1. SEXノウハウ
  2. 現在のページ

彼女との初旅行で気をつけるべき夜の行動10選

投稿日: 2021年03月24日

初旅行を楽しむカップル

付き合ってから初めての初旅行。ドキドキワクワクの、とっても楽しみなイベントですよね。一方で、夜の営みは一体どうなるのか、お互い口には出しませんが、100%気に掛けているポイントであることは間違いないでしょう。

そこで、今回は彼氏側の視点から見た、彼女との初旅行で気を付けるべき夜の行動10選をお伝えしていきます。

1.部屋のお風呂での陰毛処理

セックスをするかしないかに関わらず、ベッドに入る前に、先にお風呂を済ませるカップルは多いでしょう。

初旅行となれば、いきなり一緒にお風呂に入るのは、気持ち的に恥ずかしさが勝って、まだ難しいと思われるので、別々に入るパターンが多いのではないでしょうか。
その際に、もし湯舟を張り、彼女側に「私はお風呂につかる時間が長くなっちゃうかもしれないから、先に入ってて良いよ。」等と言われ、彼氏側が先にお風呂に入ることになり、湯舟に入った時に陰毛が何本か浮いていることに気付かずに、彼女にバトンタッチしてしまったら…。

彼女は浴槽を見た瞬間ドン引きしてしまい、この後待ち受けているかもしれないセックスへのモチベーションはダダ下がりとなってしまうでしょう。
このような事態を避けるためには、陰毛の処理を丁寧に行ってから交代するか、彼女に先にお風呂を済ませてもらうのが、間違いなく無難でしょう。

2.歯磨き等の口臭ケア

セックスをする雰囲気になれば、100%確実にキスをすることになるでしょう。
その時に、晩ご飯で食べたもののにおいがすると、せっかくのキスが台無しになり、気分も盛り下がってしまいます。

食べたものが、焼き肉であったり、にんにくが使われているもの、ラーメン等のにおいのキツイものであったり、お酒も飲んでいた場合はもっと最悪です。
間違いなくクサいです。

セックスまでちゃんと繋げるためには、序盤のキスはとても大切。
そのケアとして、きちんと歯磨きを行ったり、ブレスケアを服用したり、口臭を消し口内をスッキリさせるスプレーやガムを使うことをおススメします。

仮にその点を気にしすぎるあまり、口からものすごく爽やかなミントの香りが出すぎるて、彼女に気付かれたとしても、「エチケットに配慮して、口臭に気を付けてくれたんだ。」と逆に好印象を持ってもらえるかもしれません。
多少恥ずかしいかもしれませんが、そちらの方がよっぽどマシですね。

3.体毛の処理

腕毛を処理する男性

初めて見る彼氏の身体の体毛がすごすぎて、毛むくじゃらであった場合、彼女側は口には出しずらいかもしれませんが、確実にビックリしているでしょう。

胸毛やお腹周りの毛が真っ黒であったり、乳首から毛が伸びているのを見られたら…。
彼女はその身体に触れてみたいと思ってくれるでしょうか。おそらく答えは「否」です。

そのような事態を避けるために、不自然にならない程度に、事前に体毛を減らしておく等、処理をしておくと良いでしょう。

4.顔の身だしなみのチェック

つい忘れてしまいがちですが、いざセックスをする雰囲気になり、身体を寄せ合い、お互いの顔の距離が近くなった時に、彼氏の顔を見て、鼻毛が見えていたり、歯に青のり等がついていることに彼女が気付いたら、確実に気分は萎えて、顔を近づける気が失せてしまうかもしれません。

この事態を避けるために、事前に鏡で必ず自分の顔をチェックすることを忘れないように心掛けましょう。

5.体臭のチェック

事前にお風呂に入っていれば、クサいことはほとんどないでしょうが、男性独特の消えることのない「男のニオイ」が苦手な女性も中にはいます。

身体を寄せ合った際に、彼女に不快な思いをさせないためにも、セックスの前に、キツイ香水ではなく、爽やかなフレグランス・コロン等を身体にシュッと吹きかけて、対策をしておきましょう。

6.彼女のブラジャーの取り外しはスムーズに

セックスが進んでくると、お互いの服や下着を脱いで、徐々に裸になっていきます。
この時、彼女が自分でブラジャーを外してくれれば特に問題はありませんが、彼氏側がブラジャーを外すような流れになってしまった場合に、ブラジャーのホックを取り外すのに時間がかかると、待たされている彼女側は少し不満に思いつつ、申し訳ない気持ちも抱いてしまうかもしれません。

