であれば問題ありませんが、ハマり過ぎて給料をすべて費やすような状態になれば貯金をすることもできません。

キャバクラにハマるだけでなく、好きな子に貢いでしまうなどとなると、給料だけでは持たないこともあります。

キャバクラで楽しみたい気持ちはわかりますが、自分自身の生活を崩してしまうようなハマり方には注意しましょう。

本気で恋をしてしまう

キャバクラ通いにハマり、好きな女の子ができてしまったという話はよくあることです。
いいな程度に抑えていられればいいですが、本気になってしまいお店とトラブルになったり、自分の家庭を崩壊させてしまったりでは元もこうもありません。

もちろん、キャバ嬢との出会いがないわけではありませんが、お店で見る姿は仕事だということを決して忘れないようにしましょう。

お気に入りの女の子だけと居られるわけではない

お目当てのキャバ嬢と一緒に過ごしたくても、人気のキャバ嬢となれば指名がかぶり長くいれないこともよくあります。
せっかく彼女といたかったのにと、残念な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、これはキャバクラのシステムなので仕方ありません。
むしろ指名しないで、フリーで入る方が楽しめることも多いんです。

指名が意味なくなることをデメリットと言えますが、考え方を切り替えれば楽しむことも可能です。

まとめ

キャバクラにハマる人の特徴や、キャバクラに通うメリット・デメリットを紹介しました。ハメを外しすぎずに楽しむなら、キャバクラは十分に男性にとって魅力的な場所です。

自分の生活に支障をきたさないように、上手に楽しく遊びましょう。