1. 風俗
  2. 現在のページ

愛媛県松山・道後温泉の風俗に行く前にチェック!注意点・遊び方の秘訣

投稿日: 2021年06月18日

松山市道後温泉

ゆったりのんびり情緒ある街並みの松山市
そんな松山市は、風俗遊びをするには四国最大の規模を誇り、ソフトなお遊びから温泉街に育まれたヘルス・ソープでのヌキまで様々に楽しむことができる素晴らしいスポットです。

松山市中心部でおっぱぶなどをハシゴし、勢いづいた後に道後温泉地区に移動して一発ヌくといのが楽しめる遊び方です。

個人的には、ひと昔前の昭和のような繁華街で情緒を楽しみながらも、性欲も満たせるため風俗旅行にピッタリな土地だと思います。

今回は、そんな松山市でおすすめの遊び方について解説をさせていただきます。

松山市とは?

先述のとおり、四国では最大の繁華街です。
遊べるエリアは、主に松山市中心エリアと道後温泉エリアの二つに分かれます。

松山市中心エリアでは、おっぱぶなどのライトな風俗店がいくつかございます。
この地域の歓楽街の規模自体が大きくないので、それぞれの店舗をハシゴするにも移動距離は少なくてすみます。
また、店舗数自体はある程度そろっております。

道後温泉エリアでは、温泉街らしく多数のファッションヘルスやソープが立ち並びます。
象徴的なのが、「道後ヘルスビル」であり、煌びやかな看板が異彩を放ち、見るだけでもテンションが上がります。

基本的に、

  • ・山市中心エリア=ソフトなお遊びでヌキなし
  • 道後温泉エリア=本格風俗でヌキあり

というイメージで問題ないです。

人口規模の少ない地方都市にしては充実した風俗街と言えるでしょう。
少なくとも、規模や店舗数という点において不満を残して帰る、ということにはならないです。
様々に見て回る楽しみ、店を選ぶ選択肢の数、いずれもございます。

松山市(松山市中心エリアと道後温泉エリア)へのアクセス

松山市繁華街の松山市中心エリアと道後温泉エリアのお互いの距離は近いです。

  • 鉄道で20~30分
  • タクシーで20分弱

といったイメージです。
これにまずはご留意いただき、それぞれのポイント同士の移動でお金や時間は大してかからないということをご認識ください。

松山市自体へのアクセスは、出発地によって様々なパターンが存在するので活字にするとかえってややこしいため、以下の「道後温泉」の公式サイトで各スポットからの便利なアクセスが図式化されているのでご参照ください。

松山市での遊び方

情緒ある和風コスプレ女子とイチャイチャ(松山市中心エリア)

松山市内中心エリアでは、風俗店はおっぱぶが中心となります。
これは、おっぱいパブの略称で簡単に言えばお酒とトークを楽しみながら、キス・お触りができるというものです。

以下のとおり、松山市内中心エリアのおっぱぶの特徴を他地域との比較で示します。
あくまで個人的経験です。

  • システムは「回転(時間内に女の子が何人か交代で付くこと)」と「常に同じ女の子1:1」いずれもあり。
  • 和風系のコスプレ店が他地域より多いイメージ(旅情が味わえてプラス点です)
  • 店舗同士の距離が近いケースが多い。
  • 女の子のレベルは、全国比較すると若干高めな印象(ルックスやサービスなど総合点として)

個人的には、以下の「夜桜セブン」というおっぱぶがおすすめです。
その理由は、衣装がゆったりした着物で簡単に脱がせやすい上、生地が薄いので触り心地が抜群です。
やはり、着脱が簡単な上に触りやすいというのは、短い時間で楽しむおっぱぶという業種的に重要な要素に間違いありません。
また、半個室なので、周りの目もあまり気にすることなく楽しめます。
ルックスもサービスも一定のレベルを保った女の子が多いのみならず、回転がありますのでトータルで普通~満足といった形になり、不満を残すリスクが低いのも特徴です。

私は夜桜セブン+他店舗といった形でハシゴするのが一般的です。

なお、余談にはなりますが、ガールズバーやキャバクラもある程度はございますので、トークのみという楽しみ方も可能です。

旅情あふれる地で大人の駆け引きを(道後温泉エリア)

