1. TOP
  2. 恋人
  3. 現在のページ

可愛いメンヘラな彼女との上手い付き合い方【実体験に基づく】

投稿日: 2017年06月30日
淋しがりやな彼女

彼女がメンヘラって方。彼女との付き合い方に困っている方が多いでしょう。メンヘラでも彼女は彼女だから上手くやっていきたいという方も、メンヘラだなんて知らなかった、早く別れたい、という方も、どちらの方にも役に立つように書きました。

僕の個人的な体験を元に、メンヘラの考え方やリスカに関してまで紹介しております。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

始めに

この文章は僕の体験を元にメンヘラな彼女との付き合い方をご紹介する文章です。「彼女がメンヘラで困っている」「メンヘラな彼女と上手くやっていきたい」「相手がメンヘラなので早く別れたい」等々、メンヘラな彼女とどのように関係を持っていけばいいか、というのをご紹介する文章となっています。

この文章を読む人は全員、「彼女がメンヘラ」だという共通した環境を抱えている人だと思いますから、この文章がその悩みや不安にある意味での道しるべを与えられると幸いです。

メンヘラ彼女と馴れ初め

僕の彼女はメンヘラです。どれくらいメンヘラかと言うと、リスカ癖あり、精神科への通院あり、ひとたび病むと気分が悪くなる、吐く、酷いときは多重人格の兆候まで現れる、みたいなことがありました。

サークルで一目惚れ

そんな彼女と出会ったのは大学のサークルです。当時はお互いピカピカの1年生。結構可愛い子だったので会ってすぐに一目惚れ。もちろん相手がメンヘラだなんて知る由もありません。

付き合うことに

やはり彼女は可愛かったので他のサークル員にもモテてたのでしょう。他の1男と付き合い、案の定問題を起こしてしまいました。
そういう訳で当時仲の良かった僕は病んでいた彼女の話を聴いてあげて、そのときにかなりのメンヘラだということも知りました。

結果、彼女はサークルをやめてしまいましたが、当時頼れる人間が僕しかいなかったようでめでたく告白成功。付き合うことになりました。

付き合ってから

普段は優しくて素直ないい子なのですが、ひとたび病み出すともう大変。手のつけられようがないくらい「死にたい」「辛い」を連呼します。

1度返信が遅れたり電話に出なかったりするとさらに大変。「どうして返信くれないの?」「ねえ!いま私辛いの」とストーカー気質の発言を繰り返します。

昔からメンヘラには耐性があったつもりですが、これは結構キツいなー、と思いながら付き合ってました。ちなみにデートとかするときは全然普通なんですよ。至って平和なカップルです。

スポンサーリンク
ホットクレンジングゲル

メンヘラについて

ここでは少々間をおいて、メンヘラについてご紹介したいと思います。

メンヘラは寂しがり屋

メンヘラは基本的に寂しがり屋です。寂しいからすぐラインしちゃう、寂しいからすぐ構って欲しくなっちゃう。そんな人間ばかりです。

ちなみにメンヘラの女子相手に「メンヘラ」って言うと相手にもよりますが結構怒ります。「寂しがりや」や「構ってちゃん」くらいに美化して言ってあげましょう。

気分の浮き沈み

普段は優しくて素直な子が多いんですよ。ただ、情緒不安定なところや気分の浮き沈みが激しいところがあり、ひとたび病んでしまうともう手のつけられないくらい死にたくなっちゃうんですね。

メンヘラな女子は基本的に普段は無理して明るく振る舞ってる傾向があります。時たま見せる暗い顔、不自然に出している明るい声、嫌な過去を話すときの雰囲気の変わりよう。メンヘラを見分けるポイントは何個もあると思います。

