1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 現在のページ

彼女が間男との浮気を許してしまう心理とその原因

投稿日: 2017年08月29日
間男と浮気をする女性

間男とは、夫がいる女性が、夫ではない男性と関係を持つこと。または、浮気の相手の男のことです。今回は後者の意味で間男を捉えて解説していきます。

いつの間にか貴方の彼女を奪ってしまうかもしれない間男。間男とはどんなタイプの人間なのでしょうか。そして間男につけこまれてしまう女性は一体どんな心理なのか。今回は、間男をテーマに、浮気を巡る男女関係の心理を解説します。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

間男とはどんな人間?

間男と聞くと生々しい浮気の香りがしますね。一体間男とはどんな人間なのでしょうか。
いわゆる間男と呼ばれる人たちは、基本的には決まった恋人を持っていません。一夜限りの関係を繰り返して、女性から女性へと渡り歩くこともしばしばで、総じて言えることは、女性とコミュニケーションをとるのが得意ということです。

もし貴方が彼女をとられてしまった場合、相手が自分が叶わないような美男子だったり、地位や財産を持つ人物だったりした場合は諦めもつくかもしれません。
しかしながら、間男とは必ずしも抜群に容姿が良かったり、地位や財産を持っているわけではないのです。どちらかと言うと、そのようなステータスを特別持っていない人間の方が多かったりします。

何故そのような間男に女性を奪われてしまうのか、と不思議に思うかもしれませんが、その理由は女性側にあります。
女性たちは容姿や財産を求めて間男に心を許すわけではないということです。

何故間男に心を許すのか

心が孤独な女性

何故女性たちは、容姿や財産などを持たない間男に心を許してしまうのでしょうか。
勿論、どんな女性にも男性の好みというものがありますので、誰でもいいわけではありませんが、彼女たちが容姿や財産の多寡にプライオリティを置いていないことは確かです。

実のところ間男に心を許す女性の大半が、孤独や寂しさを感じています。
多くの女性が日々の生活で孤独感を感じていたり、自分の存在を認めてもらえないと感じ、自分のアイデンティティに揺らぎをきたしているのです。

決まった恋人がいたとしても、なかなか会えないことはありますし、心が通じ合わずお互いを認め合えないなんてことはざらにあります。

心のすれ違いによってできた隙間に、孤独や寂しさが入り込んできます。人間は一人では生きられない生き物。孤独に耐えることができず、何かで心の隙間を埋めようとするのです。

SNSが流行するのは、他人とネット上でつながることで孤独を感じなくさせるという面が少なからずありますし、仕事に没頭したり、スポーツに打ち込んだり、その他様々な趣味で心の隙間を埋めている人は大勢います。

心の隙間を埋める存在がもし他の男性だったら……それが間男です。

間男が女性とのコミュニケーションを得意としている理由がここにあります。彼らは寂しさを感じている女性の心の隙間を埋めることに長けているのです。

ストレートに誘うことで一人の女性として認めてくれたり、恋愛相談などにのって、話を聞いてくれたり、孤独を忘れさせてくれる楽しい場所に連れていってくれたり。方法は様々ですが、間男は女性の寂しさを紛らわせるやり方を知っています。

寂しさを埋めることに、容姿や財産はあまり関係がありません。ルックスが良いだけでは寂しさは癒やされませんし、お金をいくらたくさん持っていても人間関係が上手くいかないと孤独を感じます。

故に間男は容姿の良さや財産を持っていなくても、女性の気を引くことができるのです。

スポンサーリンク
デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

彼女が間男に奪われる原因

女性が間男に心を許してしまう最も大きな理由は、孤独です。彼女が孤独を感じているからこそ、他の男が付け入る隙が生まれます。
言い換えれば、付き合っている男性に問題や不満があるが故に、孤独や寂しさを感じ、間男を許してしまっていると言えるのです。

よくある原因は、遠距離恋愛だったり、仕事が忙しくて彼女との時間を作ることができなかった場合。長く付き合うことで、一人の女性として扱わなかったり、無神経な言葉や振る舞いをしてしまう場合。その他にも様々な理由があるでしょうが、共通しているのは、彼女が孤独を感じ、自分の存在を認められていないと感じていることです。

