1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

30代男のMatchbook体験談【サクラなし!20代との恋活におすすめ】

更新日: 2018年06月17日

執筆者:

Matchbookでの恋活を楽しむ30代男

今、流行りのfacebookと連携している恋活アプリ。その中で筆者が一番使いやすかったMatchbook(マッチブック)について、筆者自身の体験談を交えながら説明します。

筆者のスペック:顔は普通、35歳、サラリーマン、年収非公開、身長170センチ、体形普通、未婚。

攻略のカギは、やはり、facebookと連携している事といいね!するために貰えるコインの数にあった!?

Matchbookは20代の利用者が多い恋活アプリ

Matchbookとは、いわゆる、恋活アプリの一つである。facebookを使っていて、且つ、facebook上の友達が10人以上いないと利用することが出来ない、という特徴がある。

このアプリの利用者層は、20代が一番多い。次に30代という感じだ。なので、20代の異性と出会いたい人にとっては、良いアプリだと思う。逆に大人な出会いを求めている人にはイマイチで他のアプリの方がいいかもしれない。

運営会社はリクルートグループであり、そういった意味で、ある程度信頼できる。

料金については、男性のみ本格的に活動するには有料である。最低の課金額が1か月間有料会員の3,980円と、割と高めの設定である。あとは、有料会員の期間が長くなればなるほど、1か月間あたりの料金は安くなっていく。1か月あたりの料金は、3か月プランで3,660円/月、6か月プランで2,996円/月、12か月プランで2,415円/月である。

facebookの利用、及び、facebook上の友達が10人以上いることがこのアプリを利用する必須条件だけあって、僕が感じた印象では、サクラや業者はいない気がした。こういうアプリのサクラ及び業者は妙にルックスの良いモデルの画像を利用していたりするが、そういった不自然な人は見かけなかったし、仮にいても極少数なので気づかなかった。
なので、アプリの安全性は高いと言える。そういった意味では、男性にも女性にも勧められるアプリだ。

他の恋活アプリと同じく、会員は様々な条件で異性の会員を検索する事が出来る。そして、意中の人を見つけたら、いいね!を送る。これが返って来なければ、その会員とは縁がないという事である。
逆に、いいね!が返って来たら、初めてメッセのやり取りが出来るようになる。メッセのやり取りをしていく中で、親密さを深めて、実際に会うことになる。

攻略のカギとしては、先ずは、このアプリではfacebook上の友達の数が表示される事が挙げられる。次に、登録会員数・アクティブ会員数、共に、数が少ない割に、いいね!するためにコインは、割とたくさんもらえる事、などがあげられる。その他の要素については、こういうマッチングアプリは、ほとんど同じだと言ってよい。

言うに及ばず、写真は載せないより載せるべきだし、最高の一枚を使うべきだ。また、プロフの文章はいいところを強調して書き、悪いところは書くとしても少しにしてフォローの言葉を入れる。勿論、バレるような嘘は厳禁である。まるで就活のエントリーシートのようだ。

Matchbookの会員は美男美女が多いと評判

このアプリについての、僕の周りのMatchbook利用者や口コミWEBサイトでの評判は、様々である。しかし、一番多い評判は、会員は美男美女が多いと感じた、というもの。

次に、facebookを利用していないとアプリが使えないため、ある程度相手の素性が信頼できるのが良いというもの、が多かった。

Matchbookの体験談!さくらや業者はいなかった

僕はこのアプリで、2017年8月の1か月間を有料会員として過ごし、その後すぐにやめた。料金としては先ほど記載した最低の課金額である3,980円だ。少し割高に感じたが、出会いのためなので、致し方ない。因みに、僕のスペック:顔は普通、35歳、サラリーマン、年収非公開、身長170センチ、体形普通、未婚、である。

そんな僕が、このアプリを始めたきっかけは、恋人か遊び友達が欲しかったからだ。ネットで人気の上位に来ている恋活アプリはほとんど試したので、このMatchbookもついでに試したという感じだ。

このアプリで実際に行った活動としては、100人程度にいいね!を送り、その内8人位とサイト内でメッセをやり取りした。結果、サイト外の連絡先が交換出来たのは3人だった。因みに、サイト内でやり取りした8人の内、さくらっぽい子、もしくは、男性が女性に成りすましている所謂ネカマ、もしくはネットワークビジネスに誘われたりはなかった。そう考えると危険性は低く、安全性は高いアプリだと言える。

そして、この連絡先を交換できた3人の内、最終的に会えた人数は1人だ。その子は、年齢24歳、顔は女優の蒼井優のような感じで、けだるい雰囲気とオシャレな服装がとても魅力的な子だった。職業は会社員ということだった。

僕が35歳で、特にスペックが高くない事を考えると、まずまずの収穫だったように思う。

僕は基本的に年齢は27歳迄の女性を対象に活動をしているが、もし年齢にこだわらずに活動すれば、もっとたくさん連絡先を交換出来た気がする。そんなにスペックが高くない僕でもそう感じられたのだから、決してこのアプリは悪くない。

Matchbookのメリット・デメリット

このアプリのメリットは、会員の身元がある程度信頼出来ることだ。これは、上述した通り、facebookをやっており、且つ、10人以上facebook上の友達がいないとこのアプリを利用出来ないからだ。また、異性にいいね!を送るためのコインは、最低限の課金しかしなくても、なんやかんやでたくさんもらえるので、意中の会員ほぼ全員にいいね!をすることが出来ると考えて差し使えない。

逆に、このアプリのデメリットは、アプリ自体の登録人数がとても少ないため、アプローチしたくなる女性の数自体がとても少ないことだろうか。また、僕のように、facebook上の友達の数が少ないと不利である。そもそも、僕はfacebookをやっていないと出来ない恋活アプリをするために、しぶしぶfacebookを始めたのでfacebook上の友達は10人しかいない。

Matchbookでいい出会いを見つける秘訣

成功のポイントとして、一つ目はfacebook上で100人以上の友達を作っておくことが挙げられる。僕から見て魅力的に見えた女性はほとんどの場合、100人以上facebook上の友達がいた。
勿論、facebbokでの友達の数が少ない女性も中にはいたが、男性の僕から見てもfacebook上の友達が少ない女性は少し怪しく見えてしまう。そもそも、こういうマッチングアプリでは、リア充感がとても大事だが、それを演出するためにも、facebook上の友達は、100人以上いた方が絶対に有利である。
恋活のためにfacebook上の友達の数を増やす努力をするのは面倒だが、出会いのために割り切れるなら、是非その努力をお勧めする。

二つ目は、他のアプリでも言えることだが、とにかく数を打つ事だ。僕の場合はもうアプローチしたくなる女性がいなくなって、コインが余ってしまい、面倒になってやめてしまった。しかし、嫌な言い方をすると、条件さえ下げれば、まだまだ女性はいた。なので、コインが余らないように数を打てば、誰にでも、なにがしかの出会いはあるのだ。

まとめ

このアプリは会員数自体は少ないものの、美男美女の割合が高く、意中の相手ほぼ全員にいいね!を送れるとても穴場的なアプリだ。

これがpairsやomiai!のような巨大アプリとは決定的に一番違うところである。

また上にも書いたが、大事な事なのでもう一度言うと、上手くいかなかった子の事は、とっとと忘れて気持ちを切り替え、割り切って次の子にアプローチしていけば、出会いは必ずある。出会いに一番必要な条件は気持ちを割り切れる事である。

Matchbook公式サイトはこちら