1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

ペアーズの婚活でわかった!マッチングアプリに向く女性とは?

投稿日: 2017年08月22日
マッチングアプリで出会いを探す女性

周りが結婚していく中、自分は結婚の予定などなく、まして彼氏もおらず、このままではまずい!と思い始めたペアーズでの婚活をつづっています。

ペアーズに限らずマッチングアプリを始めてみたいけど、ちょっと勇気が出ない、実際出会えるのか?なんて疑問を私の体験を読んで解消していただければと思います。

私だけでなく一緒に始めた友人の模様も少し書いているのでそちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

ペアーズの婚活を始める背景

30代目前の、29歳しか子と申します。少しばかり私の自己紹介を。
元々恋愛体質で、20歳くらいの頃からずっと結婚願望はあったものの結婚には至らず、
小さいときは24歳くらいで自然に結婚するんだ~なんて夢見てましたが、気づけば20代も終盤。

職場がきっかけで出会った年上の彼と1年ほど付き合い、今度こそ…と思っていたのもつかの間、突然振られてどん底でした。(とことん泣いて落ち込んで、悲しくて悲しくて地獄でした。)

もうしばらく恋愛はいいや、なんて思っていましたが、いや私29歳だぞ。
周りはどんどん結婚していき、出会いもどんどん減っているのにしばらくお休みなんて言っていられないんじゃないかと奮起し婚活を開始しました。

ここではペアーズでお付き合いに至るまでと、ペアーズでの婚活について書いていきたいと思います。

ペアーズ開始

友達と一緒に気軽に始めるべき

彼氏に振られた傷も癒えつつあったある日、彼氏のいない女友達3人でお茶をしていました。

タラレバ然り、女って気づくと同類3人でつるんでたりしますよね(笑)

私たちも例のごとく、こんな人がいたら、あれがこうだったら、なんて話に花を咲かせていたのです。

この歳になってくると、仕事で出会うような人には大体出会いつくしているし、既婚率も高いので紹介や合コンもぐっと減るし、やっとあった合コンでも、お互い余りものの寄せ集めだからマッチングなんてするわけもなく、いいな、と思う人と出会うこと自体すごく難しいんです。

出会いないよねぇなんて話の流れで、せっかくだから3人で一緒にマッチングアプリを始めよう!という話になりました。

私たちは知名度からくる信頼度と、女性は無料という点からペアーズを選びました。
ペアーズに限らずマッチングアプリを始めるならぜひ仲のいい友達と一緒に始めてみてください。

今ではすっかり珍しくなくなりましたが、やっぱりまだマッチングアプリってやってることを周りに言うのが恥ずかしい人もいると思うので、友達と始めればいざ聞かれたときに「友達と一緒にやろうってことになって~」なんて免罪符になるし、何よりも一緒に写真を選んだりプロフィール文章書いて見せ合ったりするのがすごく楽しい!!!

この写真の方がかわいいだとか、この文章めっちゃ猫かぶってる~なんて言い合ったりして、すっごく楽しいです(笑)

ペアーズではプロフィールを見ていいな、と思ったらいいねができるのですが、そのいいねの数を競ったり。

出会い云々以前に話題が尽きず楽しめるので、女性は無料ですし気軽に始めてみるのをおすすめします。

要注意人物

その後、各々マッチングした人、数人とペアーズ上でメッセージのやりとりを始めていました。
会ったことはないとはいえ、文章の感じや内容などで結構自分に合う合わないってある程度わかるなあと感じました。

また、これはペアーズに限ったことではないのですが、どのマッチングアプリにも一定数のいわゆる体の関係の出会いを目的とした人はいます。

そういう人はあまり相手を知ろうとしないので、割と早い段階でLINEの連絡先を聞いて来たり、手っ取り早く会おうとしてきますので要注意。

実際セフレになってほしいと言われたこともあります。(もちろん断りましたが)

上記に気軽に始めるべきと書きましたが、そのような人もいますので、あまりメッセージのやりとりをしていないのにすぐ会いたがるなど怪しい人には注意した方がいいと思います。

スポンサーリンク
デリケートゾーン訴求(小悪魔agehaモデル吉川ちえさん・ちかさん)

