1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

セックスしたい時に使える!エッチな男女が出会う8つの方法

投稿日: 2021年05月11日

セックスしたいエッチな男女の出会い

今すぐセックスをしたいと思っても相手がいないこともあるものです。そんな時には我慢をしたり諦めるのではなく、エッチな男女が出会う方法を取り入れてみてください。

初めての方や忙しい方でもセックスまでの流れが作りやすい方法を8つご紹介します。いくつか併用するのも良いですし、自分に合ったものを選んで楽しい時間を過ごしてください。

1.勇気とコミュニケーションに自信がある方におすすめのナンパ

コスパがよく出先でも「今すぐセックスがしたい」と思ったタイミングで気軽にできる方法。それがナンパです。

ナンパというと、顔が良い方が有利なイメージがあるかもしれません。
しかし実は、顔よりもトーク力やコミュニケーション力が大切なのです。
また「失敗しても次に行けるような切り替えの早さ」や「周りの目を気にしない」というのもポイント。

ナンパのメリット

ナンパでセックス相手を探す事にどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下、代表的なものをご紹介します。

まずは「無料で出会える」という点です。
ナンパスポットに出向くまでの移動料金などはかかりますが、出会いのきっかけをつかむのにお金は必要ありません。
無料で出会える可能性があるのは大きなメリットといえます。

また、気になる子を狙って声を掛けられる「好みの相手を選べる」のもナンパのメリットです。
ネットで手軽な出会いを求める方法と比較をするとわかりやすいのですが、実際に会うと「イメージと全く違っていた」ということもあります。
写真を加工したり悪質なケースともなると、第三者の写真を利用するユーザーもいるのです。
その点、ナンパであれば自身の目で確認したうえで声をかけることができます。

そして「手軽さ」も魅力の1つ。
ふらりと出かけた先でナンパをすることが可能です。
何となくセックスがしたいからその日限りの相手を手軽に探すことができます。

このように、ナンパだからこそのメリットがあるのです。

ナンパのデメリット

では、デメリットはどのような点があるのでしょうか。

最初に考えられるのが「運要素が強い」点です。
必ずしも好みの相手に会えるとは限りませんし、成功できるかもわかりません。
ナンパのプロと呼ばれるような人でも、100%はないのです。

そして「メンタル」に対するデメリットもあります。
ナンパ慣れしていない人ともなると、無視されたり断られてしまうと心が折れることもあるでしょう。
ですから、メンタルが弱い人にとってはデメリットになってしまうのです。

ナンパ成功のためのテクニック

初めてのナンパでも成功のためのテクニックを取り入れると良い相手に巡り合えるかもしれません。
以下、そんなテクニックをまとめていきます。

週末の夜の繁華街を狙う

金曜日や土曜日もしくは祝日前の夜がおすすめです。
19時~23時がナンパのゴールデンタイムと考えると良いでしょう。

また、場所においても繁華街や飲み屋街などいわゆる「ナイトスポット」だと成功率がアップします。

シーズンイベント前

クリスマスなどのシーズンイベントは、ソロの男女は心淋しく人肌恋しい心理に陥りやすい傾向があるのです。
このタイミングを狙ってセックスできる相手を定めてみましょう。

2.ノリや流れで成功しやすいクラブ

クラブはナイトスポットの中でも、ナンパの成功確率が高いのでおすすめ。

夜の時間帯が最も盛り上がるタイミングで、終電を逃すことが前提で多くの男女が集まります。
だからこそ、セックスをしたい男女の出会いの場所としてもピッタリです。

クラブでセックスまでの流れを作るポイント

クラブには「純粋に音楽が好き」という人も集まります。
だからこそ「相手を見極める」のが大きなポイントです。

羽目を外しているように見える・いろいろな人と会話をしたりコミュニケーションを楽しんでいる人がいれば狙い目。
声もかけやすいですし、ノリとテンションでセックスまでの流れも作りやすくなるのです。

短期的な関係を求める方はクラブに足を運ぶ価値あり

クラブをきっかけにセックスできる男女は、「今日を楽しみたい」と考えている傾向が強いのです。
ですから、継続的にセックスができる関係を求めるのではなく「その日限り」のセックスを求める方は足を運んでみてください。

3.出会い系サイト

セックスをしたい男女が集まる時に利用をするツールとして大人気なのが出会い系サイトです。
今では、スマートフォン1つあれば自宅で横になりながらもセックスできる相手が探せます。

これまで出会い系サイトを利用した経験がない場合には、大手出会い系サイトを利用すると安心です。

カテゴリやコンテンツを活用しよう

セフレ募集掲示板を活用してみてください。
「同じ目的」で話を進めることができるので、とんとん拍子でセックスまでたどり着くことができます。

また、最初から1人に絞るのではなく幅広く募集やアプローチをしてから段階的に1人に決めていくと効率的に活用できます。

さらには、無料システムや特典サービスがあればそれも積極的に取り入れていきましょう。
そうすることで、お財布にも優しく出会いが探せます。

出会い系サイトでセックス相手を探す際の注意点

手軽にセックスしたい男女が出会える方法ではありますが、注意点もいくつかあります。
以下、そんな注意点をまとめていきます。

資金は必要

優良な出会い系サイトは料金が明瞭に提示されています。
これを確認したうえで「生活に支障をきたさない程度」で利用をしてください。
このことでもお分かりのように、ある程度の資金は必要となります。
平均は2000円~4000円です。