あまりにスピーディーに取り外すと、「何かすごい手慣れてるな…」と思われ、それはそれで引かれるので、自然にすんなりホックを外すことが出来れば、雰囲気を台無しにすることなく、そのまま気持ちの良いセックスへと進んでいけるでしょう。

かといってこれは事前に練習が出来ないので、彼氏側が外す空気になった時は、取りやすい体制になってから作業に取り掛かるように心掛けましょう。

7.コンドームや潤滑油の存在はギリギリまで隠しておく

コンドームを付けた安全なセックスを象徴

初旅行での夜の営みを意識すれば、コンドームや潤滑油は必須であり、準備していく男性は多いでしょう。
それ自体は良いことですが、もしセックスをするかしないかまだ分からない昼間の時間帯等に、鞄から少し見えてしまったり、うっかり落としてしまい、それを彼女に見られたりなんかしたら、そしてその彼女が処女であった場合等は特に、「え、準備万端じゃん。やる気満々じゃん。ちょっと引くわ。怖いわ。」と思われてしまい、せっかくの初旅行の楽しい雰囲気が壊れてしまうことも有り得ます。

夜になっていても、夜の営みが始まる雰囲気になる前に、彼女から見える位置に置いてしまっていた場合等も、同様に引かれることは間違いないでしょう。

ギリギリまでコンドームや潤滑油の存在は直前まで匂わせず、行為の途中で必要になった時にサラッと出せるようにしておくと、スマートで良いでしょう。

8.セックス中に自分でシコらない

初旅行でのセックスで上手く起つかというプレッシャーからか、セックス中に何とか大きくしようと頑張ってシコる男性がたまにいますが、女性側からすると、処女である場合は単純に、「何をしているのだろう?」と思うかもしれませんし、慣れている経験者である場合は、「私との行為では大きくなりにくいのかな…」と不安に思ってしまいます。

しかし、初めてのセックスである場合、彼氏側から彼女側にいきなり、「自分のムスコをシコってほしい。或いは舐めてほしい。」とは言いづらいケースもあるでしょう。
相手が処女であったら、余計に気を遣ってしまいますね。

男性視点で考えると、きちんと勃起するかは深刻な問題となってきますが、このような状態をなるべく避けるために、初旅行の数日前から禁欲しておいたり、彼女が経験者で甘えられそうなタイプである場合は、見栄を張らず思い切って「自分も舐めてほしいな。シックスナインとかしない?」と提案してみた方が、結果的に気持ち良くなりやすく、セックスもスムーズに進んでいくのではないでしょうか。

9.生で挿入しない

望まない妊娠を防ぐために、避妊はきちんと行うべきですが、セックスの時にうっかりコンドームを忘れてしまった場合もあるでしょう。
気持ちが高まり、「最後に外に出せば大丈夫だから。」といった流れになることも有り得ます。
しかし、安易な気持ちで生でセックスをしては絶対にいけません。外で出しても、妊娠する可能性はゼロではないからです。

大切な彼女との初旅行のはずなのに、夜の営みで性欲に負けて軽はずみな行動を取ってしまい、最悪妊娠させてしまった時は、その責任は一体どうなるのでしょうか。

彼女を大切にしたい、彼女とこれからもっと素敵な思い出を作りたいと、彼氏側が思うのならば、ここはグッと我慢しましょう。
これからが盛り上がるところなのに…!と思っても、その行動はきっと、彼女側からすると、「私のことを本当に大切にしたいと思ってくれているんだな。」と、逆に信頼をより得られる機会になるかもしれません。

10.セックスが終わった後に自分だけ寝落ちしない

セックスが終わり、出すものを出し終えた男性側は、体力の消費も激しく疲れている状態です。
それはよく分かりますが、行為を終えたすぐ後に、そのまま秒で先に寝てしまう人がたまに見受けられます。
これは女性側からすると、「え?!やっぱりただセックスしたかっただけなの?もう用済みなの?」という心理になります。

セックスを終えた後の賢者タイムの際に、カップルでたわいもないことを喋る時間が、コミュニケーションを図る上でとても大切であり、この時間を楽しむ女性は多い傾向にあります。

彼氏側には酷かもしれませんが、ここは眠たいのを堪えて、セックス後の彼女とのひと時を大切にすることをおススメします。

以上が、彼女との初旅行で気をつけるべき夜の行動10選でした。
これらのポイントを踏まえてもらい、初旅行が素敵な思い出となる手助けが出来れば幸いです。
素敵な夜が過ごせることを、心から願っています。