1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

デーティングアプリは危険?Tinderで彼が出来た体験談

投稿日: 2017年08月23日
デーティングアプリをする女性

お仕事の関係で1年4ヶ月前にイギリスに日本ではない他国から移住してきました。
そしてそのあとこちらで彼氏ができ、その彼といろいろあり破局、イギリス在住のほとんどを彼と過ごした分精神的にどん底にいた私が新しい彼氏をTinderでみつけたというストーリーです。

馴れ初めから出会い、デート期間、交際に至るまでの経緯、アプリでの出会いならではのことをお話したいと思います。

スポンサーリンク

デーティングアプリ登録の経緯

元彼と別れたあと、知り合いがあまりいなかった私は精神的につらく、食べることも、料理をつくる気力もなく、夜も寝れず、寝つけても朝方目がさめると泣きじゃくってしまう、という生活を送っていました。

私から別れを告げたのですが、やはりつらく、これではダメだと思い友人の薦めもあり、デーティングアプリをおそるおそる登録してみました。

何人かの男性とチャットをしているうちに、頻繁に毎日連絡を取り合う人が出来ました。彼はイギリス人なのですが、ロンドンに仕事で地元からやってきて友達もあまりいないとのこと。境遇がとても似ていました。

アプリ内でのチャット期間

3週間くらい、連絡先を交換せずにアプリ内でたわいもない話をしていたでしょうか。

今日はこんなことをしたよ、これを食べたよ、とカップルみたいな日常の本当にたわいもない会話を続けていました。

彼には元彼と別れてつらいこと、別れに至った経緯まで、また愚痴なども全てを話していたので、私の聞き役になってくれていました。

彼と恋愛に発展するとはこのときは本当に考えていなかったです。

彼がアプリ内でそっと私の別れ話を聞いてくれ、彼からは性的な話は一切振ってこなかったので、少しずつ会ってみてもいいかな、信用できる人なのかな、と思い始めるようになっていきました。

スポンサーリンク

初めての出会い

アプリ内でコミュニケーションをとるようになって、ぜひ会いませんか、という展開になりました。

私もアプリで誰か男性に会うことは初めてなので、内心ドキドキしながらいいですよと快諾しました。

危険な場所に連れていかれても嫌なので、場所はこちらから指定させていただきました。

市内にあるパブで最初の出会いをすることとなり、軽く1杯とディナーをしました。

実際に会ってみると見た目は実際よりもかなり若く、彼もとても緊張していて男友達と緊張を紛らわすために3杯飲んできたとのこと。

私が実在することも本当は信用していなかったこと、これまでの印象などを話してくれました。会話も盛り上がり、またぜひ会いたいと言ってもらえ、この日は帰宅の地につきました。

2回目以降のデート

初デートからそんなに日がたたないうちに2回目のデートに誘われました。

その間もずっと連絡をとっていて、好意をもってくれていること、もっと私のことを知りたいということ、いろいろな場所に一緒に出かけて一緒に思い出を作りたいということ、などなどをずっと言われ続けていて、嬉しい気持ちはあった反面、元彼と別れて期間がとても短いこと、まだやはり次の交際に踏み出す勇気はないことを私の言葉で彼に伝えると、わかっているよ、でも僕はあなたのことを待ち続けるという返答があり、10回以上デートを繰り返していました。

私が友達とご飯にでかけるために市内にいくことがあれば、必ず中心駅まで見送りにきてくれ、彼とはどこにもいかない、ただ私の電車を一緒に待つためだけに中心駅にまでやってきてくれました。

それとは別に一緒におしゃれなレストランにいったり、時間を共にしていくなかで、アプリで出会った人だけど、信用してもいいかなと思うようになってきました。

デーティングアプリでの出会いの不安感

これまで普通の出会いしか経験してこなかった私にとってデーティングアプリで出会った男性とお付き合いするなんて、思ってもみないことで信頼関係を構築するのが本当に難しかったです。

もしかしたら、私はだまされているのではないか、他にも彼は誰か女の子と連絡をとっているのではないか、はたまた地元に正式にお付き合いしている彼女がいるのではないかと、本当はありもしないことが頭の中でグルグルと妄想が激しくなり、いてもたってもいられなくなり、ある日彼に思っていることを全てぶつけてみました。