マメさがキーポイント

即日セックスができる可能性ももちろんあるのですが、基本的には毎日アクセスをしてやり取りを重ね条件をすり合わせるのが出会い系サイトで出会う方法です。
マメにメッセージを送るマメさが大切です。

段階を踏むことが手間に感じない方にはおすすめできる方法ともいえます。

4.合コン

出会いの王道ともいえるのが合コンです。
大人数の男女が集まってコミュニケーションを交わし流れを作る方法です。
盛り上がりながら相手を探すことができるので「楽しくセックスできる相手」も探しやすいでしょう。

相手を決めて十分な会話をする

気になる相手を決めて十分な時間を掛けて会話を楽しんでください。
アルコールがあれば、リラックスしてやり取りもできます。

八方美人になりすぎてしまうと、結局は異性と会話をしただけになってしまうので、1人に決めて徹底的にアプローチをするのが成功のポイントです。

2人になるキッカケを掴もう

合コンからセックスの流れを作るには、2人になるキッカケづくりが大切です。
「この後、2人でお茶でも飲みに行かない?」などイエスを貰いやすい言葉で流れを作りましょう。

人数が集まらない・合コンメンツがいない場合

今では、インターネットを介して合コン相手が募集できるサイトもあります。
1人でも参加できますので、人数が集められなかったりメンツが揃わない場合には活用してみてください。

5.街コンに参加して出会いを作る

相手と会話できるチャンスが100%あるのが街コンです。
異性慣れはしていないけれどセックスできるような相手を探している方は参加してみるのもおすすめ。

参加者全員がセックス希望ではない

街コンにはさまざまな男女が集まります。
友達が欲しい・恋人や結婚前提の相手が欲しいという参加者もいるのです。

ノリや雰囲気をよんで、自然な流れを作るのがポイントです。

申し込みや料金がかかる

街コン情報を集めて申し込みを行う必要があるのです。
また、参加費用もかかります。
費用は3000円~10000円前後を想定しておくと良いでしょう。

6.ライトな出会いからセックスに繋がる相席居酒屋

繁華街を中心に店舗も増えているのが相席居酒屋です。
1人でも良いですし、友達と気軽に立ち寄ることも可能。

確実に異性と対面会話ができる

異性と必ず同じ席でお酒や食事が楽しめるシステムが相席居酒屋の特徴です。
ですから、確実に異性と対面会話ができます。

「淋しいから」「何となく暇だから」という理由で足を運ぶことも多い場所の1つですから、セックスまでの流れも作りやすいのも嬉しいポイントです。

コスト面について

コストですが、7000円前後を想定しておいてください。

確実に話はできるものの、セックスができるわけではありませんので、納得をしたうえでの利用が重要となります。

また、必ず好みのタイプの異性と出会えるシステムではありませんので、その日の縁を楽しむ気持ちを持ってください。

7.多くの人が利用をしているSNS

コスパがよくライトな感覚でキッカケが作れるのがSNSです。
出会いを探している男女が多いのも最近のSNSの特徴ともいえます。

個人的なやり取りは必ず必要

SNSは不特定多数の人が利用をしています。
セックスをするにしても個人的なやり取りができる機能を利用し、流れを作る必要があります。

すぐに話がまとまればその日のうちにセックスができる可能性もありますが、基本的にはある程度の時間を要すると考えておきましょう。

SNSでの注意点

コストもかからずにライトにキッカケが掴みやすいのですが注意点もあります。
では、どのような注意点があるのでしょうか。

年齢について

年齢を十分に確認する必要があります。
万が一、相手が未成年ともなると法に抵触する可能性があるので要注意。
じゅうぶんに確認をすることが大切です。

規約違反に気を付ける

公で「セックス相手募集」「セックスしましょう」などのやり取りを行うと、SNS利用規約違反に該当することもあります。
一定期間、利用が制限されたりアカウントを運営から消されてしまうかもしれません。
個人的なやり取りができる機能を必ず使いましょう。

8.マッチングアプリ

今、自分がいる周辺の相手と自動的に探してくれるのがマッチングアプリです。
若年層を中心に人気となっています。

GPS機能を使うと即セックスも実現可能

相手がそれを希望しているかどうかにもよりますが、GPS機能を使ってすぐに会える人を探すことができます。
ですから、即セックスも実現可能なのです。

プロフィールづくりがキーポイント

面倒に感じるかもしれませんが、プロフィールはしっかり設定してください。
深い部分に触れる必要はありませんが、大人の関係を希望していることも書いておけば、それに沿った相手も見つかりやすくなります。

顔写真設定は個人情報を公開できる範囲で構いませんが、出来ればわかりやすいものを使用すると成功率もアップします。