道後温泉は、日本屈指の温泉地でありながら、その旅情あふれる空間の中に割と図々しく多くの風俗店が立ち並び、なかなかの面白味があります。
中でも「道後ヘルスビル」は煌びやかな看板と比較的大き目の建物で目を引き、一見の価値ありです。

さて、ヌキ店舗の特徴や遊び方に話を戻します。

当地は温泉街らしく、ソープランドが中心となります。
松山中心エリアと違い、この辺りにはおっぱぶなどのライト系風俗はございません。

何度かこの地域では遊んでまいりましたが、店舗によって割とアタリ・ハズレの差が大きいような印象があります。

ハズレを引かないコツ

道後温泉地区は観光客も多く、ノリと勢いでうまく客を乗せて自店へ誘導するようなテクニックに慣れたスタッフさんが多いです。
私も県外からときどき訪れるタイプなので、ハズレを掴まされた経験があります。
口がうまいこと=ハズレ店という考えはもちろん間違っておりますが、思わず感情のみで決めてしまわないよう冷静に店舗の判断をすることが重要というのは間違いないでしょう。

道後では、楽しさと旅情に飲まれて「即決」せず「慎重」に店選びをすることがいつも以上に大切と心得ましょう。

決して当地の否定をしているのではなく、優良店良い女の子もいずれもございますのでどうか誤解なきようお願いいたします。

アタリを引くコツ

ヌキの店が密集しているだけに、こちらは選択肢が数多くあることを覚えておきましょう。

A店でパネル見学や説明を受けて、腑に落ちなければ隣のB店や向かいのC店に行ってみることができます。
焦らされても選択肢がまだまだあると余裕を持つほうが良いでしょう。

なお、全体的に他の繁華街と比べても平均レベルかと思います。

個人的なおすすめ店は、以下の「しらゆきひめ(ソープ)」です。
おすすめの理由は、店内に清潔感があり、スタッフさんが親切ということからはじまり、良い意味で平均レベルの女の子が多く、筆者は地雷を引いた経験がありません。
ルックス:平均、サービス:高め、といったイメージのお店です。

また、完全に個人的な趣味ではございますが、プレイルームが少しだけ狭めなので、女の子との心理的・身体的な密着感が感じられる気がします。
もちろん、圧迫感があるほどの狭さではなく、プレイには一切の支障がございません。

松山での諸注意

松山市内エリアでの注意事項は、特にございません。
人口が少ないが故か、おっぱぶなどでも待ち時間が長かったり入店不可状態になるほどお客さんが多いという経験はほとんどしたことがありません。
地雷店も個人的経験で言えば得にはございません(地雷嬢の経験は少ないながらあります)。

道後温泉エリアでの注意事項は、お店と女の子の選択に余裕を持つべきという点があります。
先述の通り、ゆったりした旅情に流され、即決してしまうのはご法度です。
店舗の多さとそれぞれの近さなどに鑑みると、選択肢の多い客側であるこちらが有利なのですから。
また、万が一、道後温泉内で納得がいかなければ松山中心部も道後温泉もラブホテルはございますのでデリバリー系ですませることだってできます。

焦らされるケースは多いイメージがあるので、とにかく余裕を持つことが大切になります。

まとめ

旅情溢れる松山で遊ぶこと自体が独特の楽しさがあります。
旅行も風俗も大好きという方には、他の繁華街より面白いのではないでしょうか。
そして、松山中心部も道後温泉も人混みが少ないのでゆったり気分で遊ぶことができます。
最後に、以下の秘訣をご覧ください。

秘訣1:おっぱぶは何気にレベルが高いです!ルックスもサービスも期待してOKです!むしろ、ヌキよりこちらのほうが楽しめる可能性すらあります。
秘訣2:ヌキは冷静に時間をかけてご決断ください。選択肢などの点でこちらのほうが有利と常に心得ましょう。

いかがでしたでしょうか。
本稿が皆様方の風俗遊びに少しでもプラスになれば幸いです。