1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ

男性幹事さん必見!社会人の合コンを成功させる秘訣

投稿日: 2017年06月01日
飲み会を楽しむ若者たち

この記事を読んでいるということは、恐らくこれから合コンを開催しようとしている、もしくは過去に合コンを開催したものの上手くいかなかった幹事の方でしょう。

私も合コンの幹事を何度もしたことがあるので分かりますが、お店選びや人選、当日のコース料理の設定から参加者の日程管理、そこに追い討ちをかけるドタキャン。本当に大変ですよね。

この記事では私の経験に基づいて、幹事さんがスムーズに合コンを開催できる秘訣を紹介しています。幹事さんのお財布が助かるアプリなども紹介しているので、是非最後まで読んでみて下さい!

スポンサーリンク
pairs

1.合コンの計画

1-1.開催日程

カレンダー

合コンは日程を決めるところから始まります。
では、どのように日程を決めていけばいいのでしょうか?

メンバーの都合に合わせて開催できれば理想ですが、それでは皆の都合がバラバラで一向に決まりません。

そういう時はこちらから日程を2つ提案します。
ある日に限定した誘いでは、その日の都合が悪ければそれまで。
2つ提案することでどちらかに人数が集まるものです。

コツとしては、開催しようとしている日と、その日から1週間ほどあけた日にすることです。

同じ週で2つ設定しても、忙しい人だとどちらもお断りの可能性があります。
1週間後であればまだ予定がない場合が多く、私の経験上では後者で開催することが多かったです。

2つ目のコツは、週末と土日は避け、ノー残業デイを選ぶことです。
ノー残業デイが導入されていない会社にお勤めの方は知らないかもしれませんが、昨今では「残業しない日」というのを設ける会社が増えてきています。
最も多いのが水曜日と金曜日。
ただ、週末は会社の飲み会で参加できない人が多く、お店も予約がいっぱいで取り辛くなります。
土日祝はそれぞれの趣味などで予定が埋まっていることが多いですね。
しかし、ノー残業デイの水曜日を狙えばあっさり人が集まってしまうものです。

3つ目のコツは、月末を避けることです。
どの会社でも月末というのはどうしても忙しくなります。
いくらノー残業デイとはいっても、流石に仕事を残して翌月を迎えるわけにはいきません。
できるだけ月頭と中旬を選択するとよいでしょう。

1-2.人選

比較する女性

これも大きな課題になってきますね。
どういう人を選ぶかで合コン自体の流れが大きく左右されます。
以下にできるだけ避けたほうがよい人の特徴をまとめてみました。

  1. おしゃべり好きで相手の話をあまり聞かない人
  2. 自分の興味あることばかりを話してしまう人
  3. 仕事の話ばかりする人
  4. 一回りも年齢が違う人
  5. ルールやマナーがなっていない下品な人
  6. 単純に不潔な人

1.2.3.に関しては協調性がありませんね。
自分の趣味や特技、仕事の愚痴や自慢ばかりしても、相手の女性は退屈するだけです。

4.に関しては話が合わない可能性があります。
一昔古いギャグなどでその場が凍りついたり、話していてもお互いに共感できない部分が多くなってしまいます。

5.と6.に関してはもう論外ですね。
女性に対する気遣いがなかったり、下ネタを平気で連発してみたり。
私も過去に付き合いの浅い知人を誘って痛い目をしたことがあります。

何かあれば幹事さんが処理しなければいけません。
できるだけトラブルが起きないように、協調性のある同年代の紳士でメンバーを組むと成功に近づけるでしょう。

1-3.お店選び

個室のある居酒屋

お店はできるだけ明るい場所にしましょう。
私が過去に女友達から聞いた話ですが、予定されていたお店に入ると真っ暗な通路の奥にエレベーターがあり、エレベーターの中も壁一面真っ黒、着いた先には暗い部屋に赤紫の照明が…。
凄まじい紫色の雰囲気に恐怖を感じて体調不良を理由にすぐ帰ったそうです(笑)。

合コンとはいえお互い初対面です。
そんな真っ暗な場所に誘われると不安になって当たり前です。
大人な雰囲気を演出したいという人もいるでしょうが、それは仲良くなって2人きりの時にしましょう。
合コンの段階では普通の居酒屋などを選ぶといいですね。

もう一つのお店選びのコツは、個室のあるお店にすることです。
周りのお客さんが目につく状態ではお互いにやりづらいでしょうし、酔っ払ったおじさんなどに女性陣が絡まれるなんてこともあります。
無駄なトラブルを避けるためにも、落ち着いた雰囲気の個室があればベストです。

因みに、幹事さんにオススメの「スマート幹事くん」というアプリがあります。
こちらのアプリでは、幹事さんが日時や人数、希望する金額などを入力するだけで、お店側からオファーが来るという夢のようなアプリです。

しかも細かい要望や伝えづらいお願いについても、合コン客に慣れたお店が多いので柔軟に対応してくれます。
更には8人以上で幹事さん1人無料、10人以上で男女幹事さん2人無料など、幹事さんを応援してくれるサービスもあります。
何度も開催しているとお店の方から更に嬉しいサービスの提案があったりもするので、是非利用してみてください。

1-4.金額設定

会計をする男性

結論から言うと1人あたり3000円程度がベストです。
男性4000円、女性2000円という感じですね。
これ以上の金額になると男性の負担が重くなるか、女性にもそれなりの金額を要求しなくてはいけなくなります。