メンヘラに捕まりたくない人はぜひとも人間を見る目を鍛えて、そういう兆候のみられる女子には近づかないようにしましょう。

リスカ

ぶっちゃけ断言しちゃうとリストカットは皆さんが思うほど深刻なものではないです。読めば分かります。

そもそもどうして自分で自分の身体を傷つけるんだと思いますか?
構って欲しい?それもあるでしょうが、そしたらラインや会ったときに散々誰かに構ってもらえばいいこと。それに構ってもらえる相手がいなければリスカしたって何も意味がありません。

リスカには構って欲しい以上のことがあるんですよ。
答えは簡単です。リスカって痛みを伴いますよね。メンヘラはその痛みを感じることで「生きてる」って実感するんです。

多分皆さん「生きてる」って実感する瞬間は誰にでもあると思います。例えばストレスを感じやすい人が1日に1回タバコを吸うとき、酒が好きな人が美味しいお酒を飲むとき、ギャンブル狂いが大当たりを当てたとき、スリルが大好きな人がジェットコースターに乗って大回転をするとき…。
決して身体にいいことではないのだけれど、その”好きなこと”をしているときに「生きている」と実感できますよね。メンヘラのリスカがそれなんです。

彼女らは手首を切り、流れる血や痛みを感じることで「生きている」と実感するんです。タバコと同じなんですよね。

人は皆何かに頼ってないと生きていけない。ある人はそれがタバコだったり酒だったりギャンブルだったりしますが、メンヘラにとってはそれがリスカなんです。

メンヘラ彼女との関わり方

相手を認めてあげる

まずは相手を認めてあげてください。メンヘラは認められることに慣れてないです。承認欲求というのがとても高い生き物です。

相手を認めて、できれば依存させてあげましょう。「依存されると逆に困るじゃん!」と批判されそうですがその逆です。
むしろメンヘラは依存できる相手を探しているので、上手く依存させてあげることで相手は落ち着き、メンヘラの発作が起こらないとても「いい子」になります。

連絡はキチンと取る

連絡はマメにとりましょう。できれば定期的に電話もしてあげてください。メンヘラにとってはそれがいい薬になります。

連絡を取るときも自分の話はなるたけ押さえて、相手の話を聴いてあげるようにしてください。メンヘラは感受性豊かですから、日頃からいろんなストレスを感じているはずです。1週間も放っておけばきっと様々な愚痴が溜まっていくはずなので、キチンとそれを聴いてあげましょう。
そのときはキチンと話を聴くだけにして、解決策や自分の意見を押し付けないようにしてくださいね。

聴いてもいない解決策を押し付けたりすると、メンヘラにとって「面倒くさい人」になってしまいます。上手くメンヘラとの関係を続けるためにも気を付けてくださいね。

相手が病んでしまったとき

万が一相手が病んでしまったとき、これはいろいろ解決策が分かれますが、僕個人としては話を聴いてあげて認めてあげれば自然と解決していきます。電話でもして明るい雰囲気で会話してあげれば自然と相手の心も晴れるでしょう。

どうしても面倒くさい場合は放っておいても大丈夫ですよ。どうせ「死にたい」「辛い」とか言ってても死にはしませんから(笑)

別れたい場合

こうはなって欲しくないですが、どうしても別れたいとき。
相手が「死にたい」と言ってもどうせ死にはしないということは先ほど話しました。
なので放っておいて大丈夫ですよ(笑)
特に相手が病んでしまったときなんかは効果的で、相手を冷たく突き放してしまえば「もうこの人には頼れないんだ」となって、メンヘラからの連絡も来なくなります。自然消滅ですバンザイ。

そういうわけで別れるなら上手く別れてくださいね。くれぐれも自分の家や職場などは知らせないように。後々ストーカーになって面倒くさくなるかもしれませんから。

最後に

僕と彼女はその後も上手く続いています。彼女が病んだときは何度かありましたが、最近は落ち着いてきて、ここ半年はほとんど困っていません。

メンヘラは病みやすい分、結構エッチが好きな人が多く、その方も楽しめています。上手くメンヘラと付き合って充実した生活を送ることをお祈りしています。