1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 現在のページ

女性がセフレになる心理学!セフレになる女性の特徴10つ

投稿日: 2017年10月28日

執筆者: 田中 朝日

セフレになる女性イメージ

皆さんは、セフレに関心がありますでしょうか?
男性はほとんどが、セフレが欲しいのではないでしょうか?

恋人以外に、セクシーでエッチな彼女が欲しいと思うことはよくありますよね。そんな女性と、心の底からエッチをエンジョイできたら幸せのきわみですね。

でも、自分にはセフレ作りなんて無理!という男性も多いでしょう。
今日は、セフレになりやすい女性を研究しましょう。

スポンサーリンク

進化論から見るセフレを求める男女

男性のセフレ願望はオスとしての本能

男性が本能的に女性とセックスしたがるという話はよく聞きますね。
確かに、子孫を残すためには重要でしょう。

では、女性はどうなのでしょうか?
女性にはセフレ願望ってないのでしょうか?
難しいところですが、これはあると言えます。

女性にも、メスの本能として自分の遺伝子を残したい感情はあるのです。
ただ、女性は男性のように不特定多数に遺伝子をばらまくことは不可能ですね。
その代わりに、女性は、自分の息子を使って遺伝子の拡散をはかろうとするのです。
どういうことでしょうか?

よく、ダメ男に引っかかる女性がいますね。
あんなに真面目な娘なのに、なぜあんな男と….?
という場合がよくあります。
実は、ここにメスの遺伝子拡散の戦略があります。

女癖の悪いダメ男の息子なら、きっと息子も女癖が悪いはず。
その息子なら、自分の遺伝子を広めてくれるはず、というような戦略です。
だから、女性にも本能的にはセフレ願望があると言えるのです。

セフレになりやすい女性10の特徴

1. 性欲が強い

性欲が強い女性

いきなりですけど、女性にも性欲はあります。
ただ、男性のようにいつでもどこでもではありません。

生理周期の、丁度月経前に性欲が高まります。
その理由は、ホルモンバランスにあります。

女性ホルモンは、生理前に徐々に低下します。
女性にも男性ホルモンがあります。
量としては、男性の10分の1から20分の1程度ですから、そう強いものではありません。
しかし、生理前には、女性ホルモン自体が低下するので、総体的に男性ホルモンが高まり性欲がムラムラするのです。

2. 本命彼氏だけでは不十分

本命彼氏とは別にセフレがいる女性は存在します。
ただし、男性のようなストレート性欲の表れではありません。

女性は寂しさや不安を感じやすい生き物です。
彼氏がいても、「会えない」「寂しい」「彼が本気か不安」という気持ちを常に抱きます。
そのような時はセフレになりやすいのです。

女性の脳には、セロトニンという精神安定化伝達物質が少ないのです。
そりゃ、女性が男性なみに堂々としてたら、社会もおかしくなるでしょうね。
女性は、心配性で、几帳面で、慎重なぐらいでなければバランスがとれません。

3. 恋愛体質

恋愛体質の女性が存在します。
具体的には、

  • 寂しがり屋
  • 依存性が高い
  • 男との距離感が近い

などの特徴を持ちます。

ただ、このタイプは深みにはまると少し大変かもしれません。
メンヘラ傾向の娘もいましたね。
本気で愛する気がないのでしたら、早めの撤退がお勧めですね。

4. セックス依存症

アルコールやギャンブルと同じようにセックスも依存性があります。
お酒やギャンブル依存の女性はセフレにもなりやすいでしょう。

快感は、脳の中ではドーパミンが放出されます。
このドーパミンの感受性が生まれつき低い人達は、依存症になりやすいです。

セックスでもどんどん過激な刺激を求めるようになります。
趣味が合えば、こんなに良いセフレはいないのですが、もしかしたら少し疲れるかもしれませんね。

5. 出会いが多い女性

肌の露出が多く、軽く見える女性は、男性からの誘いに慣れています。
渋谷あたりでは、男性経験百人の20歳女性なども存在します。
このタイプは、出会いからセックスまでの時間が短縮化しやすいため、気がついたら、複数とセフレ関係なんていうこともあるのです。

