1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

合コンでの出会いはありか?社会人にとって合コンは一番の出会いの場

投稿日: 2017年06月28日
合コンで乾杯する男女

歳を重ねるごとに、男女の出会いというのは段々と機会が減っていきます。学生時代なら、同じクラスや部活、共通の友達がいるというだけで距離が近くなり、恋人へと発展していきますが、社会人になるとそうはいきません。

そんな中、社会人特有の出会いの場として代表的なものが合コンです。
本記事は、合コンでの恋人探しについて紐解いていきます。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

年齢と出会いは反比例する

冒頭でも言いましたが、歳を重ねるごとに、出会いというのは段々と機会が減っていきます。学生時代は出会いがたくさん転がっています。
極端に言えば学校中の異性が恋愛対象者です。その中で、何か一つでも共通点があれば距離が近くなり、若い力ですぐに恋人へと発展します。

学校の登下校や、ゲームセンターやカラオケで出会うのも学生特有の出会いでしょう。
このように、学生時代は毎日色んな場所に出会いが転がっています。

しかし、社会人はどうでしょう。
朝早い通勤、残業、上司との飲み会、取引先との接待ゴルフ…
出会いは急速になくなります。

たまにある同窓会に参加しても年々既婚者が多くなり、そもそも恋愛対象者がほとんどいないということが多いでしょう。

社内恋愛という方法もありますが、同僚からの目や別れた場合のことを考えるとデメリットが大きく、あと一歩踏み出せない方が多いようです。
このように、社会人になり、そして歳を重ねるごとに出会いはなくなってくるのが現状です。

近年の出会いの傾向

上記に書いた通り、歳を重ねるごとに出会いはなくなってきます。
しかし、近年スマートフォンの普及により、今までになかった男女の出会いが広がってきています。
それは、SNSやいわゆる出会い系で男女が知り合うということです。
そういう媒体を使って男女が知り合うことが当たり前になってきました。

しかし、これには大きな問題が二つあります。

一つ目は、SNSや出会い系で見知らぬ人と会い、誘拐等に発展する事件になりかねない、ということです。
特に女性が被害者になりやすく、殺人事件にまで発展したニュースも皆さんの記憶にあると思います。

確かに、同じ趣味を持つ人達と繋がることや知らなかった人達と友達になることは素晴らしいことだと思いますが、男女の出会いという目的では危険性が大きいのは事実です。

二つ目は、もし運命的な出会いで結婚まで行き着いても、やはり家族や職場の人たちにSNSや出会い系で知り合ったということは言いづらいということです。

私の友人でもFacebookで知り合って結婚した男女がいますが、やはり親族や職場関係者には「友人の紹介」ということになっているそうです。間違っても「Facebookを見ていて可愛い子がいたからメッセージを送って知り合った」とは言えないようです。

最近の若者であればSNSでの出会いはもっとフランクな印象かもしれませんが、世間一般の意見を言えばまだ良い印象ではないでしょう。

一昔前の出会いの傾向

60代以上の世代の方々に多いと思われますが、「お見合い」という手段もあります。
近年では、あまり聞かなくなりましたが、親や親戚、近所の人からの紹介でお見合いをするのが当たり前の時代もありました。

恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が離婚率は低い、という統計結果も出ています。
その理由として、恋愛結婚の一般的な離婚の流れは、付き合って同棲して結婚する、結婚生活の中で嫌な面が見えてきて離婚する、というのが一般的な流れです。良いところだけを見て結婚して、「マイナス」の面が見えてくるという方が多いようです。
お見合い結婚では、親や親戚に決められた相手と結婚し、何も知らない、もしくは悪いイメージから始まります。しかし、結婚生活の中で「こんな人なんだ」「こんな一面もあるんだ」と「プラス」のイメージが加算されていくため離婚率が低いと言われています。

しかし、SNS等により様々な出会いがある中、親が決めた人と結婚する、という考えは現代の若者には到底考えられないことでしょう。

やっぱり合コンが一番?

