1. TOP
  2. 結婚
  3. 現在のページ

結婚前提の恋愛ができる男性を選ぶ6つのポイント

投稿日: 2017年08月14日
ノウハウを学ぶ女性

多くの女性が恋愛の相手を選ぶとき、「この人はこの先に結婚を考えられる相手なのか?」と考えます。

男性が比較的、「恋愛は恋愛、結婚は結婚」と分けて考えがちなのに対して、女性はふつう分けては考えられないものです。それは、女性にしかできない出産という大きな使命をもっているからに他なりません。

では、どうすれば将来結婚に結びつくお相手を選ぶことができるのでしょうか。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

恋愛の延長線上に結婚を考えるなら

あなたが恋愛の相手を選ぶとき、何を最優先させますか?

確かに、相手のことを「素敵な人」とか「好きだ」と思う気持ちも非常に大切なことです。ただ、将来的に家庭を持ち、子供を産み育てたいと願うのであるならば、真剣に考えなければならないことがあります。それは、恋愛の延長線上に結婚を考えられる相手かどうかということです。

そのときの感情に任せて恋愛を始めてしまうと、男性の、「恋愛は恋愛、結婚は結婚」という考え方にぶつかり、お相手といずれ結婚したいと願っている女性が悩みをかかえるケースが残念ながら多いのです。

こんなつもりではなかったと後悔しても、そのときには相手から離れられないほど好きになっていて、「結婚できなくても仕方がない」と諦めて、無理に自分の夢を諦めてしまうこともよくあります。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか。

女性にとって出産とは、男性には決してできない特権のようなものです。しかも、ある一定の期間にしかできない制限付きでもあります。ですから、将来的に出産を望むのであれば、恋愛のお相手選びは非常に大切になってきます。

では、どうすれば、そういった男性を選ぶことができるのでしょうか。今回は、6つのポイントをご紹介したいと思います。

1.お互いの結婚観を知る

この人なら結婚できるか○×

お付き合いを始めてからの結婚の話は、男性にとっては重く感じることが多いものです。ですから、その前の段階で、相手の結婚についての考え方を知る機会を持ちましょう。

自分から気軽に結婚観を語っていけば、相手も自然に自分の結婚観を語ってくれるはずです。そこで、相手が、「恋愛は恋愛、結婚は結婚」という考え方で、あまり具体的なビジョンを持っていないようであれば、恋愛をスタートしても、結婚というゴールにたどりつく可能性は低いとみていいでしょう。

2.経済力を確かめる

お金を払う男性

もう1つのポイントは、経済力がある男性かどうかです。相手との結婚を考えている女性にとっては、とても重要なポイントです。

将来は結婚して家庭を持ちたいと考えている男性なら、自分の仕事を充実させ、生活を安定させようとするはずですから、貯蓄までは求めなくても、あなたとのデートでご飯をごちそうできるくらいの余裕持った男性がいいでしょう。

結婚してから、女性に経済力を求めるような男性なら、あなたの悩みが増えるのは間違いありません。

相手を好きであればあるほど、目をつぶって恋愛を始めてしまいがちですが、そうなる前に判断するのが懸命です。

3.子ども好きかを確かめる

子供好きの男性

残念ながら、最近幼児虐待のニュースをよく耳にします。

将来家庭を持ち、子供を産み育てるにあたり、相手が子供好きかどうかという点は、どうしても知っておく必要があります。

子供好きではなかったとしても、少なくとも子供を適切に扱える人であれば大丈夫です。では、どうやって確かめたらいいでしょうか。それは簡単です。相手と一緒に、子供たちが多くいる公園や遊園地に足を運んでみてください。

直接子供に接することはなくても、子供を見て相手がどう反応しているか、その表情をじっくり観察します。
温かい笑顔で子供を見つめているようなら、子供好きとみていいでしょう。逆に、「ウザい。面倒だな。」といった表情をしているようなら、子供に嫌悪感を抱いている証拠です。後者であれば、後々あなたを悩ませるお相手と言わざるをえません。