ビッチとかヤリマンとか呼ばれて、ちょっとかわいそうでもあります。
ただ、このようなタイプでも、だれでも良いというわけではなさそうです。

女に好かれるには、男の方も自分磨きが重要でしょうね。

6. お酒の付き合いが良い女性

Barでお酒を飲む女性

お酒は、理性の脳を麻痺させます。
よって、セックスに持ち込みやすいと言えますね。

ただ、酔わせて無理やりなんて言語道断です。
やはり、お互いの波長が合わないとダメです。

ただ、やはり、お酒OKは可能性ありです。
ボディタッチとかしてきたらさらにありです。

でも、単に酔ってもたれただけという場合もあるのでご注意です。
私にも、大分年下の女の子と飲みに行って、いい感じになったことがありました。

でも、彼女は彼氏もちでした。
キスまでは許しました、その後はダメでしたね。
かなり酔いつぶれていたのですけどね。

でも、そのころは、彼女は彼と少しギクシャクだったのでしょう。
私を好きだといいましたし。
でも、実は、私も彼女持ちだったのでお互いさまというところでしたね。

7. 既婚者、アラサー、アラフォー

最近は、肉食系女子が多いですが、それは熟女にまで拡大しています。
若い男性にも熟女好きが増えているという事実もあります。

女性ホルモンは、経年的に低下しますが、女性ホルモンの衰えは、相対的に男性ホルモンを活発にすることになります。

また、キャリアウーマンなどでは、男性同様に社会で仕事もするわけですから、男性並みに脳も機能を変えるのです。
そうなると、熟女には性欲が高い女性がより多くなると言えますね。

8. 本命彼氏を求めて出会いを重ねるうちにセフレ化する女子

本人は、普通の恋愛相手欲しさに、恋活をしているだけなのですが、気がついたらセフレ化している場合があります。
ちょっとかわいそうですが、仕方がありません。

女性は、結婚までの一時期に集中的に優秀な男性を求めて出会いをする傾向があります。
男性の反応に応じて、「まずは食事でも」といっているうちに複数とセフレ化というパターンはありがちです。
このタイプには、普通に女性をくどくようなアプローチが必要ですね。
誠実さと、真面目さをアピールです。

何度かセックスを重ねると、女性もうすうすは「私ってセフレ?」と気付きだします。
そのような時には正直に答えてはいけません。

「身体が欲しいときだけ会いたいの?」と聞かれたら、「お前が大事だから、時間をきちんとつくりたいんだ」などと優しい嘘をついてみましょう。

9. 押しに弱いタイプ

好みでない男性からでも、熱心に誘われると断れない優柔不断女子というのは存在しますね。
大体、見ていればわかるものです。

集団の中でも、あまり目立たず、あとからついて行くようなタイプです。
おとなしそうに「彼氏募集中です」などという娘は絶対狙い目です。

直接誘うと抵抗を感じる場合などは、なにか理由をこじ付けると良いです。
セックスに誘うのではなく、疲れたから休みたいとか、体調が悪いので少し休ませてなどでしょうか。

10. 割り切りでセフレと遊ぶタイプ

割り切りでセフレと遊ぶタイプ

これも、多くはありませんが結構いますね。
全ての女性にとって、ただただセックスと恋愛をエンジョイできる時間は永遠ではないのです。

今しかないから遊びたいという気持ちは理解できます。
そういった気持ちにつけ込むとセフレになれちゃいますね。

ただ、男慣れしているこのタイプは、セフレには、彼氏にはない面を求める傾向もあります。
例えば、彼氏には性格と中身を求めても、セフレには外見やイケメン度やお金を求める場合があります。

彼氏には求められない、自分の理想の男性を求めるのでしょう。
まあ、アイドル好きの心理のようなものでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

セフレが欲しい気持ちは、基本的には男女共通です。
ただし、女性は男性よりも少し複雑にできています。

科学的にみると、男女のセフレ願望には違いがありそうです。
進化論的には女性にもセフレを求める立派な理由が存在するのです。
皆さんはどう感じますか?