私の思いを汲み取ってくれた彼は、まずアプリ内で誰とも連絡を取っていないことを私にTinderを見せながら説明してくれました。

マッチはしているものの、本当に誰にもメッセージを送っておらず、予想に反した結果で嬉しい反面、また疑ってしまいます。

本当は全て削除したのでは、と自暴自棄になる時期もありました。

まだその時は彼もアプリを削除しておらず、でもまだアプリがあるんだね、と嫌味をはいてしまいます。当の私はまだ他の男性と連絡をとっていましたし、実際に会うことすらないものの、まだ完全に彼1人に絞れていない状況でした。

それから数日後のデートで彼はアプリのアカウントを削除、私としかデートをしていないと、誠意をもって伝えてくれました。

これからも私としかデートをする気はないこと、私の準備ができるまで待ってくれること、毎日私を気遣ってくれている姿勢、なにも手を出してこないこと、など多方面からみて、出会いはデーティングアプリだけど、その分相手のことを疑ってしまう状況を作ってしまったが、彼はそれ以上に私を安心させるために、誠心誠意、接してくれていることを考慮して、こういう出会いもありかも、という考えに至りました。

デーティング期間

少しずつ普通の出会いのように接することができてきて、デートも重ねていたころ、彼の男友達にあう回数も増えました。

彼が自分の友達に紹介してくれること、彼の母にも私とデートしていることを話したということを聞いたり、彼の私以外とのプライベートを知っていくことが1ヶ月、およそ10回以上のデートで知ることができました。

僕はあなたが好き、正式に付き合ってほしいということを言われていた私は返答を1ヶ月引き伸ばしていました。

そこまでなにもせず待ってくれていた彼に対して好意をもってきた私はある週末に車で2時間くらいの場所に遠出をした際にお付き合いしてもいい旨、了承しました。

言語の問題

私はもともと海外で育っているので、英語そのものには全く問題がありません。しかし、彼はロンドン市内から車で5時間北にいったところの出身なので、方言がすごく、たまになにを言っているのかわからないことがあります。

日本でいうと、青森弁のような感じでしょうか。一瞬考えないとわからないような表現をしたりするので、最初は理解するのに時間がかかりました。

電話で話していると彼の言っていることが理解できず、悲しくなり、英語を話して!と地方出身の彼に無理なとことを押し付けていました。

少しずつ私が彼の方言になれてきたり、彼もわかりやすい単語を使ってくれたりとお互いの努力があって標準的な英語と、地方の方言の英語での会話も問題なくできるようになってきました。

元彼問題

正直なところ、私は直近まで交際していた元彼のことを考えてしまうことが多々あります。比べるのは最低ですが、2ヶ月以上経ったいま、私から連絡することは一切ないものの、元彼からたまに電話がきて、会いたいと言われ、気持ちを押し殺している現状です。

今彼に悪いという気持ちと、元彼とは終了したという気持ちで連絡はとっていませんが、やはり気持ち的には元彼に対する気持ちのほうが断然大きいのは事実です。

好きだ好きだと押されて今彼とは付き合いましたが、元彼とはアプリではなく普通の出会いで意気投合して3ヶ月のデートのあと正式にお付き合いしました。

今彼も私が元彼に対する気持ちが完全にはなくなっていないことを薄々は気づいているかもしれません。

正直アプリでの出会いより普通の生活をして出会いたかったという気持ちはなくなりません。

アプリが悪いということではありませんが、やはりなにか交際をしている間もデーティングアプリ、Tinderで出会ったという目に見えないもやもやしたものがあるのは事実です。

これからTinderを始める方へ

もし今彼とお別れすることになって新しく出会いを求めたときにアプリを使用するかですが、私はありだとおもいます。

しかし、そこには埋めなければいけない溝が深くあります。
まず、相手のことをよく知ること、デートをしっかりと重ねて見極めること、なにがほしいのかを明確にすること、が大切です。

こちらが真剣な交際を望んでいるのに、相手はその場だけの関係を望んでいるとミスマッチです。

私は彼からするときっと鬱陶しいくらいしつこく聞いていました。それでもあきらめず答えてくれたので今があると思います。