職場での出会いもない、地元や学校の同窓会でも恋愛対象者がいない、SNSでの出会いは嫌だ、昔の恋人も既婚者ばかり…
そんな方々に一番おすすめの出会いが「合コン」です。

一言「合コン」と言うと、やや軽い印象ですが、社会人になると「お食事会」という都合のいい言い方もあります。もし結婚まで行き着いても「お食事会で出会った」という上品な言い方も可能です。

合コンでは、年齢や職業、趣味、そしてその人の性格まで、恋愛に必要な要素をすべて判断することが出来ます。大阪では、合コンで女性が男性の年収を聞くのが当たり前の風習があるそうです。そこまで聞かれると男性も困りますが、将来のことまで視野に入れているとなると、的確な質問とも言えます。

参考サイト

ゼクシィ縁結び

近年では街をあげての合コン、通称「街コン」というものも各地で開催され、世間的にも合コンが出会いの一つとして認知されるようになってきました。
このように、今や合コンはれっきとした男女の出会いの場の一つであり、相手の人となりを判断する場面としても最適な場となっています。

参考サイト

街コンジャパン

合コンでの注意点

ここからは実際に合コンでの注意点を男性編、女性編に分けて説明していきます。

男性編

男性は、合コン前から勝負が始まっています。
そうです。「お店選び」です。

相手方の年齢や職業を考慮してお店選びはするべきです。
間違っても、大衆居酒屋で騒がしい大学生グループの横で合コン、なんて失敗はしないようにしてください。

もう一つの注意点は、「飲み過ぎ」です。
相手方が可愛くてつい飲み過ぎた、お酒が強いと思われたくて、ついつい大学時代のノリで…その先には悪い結果しか待ち受けていません。

社会人らしく、相手方に合わせた大人の飲み方をしましょう。

そして、皆さんが一番迷う部分でもある「支払い」の注意点です。
近年、「夫婦やカップルで男性が支払いを全額負担するのはおかしい」とメディアでも討論が行われるのを、皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

男女平等を謳うこの世の中で、これだけは男性が不道理に行わなければならないとなっています。全くもっておかしいことです。

しかし、合コンの場合は違います。
少々背伸びしてでも、全額もしくは多めに支払うようにしましょう。

悲しいことですが、それが現代の男性の宿命です。
そのために、お財布と相談してお店選びをすることが大事です。

女性編

女性で最も注意すべきところは、やはり「身だしなみ」です。
これは、高い服を着て、肌を露出して、ということではありません。
この部分を勘違いされている女性が多いようですが、露出度が高い女性を恋人にしたいとは思う男性は限られた少数派だということです。

女性らしく、身の丈にあった格好をしている女性に惹かれるものです。
また、男性は「家庭的」な女性に惹かれる生き物です。

サラダを取り分けたり、お酒を注いだり、そういった家庭的な女性に惹かれる男性は多いでしょう。ただ、やりすぎるとあざとい印象になったり、恋愛関係になっても「お母さん的存在」になってしまうので注意を要します。

そして、合コンで女性が一番注意する点は、実は男性編と同様「支払い」です。

女性編での支払いの注意点は、「男性が払うのが当たり前」という考えをなくすことです。男性が全額支払う場合であっても、一度は支払う意志を見せることや、財布を出す等のアクションは起こしましょう。
間違っても、会計時になったら何も言わずに店の外で待っている、ということだけは避けましょう。

まとめ

今までのことから、社会人にとって合コンは一番の出会いの場であることが分かります。

街コンでは、過疎化問題や少子化問題の解決策になる程盛り上がっています。
街コンを題材にしたテレビ番組もあり、今後も各地で開催されるでしょう。

合コン、街コン関係なく、そういう場に参加することで得られるものは多くあります。
男女の出会いはもちろんですが、自分自身の成長の場でもあります。
決して大げさに言っている訳ではありません。

異性との関わりが苦手な方でも、参加することでいつかきっと自分を理解してくれる相手が現れます。
恋愛なんて面倒臭い、合コンなんて馬鹿らしい、一生独身でも構わない、自分なんて誰も相手にしてくれない…
そんな勘違いをしている全ての男女におすすめします。
きっとあなたの人生が変わるでしょう。