1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

セックスがいつもより盛り上がるベビーオイルの活用法10選

投稿日: 2021年06月10日

SEXにベビーオイル用意する

ベビーオイルは、元々保湿をするためのアイテムとして使用されていました。
現在、ヘアオイル、リップケア、リンパマッサージ、お掃除アイテム、革製品のお手入れなど、さまざまな用途で使われることが多いベビーオイルですが、実はセックスにも活用できることをご存知ですか?

ローションよりもテクスチャーがサラサラで、体に塗るとオイルのテカテカ感がエロいベビーオイルは、セックスを盛り上げるためのお手軽アイテムとしておすすめなのです。

今回は、セックスがいつもより盛り上がるベビーオイルの活用法10選について解説していくので、セックスのマンネリ対策に役立ててくださいね。

ベビーオイルを使う際に気を付けること

ベビーオイルをセックスで使う際は、アレルギーと使用量に気を付けるようにしましょう。
購入前に成分をチェックし、お互いにアレルギー反応が出ないか、膣内など体の中に使っても悪影響がないかなど、健康面における安全性を確認することが重要です。

また、ベビーオイルはローションよりもテクスチャーが柔らかいため、大量に使用するとベッドがビショビショになってしまう可能性もあります。
使う量を調節することが大切ですが、もし大量に使ってプレイしたいという場合は、お風呂場など後片付けが簡単な場所を選ぶようにしましょう。

ベビーオイルを使ったセックス方法

ベビーオイルは、いつもと違ったテクスチャーで愛撫やセックスを楽しめる重要なアイテムです。
それでは、マッサージ、前戯、セックスで使う際のポイントについてチェックしてみましょう。

1. お互いにマッサージをしてリラックスタイムを過ごす

ベビーオイルを使ってセックスをする前に、まずは前戯の一環としてマッサージを取り入れてみてはいかがでしょう?

片方がうつ伏せで横になり、背中にベビーオイルを垂らしてゆっくりと両手で塗り込んでいきます。
背中にベビーオイルが行き渡ったら、首、肩、腰、お尻と、少しずつマッサージの範囲を広げていきます。
徐々に体の敏感な部分にも触れるため、セックス前に相手の感度を良好にすることができますよ。

ただし、マッサージ中は相手の性感帯を積極的に刺激しないことがポイントです。

マッサージと本格的な前戯を分けることでメリハリのあるセックスをすることに繋がり、マッサージを通してお互いにコミュニケーションを取ることも可能となります。

リラックスした時間を経てから前戯やセックスをすることで、いつもより盛り上がるセックスをすることができますよ。

2. 焦らしプレイを取り入れる

ベビーオイルを使って前戯をする際、お互いにフェザータッチを取り入れてみましょう。
フェザータッチは、首、胸、腰、太もも、内股、お尻、脚など、さまざま部位を簡単に焦らせるテクニックです。

乾いた手で行うフェザータッチは力加減がやや難しいものの、ベビーオイルでトロトロになった手なら、人差し指を相手の体に滑らせるだけで簡単に焦らすことができます。

ベビーオイルの量が十分でないと上手に滑らせることができないので、乾かない程度にたっぷりと付けてからフェザータッチをしてみましょう。

男女ともに気持ち良くなれる前戯テクニックなので、交代で取り入れるのもおすすめです。

3.胸に塗り付ける

ベビーオイルを胸に塗り付けると、胸がテカテカに濡れてエッチな見た目になります。
AVのパッケージなどでも女優の体を性的に魅せるためにオイルを使うことが多く、オイルでヌルヌルになった胸元は水では出せないエロさを醸し出すことができます。

胸にベビーオイルを塗り付ける際は、男性の両手に適量を出し、優しく包み込むようにマッサージしていきましょう。
乳房はもちろん、乳首も優しく攻めてあげることで女性の感度をアップさせることができますよ。

4. クリトリスに塗り付ける

ベビーオイルは独特の滑りの良さが特徴なので、クリトリスを刺激するのにもぴったりなアイテムです。

人差し指と中指にベビーオイルをたっぷりと付け、円を描くように女性のクリトリスをマッサージしてあげましょう。
唾よりもねっとり感が強く、ローションよりも濃密感の少ない肌触りのため、まるで直接触られているような程良い刺激を感じることができます。