マッチング

すでにペアーズ上でマッチングしていた人は何人かいるのですが、メッセージをしてみて
なんだかこの人合いそうだな、という人が一人登場しました。(以下Y氏)

趣味や話が合うのと、メッセージをしていてもぐいぐい前のめってくる感じがないというか、温度感がちょうどよかったのです。

相手も同じように相性がいいと思ってくれたようで、実際に会ってみることになりました。

私のように女性は結構すんなり会うまでに至るようですが、男性側からすると会うまで漕ぎつけるのはかなり難しいみたいです。

実際Y氏は私より2か月ほど前からペアーズをやっていたようですが、会うのは私が初めてとのことでした。

LINEをしたり写真を見て想像を膨らませたりしながら当日を迎えました。

対面

初回

ついに対面です。当日は私が前から行きたかった公園周辺をぶらぶらして夜飲みに行くというプランでした。

写真でしか顔はみたことなかったですが、イメージ通りというわけでもないですが、イメージと全然違う!なんてこともなかったです。

お互いの生い立ちや、好きなものの話、恋愛の話などしてその日は楽しく過ごすことができました。

いくら条件が理想に近くても、実際会ってみるとなんか違う…なんてこともよくあるのですが、Y氏の場合はそんなこと感じず、むしろ波長が合うなと感じました。

一緒に始めた友人も何人か直接会ってみたようなのですが、会ってみるとなんか違うと思いそのままフェードアウトしているみたいなので、序盤で合う人に出会えたのはかなり運がいいんだと思います。

その後

やはり一度飲みに行くとお互いの距離はぐっと縮まるもので、それからはほぼ毎日連絡を取り、すぐに2回目3回目と会うことになりました。

恋愛を目的としてペアーズをやっているとお互いわかっているので、変な駆け引きなど必要ないのがすごく楽だと思いました。

相手も割と素直に好意を伝えてくれており、3回目のデートで付き合うことになりました。まだ付き合いだしてから2か月ほどで月日は浅いですが、よく会っており、とても仲が良く一緒にいて安心できる存在です。

完全なる他人から知り合ったので今仲良く付き合っているのがすごく不思議ですが、私の場合はとても合う人と出会いお付き合いすることができました。

心得

ちなみに、一緒に始めた他の2人は、ペアーズで出会った人と何人か会ったりしてはいるもののまだ恋愛には発展していないようです。

私は運が良かったのもありますが、正直マッチングアプリに向いている人種だと思います。

どういう人種が向いているかというと

  • 自分の求める条件がはっきりしている
  • 好きなタイプがはっきりしている
  • 理想が高くない

たとえば私の場合は、たばこを吸わない、定職についていて私と同等もしくはそれ以上稼いでいる、動物が好き、というのが最低条件でした。

それ以外にもいろいろな要素があると思いますが、それを言ったらきりがないのでとりあえずこれが満たせていれば問題ない、と自分の中で決めていました。

アプリを始めてからもなかなかいい出会いに恵まれずにいると、だんだん理想が高くなっていく傾向があります。

今まで全くなかった出会いがあふれているので感覚が麻痺してきて、またいいねが増えるにつれ、あれ?私って結構需要高いかも?と錯覚してしまい、人というよりは条件を見るようになっていって、これよりもっといい条件のいい人がいるんじゃないか、もっとハイスペックな人がいるんじゃないか、この前年収1000万の人にいいねされたし500万の人はパス、などとなっていってしまうのです。

実際友人2人もその傾向があり、最近は初回のデート費用がすべて相手もちの人じゃないといいねしないと言っていました。

出会いが目的であって、ただ飯が目的ではないのにそれでは本末転倒だと私は思うのですが。。

もちろん経済面を重視する方はそれでいいと思います。しかし、本来の状況を忘れあれもこれもとどんどん理想の条件を追加していくときりがないということです。

また、2人はこれといって好きなタイプがあまりはっきりしていないらしく、なかなかターゲットを絞りきれないようでした。

これだけは譲れないという条件を3つほどに絞って、あとは自分のフィーリングを大事にすればきっといい人に出会えると思います。

マッチングアプリに限らず、婚活成功のカギはより”いい“人に出会うことではなく、”自分に合った“人に出会うことだと思います。