4.食の嗜好を確かめる

食事をする男女

食の嗜好は人それぞれなので、好きな食べ物が違ったからといって、結婚相手としてふさわしくないと考えるのは厳しすぎる。

本当にそうでしょうか?
昔から、「男性を振り向かせたいなら、胃袋をつかめ!」とよく言われますが、まんざら嘘ではありません。

結婚生活とは衣食住を共にするということですから、食の嗜好が同じであればあるほど、結婚生活が充実するものです。

忙しく働いて、疲れた夫が癒されるのは、美味しい夕飯とそれを一緒に楽しんでくれる妻の存在なのです。

恋愛中でも、あなたが「あれ、食べに行きたいね?」と言ったときに、「いいね!」とすぐさま返事を返してくれるような相手であれば、最高のパートナーになれるでしょうし、より一層デートが楽しくなるでしょう。

5.家族の関係性を知る

笑っている老夫婦

私たちは、将来持つ家庭のイメージを、自分が育った家庭とどうしても重ねてしまうものです。

父親が母親に優しく接していたか、両親が愛情をもって自分を育ててくれたかなど、男性が将来自分の家庭を持ったとき、それが理想であろうとなかろうと、同じような家庭を作ろうとする傾向にあります。それは、家族像としてのモデルが、自分が生まれ育った家庭にしか見いだせないからです。

可能な限り、お互いの家族の話を話題にし、相手がどんな環境や家族関係の中で育ってきたのかを知る機会を増やすことが大事です。
また、可能であれば、相手の家族と会う機会を作ってみるのもいいですね。相手の家庭が、自分が理想とする家族像に近ければ近いほど、将来の家庭が理想に近づくでしょう。

6.性的嗜好を知る

理想のエッチを考える女性

お付き合いもしていないのに、肉体関係を結ぶのは抵抗があるという人にはお勧めできませんが、これは相手を知るのには一番適していると言ってもいいでしょう。

いくら素敵だと思える相手だったとしても、性的嗜好が受け入れがたいものであれば、恋愛中においても苦痛を感じることになりますし、結婚となればなおさらです。

それを我慢してでも恋愛をスタートしたいと思うときもあるかもしれませんが、いずれ耐え難い苦痛となって、あなたに襲いかかり、悩ます結果になることは容易に想像できます。

そう考えれば、大きなリスクを抱えて恋愛をスタートするよりも、お試しでベッドを共にしてみることは、決して悪いことではないのです。お互い無防備な状態でのピロートークも、相手を知るための強力な情報源になるでしょう。

あなたの夢の実現のために

今回は、恋愛の延長線上に結婚を考えている女性の悩みを少しでもなくすために、恋人選びの6箇条をお伝えさせていただきました。

恋は、素敵な相手に出会った瞬間に突然燃え上がり、冷静な判断などできない状態にさせてしまうものです。それも恋の一つの楽しみ方かもしれませんし、恋の醍醐味だとも言えるでしょう。
しかし、恋に盛り上がるあまり、冷静な判断ができないまま恋愛をスタートさせてしまい、その結果、様々な不安や悩みを抱えて、遂には結婚の夢まで諦めてしまう女性が多いこと。私の周りでもそんな女性をたくさん見てきました。

これまでお話ししてきた6箇条は、恋に燃え上がる気持ちを抑えて、相手を客観的かつ冷静に判断しなければならず、心から恋愛を楽しめないのではないかと感じる人もいるかもしれません。しかし、真剣に幸せな結婚を望んでいるのであれば、恋に盲目になり、判断を誤るのはとても危険なことなのです。

私の友人に、こんな人がいました。10年間お付き合いしていた彼がいて、彼と当たり前のように結婚を考えていたけれど、結局はお別れすることになってしまいました。

原因は彼が他の女性に心変わりしたことだそうです。
10年という交際期間をどう思いますか?
相手との結婚を望んでいた彼女にとっては、非常に長く、悶々とした時間ではなかったかと感じます。おそらく、彼の方は、彼女との結婚への強い意志はなく、だらだらと交際していたのでしょう。

恋愛には、それぞれの形や考え方がありますから、一概には言えないことですが、少なくとも私の友人の場合は意に沿わない恋愛だったのではないでしょうか。

現在彼女は5歳年下の男性と結婚し、幸せな結婚生活を送っています。子供はいないようです。

結婚をし、子供を産み育てることだけが幸せではありませんが、もし彼女が10年交際していた彼とのそれを願っていたとしたら、女性の大切な時期を逃してしまったとも言えるのかもしれません。

これから恋愛をスタートさせたい女性のみなさん、恋愛の先に結婚や出産を望んでいるならば、少し冷静になって、6箇条をぜひ試してみてください。

そして、大好きな相手と、安心して愛を育んでいき、夢をぜひ叶えてほしいと思うばかりです。