女性が感じてきたら、愛液をすくってベビーオイルと一緒にクリトリスに塗り付けるのがおすすめです。
ベビーオイルだけの愛撫とはまた違った感触となり、女性を段階的に気持ち良くさせることができます。

5. Gスポットを刺激する

女性を前戯でもっと気持ち良くさせるために、ベビーオイルを使ってGスポット攻めをしてみましょう。

やり方は通常のGスポット攻めと同じで、プラスアルファで指先にベビーオイルを付けるだけです。
ベビーオイルを使うことで普段よりもヌルヌル感が増しているので、男性が中で大きく指を動かすのもおすすめです。

スムーズに指の出し入れができるため、女性側の体の負担が少ないというメリットがあります。

また、ベビーオイルはローションよりもテクスチャーが水に近いため、膣と指のちょうどいい摩擦感を味わいながら快感を得ることが可能となっています。

6. 男性の竿に塗り付ける

ベビーオイルは、男性器の愛撫にもおすすめのアイテムです。

たっぷりと手のひらにベビーオイルを出したら、そのままヌルヌルの手で竿を握ってみましょう。
強弱やリズムを意識すると、男性の感度をアップさせることができますよ。

通常の手コキとやり方は同じですが、ベビーオイルを使うことで手と竿の密着感を高めることが可能となります。

オイルでテカテカに光る竿は視覚的なエロさも抜群なので、男女ともに興奮できるお手軽なアイテムとなっています。

7. 男性の玉を刺激する

ベビーオイルを玉に塗り込むと、いつもより滑らかな手触りとなります。

滑りが良くなることで、男性にいつも以上の快感を与えることができます。
下から優しくタプタプ触ったり、手のひらに収めて軽く握ったり、手の甲を使って玉を滑らせてみたり、相手の反応をチェックしながら、さまざまな触り方を実践してみましょう。

普段は玉で気持ち良くなれないという男性も、ベビーオイルを併用することで興奮出来る可能性大です。

8.正常位の最中に男性のお尻を掴む

正常位の最中、女性は男性のお尻をベビーオイルまみれの手で掴んでみましょう。
お尻を掴むことで男性のアナルを優しく刺激することができ、さらに竿や玉の部分がやや引っ張られるような快感を与えることができます。

ベビーオイルで手をヌルヌルにしておくことで、男性のお尻をちょうど良い力加減で掴むことが可能です。

男性のお尻を掴み慣れていない女性も安全に実践できるので、ぜひベビーオイルを活用してみましょう。

9. セックス中もお互いの体を触り合う

前戯だけではなく、セックスの最中もベビーオイルを使ってお互いの体を触り合いましょう。
例えば、騎乗位の際に男性が女性の胸をマッサージしながら揉みしだいたり、正常位の最中に女性が男性の背中を優しくフェザータッチしたり、ベビーオイルでヌルヌルになった手を使うことで相手の感度を刺激することができます。

セックス中も継続して体の至る箇所を刺激し合えることから、イク瞬間まで興奮マックスを維持しやすいというメリットがあります。

10.イク時は体をこすり合わせる

ベビーオイルでヌルヌルになった体は滑りが良く、摩擦を緩和してくれます。
セックスの際、どちらか一方、もしくは両者がイク瞬間に、お互いの体をこすり合わせてみましょう。
男性は女性の柔らかい胸の感触を得ることができ、女性は乳首が男性の体に接触することで気持ち良さを感じることができます。

イク瞬間にお互いの体を密着させることで、「体全体が繋がっている」という疑似体験をすることが可能となり、肉体面と精神面における性的興奮を味わうことができるのです。

ベビーオイルなしのセックスの場合、お互いの体を激しくこすり合わせると摩擦で痛みを生じるケースもありますが、ベビーオイルを使うことで安全に体を密着させられるというメリットがあります。

まとめ

さまざまな使用用途のあるベビーオイルですが、ポイントを抑えることでセックスにも活用することができます。

ベビーオイルをプラスアルファするだけで普段と違った快感を得られるため、ぜひマッサージ、前戯、セックスの際に使ってみてはいかがでしょう?

特別なテクニックはいらないお手軽アイテムなので、きっと楽しいセックスを体験することができますよ。