もし間男に彼女を奪われた場合、なんでこんな男に奪われたのかという怒りや、彼女の裏切りにショックや悲しみを感じるかもしれませんが、その元々の原因は自分の行いであることが多いのです。怒りに身を任せる前に、一度自分の行いを振り返って見るのが良いかもしれません。

人間は孤独に耐えることができません。孤独の感じ方は様々ですが、自分という存在が他者に認められないという思いは何よりも怖いのです。
だからこそ人は流行に流されますし、常識や世論といったものに逆らうことができないのです。

男女関係にもこれと同じことが言えます。相手の行いや気持ちを当然と考えることで感謝の気持ちを忘れたり、自分のことだけを考えて、相手を大切に思う気持ちをなくしてしまったり。これらは相手の存在を認めていないと言うも同然です。

恋人という身近な存在に認められないという寂しさは、他のコミュニティで感じる疎外感以上のものであることがほとんど。
間男や彼女を責める前に、本当に自分は彼女を認めていたのかと考える必要があるでしょう。

恋人は理解しあえない?

喧嘩をしている男女カップル

間男を受け入れてしまう一番の理由は、自分の存在を認めてもらいたいという欲求からということをお話ししました。

それでは自分の恋人との関係を考えた時、自分は大丈夫だと思ってはいないでしょうか。自分と恋人は、完全に理解し合っているし、認めあっている、と。
この考えが手痛い怪我の元となります。自分が思っている以上に、恋人間の考えの乖離が大きいことはよくあるのです。

例えば、夫婦関係で仕事をしている夫と家事している妻がいるとします。
常識的に考えれば、外と家庭で分業して、良好な関係を築けていると考えられるかもしれません。
しかし、心の中ではお互いに不満や疑問を抱えていたりします。この分業は本当に平等なのかとか、分業は理解しているがもうちょっと二人の時間が欲しいなどの考えが心の中にあったりします。

このお互いの考えの乖離は、放っておくとどんどん大きくなります。やがて知らないうちに、自分が認められていないと感じる原因となってしまうかもしれません。

お互いの共通理解として分業という関係を築いたとしても、それが本当に共通の理解かは怪しいもの。人間の心は常識だけでは割り切れない部分が多く、自分たちは常識的に考えて良い関係を築けているなどと安心していると、思わぬところで怪我をするかもしれません。

基本的に恋人同士であっても、お互い完全に理解し合えるなんてことはほとんどありません。それぞれがそれぞれの考えを持っていますし、違う考えの二人だからこそ人間関係は面白いのです。

しかしあまりに考えが乖離し過ぎるのも問題なので、相手の気持ちを考えたり、自分の行いを振り返る気持ちは常に持っておくことが大事なことだと思います。

間男の哀しい性

最後に、彼女を奪い取る間男の哀しい性を説明します。

間男は決して褒められたものではありませんが、彼らは彼らなりに哀しい想いを抱きながら、女性と付き合っていることが多いです。

間男として女性と一夜限りの関係を続ける人たちは、決まった恋人がいないことがほとんどです。いたとしても、その恋人関係はほとんど破綻していると言っていいでしょう。

間男は何かしらの原因で、人から愛されておらず、女性の弱さに漬け込むことで、一時的な関係を持っています。

しかしながらそれの関係はあくまで一時的なもので、長続きはしません。自分の存在を継続的に認めてくれる人がいないが故に、一時的な関係を何度も繰り返すのです。

男性はたくさんの女性と関係を持ちたいと一度は考えますが、実際には本当に自分を認めてくれる人が一人いて、充足感を得られれば、それ以上は必要ないのです。

間男は一時的な関係でしか、自分を認められない存在。彼らは彼らなりに苦しんでいることが多いのです。

以上が、間男に心を許す女性の心理と間男についての考察です。

人は自分が認められていないと考えると孤独や寂しさを感じるもの。これは耐え難いことで、誰もが恐れるものです。

間男に大事な彼女を奪われないためにも、良い関係が築けていると当たり前に考えず、相手の気持ちを思いやり、自分の行いを振り返ることを忘れないように致しましょう。