1. セックスフレンド
  2. 現在のページ

セフレとの関係が終わる8つの理由

投稿日: 2021年03月21日

セフレとの関係が終了した瞬間

みなさんには、セフレはいますか?
お金を掛けることなくお互いの会いたい時に性処理が出来る便利なセフレ関係ですが、セフレと長続きさせるにはそれなりのコツが必要です。

今回は、セフレとの関係が終わる理由について解説していくので、どのような形でセフレの関係が解消されているのかを知って、自分のセフレライフに活かしてみてくださいね。

セフレとの関係が終わる8つの理由

性欲を満たすことが目的のセフレ関係において、お互いが気軽に空いた時間に会えることが理想の形となっているため、それを維持することが難しくなった場合に、セフレとしての仲が終わるとされています。
そんなセフレ関係が終了する主な要因として、以下の8個が挙げられます。

  1. どちらかに恋人が出来た
  2. プレイがマンネリ化した
  3. 環境の変化
  4. 仕事や学校が忙しくなった
  5. 性癖が合わなくなってきた
  6. 自然消滅
  7. 女性側が結婚適齢期に差し掛かった
  8. どちらかに恋愛感情が芽生えた

それでは、それぞれの項目の詳細に関して見てみましょう。

1. どちらかに恋人が出来た

お互いの都合の良い時に会って性処理が出来る便利なセフレ関係ですが、片方に恋人が出来た場合にはその関係を終了させる必要があります。
中には恋人が出来てからもセフレ関係を維持するといったケースもありますが、一般的にはセフレよりも恋人の方が優先順位が高く、大切にすべき存在だという認識が持たれているため、例えセフレとの体の相性が良かったとしても、恋人が出来る=セフレ関係の終わりという図式が出来上がっています。

よって、どちらかがフリーではなくなった時点でセフレ関係が解消されるという暗黙の了解があり、その後連絡を取り合うことも無くなる傾向にあります。

2. プレイがマンネリ化した

セフレとのプレイにマンネリを感じた女

セックスをすることが前提のセフレ関係において、セックスのマンネリ化はセフレ関係を終わらせるのに十分な要因となり得ます。

通常恋人とは出来ないようなさまざまなプレイに挑戦したり、ややアブノーマルなアイテムを使ってみたりと、セフレ関係の始めには刺激的なプレイを楽しむことが出来ますが、段々とマンネリ化してしまい、相手に対して飽きがきてしまう傾向にあります。

お互いに愛情を持っておらず、性欲と利害関係のみで繋がった仲なので、一度相手とのプレイにつまらなさを感じてしまうと改善することは難しく、新しいセフレを見つけようとする場合が多いため、そのままセフレ関係を解消するということになってしまうのです。

3. 環境の変化

セフレ関係は、お互いが空いた時間に気軽に会えることが条件となっているため、どちらかの環境が大きく変わることによって、その関係を終了させなければならない場合があります。
例えば、就職や転勤で遠方に引っ越すことになった、家族と同居することになり時間の融通が利きにくくなったなど、これまで通りにセフレと会うことが難しくなってしまったというケースでは、どれだけお互いの相性が良かったとしてもやむを得ずセフレ関係を解消する必要があるため、環境の変化は大きな要因となってしまいます。

基本的には、環境が変わったことで消滅するセフレ関係の場合において、その後関係が復活する場合は非常にレアケースとなっているので、そのまま一生関わることなく、お互いの人生を歩むといったケースが多くなっているのも特徴です。

4. 仕事や学校が忙しくなった

お互いの空いている時間に落ち合ってセックスをするというセフレ関係は、日常生活のあらゆるものの中で比較的低い優先順位に位置しています。
そのため、例えば仕事や学校が忙しくなったり、就職活動が始まったりといった場合に、より優先順位の高いものが多くの時間を占領することになるため、必然的にセフレとの時間を作ることが難しくなってしまいます。

また、例え少しの空き時間があったとしても、仕事や学校でのパフォーマンスをある程度維持したい人は、セフレと会うよりも睡眠時間を確保することに重きを置くため、自然とセフレに会う機会が無くなっていってしまうのです。

5. 性癖が合わなくなってきた

お互いに性欲を満たすことが目的のセフレですが、やりたいプレイ内容には個人差があります。

セフレとしての関係を始めたばかりの頃は、お互いにやや遠慮してノーマルなプレイばかりしていたという場合でも、付き合いが長くなるにつれて、自分の性癖やトライしたいプレイを相手にカミングアウトしていく傾向にあります。
そのため、セフレを始めた当初は相性が良かった相手でも、段々と相手の要望が重くなってしまったり、逆に相手が自分の希望のプレイ内容に付いてこれなかったりといったギャップが生まれ、その結果として、お互いに性癖が合わなくなったという印象になってしまい、セフレ関係を終わらせるきっかけになってしまいます。

6. 自然消滅

複数のセフレがいる男

お互いに連絡無精であったり、他に複数のセフレを抱えていたりという場合は、自然消滅で終わってしまうケースも多々あります。

セフレの中には、隔週や月に1回といったように会う頻度をある程度決めているケースもありますが、中にはお互いの気の合うタイミングで気軽に会う予定を決めるといった関係もあるため、お互いに連絡を取り合わなければ、そのままセフレとしての関係が終了してしまうのです。

何かアブノーマルな性癖や体の相性が良いなどの特別なポイントがある場合は別ですが、他のセフレでも代わりが利く程度の仲の場合は、特に大きな理由も無く自然消滅でセフレ関係が解消されるケースがあります。

7. 女性側が結婚適齢期に差し掛かった

10代や20代前半の頃は気軽にセフレ関係を楽しんでいたという女性も、20代半ばを過ぎたあたりから自分の将来を意識するようになります。

周囲が結婚をしたり出産をしたりといった変化が訪れる時期でもあるため、自分自身の結婚や家庭のビジョンをこれまで以上に真剣に考え始めるようになり、ダラダラとセフレと付き合っている場合ではないと考えを改めるケースが多く、婚活や真面目な交際のためにセフレに別れを告げるという女性が増える年代とされています。
そのため、例えお互いに何の不満が無い良好な関係を維持していたとしても、結婚適齢期に差し掛かった女性側の希望によって、セフレ関係が終了を迎えるという場合が多くなっています。

8. どちらかに恋愛感情が芽生えた

お互いの性欲を満たすことが目的のセフレの関係において、どちらかが恋愛感情を抱くことはご法度とされています。
しかし、体の関係を許すことによって相手を特別視してしまうことや、長く一緒にいることで片方が単なる肉体関係以上の中に発展することを望むケースは非常に多く、特に女性が男性に対して本命に昇格したいと思うことが多い傾向にあります。

その恋愛感情を隠したままセフレとしての付き合いを続けられる場合は問題ありませんが、自分の想いを相手に伝えてしまったり、言葉にせずとも相手がその感情に気付いてしまったりすると、相手から重いと思われてしまい、都合の良い関係であるセフレを続けることは難しくなります。

まとめ

今回は、セフレとの関係が終わる8つの理由についてレクチャーしました。

体の相性は良かったのにやむを得ずというケースや、どちらか片方が重くなってしまったケース、お互いに何となく連絡を取り合わなくなったなど、セフレによってさまざまな理由はありますが、セフレという都合の良い関係が続けにくくなることが主な要因となっています。

セフレと長く関係を続けたいという場合は、今回の記事を参考にして、是非充実したセフレライフを満喫してくださいね。