お店との交渉次第で少し安くしてくれることもありますし、合コン専用のコースというのがあるお店もあります。
お店によっては低価格にも関わらず、男性陣にヘパリーゼを提供してくれたり、ロシアンルーレットスタイルの料理提供があるなど、合コンを盛り上げてくれるサービスもあります。
ぐるナビやホットペッパーを利用すれば、合コンに適したお店を特集していたりしますので、そちらを参考にするとよいでしょう。

2.合コン当日

2-1.遅刻・ドタキャン

残業するビジネスマン

これは幹事さんにとっては本当に嫌な出来事ですよね。
「開催日程」で書いたようなことに気をつけても、人数が多ければ高確率で1人2人のキャンセルが出てきます。
遅刻なんて本当によくあります。

こうした時に一番困るのが料金です。
別に男性が1人少なくなったくらいで合コンが上手くいかなくなることはありません。
しかし、既にコース料理を予約している以上、キャンセルが出てもその分の料金は支払わないといけません。

このような事態に備えて、お店と幹事無料の交渉は必ずしましょう。
そうすれば1人分であれば幹事である自分が出せば解決します。
しかし、もし2人のキャンセルが出たら幹事であるあなたが倍の料金を支払うことになってしまいます。

ですので、予め男性陣には「キャンセルが出た場合に備えて500円プラスする」と伝えておきましょう。
一人当たり3000円だった場合、男性4500円、女性2000円という具合です。
勿論、キャンセルが無かった場合は4000円で回収すればいい訳ですから。
それ以上のキャンセルの場合は、もう自力で人数を確保するしかありません。

遅刻で最も多いのが、「仕事で遅くなる」と「場所が分からない」です。
相手に悪気はないのですが、コースの開始時間の兼ね合いなどからも非常に困ります。

「仕事で遅くなる」については、「開催日程」で書いたノー残業デイを選ぶことで残業遅刻は防げます。

「場所が分からない」については、事前に駅などで集合してお店に向かうと防げます。
女性陣については、女性幹事の方に集合してから向かうようお願いするとよいでしょう。

2-2.自己紹介

自己紹介

この自己紹介は流れの掴みになりますので、下手をうつと後々に響いてきます。

私がよく経験したのは、みんな何を喋っていいか分からず、凄く短い自己紹介で終わってしまったり、逆にダラダラと細かいことまで自己紹介して時間がおしたりしてしまうケース。

こういうことを避けるためにも、何を言うか事前に幹事さんが決めてしまいましょう。
名前、出身、血液型、趣味、特技くらいの5つに限定すればスムーズに自己紹介が進みます。
また、長々と男性陣だけの自己紹介が続くのも面白くないので、男女交互の自己紹介などにすると盛り上がります。

2-3.席替え

席替えは必ず行いましょう。
2時間も同じ席では半分は盛り上がって、半分はシーンとしていたり、端同士の男女は何も会話できないまま終わってしまいます。

ただし、この席替えでは男性陣だけが動きましょう。
男女全員が席替えになると被る人が出てきたりしますし、個室などでは混雑してゴチャゴチャします。
それに、女性に動いてもらうなんてスマートじゃありません。
男性陣が右と左で入れ替わるような席替えにするとスムーズに被ることなく進みます。

また、この席替えはトイレ休憩のよいタイミングになります。
個室だと奥に座った女性の方はトイレを我慢していることが多いです。
そういった女性への気遣いも含めて、1時間ほどで席替えをするとよいでしょう。

2-4.支払い

お金を払う男性

まさか合コンの席でお会計をする人はいないでしょうが、どうしたらいいのか悩む幹事初心者の方もいるでしょう。
その場でお金を回収するのも何だかスマートじゃないですよね。
そういう時は幹事が事前に料金を回収しておきましょう。

女性陣の幹事さんにも事前にお願いしておいて、席に着く際にさりげなく受け取っておきます。

後は時間になる15分前くらいにトイレへ行き、そのついでに支払いを済ませます。
こうすることで、その場でお金のやりとりをする必要がなく、終了後もスムーズに退店することができてお店の人にも喜ばれます。

2-5.連絡先交換

連絡先を交換するビジネスパーソン

合コンなので連絡先交換はすると思いますが、私のオススメはお店を出てからです。

店内では全員と交換するのに移動したりと手間ですし、お店の外なら個人同士でも自由に動けます。

ただ、個人同士だと一人ひとりと交換するわけですから、外でもかなり時間を使ったりするので、一番簡単な方法はLINEグループをつくることです。
そうすればその後で個人的に連絡を取ることもできますし、手間が1度で済むのでオススメです。

2-6.今後のコネクション

コネクションを表すイラスト

無事合コンが終了すればめでたしですが、今後も合コンを開催したいと考えているのであれば、女性陣の中で友達の多い人や、リーダーシップのありそうな人を見つけておきましょう。
そこから次回の合コンの女性幹事をお願いして、人脈を広げていくことも可能です。

まとめ

  • 開催日はノー残業デイの水曜日を2つ設定する
  • 協調性のある同年代でメンバーを組む
  • お店は店内が明るい個室を利用する
  • アプリや媒体を利用して幹事無料の交渉をする
  • お店には事前集合してから向かう
  • 自己紹介は事前に内容を決める
  • 席替えは男性だけが入れ替わる
  • 事前に料金を回収し、その場で支払いをしない
  • 連絡先交換は店外で行い、グループLINEを利用する
  • 今後に繋げるため、女性幹事をお願いできそうな人を見つける

以上です!
みんなに喜ばれる合コンができるよう応援しています!